FC2ブログ

罪なき国民の命と財産を奪い去った「金融資本家」たちの終焉 ~ ペテンにして究極のヤラセであったの第2次世界大戦の真実とは?

罪なき国民の命と財産を奪い去った「金融資本家」たち

そんな金融支配も終焉が近づいているわけです

嘘から始まった、ペテンにして究極のヤラセだった戦争も、3回目は出来ません

何せ、どこにも資金の出所が無くなったからですよ

あれだけ潤沢だった日本の皇室のゴールデンリリーも、スイスから動かせなくなってしまった?

日本の皇室の変化も、イギリスのEU離脱も、全ては同根なのです



イギリスもEU離脱で大揉めですよね

ハードブレクジットだと、イギリスはEUの言い分を全て飲むしかないのです

イギリスとEUは、すでに対等ではなくなっていて、イギリス側には、選択肢は無いのです

イギリスは、EUに対して有利な経済交渉は、もう出来ません

JPモルガンのダイモンCEOが、イギリスから手を引いたそうです

そもそも、何故にイギリスはEUを離脱しかたったのでしょうか

バークレイズ銀行が倒産しそうだからなのです

バークレイズ銀行は2017年で大赤字で、自己資本比率は5%しかありません

このまま倒産をするとなると、EUにいる限り、勝手に処理ができなくなります

EUにいると、ギリシャと同じでEU中央銀行やEU加盟国の合意がないとごまかしが出来ません

EUにいるとバークレイズ銀行の倒産を回避できなくなる可能性が高いのです

しかも、今やドイツ銀行が破綻の危機ですから、そっちが先に逝くと尻拭いもあるかも知れない

だから、EUから逃げたかったのです

移民問題じゃないんですよ

-------------------------------------------------------------------------

さて、天皇のスパイだったベラスコに注目して見て行きましょう


本名は、「アンヘル・アルカサール・デ・ベラスコ」

ベラスコは、日本のスパイだけではなく、バチカンを通じた闇の支配権力と枢軸三カ国を股にかけるによる三重スパイでした

特殊スパイとなり、日本のスパイとして活躍したベラスコ

ベラスコの告白
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hc/a6fhc101.html

●第二次世界大戦中、一流のスパイとして活躍したべラスコは、ユダヤ系スペイン人(スファラディム)で、スペインの「ファランヘ党」の設立者の1人であった。

本名は、アンヘル・アルカサール・デ・ベラスコである。


●大戦中、スペインは中立国だったので、連合国や枢軸国のスパイが情報収集のために暗躍していたが、ベラスコは「TO諜報機関」という対英米スパイ機関を創設。

日本の在スペイン公使の須磨弥吉郎に、英米情報を提供していたのである。組織の資金は日本公使館から送られていた。

(スペインのフランコ政権は中立政策を取っていたが、ドイツ、日本には友好的だった)。

●「TO諜報機関」の組織網はスペイン国内、南北アメリカをカバーしていた。米国の三沿岸の大都市ニューヨーク、ワシントン、ニューオリンズ、サンフランシスコ、ロサンゼルス、サンディエゴには、機関員合計6人の情報員を配して、マドリードの本部が直轄管理、その6人の周辺にさらに数人、ときには十数人の端末部員を配したという。

●ベラスコは完全な職業スパイで、ドイツの諜報機関のためにも働き、ヒトラーから厚い信頼を得ていた。そういうこともあって、ベラスコはナチスの秘密や第二次世界大戦の真相(舞台裏)、そして世界権力の実態について知り尽くしていたと言われている。

ベラスコは1945年4月までドイツにいたが、ベルリンにソ連軍が侵入する直前にミュンヘンに脱出、リヒテンシュタイン経由でスイスに逃げた。広島、長崎への原爆投下と日本の敗戦はスイスで知ったという。


●戦後になってスペインに舞い戻ったベラスコは、「スペイン陸軍省情報部」の特別顧問に迎えられ、優遇されている。ドイツ側のベラスコに対する対応も同様で、元ナチスの大幹部たちはベラスコに南米逃亡の手助けを委ねている。

(残念ながら、ベラスコは数年前にスペインで亡くなっている)


●以下(次章から)のテキストは、高橋五郎氏がベラスコを直接取材してまとめた「ベラスコ語録」(インタビュー)から、興味深い部分を抜粋したものです。(読みやすくするため、かなり文章を組みかえています)。興味のある人は高橋五郎氏の著書『超スパイ ベラスコ ─ 今世紀最大の“生証人”が歴史の常識を覆す』を読んで下さい。なお、高橋五郎氏以外の別ルートからのベラスコ情報も加味してあります。予めご了承下さい。

 
(続きは、サイトで)

第2章 20世紀情報戦争の舞台裏

第3章 ヒトラーは死ななかった

第4章 ベルリン脱出とナチス地下組織の真相

第5章 2つの世界大戦はユダヤ内部抗争が原因

第6章 和平は戦争の一時的中断でしかない

第7章 広島原爆はナチス製だった

おまけ マルチン・ボルマンの謎


--------------------------------------------------

東機関 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/東機関

東機関(TO機関、とうきかん)とは、大東亜戦争時、アメリカの戦争遂行能力や軍事作戦、国内世論等の情報収集を目的として大日本帝国(当時)外務省が ... 高橋五郎 『ミカドの国を愛した超スパイベラスコ―今世紀最大の“生証人”が歴史の常識を覆す!!

-------------------------------------------------

第2次世界大戦は、ヒトラーの第三帝国に続く第四帝国の建設のためのものであったのでしょうか

莫大な資金やナチス製の原爆を使用することで、未使用に終わったマンハッタン計画の資金21億ドルを

第三極の金融資本家である世界特殊権力者勢力が、連合国と枢軸国と共謀して詐取するためだった?

世界建設を目指した連中の行いを隠すための口実の、単なる金融ゲームだったのでしょうか

そのお金こそが、天皇の金塊のゴールデンリリー?

ペテンにして究極のヤラセであったのが第2次世界大戦

罪なき国民の命と財産を奪い去った「金融資本家」

今や、見る影も無くなりつつありますが、彼らが仕掛けた偽旗作戦の結末やいかに。。。

*****************************************************************************

天皇のスパイ

20190130-01-51bpWuCoTeL__SX298_BO1,204,203,200_

https://www.amazon.co.jp/天皇のスパイ-高橋-五郎/dp/4054041892

内容(「BOOK」データベースより)

“天皇のスパイ”と呼ばれる男がいた。第二次大戦中、二重三重スパイとして、世界を股にかけた男、アンヘル・アルカッサル・デ・ベラスコだ。なぜ、大日本帝国は、アジア各地から莫大な財宝「黄金の百合」を収奪したのか?なぜ、ドイツと日本は戦争に“負けなければならなかった”のか?そして、天皇とはいったい何者なのか?ベラスコが生前、筆者だけに語った驚くべき情報をもとに、現代日本と世界を覆うタブーを抉り出す。前作『天皇の金塊』、『天皇の金塊とヒロシマ原爆』の原点ともいえる衝撃の一冊。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

高橋/五郎
1940年生まれ。第2次世界大戦から現代まで、「原爆神話」に見られる“正しい近現代史”作りに精を出した、各国情報機関の情報官僚たちと、1960年代以降、独自のルートから、あまたの個人交流を重ねてきた。そうした交流を通して得た情報をベースに多くの映像企画作品や著作を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

******************************************************************************

ベラスコは日本が米国に勝てる機会が4回あったという

日本海軍4回勝利説の戦場はどこかと言えば

ミッドウェー海戦、ガダルカナルなどが上げられています

しかし、日本側が自軍に有利な情報をわざと破棄し、無理な作戦により多くの兵士が犠牲になり敗戦に導かれたというのだ

ベラスコが西海岸から発信したアメリカ艦隊情報を日本の戦争指導部は無視したというのだ

それどころか、決定的な勝利情報を日本は受け取らなかったという

開戦初期に須磨公使は、ベラスコと契約して英米連合軍情報の入手を懇願したというのに

日本政府の東郷外相は、なぜベラスコ情報を無視したのでしょうか

日本政府と軍部(特に山本五十六元帥率いる日本海軍)には、アメリカに勝つ強い意志など、最初から無かった?

山本がロンドン軍縮会議に出席した際に、ナチス外交部長のリッペンドロップや欧米の重要人物たちと密会した事実もあるわけで

その時に、山本氏は、秘密結社組織に入会したと言う

戦時下における陸海両軍部の戦争政策観の違いや内部の亀裂が、自軍に有利な情報をわざと破棄し無理な作戦となった?

組織の中で山本はヒットラーよりも階級が上であり、山本五十六の死は工作による偽装死であり、山本は死んでいないという

山本は原地民によって救出され、原地の教会関係者の手でドイツへ渡ったという

もちろん、ヒットラーも死んでいませんけど


第2次大戦中におけるドイツ内のユダヤ人は30万人でした

その30万人をアウシュヴィッツでは600万人死亡と誇大に表現しています

(南京大虐殺と全く同じ展開ですw)

アウシュヴィッツ収容所は、連合軍の大スポンサーであるアメリカのスタンダードオイル社

共同資本会社のAGファルベン社は科学品製造会社です

毒ガスが使われたのだけは、真実でしょうね


高橋五郎氏「天皇のスパイ 」-誰にも明かされてない近現代史の真実-ワールドフォーラム特別例会
https://www.youtube.com/watch?v=ItX2IPksfsg

【ダイジェスト】高橋五郎先生「天皇の金塊 ゴールデン・リリーの謎」特別記念独演会ワールドフォーラム2016年3月
https://www.youtube.com/watch?v=yZLJLJEfR4I

【ダイジェスト版Vol.1】高橋五郎先生「日本の黒幕 本当の闇を暴露する!」ワールドフォーラム2017年
https://www.youtube.com/watch?v=Bykg217ibVE

【ダイジェスト版Vol.2】高橋五郎先生「日本の黒幕 現世界の富の源は、天皇の金塊だった!」
https://www.youtube.com/watch?v=UPMDeC7Zm8A

【質疑応答】高橋五郎先生「世界の奥の院が奪った金塊で平和な世界を作る為の、たったひとつの方法とは!?」質疑応答2017ワールドフォーラム
https://www.youtube.com/watch?v=ETlSW0OiB5U

高橋五郎「 真説 美しきペテンの島国 」- Goro's Channel -
https://www.youtube.com/watch?v=N8Nk3Sb_WQs

高橋五郎「 金と欲に動かされた歴史の真実 」- Goro's Channel -
https://www.youtube.com/watch?v=4NgtFntSMuA

----------------------------------------------------------------

戦前、戦後における日本国内で実施された特殊支配権力によるキーワードが

キリスト教典、自由民主主義、皇室教育の三点

この三つのキーワードをして日米友好を推進させた民間組織、この三つのキーワードを伴った組織創始者らの動きが山本五十六の動きと連動していたという

マッカーサーの高級副官フェラーズ准将、ヴァイニング夫人と秘書高橋たねを結び付けていた人物

それが「前田多聞」氏である

前田多聞は、皇室を守り、民主化していくことが平和を守ることだと説いた事から、皇室は護られた?

前田多聞の周辺には、新渡戸稲造が登場し、さらに内村鑑三がいる

彼らは、米国留学生としてフィラデルフィアのキリスト教徒クェーカー派本部に出入りしていたのです

イエズス会と皇室を繋いだのは、いったい誰だったのか

終戦時、皇室解体の工作員であった東宮職参与の小泉信三は、コミンテルンの野坂参三らを密かに養成し、プロテスタントの牧師である賀川豊彦や小崎道雄らと謀って皇室にキリスト勢力を送り込んだ

全ては、日本国をユダヤの支配化に置くためであった

希望通りに、皇室はイエズス会のコントロール下となって行きました

今上天皇の妃となった美智子さまは、キリスト教徒でしたよね

------------------------------------------------------------------

バチカン、ナチス、日本の三重スパイであったベラスコ

スペイン系ユダヤ人で、祖先はロスチャイルド家の金種ヘッセン家に繋がる人物でした

1783年にドイツ貴族ヘッセン家のウィリアム皇太子に古銭を提供した両替商が、ロスチャイルドです

ロスチャイルド家は、ヘッセン・カッセル方伯家の正式な金融機関の一つに指名されて対外借款の仕事に携わります

ヘッセン家の資産が、のちにロスチャイルドがのし上がる種銭となったのです

名門貴族階級ヘッセン家のヴィルヘルム9世と仲良くなり、一緒に商売を始め、金融業を主軸にして莫大な資産を築いていったのです


日本は、明治維新の頃からすでにですが

戦後も、大蔵省は、ヘッセンの手、ロスチャイルドの手、カラスの手の上で踊らされていたのです

大蔵省が無くなり財務省になったのは2001年です

そうです、911は日本にとっても分岐点だったのです


今、世界中で起こっているのは、壊し屋のヘッセン陣営に対し、築いた権益を壊したくない陣営の闘いなのです

今の財務省は、一般会計の仕事ではなく、特別会計の仕事をやっています

国家財形は主に日本国の過去からの累積資産、つまり企業等の既得権益側の資産運用です

市場の金相場には組み入れない金塊を元に簿外資金を作り、世界情勢に応じ各国の国内法を整備しようとしています

この資金は、中央銀行制度によって作られる架空のマネーと違い、各中央銀行内の金塊に裏付けられた実質マネーを増やす方法です

中央銀行制度による陰謀は、本来9:1の1側を悪用した手法で、過去はいくらでも調整できました

しかし、裏付けのない信用創造も、そろそろ終焉に差し掛かっているのです


名無し先生によると

世界機構が、最終的に世界通貨安定を構築するあるシステムを作ろうとしているのです

この世界機構は世界に各自の資産を持つ国王、諸侯等で構成されていますから、当然ですがヘッセン家も入っているのです

ヘッセン陣営は第一次世界大戦、第二次世界大戦を通じてヨーロッパのインフラを破壊しました

いずれの大戦もドイツ対イギリスという構図で始まったと言う事を思い出しましょう

全ては、マッチポンプだったのです

戦争によって、互いの金塊略奪の歴史が開始されたという事です

第一次大戦ではロマノフの金塊を盗むという目的は果たしましたが、共産圏というものを生みました

イギリスはオスマン帝国を崩壊させることには成功しましたが、イギリスの「三枚舌外交」はロシア革命が起こりレーニンらによって外交秘密文書がすべて公表されました

第一次世界大戦でアラブ軍・ユダヤ軍は共にイギリス軍の一員としてオスマン帝国と対決し、現在のヨルダンを含む「パレスチナ」はイギリスの委任統治領となりました

イギリスは油田のある領土の獲得に成功しましたが、その後ハーシム家を支援したイギリスは、サウド家を支援したアメリカ(ロックフェラー)に負けた形になり、サウジアラビアが統一された時点で油田はほとんどがロックフェラーのものとなり、サウジアラビアはイギリス植民地から解放されました

アメリカ(ロックフェラー)との関係はここから始まり、サウジアラビアは巨大な産油国となっていきます


第二次世界大戦後はヨーロッパの半分が共産圏になりました

インフラを壊された(壊した)イギリスは困窮し、金本位制の歴史はポンド基軸からドル基軸へと変更を余儀なくされました

そしてブレトンウッズ体制に以降して、ニクソン大統領が1971年に変動相場制を宣言

架空マネーの創造が可能になりました


天皇陛下もご存知だと思いますけど

フィリピンのパラワン島隣のコロン島近くにあるブルネイ王所有の島に世界機構があります

第一次大戦後のドイツの賠償を受け取る権利、マルコスにより掘り出された金塊その他全てを追跡、統合し、この世界機構が最終的に世界通貨安定を構築するあるシステムが作られていたのです

国際秩序維持派による新世界機構です

その後のオイルショックがグローバル化の元になっているわけですが、ベルファシ(ロックフェラー等)による石油価格暴騰で一部の企業に世界の資金が集まったわけです。

その後も経済が行き詰まると原油といった資源に投資が集まるようになります

経済危機が起こる度に一部の企業に資金が集まります

これがそろそろ終焉を迎えていますよということが、最近のトランプ大統領の出現、イギリスのユーロ離脱問題といった現象となって現れています

イギリスのユーロ離脱はエジンバラ公、エジンバラ城はスコットランドにあり、イングランドを長期にわたって憎んできた、英国乗っ取りのマスターマインド


世界に未開の地が無くなり、新興国の成長が終わってしまうと自然にグローバル化は終焉するでしょう

金融市場もこれ以上の広がりは期待できません

自国で生産し、自国で消費する

エネルギーも変更されるでしょうね


「GESARA・NESARA」や「RVの発動」が囁かれるのも、自然の流れなのかなと思うこの頃です。。。


スポンサーサイト

ジャニーズ帝国に異変? 嵐、2020年をもって活動を休止 ファンクラブサイトで発表

自分的な「嵐」感ですが

ゆるくて楽しい雰囲気のグループという印象があったのですが

ポストSMAPという存在が、好みでは無かったんでしょうかね

それとも、タッキー主導が嫌だった?

大野君が、自由になってみたいって言う気持ちを尊重した結果なんでしょうか

アイドルで居る限り、結婚も出来ないですからね

20190127-00.png

嵐って、大人気のはずなのに、個人のCMはあるのに

キリンビールが2017年8月に終ったのに、その後に、5人での新たなCM契約が無かったですよね

活動休止が決まっていたから、CMを引き受けてなかったのかも知れません

嵐は、大野くんがリーダーですけど、仕切っているのは松潤ですよね

ライブの打ち合わせも演出もそうだと言うのを見たような


*******************************************************************

嵐、2020年をもって活動を休止 ファンクラブサイトで発表
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190127-00000336-oric-ent
1/27(日) 17:08配信

人気グループ・嵐が27日、ジャニーズファンクラブサイトでメンバー5人による動画コメントを配信し、2020年12月31日をもって活動を休止することを発表した。

最初にリーダーの大野智が「僕たち嵐はたくさんの話し合いを重ね、2020年12月31日をもって活動を休止します」と報告。嵐の20周年と2020年という区切りで「5人それぞれの道を歩んでもいいのではないか」とメンバーと話し合い、「2020年をもって嵐を休止させて頂く結論に至りました」と明かした。

 その後、二宮和也、松本潤、相葉雅紀、櫻井翔の順でそれぞれがあいさつ。突然の発表で驚かせたことを謝罪しながら「楽しく皆様方と思い出を作っていきたいと思っています」(二宮)、「いままで応援してくださったファンの皆さんに感謝の気持ちを伝えていく、そんな時間になったらと思っています」(松本)、「5人で活動再開させていただく時は、皆様に喜んでいただけるようなパフォーマンスをできるように頑張ります」(相葉)、「言葉では伝えきれないあふれんばかりの感謝の思いを、これから時間をかけて伝えていきたいと思っております」と思いを語った。

 嵐は大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤の5人で結成され、1999年に「A・RA・SHI」でデビュー。2010年から5年連続で『NHK紅白歌合戦』の白組司会に起用され、16年は相葉、17年は二宮、18年は櫻井が単独で白組司会を務めている。


嵐から活動休止のお知らせ
https://www.youtube.com/watch?v=DVv1dFYCPko

嵐からファンへ活動休止報告(ノーカット版)

https://www.youtube.com/watch?v=pRnpABc-mmg

********************************************************************

嵐は20年でしたけど

過去記事では、こんなのもありました

--------------------------------------------------

ジャニーズ所属グループは、25周年にCDをリリース出来ない法則。。。
http://ocaltpon.blog.fc2.com/blog-entry-512.html


ジャニーズのグループで長い活動をしていたグループが、どうなったのかと言えば

何と、25周年の記念イベントが出来なかったという事実が出て来ました

2009年 少年隊→24周年の2009年に出したDVDを最後にリリース停止状態

2016年 SMAP→24周年の2015年に出した新曲を最後に解散騒動に巻き込まれ25周年で解散

2018年 TOKIO→24周年 山口メンバーの強制わいせつ事件で音楽活動停止


メリー副社長のSMAP潰しから始まる、ジャニーズ事務所の行く末
https://yaplog.jp/ocaltpon/archive/1194

(抜粋)

メリー氏のオキニの「嵐」が、事務所の稼ぎの1/4を担っていたSMAPの収益を肩代わりできるはずもありません

嵐は、選ばれたエリート集団であって、一度も挫折したことがありませんし、意外性も無いのです

嵐は、ポストSMAPにはなれない、エリートすぎる優等生であって、ファンの期待通りにしか行動できないです

そして、嵐は、メリーのSMAP潰しに使われてしまった被害者なのです

嵐のメンバーは、SMAPをリスペクトしても、とって変わるライバルだなんて思ってもいないのにです

嵐にとっては、かなりのプレッシャーであり、精神的ダメージは意外と大きいと思います

数字が落ちれば、叩かれ、常にSMAPと並べて比べられ続けて行くのです

エリートにとって、屈辱でしかありません


--------------------------------------------------

デビューから20年以上経っているのに脱退者が1人もいない奇跡のグループは、V6だけとなりましたね

ジャニーズ帝国も、そろそろ店じまいですか

SMAP解散から、TOKIOの山口達也メンバーの引退、タッキー&翼の解散

SMAPの作り上げたアイドル枠に添って、バラエティー、俳優と活動の幅を広げたのが、嵐です

そのお手本だったSMAPが、あんな扱いをされて解散に追い込まれたのを見たわけで

嵐メンバーの絶望感は、理解出来る気がします

やっぱりあれは、終わりの始まりでしたね

裏側では、有名女優の接待に駆り出されたり、使い勝手の良い駒として存在していて

アイドルである以上、恋愛も結婚も自由には出来なかったわけで

そこに、人としての扱いはあったんでしょうかね

そんな中、20年も頑張って来たわけです

お疲れさまでした

もう、ジャニーズ帝国は崩壊しました

みんな、自由に生きた方が良いよ。。。

大坂なおみさん、祝・全豪優勝!!!グランドスラム連続制覇で日本人初の世界ランク1位も確定

大坂なおみさん、全豪優勝!グランドスラム連覇!世界ランク1位おめでとう!

NHKさん、生放送してくれてありがとうw

20190126-00.jpg


決勝まで1セットも落としてないクビトバ選手は、メンタル面でも、ものすごい強い人でした

クビトバ選手は、過去の大怪我を乗り越えた強さもあります

左利きの切れるボールを攻略できるか、とても心配でしたが、対応出来ていたのが凄いです

この試合の凄いところは、流れが読めない、メンタルで強い弱いでは無いところでした

左利きの強敵を攻略出来たクレバーさと、体力に勝ったこと、そして、ここ一番の強気が勝敗を分けましたね

パワーだけではなく、素晴らしい技術と、支えるサーシャコーチの的確なアドバイス

ファイナルセットでのラスト1回でのチャレンジが成功したのも、印象的でした

知力体力時の運、全てが揃っていたから、勝てたんでしょう

最終セットまで、どちらが勝つか予想も出来ない、素晴らしい決勝でした

20190126-01.jpg


なおみちゃんは、第2セットでは、トリプルのチャンピオンシップポイントを逃した時には涙も見せていたのに

第3セット開始の時には、別人のように落ち着いていて、成長を感じましたね

トイレットブレークに何があったのかと思うくらい、気持ちの切り替えと強い集中力が戻っていました

苦しい時のサービスエースが素晴らしいです

本当にメンタルが強くなってるんですね

まだまだ強くなりそうで本当に楽しみです

おめでとう、ありがとう!

******************************************************************

【速報】大坂なおみ 全豪OP初優勝。GS連続制覇で日本人初の世界ランク1位も確定[全豪オープン]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190126-00000007-tennisd-spo

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月14~26日/ハードコート)の大会13日目、女子シングルス決勝で第4シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が第8シードのペトラ・クビトバ(チェコ)と対戦。大坂が7-6(2)、5-7、6-4で勝利し、「全豪オープン」初優勝を飾った。また1月28日付けの世界ランキングで、日本人で初めてシングルス1位に輝くことも決まった。優勝賞金は410万豪ドル(約3億2,000万円)。

セットカウント1-1で迎えた第3セットはクビトバのサービスゲームから始まった。第2セットを落とした大坂は、トイレットブレークを取って気持ちを切り替えコートに入った。

第1ゲームをラブゲームでキープされた大坂は、第2ゲームをキープする。そして続く第3ゲームでクビトバのダブルフォルトによってブレークポイントを握ると、見事なウィナーを決めて1ブレークアップとした。

ブレーク直後の第4ゲームをしっかりとキープした大坂。第6ゲームでクビトバに30-40とされたが、サーブでこのピンチをしのいでキープし、ゲームカウント4-2とした。

続く第7ゲームで大坂に0-40と再びブレークのチャンスが訪れた。しかしクビトバにしのがれ、ブレークすることはできない。

そして両者キープで迎えた第10ゲームが、大坂のサービング・フォー・ザ・チャンピオンシップ。ここを取りきった大坂が見事に優勝を決めた。

第2セットはチャンピオンシップポイントまでいきながら落とした大坂だが、メンタル面でも見事に立て直して優勝を掴んだ。

見事勝利し、2018年の「全米オープン」に続いてグランドスラム2大会連続優勝を果たした大坂。1月28日発表の世界ランキングはこれで1位が確定した。日本人選手として初のグランドスラム制覇を果たした昨年からの快進撃は、まだまだ止まらない。

(テニスデイリー編集部)

****************************************************************

なおみ選手が、凄いのは、試合だけじゃないんですよね

言葉の選び方、愛らしさ、かわいい仕草、愛される要素が満載のところです

彼女は、言霊使いなのは間違いないところです

やっぱり、たくさんの味方を持ってる人は強くなるし、引き寄せの呪文が使えるようになるんだと思いました

試合運びに欠かせないのは、会場と暑さすら味方にする事でしたよね

人としてのレベルアップが出来ているところが、素晴らしいです

本当に凄い選手ですね


やっぱり、時間に縛られないスポーツは、良いなと。。。

あと、イギリスBBCの日清に対する余計なお世話とかもありましたけど

BBCの勝手な差別なんて、どうでも良い話です

大事なのは、見た目じゃなくて中身だからね

韓国軍が、ついに発狂した模様 ~ 日本の哨戒機が「威嚇飛行」 韓国国防省が発表 ~ 何故か動画じゃなく画像だけ公開してしまうの巻

韓国軍って、嘘をついていないと死んでしまうん?

レーダーで勝ち目ないから低空威嚇飛行で既成事実化ですか?

こんなの出す前に

韓国軍艦と北朝鮮の漁船が、日本のEEZで一体何をやっていたのかを知りたいんだけど


日本の哨戒機が「威嚇飛行」 韓国国防省が発表(産経web)
2019.1.23 16:18
https://www.sankei.com/world/news/190123/wor1901230021-n1.html

韓国 海自哨戒機が威嚇飛行 無線に応答しなかったと説明
2019年1月23日 20時38分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190123/k10011788661000.html

韓国軍「日本が再び低空で威嚇」 防衛省「事実ない」
2019年1月23日 17時14分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190123/k10011788301000.html



防衛大臣への怒りとか批判も増えて来ましたね


https://twitter.com/SatoMasahisa/status/1088375369755897858

防衛大臣を交代して欲しいというツィートが多数ですね

やっぱり、岩屋さんは、弱腰過ぎると思うわ

韓国と未来志向なんて言葉を言っちゃうような防衛大臣なんて嫌ですから

友好国とか未来志向とか言ってる、現実を認識できない馬鹿は大臣には向いてないから

きちんと反論を公表しないと、自衛官の士気が下りますから


【防衛省】幹部「通常の警戒監視活動、低空飛行などあり得ない。韓国側が事実関係を変えてまで、嫌がらせをしてきているようなもの」
http://www.honmotakeshi.com/archives/54779008.html

「低空飛行、証拠あるのか」=防空識別圏必ず監視-海上自衛隊
2019年01月24日07時00分
https://www.jiji.com/sp/article?k=2019012400293&g=soc

“狂乱”韓国に安倍政権『制裁発動』決断か レーダー交渉打ち切り通告、識者「制裁に踏み切るべきときがきた」
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190123/soc1901230005-n1.html


動画は慌てて撮ったため短いから公開しないんですって。。。

検証されている動画も多数あります

韓国軍が写真公開もウソだとバレる…

https://www.youtube.com/watch?v=ALOGPG9KU9w


ズームの写真出して威嚇飛行とか言い出す国があるんだ。。。

外交、経済、レーダー照射、全部がもう手詰まりで、反日しかやる事も無いのですね


そもそも、この海域って、離於島周辺は日中韓3カ国の防空識別圏が重なっていて

中国軍機が韓国の防空圏に進入したとして、韓国がたびたび批判している場所じゃん

20190124-00.jpg

暗礁(干潮時には岩があるけど満潮では海面下)だけど、韓国だけが島だと言い張って灯台を建てて

中国と韓国が領海を争ってる紛争海域でしたよね


とりあえず5chのまとめです

【韓国の言い訳、時系列】H31/1/23 更新

12/20 韓国「レーダー照射してない」
12/21 韓国「レーダー照射したけど発表しないでほしい」
12/22 韓国「遭難船を捜索してて照射したら勝手に日本の哨戒機が入ってきた」
12/23 韓国「自衛隊機が最初に威嚇してきたから」
12/24 韓国「やっばりレーダー照射してない」
12/25 韓国「日本の哨戒機が威嚇飛行してきた」
1/3 韓国「レーダーを照射したが、日本の哨戒機を脅かす考えはなかった」
1/4 韓国「反証動画を作成し公開した」
1/7 韓国 「乗組員は騒音と振動を強く感じるほど、威嚇的だった」
1/8 韓国「2度の声明とビデオを通じて、我々の立場を明らかにした」「データ提供を拒否」
1/10 韓国「日本は不満があってもどうしようもない」
1/15 韓国「極めて無礼な要求で、事案解決の意志がないとみている」
1/16 韓国「日本は、一部データを公開しながら、韓国軍艦レーダーの情報全体を要求した。
韓国としては、受け入れならない要求である。韓国に対するこのような要求は非常に無礼な要求」「韓国が極めて交信し難い状況であった」
1/17 韓国「駐韓日本武官を呼んで、事実関係を明確にして厳重抗議」
1/18 韓国「安倍首相は秀吉」「日本政府は仮想の事実で韓日関係を悪化の道に追い立てている」
1/19 韓国「日本は不適切な世論戦を繰り広げるのではなく、正確な証拠を示して両国の専門家が科学的かつ客観的に検証すべきだ」
1/21 韓国「(音声データが公開されても)レーダー照射はなかった」
1/22 韓国「実体のない機械音で協議中断した日本、今後の検証に応じよ」
1/23 韓国「今日、また哨戒機が威嚇飛行してきた」無線で20回警告したが、哨戒機からの応答はなかった」←NEW



因みに60~70メートルってのは韓国軍の哨戒機が船に接近する際に実際にやってる高度なのです

要するにスライドで、自分たちがやっているから、相手もやっていると言う思い込みです

従軍慰安婦も、朝鮮戦争やベトナム戦争で実際にやった事のスライドであって、事実とは異なるのです

朝鮮戦争の時に、韓国が国として米兵のために慰安婦を用意した事のスライドなのです

毎度毎度、同じパターンでしか行動を起こさない民族

嘘も100回言えば、本当になると信じている民族なわけです

韓国人は、みんな頭おかしい。。。


日本政府は、そういう思考パターンの民族だと言う認識で、行動しないと同じ結末になりますよ

韓国側も、制裁を望んでいるようなので、しかるべき処置をお願いしますね


小室家の謎の金銭感覚 ~ 金銭問題「解決済み」 小室圭さん説明文公表へ ~ 結局、借金なのか贈与なのか?

婚約の延期発表から一年で、マスコミにこのようなFAXを流しちゃう意味って何でしょうね

秋篠宮殿下の会見から既に2ヶ月が過ぎてしまいましたが

皇后陛下が2月中に小室さんとの決着をつけると英タイムズが報道したよね

それで、慌てて釈明FAXですか?

20190123-001.jpg


何か、日本人は、いつも真相を海外から聞かされるんですよね

日本のマスコミは無能なんですかね

リークは出来るのに、炎上させられるのに終息させる事が出来ない感じ

いつも自分たちの願望ばかりを記事にしてしまうわけですが


宮内庁にではなく、代理人弁護士通じて報道機関に出したところが、何の誠意も進展も無い証拠ですかね

そこで慌てての釈明とか、時すでにお寿司のような気がしますが

まだ借金返済すらしてないのに、結婚の意志は変わらないとか、一般人には理解不能の感覚です

小室さんは、結婚はもはや出来ないのは分かっているわけです

内親王の婚約内定者が、金銭トラブルの釈明ですってよ奥様

自分は結婚の意思があったのに勝手に破談にさせられたという偽装被害者?

狙いは、破談による慰謝料?


小室家の金銭感覚

生活費すら自分達で賄えない、留学費用も借金

返済する意思を示したが、相手側が拒否したので借金ではない

だから、金銭問題は解決済

でもでも、お相手の方が返してって言ってる間は返済義務があるんじゃ無いの?

相手には連絡もなし、まだ一円も返済してない時点で無理だろこれ。。。

贈与だと思っていましたとか、どこの羽賀研二だよ。。。

問題の解決期限は、2020年?


****************************************************************

小室さん、金銭問題「解決済み」 説明文公表へ、秋篠宮さまが要求
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00000005-kyodonews-soci

1/22(火) 2:00配信 共同通信
小室さん、金銭問題「解決済み」 説明文公表へ、秋篠宮さまが要求

 秋篠宮家の長女まこさま(27)との婚約が延期になっている小室圭さん(27)が、週刊誌で報じられた母佳代さん(52)と元婚約者の男性との金銭トラブルについて「解決済み」と主張する文書を近く公表することが21日、関係者への取材で分かった。
文書では「金銭的な問題はすべて解決済みであることを確認した」と記している。

 小室さん側が金銭トラブルについて説明するのは初めて。
秋篠宮さまが昨年11月の誕生日会見で、トラブルを念頭に「2人が結婚したいという気持ちがあるのであれば、相応の対応をするべきだ」と、小室さんに要求されていた。

***************************************************************

金銭問題「解決済み」 小室圭さん説明文公表へ - 産経ニュース
https://www.sankei.com/life/news/190122/lif1901220003-n1.html


連日の報道、私も母も困惑…小室さん見解全文
https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20190122-567-OYT1T50053.html


「順序が違うのでは」=小室さん母の元婚約者
2019年01月22日12時19分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019012200377&g=ryl


眞子さまも把握・・・ 小室 圭さん金銭問題「解決済み」(19/01/22)
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000145815.html

秋.篠宮家の長女・眞子さまとの婚約が延期になっている小室 圭さんが
母・佳代さんを巡る金銭トラブルについて「解決済みの事柄であると理解していた」という主張を初めて発表しました。

 小室さんはこれまで金銭トラブルについて説明してこなかったことについて
「ご迷惑をお掛けし、大変、心苦しく感じています」としました。そのうえで、
母・佳代さんが婚約期間中に元婚約者から受けた金銭的な支援について、
元婚約者から「返してもらうつもりはなかった」という明確な説明があったと主張しました。そして、
「母も私も支援については解決済みの事柄であると理解して参りました」として、
今後は元婚約者の男性に「理解を得ることができるよう努めたい」とつづりました。
小室さんがコメントを発表するのは今回が初めてで、関係者によりますと、眞子さまも把握されているということです。


小室 圭さんの母親の元婚約者「解決していない」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190122/k10011787131000.html 
2019年1月22日 19時58分

小室 圭さんの母親の元婚約者の男性は22日、NHKの取材に応じ、
「金銭的な問題はまだ解決していない」と述べました。
そして、小室さんが文書で、婚約解消の際に母親が返済の意向を示したものの、
男性が返してもらうつもりはないと応じなかったと説明したことについて、
「提示された月々の返済額が少なく、もう一度考えてほしいという理由で応じなかったもので、
今後も返済を求めていく考えに変わりはない」と話しています。


********************************************************************

20190123-01.jpg
20190123-02.jpg
20190123-03.jpg


----------------------------------------------------------

 いつも温かいご厚情を賜り、御礼を申し上げます。

 私小室圭の母とその元婚約者の方との過去の関係について、一昨年からご心配をおかけしており、たいへん申し訳ありません。これまでに多くの報道があったことについては承知しておりますし、私がこの問題について明確なご説明を差し上げてこなかったことで多くの方々にご迷惑をおかけする結果になってしまったことをたいへん心苦しく感じています。元婚約者の方との関係について母に代わってご説明したいと考え、このような方法をとらせていただきました。

 私の母と元婚約者の方は、平成22年9月に婚約し、結婚生活を始める準備をしていました。母の再婚については私も嬉(うれ)しく思いましたし、私自身も元婚約者の方とはとても親しくさせていただきました。婚約期間中、元婚約者の方から金銭的な支援を受けたこともあります。当時、母も私も元婚約者の方とは既に家族のようにお付き合いしており、ご厚意にたいへん感謝しておりました。

 平成24年9月、元婚約者の方から母に対して婚約を解消したいというお申し入れがありました。母は、突然の一方的な申し入れであり、また婚約を解消したい理由について明確なご説明をしていただけなかったことから憔悴(しょうすい)した様子を見せていましたが、最終的には元婚約者の方のお気持ちは変わらないと理解し、お申し入れを受け入れました。その際に母が婚約期間中に受けた支援については清算させていただきたいとお伝えしたところ、元婚約者の方から「返してもらうつもりはなかった」という明確なご説明がありました。支援や慰謝料の点を含めて金銭的な問題はすべて解決済みであることを二人は確認したのです。実際に婚約解消後しばらくの間は、私や母が元婚約者の方から金銭の返還を求められることはありませんでした。

 ところが、婚約を解消して1年ほど経(た)った平成25年8月ころ、母は元婚約者の方から交際していた期間に負担した費用の返済を求めるお手紙を受け取りました。婚約解消時の確認事項に反する突然の要求に驚いた母は、専門家に相談してアドバイスを受けるとともに、元婚約者の方と直接お目にかかって、ご要望には応じかねることとその理由をお伝えしました。母の話を聞いた元婚約者の方からは、私も専門家に相談して何かあればこちらから連絡しますという反応がありましたが、連絡が入ることはありませんでした。その後はご近所にお住まいだった元婚約者の方と自宅周辺で偶然お会いすることもありましたが、金銭の話題が出たことはありませんでした。

 私の母と元婚約者の方との過去の関係は以上のとおりです。

 多くの報道において借金トラブルが残っているとされていますが、このような経緯ですから母も私も元婚約者の方からの支援については解決済みの事柄であると理解してまいりました。そのため、平成29年12月から元婚約者の方のコメントだとされるものが連日報道される事態となり、私も母もたいへん困惑いたしました。元婚約者の方のご意向を測りかねたからです。

 報道されている問題に関する母と私の認識は以上のとおりですが、私も母も元婚約者の方からご支援を受けたことには今も感謝しておりますので、今後は元婚約者の方からご理解を得ることができるよう努めたいと考えております。

 私は、現在、米国において勉学に勤(いそ)しむ機会をいただいております。多くの方々に日々感謝いたしております。ご心配をいただいている方々のご納得をいただけるよう努力を重ねる覚悟でおりますので、どうか温かく見守っていただけますと幸いでございます。


平成31年1月22日

小室  圭

----------------------------------------------------------

この文章なんだけど、突っ込みどころが多いんだよね

本当に弁護士さんがチェックしてるの?

文書とともに各社に送られた送付状に、見慣れぬ弁護士の名前が記されていたそうですが

「五十嵐・渡辺・江坂法律事務所 上芝直史」

何で、奥野弁護士事務所の弁護士じゃないんでしょうね

奥野弁護士に生活費まで出してもらっているはずでしたよね


最初から「温かいご厚情を頂き」なとなってて

温かい=ご厚情 だよね、重ねる意味ある?


文章内には、秋篠宮家の御名前が皆無ですね

迷惑をかけているという意識も無さそうです

小室氏は、記者会見までした婚約内定者です

内定であって、婚約者ですら無いから仕方が無いのかも知れませんが

母の婚約者を連呼している当たり、誤解させよう的な悪意も感じます

母親の借金問題だけに矮小化した文章ですけど

秋篠宮殿下が「それ相応の対応」と仰ったのは、この話じゃないように思います

このような中身の無いコメントをお求めになったわけでは無いのでは?

--------------------------------------------------------------------

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190123-00555619-shincho-soci
“解決済み”主張の「小室圭さん」 母・佳代さんの「天皇陛下」謁見要求に宮内庁あぜん
1/23(水) 17:00配信 デイリー新潮

週刊新潮2019年1月31日号
20190123-11.png

宮内庁が腰を抜かす
「小室圭さん」ご母堂の「天皇陛下」謁見要求

秋篠宮殿下のご要望にも全く応えようとしない「海の王子」。
一方で、彼の母、佳代さんは、眞子さまと息子の結婚を認めてもらうべく、直接行動に打って出た。
あき篠宮家の頭越しに、天皇皇后両陛下への直訴を申し出ているというのである。


週刊文春 2019年1月31日号
20190123-12.jpg

小室圭の乱
「眞子さま洗脳」

突如、小室さんが発表した「借金問題解決済み」文書。
だが、それはあき篠宮さまには寝耳に水の行動だった。
元婚約者は「デッチ上げだ」と怒り、深まる混迷。
二人の世界に没入する小室さんと眞子さまに、危惧の声は高まり――。

---------------------------------------------------------------------

仕方のない事ですけど

眞子さまは、未来の天皇陛下の姉となる方なのですよ

その義兄になられる方が、400万円の借金の後始末さえ出来ないような人物では困ると言う事ですよ

宮内庁は、平気なんですか?

眞子さまの知名度で、何とか出来ると思っているような方ですよね

このタイプの人は、借金を全部返済してからの結婚したとしても

現天皇の初孫、次の天皇の姪、その次の天皇の娘、その後の天皇の姉という立場を利用し続けると思いますよ

結婚して皇室を離れても縁が切れる訳ではないのですから、利用され続けますよ

小室氏の母親の元婚約者へのメール内容を見ても、お金の無心しか無いわけですから


現時点でも、400万のお金を返す甲斐性もないような男に惚れ込んでしまう眞子内親王となれば

これが前例となって、女性宮家創設は叶いそうもないという結論になるわけですよ

小室氏が、今の状態の婚約内定の立場に居る事で、日本国民は女性宮家を許さないでしょうね

国民からの祝福など受けられるはずも無いです

皇族になりたがっている一般男子に付け込まれたら、こうなる的な前例です

結局、このご婚約内定は、女性宮家は危険であると印象付けてしまいましたね

女性宮家や女系天皇容認するなら、旧皇族復帰で男系維持する方が正統となりますよね

眞子さまは、そういうお役目を背負わされてしまったのでしょうか


それと別に、このご婚約騒動を長引かせたい人達がいるのも感じてしまいますけど。。。

全てが、良き方へ行く事を願わずにはいられません。。。

「2012までのシナリオ」は予定通りだった? 続きのシーズン2は「予測不能のパラレルワールド化」で世界はどうなる?

2019年は、嘘が許されない時代になると予想しているわけですが


過去を振り返ると、NWO(新世界秩序)側は、嘘で固められた偽旗作戦がとりあえず成功していましたよね

2012年はマヤ歴で終末が予告され、それに合わせてハリウッド映画なども予告通りに作られていました

そこにはシナリオがあり、指示された通りに中国が覇権国となるはずでした

しかし、支配層は工作員選びを間違えた事に気が付いていなかったと思うのです

植民地支配を行うには、別の植民地の国の工作員を使うのが支配層の定番のやり方ですよね

そして、自分たちは選ばれたと言う選民思想から、彼らは暴走を始めてしまったのです

911の時には上手く騙せていたのに、311以来、上手く騙す事が出来なくなって行きました

311でも、日本は消滅も壊滅もしなかったし、それ以降、その手のクライシスが通じなくなりました

実際には、大きな転換期は、地下鉄サリン事件や阪神淡路大震災の頃に世界線は動き始めていたのですけど

それまで通用していたはずの結界も呪詛も、思い通りに行かなくなった時期ですよね


2012年12月23日以降のシナリオは作られていませんし、支配層にも届いていないようなのです

シナリオを描いて支配層に指示したのは誰なのかは、推測の域を出ませんが、やはり地球外の存在でしょうね

次に何をやったら良いのか分からなくなった世界は、混乱し支配層は分裂しはじめました

イルミナティも数個の派閥に分かれ、それぞれが得意分野で工作をしています

日本もその例外ではありません

日本のお得意の工作ですか?

そりゃ、たくさん有りすぎですよ

何せ、2700年の年月を重ねた国ですからね


実は、支配層と呼ばれる1%の人達は、NWOの次に何を成せば良いのか分からないのです

そうこうしているうちに、意思を持たなかったはずの奴隷たちが覚醒をし始めました

それぞれの利権がうごめいて、足を引っ張り合いしている人たちを、冷たい目線で観察し始めたわけです

騙されるか覚醒するかの選択肢は、奴隷たちの手に移されたのです

マスコミを使った工作が上手く機能していない事からも理解出来るかと思います

偽旗作戦も、あっという間に手口が暴かれて、倍返しとなってしまう有り様です

全く、人の命を何だと思っているんでしょうね

クライシスアクターもなり手が劣化版ばかりになっていますよね?

こういう事件に手を貸しても、良い事などありませんよ


特に天皇家への呪詛や、マスコミによる撹乱は許される事では有りませんよね

これからの倍返しは、覚悟された方が良いのでは?

宮内庁ですら、天皇家の味方とも思えないわけですけど、大丈夫ですか?

何故に、天皇陛下は稲を植え育て、皇后陛下は養蚕を行うのか、少しは勉強された方が良いかと思います

祭司王の皇統を甘く見てはいけません

表の皇統無くして、裏の天皇も存在出来ないという事も含めてですけど

存在アピールは、もう十分なのでは無いでしょうかね

仕掛けた呪詛に飲み込まれるのは、本望では無いと思いますから

横田政府は、作戦が上手く行っていない事をご存知ですよね

そろそろ、拉致被害者と言われる方々を解放されては如何でしょうか?

解決すれば、また存在価値が復活するはずですよ


それから、維新、明治以降の歴史の改ざんも見直す時なのでは?

150年間も会津藩を目の敵にしなければならないなんて、何を恐れているんですか?


皇太子殿下がフェルメール展に行かれたのも、意味深ですよね

西洋魔術ですか?誰が仕掛けたのでしょうね、何のために?

エネルギーバンパイアですか?

ばれたら倍返しの悪手ですけど


日本も混沌としていますが

世界はもっと混沌としています

ドラマチックにしたいのに、役者が失敗し続けているようなのです

それもこれも、指示系統が統一されないまま、分裂し始めているからです

まず、FRBを含む中央銀行の金融支配システムが頓挫しかかって来ましたよね


GCR(世界通貨改革)、RV(通貨評価替え)が始まるという話は、ずいぶん前から出ています

今の世界は、何かにつけて借金が必要な方向に誘導される世界です

銀行は実際には担保が無いにも関わらず、信用創造を行って、実際の保有資金よりも多い額の紙幣を発行しています

通貨紙幣、は金(ゴールド)や金銭価値のある「担保」の代わりとして発行される信用手形(物々交換の為替)ですから

裏付けとなる物が無い状態で発行されれば、それは当然「詐欺行為」であり「紙幣偽造」の犯罪なのです

普通は、それが「預金者のお金」で運営されているわけですが、詐欺行為の元手が預金者のお金となると穏やかではありません

これまで銀行が「無担保紙幣の発行」で、政府の「国債」を買い続けた結果

各政府が銀行に多大な国債利子の借金を負い、その利子を、国民に税金としてに課税して支払わせているわけです

きちんとした物品の裏付けのある「有担保紙幣」に切り替えることが、GCR(世界通貨改革)、RV(通貨評価替え)なのです

2008年のリーマン・ショックの時ですが、銀行だけは優遇特別救済策がとられたのに

銀行が貸し渋りなどを行った結果、倒産していった中小企業への賠償責任も銀行側はとっていません


そこで次に、新しい国際金融システムの「NESARA(ネセラ)」が登場するのではないかと言われています

正式には、国民経済安全保証改革法(National Economic Security and Reformation Act) という法律の頭文字を取って、NESARA(ネサラ)と言われています

「NESARA(ネセラ)」は、2000年3月に極秘の内に米国議会の上下両院を通過し、10月に、時のクリントン大統領によって署名され、成立したそうです

長らく機密扱いでしたが、2008年10月に機密が解除されたらしいです

実は、地球外先進文明の宇宙人の関与によって創られた「宇宙協定」であり、米国と全世界のほとんどの政府(現時点で190カ国以上の政府)が既に承認したものだという

(この時点で、多くの人が信じない情報になってしまった気がしますが。。。)

アメリカの軍事産業はかねてからETとの交渉を重ねており、ケネディ大統領が地球の銀河社会入りを望んでETの存在を公表しようとした時(1963年11月22日)、彼を暗殺したという噂もあります

NESARA法は200ページにも及ぶもので、3次元の世界の奴隷制度の終焉となるはずでした

NESARAの概要    
① 連邦準備制度を廃止します。
② 連邦準備銀行その他を吸収した新しい財務省銀行を創設します。
③ 金、銀、プラチナ、貴金属に裏打ちされた新しい財務省通貨を発行します。
④ 違法な銀行業務と政府活動に由来するクレジットカード負債、抵当その他の銀行負債を免除します。
⑤ 所得税を廃止します。
⑥ 国税庁を廃止します。重要でない「新しい品目のみ」政府の消費税収入として、均一な比率で課税対象にします。
⑦ 世界中で展開されている米国政府の軍事行動を停止します。
⑧ NESARAの発表後、120日以内に新しい議員を選出します。(※大統領は選出済み)
⑨ 選挙をモニターして、特別利益団体の違法な選挙活動を防ぎます。
⑩ 憲法を本来の状態に戻します。
⑪ 高齢者の収入を増やします。
⑫ その他、莫大な富の放出と、隠蔽されてきた病気の治療法、新技術の公開を行います。


NESARAの第1段階はアメリカで始まり、カナダ・イギリス・オーストラリア・ニュージーランドを含む旧大英帝国支配地域に適用されます

第2段階がドイツ、フランス、イタリア関係諸国、第3段階が日本、ロシア、ブラジル関係諸国、第4段階が中国、メキシコ、AA関係諸国

それぞれ100日の目標期間内に金融財政上の基本的な枠組みを改め、国・自治体・法人・個人間の債権・債務関係の調整を進めます。

従来のドルとポンド、ユーロ、ルーブル、円、元などを金・銀に裏付けられたアメリカの新しい財務省通貨にリンクさせ、

最終的に世界のどこでも通用する通貨に移行させることになります


あの911(ニューヨーク・世界貿易ビル・ブッシュ政権自作自演テロ)は、NESARAを妨害するために仕掛けられたテロだった説もあるんですよね

NESARAは、2001年9月11日の午前10時EDT[東部時間]に発表されることになっていました

World Tradeセンターへの襲撃は、その日、午前9時の直前に起こったのです

NESARAに合意のサインしておきながら、地球支配を手放す事ができなかった支配層の悪あがきですよね


アメリカはすでに財政破たんしているし、シェンゲン協定とユーロが崩れEUは自ら崩壊し始めています

日銀が推進してきた量的・質的金融緩和でも、株価は上昇しているのに、景気が良くなっている実感はありません

支配層は庶民が覚醒することを恐れ、マスコミによって嘘を流します

世界一従順な民族と言われた日本人こそが、一番に覚醒するべきかなと思うこの頃です


さぁ、本当に金融リセットが起こるのか?

それは、Qアノンがトランプ大統領が起こすのか?


緊急!RV発動。Qアノンとトランプ の金融システム移行が始まる。拡散希望!

https://www.youtube.com/watch?v=6IoInVMvCxM

【緊急事態!】Qアノンとトランプの金融改革が発動するか?NESARA

https://www.youtube.com/watch?v=g6IgndFels0


Worldwide Reset Imminent ! 世界規模のリセットが差し迫る!(日本語訳)

https://www.youtube.com/watch?v=tFB3Qhxk_sI


行きたい世界、行きたいパラレルワールドがあるなら

そこを目指した方が、楽しそうだよね

今は、ワクワクやドキドキが足り無過ぎだもの。。。

中国版のノストラダムスの予言書~唐代易学の大家が残した秘書『推背図』が予言する未来図。その解釈の結果、驚きの結末が…

妙佛中国語講座 DEEP MAX さんより

天下第一の奇書が予言する米中戦争と共産党の滅亡

https://www.youtube.com/watch?v=axCBQXZaxug


りんごの絵の2象はこれですね

20190118-00-02.jpg


妙佛さんが言っている

まだ成就していない?とされる45象です

20190118-01-45.jpg


有客西来、至東而止、木火金水、洗此大恥。 炎運宏開世界同、金烏隠匿白洋中、従今不敢称雄長、兵気全消運已終。


日本は中国の西側なので、太陽の位置から考えれば、日本ではなくインドかも知れません

法輪功の解釈では、太陽は「陽」であり、攻撃している側は「陰」

陽と陰の闘い=「善」と「悪」の闘い

西に善があって、東に悪がある構図

悪=中国共産党?

2人のうちの一人は中国共産党、ではもう一人は?北朝鮮?ロシア?

やはり、米中の貿易戦争の構図?


*********************************************************************

推背図 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/推背図

推背図(すいはいず、簡体字:推背图、繁体字:推背圖)は、中国に伝わる讖緯(予言)書。唐代[1]の李淳風と袁天(袁天罡)によるものとされる[2]。

中国の七大予言書の1つとされている[3]。

書は十干十二支の六十の干支で象徴した六十象からなる。各象には易の卦や図や歌があり、そこから内容を読み解いていく[1]。

**********************************************************************

煩悩くん フルスロットルさんの解説

推背図私観
http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2085.html

「推背図」について、ちょうど良い内容があったので、長いがメモしておく。以前、抜粋したもので、1人が書いたものか、いろいろな記事を継ぎ接ぎして抜粋したのか、今となってはよく覚えていない(汗)。


七世紀の唐時代、二人の預言者によって予言書『推背図』が生まれた。中国の各時期に重大な事件を予測するもので、唐代から今の時代まで、知っている歴史に対して、的中率はほぼ100%。この奇書は中国歴代皇帝に読まれ、的中率抜群のため、発禁処分に、、、しかし密かに伝承され、中世はいうに及ばず、日本の敗戦、毛沢東の粛清、フセインとブッシュの戦いなど近代現代史の大事件をことごとく的中させた。なんと2012年もしくは2013年に中国が内乱によって瓦解(がかい)するという。この本の序文によると、唐の太宗皇帝の時代に、袁天網と李淳風の易学に通じた二人の道士が書き上げ、皇帝に献上したものだという。二人は唐代から中国の2000年以上の国運を推測して結論を60図と詩に隠したという。

さらに、五代十国の時代にも、「推背図」の予言に基づいて皇子の名前が決められた、という話しも後世の歴史書に書かれている。元代に世を乱す妖書として禁令が出されたと

この本が最初に国家編纂の歴史書の正史に登場するのは、元の時代に書かれた「宋史」が最初である。また、宋の時代に書かれた民間の歴史書にも「推背図」に関する記述がある。

だが、興味深いのは、唐の時代に編纂された「大雲経疏」という書の中に、推背図の引用文が含まれていることである。この書は、かの敦煌文書の1つである。この中で「推背図」は、則天武后の簒奪の正当化に利用されたらしい。

ちなみに現存する最古のテキストは清の時代のものらしい。改竄なども盛んに行われ、既に宋の時代にも、中身の違う何種類ものテキストが出回り、ひどく混乱していたとの記録がある。

また、宋の皇帝は禁書にしても根絶できないと悟るや、わざと内容の混乱した本を作ってばら撒き、この書を解読しようとする者達を混乱させたとの記録もある。この書は、いわゆる漢易、象数易の理論に基づいて書かれているのだ。

推背図で予言している「日本消滅→中国大陸の中で日本民族や日本文化がかろうじて存命する」という日本の没落・消滅と解釈する中国側の専門家の主流認識に対して第四十五象と第五十五象がその部分です。1995年、親を日本軍に殺された経験のある李鵬元首相李鵬首相(当時)がオーストラリアを訪問した際、ハワード豪首相(当時)との会談で「日本は20年も経てばこの地球上から消えてなくなる」と発言しています。李鵬元首相の予言では2015年に日本は消滅する、という内容はここから来ていますね。親を日本軍に殺された経験のある李鵬元首相とすれば、心情的には反日であり、それぐらいのことを言いたくなるぐらい日本への恨みはあるわけです。

(画像省略)

■第四十三象
(祖国統一=丙午・易卦は火風鼎)
約30年をかけて中国と台湾が統一される。

■第四十四象
(聖人が再臨誕生=丁未・易卦は火水未済)
両岸四地(中国大陸、香港、台湾、マカオ)で一国二制度が堅持され、中国に聖人が誕生し、中国が世界的なリーダー国家と認められるようになる。

■第四十五象
(日本が敗戦し国運が終わる=戊申・易卦は山水蒙)
日本が敗北して日本列島が沈没し、日本は武力を一切持つことなく武力解除される。日本が領土問題を名目に戦争を挑発すれば失敗に終わる。

■第四十六象
(ハイテクの危機に直面=己酉・易卦は風水渙)
ハイテク技術が大きく発展したことで世界的な危機に直面するが、一人の勇士が身を挺して危機から守り、万民が死なずにすむ方法を実行する。

■第四十七象
(文化を重視し、軽武装になる時代=庚戌・易卦は天水訟)
武力解決を避ける時代となり、高度な文化交流が盛んになる高度文化時代が到来する。王制がなくなり、農民出身の徳の高い偉大な指導者が誕生する。

■第四十八象
(風雨にさらされる50年間=辛亥・易卦は天火同人)
辰と巳の年に朱という姓の指導者が登場し、50年間、中国に君臨し、国を指導する。

■第四十九象
(短期的な世界混乱期=壬子・易卦は坤為地)
各組織が聯合戦線を組み、東西南北に世界が分裂し、八つに分かれるような動乱の動きになる。

■第五十象
(資源争奪戦=癸丑・易卦は地雷復)
資源争奪戦が寅年から始まり、人々はこの争奪戦のために生活が大変になり、苦労が増大する。

■第五十一象
(夫唱婦随の女性の価値が高まる時代到来=甲寅/易卦は地沢臨)
新時代には男女一組の指導者が誕生し、特に女性指導者の品行方正ぶりが高く評価される。女性指導者の良妻賢母ぶりや女性的な感性と知性が国の安泰をもたらし、70年間は興隆する。

■第五十二象
(聖人が二度危機を救い、新時代が到来=乙卯・易卦は地天泰)
聖人が新時代の人類を指導していくが独自路線で非常な孤独を抱え、快楽の方向へ国を向かわせて危機に直面。楚(湖北省)呉(江蘇省)の指導者によって危機を乗り越える。

■第五十三象
(中華再復興の時代=丙辰・易卦は雷天大壮)
秦の姓を持つ陝西省出身の指導者が国を治め、儒教の孝の精神を重視する徳政を行う。

■第五十四象
(新風巻き込む中華文化時代=丁巳・易卦は沢天夬)
旧態依然の中華文化と新しい中華文化が融合して強大で持久力のある新しい中華文化時代が到来する。そこには一人の傑出した人物の重要な作用があり、再び世界に新しい中華文化の魅力を再現できるようになる。

■第五十五象
(東方文化の興亡と盛衰=戊午・易卦は水天需)
日本は沈没し、大部分の流民になった日本国民は大部分が中国に受け入れられ、日本文化は中国の中で根づいて存続するようになる。

■第五十六象
(第三次世界大戦の勃発=己未・易卦は水地比)
兵士のいない戦争が起こり、その戦争は激烈で中国にも戦火が及ぶ。

■第五十七象
(天才少年が救世主となって戦争のない世を治める=庚申・易卦は兌為沢)
第三次世界大戦で荒れ果てた地球に身長100センチ以下の天才少年が「毒を以て毒を制す」武器を使って戦争を終結させる。その天才少年は呉越(浙江省あたりかベトナム)に誕生する。呉越についてはこの解釈だけではなく、場所の正確な予測はできにくい。

■第五十八象
(大統一時代が到来=辛酉・易卦は沢水困)
第三次世界大戦で大動乱が終わり、各国が手を握って協力し合い、平和的な大統一時代が到来する。

■第五十九象
(人類の個人差がなくなる時代=壬戌・易卦は沢地萃)
大統一時代に入り、個人差が徐々になくなり、都市や政府がなくなり、自他の区別がなくなるようになる。五色人種の壁がなくなり、東西南北が和睦し、人類一家族時代となる。

■第六十象
(古い世界が終わり、新世界が始まる=癸亥・沢山咸)
矛盾や対立がなくなり、新世界が始まる時となる。


中国の驚異の預言書推背図には、「辰王家は古の志を取り戻し、西に戻る」と予言されてますが、中国に古くから伝わる推背図にも日本水没が予言されていることは述べたとおり。これまでの歴史をことごとく的中させてきた。ノストラダムスなんか目じゃない。清朝時代の写本にその後の歴史が語られていることから、でっち上げでもなさそうだ。これでは、日本には3つの小さな島しか残らないという。さらに興味深いことも書かれている。日本の皇室を辰王家とよんでいるんだ。

辰王家とは、古代朝鮮半島の三国時代(高句麗・新羅・百済)の少し前にあった、辰韓の王家のこと。別名は秦韓。辰韓(秦韓)は、韓国(朝鮮)人の国ではなかった。始皇帝で有名な秦の末裔が朝鮮半島に逃れて建国したようだ。一説には、秦の役(万里の長城建設)を逃れた人が大勢移住したとも。だから秦韓ともよばれる。中国の歴史書でも辰韓は秦の人が建国したとしている。だが、その秦は、漢民族の国ではなかった。西域の異民族がシルクロードをへて中国西部に建国したとされる。始皇帝は碧眼で、身長が2mもあったとの記録もあり。秦はユダヤ人の国というトンデモ説もある。シルクロードは、別名ユダヤ人の道とよばれていたのは有名な事実である。ユダヤ人は遊牧民族だったし、東西交易で富を築いていたんだ。

推背図の異写本が何を述べているかというと、日本が水没するときに辰王家が古の志を取り戻し、西に戻るという内容だったのだ!日本の隠された過去が明らかになるとさ。

(以下省略)

コメント欄から

○佐藤六龍著書の「推背図」開封によれば、
第三十九象が太平洋戦争勃発の予言をしているに対して、第四十五象はその後の太平の世にあって戦火が海上において起こることを示す。その国は中国に向けて軍隊を派遣するが、上陸しないうちに消滅させられ、それ以後再び中国を侵略する力を持たなくなるだろう。この攻め入る国は日本だとする説がある。
従って、ここでは第3次世界大戦を受けて日本は海中に沈むとは看ていないようです。

○佐藤六龍著書の「推背図」開封では六十象全部を解説しておらず、日本に関係する第五十五象は記述していないが、「日本は沈没し、大部分の流民になった日本国民は大部分が中国に受け入れられ、日本文化は中国の中で根づいて存続するようになる。」はビックリですね。
「日本が水没するときに辰王家が古の志を取り戻し、西に戻るという内容だったのだ!日本の隠された過去が明らかになるとさ。」とのことですが、
辰王が「西に戻る」とは、日本が水没するときに辰王家が出自、所謂 古代イスラエルの北イスラエル王国エフライム王家出身を自覚し、故地のイスラエルに戻るという意味ではないかと思います。

○佐藤六龍著書の「推背図」開封では六十象全部を解説していないので、第一象~第四十二象も紹介、解説していただければ幸いです。

○一説によれば、
箕子朝鮮は燕国の将軍の衛に奪われるが、王朝は逃れて朝鮮半島の南部で辰国を建てた。
辰国の本当の名称はシウクであって、その王朝はシウクシと言った。意味はふるえる、または、ゆらゆらと言うことであるらしい。それを中国風にあらわしたものが辰国なのである。つまり、辰国の名称と大和民族となる前の呼び名は同じシウク、またはシウクシクである。
大和民族となる前の呼び名のシウク、またはシウクシクは震えのことである。扶余のフヨ、またはプヨとはシウクと同じ意味のフルエ、またはフルからきているかもしれない。ふるえるという言葉は「魂ふり」などからもわかるように古くからあった大和言葉である。
では、何故、シウクが大和王朝や大和民族の古い呼び名なのかというと、それは朝鮮半島にあった騎馬民族の辰王朝が、わが国に渡って来たという説によっている。
その後、辰王朝は九州へ渡ったが、残った分家と同系部族がまとまって作ったのが百済となった馬韓である。
辰国のもう一つの跡地に、百済とは別に、百済から分かれた氏族と、秦の亡命貴族との合体によって作られたのが新羅である。
ちなみに、シウクとは英語のクエイクと同じ意味である。クエイカー教徒とは、アメリカにはじめに渡って来た移民である。礼拝の時に体をゆする習慣があったか、霊感を受けてふるえた者という意味で、そのように呼ばれたようである。

2012-04-24 22:35 鹿


第五十六象の解釈

第五十六象の「第三次世界大戦の勃発」は2022年のことで、「兵士のいない戦争が起こり 、その戦争は激烈で中国にも戦火が及ぶ」とは、中国の日本侵略を意味します。また、日本の防衛省が2007年から推し進めてる「ガンダムの実用化に向けて」から始まる「G.U.N.D.A.Mプロジェクト」により、人工知能システム搭載の巨大なロボット型の迎撃システムで中国軍の攻撃を死守します。また、ノストラダムスの預言の10章72番の「恐怖の大王」とは、中国軍のミサイル・シャワーであり、「マルクス(火星=軍神)が幸福に支配される」とは、2022年~2025年で第三次世界大戦が終戦するため世界が平和になることを意味します。

2016-04-24 22:42 科学太郎


**********************************************************************

そして、おなじみトカナの解説


中国最高の予言書「推背図」の示す衝撃未来がヤバい! 第三次世界大戦、ポールシフト、エイリアンと救世主の出現!
https://tocana.jp/2019/01/post_19194_entry.html

中国は唐の時代に恐るべき予言書が記された。名を『推背図』(すうはいず)という。一編(以下「象」)は簡単な挿絵と短めの漢文で構成されている。全部で60象ある。予言研究家の白神じゅりこ氏が以前、トカナでも取り上げている。

※参考記事:「2017年日本は中国に消滅させられる」禁断の書『推背図』が予言! 日中開戦で日本滅亡、李鵬元首相も発言!

 そのため当稿では説明は簡略に留めるが、この『推背図』の作者が太宗皇帝の側近だった李淳風(りじゅんぷう)と袁天罡(えんてんこう)の二人だ。

 李と袁は天文・暦・気象を司った「太史局」という役所に勤めていた。当時、千人を超える人員が日々、天体観測や記録に明け暮れていた。二人はこの役所において「太史令」という最高官位にあった。つまり、今風にいえば事務次官クラスである。

 一国の高官と予言書……何やらチグハグに思われるかもしれないが、当時、天体の運行は個人や国家の運命を司っており、日蝕や彗星出現などの天文の変異は人間界に向けた天帝のサインであると考えられていた。だから「太史局」には学者級の人材が揃い、真剣に研究が行われていた。また、そこから中国式の占星術も洗練されていった。

 よって、二人が皇帝の要望に応じて遠い未来までもを占ったという話は、それほど奇々怪々ではない。しかし、私が『推背図』に目を通した限り、この書はそういう「学識」を超えたものがある。つまり、透視能力か何かの方法で本当に未来を見ない限り、ここまで正確に見通すことは不可能ではないかと思えるのだ。あるいは当時の「太史局」に、天体の運行等から正確な未来を導き出す、よほどの「奥義」でもあったのか……。

■「第56象」以降が現代人から見て確実に「未来」に当たる

 ところで、『推背図』は1300年も昔に記されたものだ。大半の予言はすでに過ぎ去ってしまったと考えられている。研究者によって見解はやや分かれるが、一般に、現代のわれわれから見て「予言」と呼べるものは50象以降だろうと考えられている。

 その中にあって、第三次世界大戦を予言した一節として衆目の一致するものが「第56象」である。そして以前、白神じゅりこ氏が取り上げたのもこれである。

 したがって、「第56象」以降に関しては「未来の予言」と断言してもよいと思う。今回、私は第三次世界大戦「以後」の人類の行く末に焦点を当てて『推背図』を解読してみることにした。つまり、最後の60象までを一挙に解読する。

 結論から言うと、浮かび上がってきたのは、かなり“異様な”未来である。

 まずは、「以後」への助走の意味でも、また『推背図』の凄さを再認識する意味でも、改めて私独自の視点で「第56象」を解読するところから始めてみたい。

 なお、全象の解読に共通する事項として、以下の留意点を申し上げておく。「讖」(シン)とは予言のこと。「頌」(ショウ)とは神に捧げる詩のこと。作者の思惑は、2種類の文章表現と挿絵でもって可能な限りヒントを提示すると共に、できるだけ未来の事象を立体的に浮かび上がらせようというものかもしれない。

 また、清の時代に金聖歎という人物が『推背図』に独自の注釈を入れた。そのため世に出回る『推背図』には彼の注釈入りの版が多い。しかし、現代から以降に関しては、彼の注釈は参考にならず、かえって原文を損なう。本稿ではバッサリと省いてある。

 以上の点を承知していただいた上で、以下に私の解読を述べよう。

■「第56象」……空前絶後のハイテク世界大戦の予言


第五六象 己未 坤下坎上 比
讖曰
飛者非鳥 潛者非魚
戰不在兵 造化遊戲
頌曰
海疆萬里盡雲煙 上迄雲霄下及泉
金母木公工幻弄 干戈未接禍連天

讖いわく
飛ぶものは鳥にあらず。潜るものは魚にあらず。
兵士不在の戦争。物作りの遊戯だ。
頌いわく
海の果ての万里まで煙の雲が尽きない。上は雲のある大空まで、下は泉まで。
ハイテク企業が幻を使うものを生産する。兵器は故障もなく天に配備される。
(山田高明意訳)

 いかがだろうか?

 どことなくノストラダムスの予言詩に似ていて、なかなか解読するのが楽しい。

 この「第56象」はあまり補足の説明も必要ないと思う。これは無人機などをふんだんに使った未来のハイテク戦争を表している。しかも、口から火を吹く二人の男が相対している図から、二大勢力の激突だろう。

 原文に「盡雲煙」(雲煙が尽くす)とあるのは、戦火の硝煙や煤煙で世界が埋め尽くされている様子の描写だろう。それが横の広がりとすれば、次句は縦の広がりを意味する。

「金母木公」は、中国人でも何を意味しているのか分からないらしいが、私は前後の文脈から上のごとく解釈した。「公」は「公司=企業」か、もしくは「社会」でもいい気がする。「干戈」は、「干戈(カンカ)を交える」と使うように、武器や戦争を意味する。それが天に連なる……つまり飛行機・ミサイル・人工衛星の類いだろう。

■第57象の解読……ポールシフトが起き、エイリアンと救世主が出現する予言


第五七象 庚申 兌下兌上 澤
讖曰
物極必反 以毒制毒
三尺童子 四夷讋服
頌曰
坎離相剋見天倪 天使斯人弭殺機
不信奇才產吳越 重洋從此戢兵師

讖いわく
極が必ず反対になる。毒をもって毒を制する。
身長90センチの童子。四方の国々は畏れて服する。
頌いわく
北南は相克し天倪を見る。天使は人を切り離して殺し合いを終わらせる。
信じられない奇才は呉越から産まれる。軍隊を収拾する師には重洋ですら従う。
(山田高明意訳)

 前の「第56象」の挿絵は、二人の人物が口から炎を吐いていた。第57象の挿絵は、その二大勢力による戦争の大火を消火している様を表している。しかも「子供」が天から水を掛けるという有様で。

「毒をもって毒を制する」であるから、その消火行為自体が人類にとって別の災難と呼べるものを意味している。天から水が注がれるような状況といえば、おそらくポールシフトによって大津波が発生し、強制的に戦争を終結させてしまう様子ではないか。

 しかも、これを機に人類はエイリアン文明の介入を受けるらしい。というのも、「三尺童子」は一見子供を表しているようだが、童子には「王子・菩薩」の意味もある。国々が彼に服属することから、子供というより何か超人間的な存在だろう。

「四夷」は本来、中国の東西南北にある蛮地を指すが、当時の中国人だからこういう表現になってしまっただけで、普通に世界の国々というふうに解釈してよい。

「坎離」は八卦でそれぞれ北と南を表すので、これは大戦の陣営と思われる。「天倪」は災厄を移し負わせる人形を意味するので、両者が戦う動機が消滅するのだろう。しかも、戦争終結に導くのが「天使」と「奇才」だ。これは前の「三尺童子」の別の表現だろうか。つまり、すべて一人の救世主の出現を予言しているのだろうか。

 私も迷ったが、驚くべきことに、どうも「エイリアンの出現」と「救世主の出現」の二つの出来事が平行して起きる事態を予言しているような気がするのだ。

 救世主は「呉越」出身のようだが、唐初期の人物の言及する「呉越」であることに注意を払う必要がある。当時、長江以南は中原から見てまだまだ異国に等しかった。しかも、予言がしばしば隠語を用いることや、日本人の祖先の多くが呉越地方から来た点からして、これは間接的に「日本」を指している可能性もある。

 つまり、日本から現れた救世主が世界を平和へと導く予言である。

(つづく。次回、戦慄の「究極の未来」へ)

((超常分野研究家・山田高明 個人サイト「新世界より」「フリー座」 )


中国の凄すぎる予言書「推背図」とは…衝撃の未来でポールシフト、宇宙人と救世主出現、ノストラダムスの予言とも一致している…とんでもない未来の姿
https://www.youtube.com/watch?v=BRenQ-xAtAs

**********************************************************************

57象の構図が、これです

20190118-03-57.jpg


第三次世界大戦で荒れ果てた地球に身長100センチ以下の天才少年が「毒を以て毒を制す」武器を使って戦争を終結させる?

2名の覚者が会話していて、戦争の懸念が強まり、世界が混乱して社会の悪事が極まった時に、それが急に反転することが起こる?

そして、ラストの60象

20190118-04-60.jpg


古い世界が終わり、新世界が始まる?

--------------------------------------------------------------------

どこの国にも予言書があって、都合の良い解釈があるわけです

易経と天体観測による予知が「推背図」なわけですが

1000年もの間、禁書扱いされていた予言書が、何故に公開(2001年)されたんでしょうね


予言を推し進める「推」と、予言を止める「背」意味を組み合わせたのが『推背図』の成り立ちと考えれば

表現が曖昧で、如何様にも解釈ができて、解釈の仕方によってはどんな歴史的事件を当てはまってしまう代物です

だから、的中率はほぼ100%なんですよね

まさにノストラダムスの予言書と同じ構図です

日月神示ですら、何通りにも読めますよね

世界はこうなるとか、まるでエコノミストの表紙みたいですw


2015年に日本は滅亡するとか、2017年日本は中国に消滅させられるとか、解説されていたわけですが

希望とか予想とか妄想とか、都市伝説と何も変わらないような気もしないでも無いですね

解釈が間違っていただけで、その予言は必ず当たる的な物ですかね

そもそも、推背図には六十干支が書いてあるわけで、その年に起こらなければ外れですよねw

60年ごとに同じ事が起こるはずもありません

要するに、中国共産党や人民解放軍が信じてる、信じたい未来でしか無いんじゃないでしょうか

むしろ、この予言書に縛られて身動きできなくなってしまうような予測すら出来てしまう


思うに、未来は確定したものでは無いんですよ

それぞれが、行きたい未来に行くものかと思います。。。

謎が謎を呼ぶレーダー照射事件 韓国政府が駆逐艦と海洋警備艦まで使って救助した北朝鮮漁船の正体とは?そこに乗船していた人物とは?

一色正春さんが、興味深い分析をされています

その漁船に、いったい誰が乗っていたのかです

【一色正春】最新 ニュース速報 2019年1月17日

https://www.youtube.com/watch?v=cG27Zm-mQ3k


日本海には、北朝鮮からの難破船が数多く漂流して来ます

多くの漁船は、海流に流されて遭難しますが、韓国側に救助されているというニュースは聞きませんよね

韓国の駆逐艦や警備艦を使ってまで救助(韓国側の言い分)など、有りえるのでしょうか

指揮命令系統が違うはずの駆逐艦と海洋警備艦が、揃っての出動というのが、キーポイントですよね


駆逐艦はともかく、海洋警備船は、竹島周辺を警備している虎の子とも言える重要な船なわけですよ

そんな大事な船を使ってまで、何故にこの漁船を救助しなければならなかったのでしょう

救助ではなく、取り押さえようとしたのでは無いでしょうか?

そして、その漁船に、いったいどのような人物が乗っていたのでしょうか?

漁船に乗っているのは、北朝鮮の軍人たちがほとんどだとも聞きますが


一色さんの推測が正解なんじゃないでしょうかね

救助したのではなくて、北朝鮮側の意向を受けて捕獲したのでは無いのかです

もし、高官などの脱北なら、漁船で脱北するわけがありません

もっと安全なルートを使いますよね


漁船を使ったという事はですね

自由に動けない人物であり、また北朝鮮が絶対に日本に行かせたくない人物じゃないかというのです

日本にとっては、どうしても知られたくない人物が、そこに居た?

まさかまさかですが、脱北しようとしていたのは

「拉致被害者」???

一色さんは、あくまでも可能性があると言っていますが

つじつまが合いますよね

本当なら、2回も拉致とか、酷すぎますよね


一色さんは、最後に自分の頭で考えろと言っています

韓国側が絶対に認めたくない本当の理由を、考えるといろいろ見えて来るのかも知れません

その漁船こそに秘密が隠されているのだけは、事実だと思います

退位礼の概要が正式決定  承継の儀参列者、皇族は成年男性に限定 「祝賀御列の儀」で用いるオープンカーはトヨタ自動車の「センチュリー」

天皇陛下が最後の「おことば」を述べられる退位礼の概要が正式決定しましたね

本来は「譲位」ですが、現行では憲法違反なので「退位」なわけですけど

これ以降は、平成天皇と呼ばれるようになるのでしょうか

平成は戦争は無かったものの、地震など自然災害が多い時代となりました

今日は、阪神淡路大震災から24年でしたが、天皇皇后両陛下の被災地を慰問される姿が映像で流れて胸が痛みます

30年間ご公務などに尽くされてきたお姿は、ずっと忘れません


「祝賀御列の儀」で用いるオープンカーはトヨタ自動車の「センチュリー」

イギリス車から日本車ですか

これは、意味深ですね

*******************************************************************

承継の儀参列者、皇族は成年男性に限定
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00000060-kyodonews-pol
1/17(木) 10:37配信 共同通信

政府は17日、式典委員会を首相官邸で開き、新天皇即位後の儀式「剣璽等承継の儀」について、
皇族の参列者は成年男性に限定するとした次第概要を決めた。

--------------------------------------------------------

退位礼の概要が正式決定 天皇陛下が最後の「おことば」
1/17(木) 11:35
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00000039-asahi-soci

 天皇陛下が4月30日に退位する際に行う憲政史上初めてとなる儀式「退位礼正殿(せいでん)の儀」について、政府は17日午前、概要を決定した。
三権の長や閣僚、地方代表ら約340人が参列。安倍晋三首相が国民代表の辞を述べたあと、陛下が最後の「おことば」を述べる。

 首相官邸で開いた「式典委員会」の第3回会合で決めた。退位礼正殿の儀は、一連の皇位継承行事のうち国事行為として行うもので、天皇陛下の立場としては最後の行事。
皇位のしるしとされる三種の神器のうち、剣と璽(じ)(まが玉)が会場の皇居・宮殿の松の間に置かれる。

 皇太子さまが新天皇に即位する儀式「剣璽(けんじ)等承継の儀」は、翌5月1日に行う。皇位継承順位第1位の皇嗣(こうし)になる秋篠宮さまと、常陸宮さまの2人が神器などの継承を見守る。
陪席は皇位継承権のある成人の男性皇族に限り、女性皇族は認めない前例を踏襲した。
参列者は性別で区別せず、同日の時点で三権の長や閣僚、最高裁長官代行ら26人に女性がいれば、剣璽等承継の儀で初めての女性の参列となる。明治時代の旧皇室典範で男系男子による皇位継承が定められて以降、女性が参列した例はない。

--------------------------------------------------------

天皇陛下、退位の儀式は4月30日夕に 政府決定
天皇退位 政治 社会2019/1/17 10:45
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40103880X10C19A1MM0000/

政府は17日午前、皇位継承に伴う一連の儀式を検討する「式典委員会」(委員長・安倍晋三首相)の第3回会合を首相官邸で開いた。
天皇陛下が退位する4月30日の儀式を午後5時から開くと決めた。
参列者は三権の長や地方自治体の代表者ら330人程度を想定する。
皇位継承の証しを引き継ぐ「剣璽等承継の儀」は5月1日午前10時半からとする。

退位の儀式は1817年の光格天皇以来約200年ぶり。
「退位礼正殿の儀」は陛下が国民に感謝の意などの「お言葉」を伝える最後の場となる。
儀式は約10分間。皇居・宮殿「松の間」で開く。
天皇の政治関与を禁じる憲法に抵触しないよう自ら天皇の地位を退く趣旨は述べない。
天皇のお言葉に先立ち首相が陛下の退位を宣言する。

退位礼正殿の儀を午後5時に設定したのは、夕刻に陛下の公務が終わることを考慮したためだ。
皇位継承式典事務局は「当日も在位しており、早すぎない時間帯にすべきだと考えた」と説明する。
参列者は新天皇が三権の長らを前に即位後初のお言葉を述べる5月1日の「即位後朝見の儀」と同様で、
配偶者を含め338人とする。



即位日の剣璽等承継の儀は皇位継承の証しとして歴代天皇に伝わる三種の神器のうち剣と璽(じ=まがたま)、天皇が公務に使う印章の御璽、国の印の国璽を引き継ぐ儀式だ。首相や閣僚、衆参両院議長、最高裁長官らが参列する。


皇族は成年男性に限定し、女性皇族や秋篠宮家の長男悠仁さまは出席されない。
皇室典範は皇位継承権を男系の男子に限ると定めており、女性皇族が参加した例は現行憲法下ではない。
皇位継承権の問題とは関わりのない女性閣僚の参列は認める方針だ。

新天皇、皇后が10月22日に皇居周辺をパレードする
「祝賀御列の儀」で用いるオープンカーはトヨタ自動車の「センチュリー」を採用する。
提案は日産自動車、ホンダ、英ロールス・ロイス、独メルセデス・ベンツを含め計5社からあった。国内で入手可能で安全面や環境面の性能など式典委員会が定めた要件を踏まえトヨタ車に決めた。

10月23日に外国首脳らを招いて開く首相主催の晩さん会会場は都内のホテルニューオータニを指定する。
前日の10月22日には新天皇が国内外に即位を宣明する「即位礼正殿の儀」を開く。
晩さん会は即位礼正殿の儀に参列する賓客を招く。


***************************************************************************


それと、平成最後の歌会始だったのに

話題が、皇太子妃の欠席になってる件。。。


雅子さま、「歌会始の儀」出席控える 風邪の症状で
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00000012-asahi-soci

雅子さま、「歌会始の儀」は欠席 風邪の症状続く
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000140-kyodonews-soci

雅子さま、風邪で歌会始ご欠席へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000592-san-soci

雅子さまが風邪で「講書始の儀」ご欠席へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190110-00000595-san-soci

「皇太子妃を辞めたいと思ったことは一度もない」 雅子さま「新皇后」への覚悟
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190113-00010374-bunshun-soci


雅子さまの欠席が目立ちすぎる件。。。

平成30年12月03日(月)  ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所) ー雅子さま欠席
平成30年12月05日(水)  ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所) ー雅子さま欠席
平成30年12月10日(月)  青年海外協力隊及び日系社会青年ボランティア接見(東宮御所) ー雅子さま欠席
平成30年12月12日(火)  外国大使接見(南アフリカなど)(東宮御所) ー雅子さま欠席
平成30年12月12日(水)  ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所) ー雅子さま欠席
平成30年12月13日(木)  ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所) ー雅子さま欠席
平成30年12月17日(月)  ご接見(離任チェコ大使)(東宮御所) ー雅子さま欠席
                 賢所御神楽の儀(賢所) ー雅子欠席
平成30年12月19日(水)  ご接見(昭和天皇記念献血推進賞及び昭和天皇記念学術賞受賞者)(東宮御所) ー雅子さま欠席
平成30年12月23日(日)  天皇誕生日 茶会の儀(宮殿)ー雅子さま欠席
平成30年12月25日(火)  大正天皇例祭の儀(皇霊殿) ー雅子さま欠席
平成30年12月26日(水)  ご進講(外務省国際情報統括官)(東宮御所) ー雅子さま欠席

平成31年01月01日(火) 新年祝賀の儀 各国の外交使節団の長等(宮殿) ー雅子さま欠席
平成31年01月01日(火) 歳旦祭の儀(三殿賢所) ー雅子さま欠席
平成31年01月03日(木) 元始祭の儀(宮中三殿) ー雅子さま欠席

平成30年1月1日(月) 新年祝賀の儀  内閣総理大臣等,衆議院議長及び参議院議長等,最高裁判所長官等,認証官等,各国の外交使節団の長等ー雅子さま欠席
平成30年1月3日(水) 元始祭の儀(宮中三殿)ー雅子さま欠席
平成30年1月7日(日) 昭和天皇祭皇霊殿の儀(皇霊殿) ー雅子さま欠席
平成30年1月12日(金) 歌会始の儀(宮殿) ー雅子さま欠席
平成30年1月16日(火) ご接見(離任アイスランド大使)(東宮御所) ー雅子さま欠席
平成30年1月17日(水) ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)ー雅子欠席
           ご進講(国立研究開発法人土木研究所水災害・リスクマネジメント国際センター長)(東宮御所) ー雅子さま欠席

以降も欠席予定?

平成30年1月24日(水) ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)
               ご接見(平成29年度「世界青年の船」事業参加青年代表)(東宮御所)
平成30年1月25日(木) ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所) ー雅子さま欠席
              ご接見(外国大使(東ティモール,バングラデシュ,コソボ,コロンビア,ニュージーランド))(東宮御所)
平成30年1月30日(火) 孝明天皇例祭の儀(皇霊殿)
平成30年1月31日(水)ご会釈(勤労奉仕団)(東宮御所)


5月になって皇后陛下に即位されても、こんな感じなんでしょうか。。。


雅子さまのご欠席と、稀勢の里の引退が被るわけですが

平成29年の五月場所、稀勢の里が三場所続けて優勝という期待の場所でしたが

皇太子ご夫妻が、ご観覧になり、先場所中に負った稀勢の里の怪我についてご質問されています

結局、途中休場となりましたね

やっぱり法則でしたか。。。

-----------------------------------------------------------

平成最後の歌会始

平成最後の「歌会始の儀」 お題は「光」
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190116-00409839-fnn-soci

平成31年歌会始の御製・御歌・詠進歌(平成31年1月16日発表)
http://www.kunaicho.go.jp/culture/utakai/pdf/utakai-h31.pdf


天皇陛下

「贈られしひまはりの種は生え揃ひ葉を広げゆく初夏の光に」

皇后陛下

「今しばし 生きなむと思ふ寂光に 園(その)の薔薇(さうび)のみな美しく」

皇太子殿下

「雲間よりさしたる光に導かれわれ登りゆく金峰(きんぷ)の峰に」

皇太子妃殿下

「大君と母宮の愛でし御園生(みそのふ)の白樺冴ゆる朝の光に」

秋篠宮文仁親王殿下

「山腹の洞穴深く父宮が指したる先に光苔見つ」

秋篠宮文仁親王妃紀子殿下 

「日の入らむ水平線の輝きを緑閃光と知る父島の浜に」



陛下の歌は、皇室の子孫繁栄を願っていらっしゃる様子ですね

ひまわりの種は生え揃ひ葉を広げゆく初夏の光

国民が災害を乗り越えて行く姿や、悠仁さまのご成長が浮かびます

皇后陛下の薔薇も、日陰でも懸命に生きようと頑張って、綺麗に育った喜びですね


皇太子殿下は、金の峰に登る宣言?

皇太子妃殿下は、「大君」「母宮」「白樺」と皇后陛下しか見てない?

目線が、内内で、外には向いてない感じですかね


秋篠宮殿下の歌には

暗い洞窟の中で「光苔」を見た時の感動ですかね

父宮が指したる先に光苔

暗くても、その中に光を見つけようとする姿が浮かびます

秋篠宮殿下と妃殿下が詠まれた歌が「緑の光」と「父」で揃えてまいますね

緑の日と言えば、昭和天皇ですから、皇統が続いている感じがします



「歌会始の儀」は、天皇が主催するものだから、来年のお題は、皇太子が即位してからの発表になるそうです

---------------------------------------------------------------------

体調が悪いまま、1月も半分が過ぎてしまいました


近い親類との突然の別れがあったりして、脱力は半端ないです

何も浮かばないし、何も見えない感じなんですよ

何か誰かにエネルギーを吸い取られている感覚がw

世界線が、チェンジしているのだけは、確かなようです

少しずつ元に戻って行くと思いますが

のらりくらりと、頑張ります。。。

正しい歴史認識【ヴェノナ文書】マスコミ・労組・教組・軍・政府に入り込んだ影響工作~資本家と共産党が世界を不幸にした~第二次世界大戦は「ソ連・コミンテルン(共産主義組織)とルーズヴェルト民主党政権」が仕掛けた

今の日本の歴史教科書が、嘘によって上書きされ、全くもって役に立たない代物だと気が付いたこの頃です

中国や韓国のファンタジー歴史教科書並みに、嘘だらけだったんですよ


五千ページに及ぶと言われる「ヴェノナ文書」が公開されました

第二次世界大戦前後の時期に、アメリカ政府内に多数のソ連のスパイが潜入したことを暴いたファイルです

「ヴェノナ文書」の公開によって

アメリカの保守派を中心に、第二次世界大戦の責任はF・ルーズヴェルト民主党政権と

その背後で日米戦争を仕掛けようとしていた共産主義組織(コミンテルン)にあるのではないかという歴史が浮上してきました


日本もアメリカもソ連のために戦わされたのであって、日米の開戦の発端となった「ハルノート」も実はロシアのスパイが作ったものだったのです

マッカシー諮問委員会が、ルーズベルト政権のハル国務長官の側近でハルノートを起案したホワイトをソ連のスパイとし摘発後に自殺しています

真珠湾攻撃は、コミンテルンの仕掛だった事が、ヴェノナファイルによって明らかになりました

日米を戦争に追い込んだのは、ソ連の謀略だったと言うのです

アジア太平洋で戦争を引き起こし、世界を混乱させたのは、日本ではなくて「ソ連・コミンテルンとルーズヴェルト民主党政権」であったという

朝日新聞等のマスコミが戦争を煽り、近衛内閣にいたスパイ達がソ連の意向を受けて動いた結果

日本は望まない世界戦争に駆り出され、ソ連の意向のままに南進してしまいました

近衛内閣に、ゾルゲ・尾崎のソ連スパイが、日ソ戦回避して日米戦を策したわけです

当時アメリカの政治家がなぜ日本を嫌っていたのかという理由が、共産主義者たちが支配してたからだったんですね

日米戦の最終受益者が、スターリンと毛沢東であることから国際共産主義同盟コミンテルンが日米戦の仕掛け人であることは歴史が証明していますね


今の現実も同じですよ

中身の伴わない嘘のマスコミの煽りで、教育までもが中共に侵略され、生活は在日朝鮮人に脅かされ続けているのです

それは、旧ソ連がやって来たコミンテルンの仕掛を受け継ぐ乗っ取り工作そのものです




スパイは我々の中に・・・ヴェノナファイル
https://www.youtube.com/watch?v=I_EJ23yXfXM

コミンテルン暗躍の歴史!米NSAヴェノナ文書で進む歴史の見直し!マスコミ・労組・教組・軍・政府に入り込んだ影響工作!【百田尚樹×江崎道朗×居島一平】

https://www.youtube.com/watch?v=xCh1GBRRDLM

コミンテルン 江崎道朗
https://www.youtube.com/watch?v=7_JJFszKRu0

日本に日教組、米国に米教組、英国に英教組が存在してる!!!


----------------------------------------------------------------------

ベノナ - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/ベノナ

ベノナないしベノナ計画(VENONA、Venona project)は、1943年から1980年まで37年間の長期にわたって、アメリカ合衆国陸軍情報部(通称アーリントンホール、後のNSA/アメリカ国家安全保障局)とイギリスの情報機関が協力して行ったソ連と米国内に多数存在したソ連スパイとの間で有線電信により交信された多数の暗号電文を解読する極秘プロジェクトの名称である。ヴェノナと表記したり、解読されたファイル群をベノナ文書、もしくはベノナファイルと呼称する事もある。

概要[編集]

本作戦開始以来、半世紀以上に渡って極めて高度な機密として秘匿されてきたが、米ソ冷戦の終結、1991年のソビエト連邦の崩壊などの状況の変化を受け、1995年7月にこれらソビエトスパイの暗号解読文書の一部が公開され、さらなる公開で約3000に上る解読文書が公開された[1]。 現在、これら解読文書の多くは米国CIAやNSAのホームページにて公開されている。 また後年、研究家達によってミトロヒン文書とのすり合わせ検証が行われた。 先立っては「JADE」、「BRIDE」、「DRUG」という名が使用されていた[2]。

詳細[編集]

ソ連が一般に採用していた暗号法は、元の文の単語や文字を数字に変換するとともに暗号文解読のための鍵 (ワンタイムパッド法の場合には本文と同じ量になる)を付加する方法であった。正しい使用法をすれば、ワンタイムパッド法で暗号化された文は決して解読できないことが理論的に知られている。しかし、ソ連関係者の一部が暗号化に際して誤りを犯し、一度使用した鍵を再利用してしまった(一度使用した鍵をただちに廃棄するのがワンタイムパッド法の原則である)。これにより、膨大な通信文の一部、又は文書の一部分に限られたが解読が可能になった。

第二次世界大戦末期の1945年5月に、アメリカ軍情報部がドイツのザクセンおよびシュレースヴィヒでソ連の暗号書を発見した[3]。これは、ナチスドイツがフィンランドのソ連領事館を制圧した[4]際に、半分焼け焦げた暗号書を発見しドイツへ送られたものだった。1944年末フィンランド将校から別の暗号書もアメリカに送られたがOffice of Strategic Servicesがソ連に返還した[5]。これがアメリカで活躍するソ連国家保安委員会(当時は内務人民委員部、NKVD)のスパイ網で使用されているものと関連があることがわかった。

また1942年初頭に、ソ連NKVD通信センターは、使い捨て暗号表(ワンタイムパッド)を35,000ページ複製し2組の暗号表を作った。これにより同一暗号で暗号化された通信文が2つあることになった。そのため、アメリカ国家安全保障局(NSA)のメレディス・ガードナーほかの解読者は暗号を破ることができた。

解読は極秘であったが、イギリス情報局秘密情報部(SIS) のアメリカ駐在連絡代表キム・フィルビーがソ連に情報を流したため、ソ連は解読が実施されていることを知っていた。しかし当時フィルビーはSIS長官候補であったため、彼を温存するためにこの情報を利用しなかったという。

暗号突破[編集]

暗号突破時に判明したこと。
アメリカの元共産党員であったE・ベントリー(英語版)とW・チェンバース(英語版)の二人は、1948年のアメリカ下院非米活動委員会において、ソ連のNKVD(「内務人民委員部」。KGBの前身)の在米責任者であるボリス・ブコフ(英語版)大佐が、アメリカ政府内にソ連の諜報活動網を構築していたことを指摘した。その内容と、当時財務次官補の要職にあったハリー・ホワイト(太平洋戦争の最後通牒であるハルノートを草稿した人物)が「Jurist(ジュリスト)」「Richard(リチャード)」というコードネームを持つソ連のスパイであった事実が、ファイルの解読で確認された[6]。

解読で判明したこと[編集]

注:英語版ではローゼンバーグ夫妻、クラウス・フックス、A・ヒス&H・デクスター・ホワイト、Dマクリーン&Gバージェス、オーストラリアのソヴィエト・エスピオナージの5項目のみの掲載である。
1950年ドイツ出身のユダヤ人、ローゼンバーグ夫妻がマンハッタン計画で生み出された核兵器の製造方法に関する機密情報をソ連に漏洩した容疑で逮捕され、第二次世界大戦後の米国でスパイ事件ローゼンバーグ事件とされた。ローゼンバーグ夫妻は1953年に死刑執行されたが、ソ連に提供された情報は重要度が低かった。また情報により死亡したアメリカ人もいなことから、死刑は赤狩りにあおられた重すぎる判決だという説も根強い。後に公開されたヴェノナ文書群の解析で、ローゼンバーグ夫妻と妻エセルの実弟、デビッド・グリーングラスはそれぞれコードネームが割り振られていたソ連のスパイであったことが確認された。(下記コードネーム一覧表参照)なお、エセルについては、現在も冤罪ではないかという説もある。夫妻の遺児は今もエセルの冤罪を主張し、オバマ大統領にはたらきかけたりもした。遺児の活動は、CBSテレビでドキュメンタリーとして放映された。
A・ヒス&H・デクスター・ホワイト 政府の秘密に関するモイニハン委員会によると、アルジャー・ヒスとハリー・デクスター・ホワイトの共謀は、ベノナによって証明されているとしている。モイニハンは「国務省のAlger Hissの共謀は証明されているようだ」と語った。モイニハン上院議員は、ソヴィエトのスパイとして身元を確認したことについての確信を表明した。内容は「ヒスはソ連の代理人であり、モスクワにとって最も重要だと思われる」というものである。現在の著者、研究者、建築家の中には、ベノナファイルの証拠が決定的ではないと考えている人もいる
アイバー・モンタギュー Ivor Goldsmid Samuel Montagu 1904-1984。GRUのスパイ。コードネームはIntelligentsiaとNobility。国際卓球連盟創設者、会長(1926-67)、2代スウェイスリング男爵ルイス・モンタギューの息子、ヒッチコック映画のプロデューサー。MI6でミンスミート作戦(「存在しなかった男」作戦)を指揮したユエン・モンタギューは兄である[7]。
クラウス・フックス ヴェノナの解読は、原子力関連スパイ、クラウス・フックスの暴露においても重要だった。最初のメッセージの中には、CHARLESとRESTのコードネームで参照されていた、マンハッタンプロジェクトの科学者からの情報が解読されたものもある。1945年4月10日、モスクワからニューヨークへのメッセージの1つは、チャールズが提供した情報を「大きな価値を持っている」としている。

ヴェノナファイルに登場する暗号名[編集]

代表的な暗号名一覧[8]


実名

暗号名

フランクリン・ルーズベルト第32代米合衆国大統領 キャプテン(船長)
ヘンリー・モーゲンソウ 米財務長官 ネイボッブ(太守、成金)
チャーチル英首相 ボア(猪)
ドゴール自由フランス代表、仏大統領 ラス
ウィリアム・ドノバン米OSS局長 アナウンサー
陸軍省 アーセナル
商務省 ティーショップ
アメリカ・ロシア・インスティテュート デパートメント
OSS キャビン
アメリカ合衆国国防長官 ボム
米国経済戦争局 BEW
軍需生産委員会 デポ
オークリッジ原子力研究施設 キャンプ1、ラガー1
ロスアラモス国立研究所 キャンプ1、ラガー2、キャンプY
ニューメキシコマンハッタン計画研究施設 キャンプX
マンハッタン計画、原爆 イノーマス(巨大)
原爆 バルーン
ワシントン カルタゴ
サンフランシスコ バビロン
ニューヨーク ビッグタウン
ロサンゼルス カーン
イギリス A
イギリス外務省 バックストリート
イギリスSIS(MI6)ニューヨーク事務所 バー
OSSロンドン支局 ブロードウェイ
在モスクワ米国大使館 カントリーハウス
メキシコ 田園
レフ・トロツキー オールドマン
アーネスト・ヘミングウェイ アルゴ
ウォルター・リップマン(コラムニスト) バンブルビー
ニューヨーク大学 ゆりかご
ジェットエンジン開発スパイ計画 エア
KGB ビッグハウス
アメリカ共産党 カンパニー

ソ連のスパイ及び協力者一覧[編集]

ヴェノナファイル及びその他で判明したソ連・コミンテルンのスパイ一覧(判明、もしくは疑い濃厚な者を含む)


実名

カバーネーム

経歴など

特定元

ネイサン・グレゴリー・シルバーマスター Nathan_Gregory_Silvermaster ロベルト 財務省、軍需生産委員会 訴追されず FBI Venona
ハリー・デクスター・ホワイト Harry Dexter White ジュリスト もしくは リチャード 財務次官補 IMF理事長 1941年11月対日圧迫外交における最後通牒・「ハル・ノート」の原案を起草 1948自殺 Venona
フランク・コー ピーク 財務省金融調査部長、IMF 北京に逃亡 Venona
ソロモン・アドラー サックス 財務省中国支援担当責任者 北京に逃亡 Venona
ラフリン・カリー Lauchlin_Currie ペイジ もしくは ビム 大統領補佐官 コロンビアに亡命 Venona
ウィリアム・ウルマン ポロ ドナルド パイロット 少佐、陸軍参謀本部 Venona
ジョージ・シルバーマン エルロン 陸軍省 Venona
アルジャー・ヒス Alger_Hiss アリス 国務長官上級補佐官、カーネギー国際平和財団理事長 FBI Venona
ハリー・ホプキンス Harry_Hopkins “役に立つまぬけ” 大統領顧問、ルーズベルトの旧友 1946病死 Venona
ローレンス・ダガン Laurence_Duggan プリンス 国務省、国連救済復興局長補佐 1948自殺 Venona
ドナルド・ヒス 国務省、アルジャー・ヒスの兄
ジョン・サービス 国務省、在中米軍司令官政治顧問
ジョン・デイビス 在中米軍司令官政治顧問 1952南米に逃亡
ジョン・カーター・ヴィンセント 国務省極東課長
マイケル・ストレイト 国務省、大統領スピーチライター ケンブリッジ・ファイヴと学友
ハロルド・グラッサー ルーブル 財務省 Venona
ウィリアム・テイラー 財務省中東部門
ソニア・ゴールド ジェーナ 財務省 Venona
アービン・カプラン 財務省
アラン・ローゼンバーグ 財務省外国経済局
ヘレン・シルバーマスター ドーラ ネイサン・グレゴリー・シルバーマスターの妻 Venona
ベラ・ゴールド アコーン 農務省 Venona
チャールズ・クレイマー プラム 上院小委員会スタッフ Venona
ベルナール・シュスター エコー 購買委員会 Venona
ダンカン・リー コッホ OSS@戦略情報局ラテンアメリカ調査分析課長 Venona
モーリス・ハルペリン ハレ OSS顧問 Venona
ジュリアス・ジョゼフ コーション OSS極東部門副主任 Venona
ベラ・ジョゼフ カレッジ OSS局員、ジュリアスの妻 Venona
ドナルド・ウィーラー イズラ OSS調査分析部門 Venona
ヘレン・テニー ミューズ OSS局員 Venona
フランツ・レオポルド・ノイマン ラフ 政治学者、OSSドイツ課コンサルタント Venona
ウィリアム・ワイスバンド ゼベノ リンク 陸軍保安局ロシア課言語専門家 Venona
アンドリュー・ロス 海軍情報部国務省連絡将校
ウィラード・ゼルベ・パーク Willard Zerbe Park 国連救済復興庁
ルース・リプキン 国連救済復興庁
デビッド・ワイントロープ 国連救済復興庁
フローラ・ウォブシン ゾラ OWI戦時事務局、国務省、バーナードカレッジ3人娘 Venona
マリオン・デイビス ルー 海軍情報局米州課、国務省、バーナードカレッジ3人娘 Venona
ジュディス・コプロン シーマ 外国エージェント登録局、バーナードカレッジ3人娘 Venona
ビクター・パーロ Victor Perlo レイダー 国家復興局統計専門家、戦時工業生産委員 スパイチーム”パーログループ”のリーダー Venona
ハリー・マグドフ タン カント 軍需生産委員会 Venona
エドワード・フィッツジェラルド テッド 軍需生産委員会 Venona
ロバート・ミラー 中国政府工場委員会
エディス・エメリー リス エコノミスト Venona
ウルスラ・クチンスキー Ursula Maria Kuczynski ソーニャ ドイツ共産党の女性活動家、1930年上海に渡りリヒャルト・ゾルゲの助手を務める。ゾルゲの推薦で1933年、モスクワの諜報学校で訓練を受けた後に満州で活動。大戦時に渡英し、後にマンハッタン計画で原子爆弾開発に関わるクラウス・フックスをスパイとしてリクルートした。原子爆弾の情報をソ連にもたらした功績により、複数回ソ連より叙勲。後半生を東ドイツで過ごし、ペンネーム「ルース・ヴェルナー」で作家活動も行っていた。1977年に東ドイツで発表した手記「ソーニャレポート」が1991年、英語版で出版されたことによりソ連のスパイであったことが発覚 手記
クラウス・フックス Klaus_Fuchs レスト チャールズ マンハッタン計画に参画した理論物理学者、米英双方の核兵器関連の機密情報をソ連に漏洩したスパイ。1950年、MI5の捜査を受けスパイ行為を自白、後に裁判で懲役40年の有罪判決を受けて投獄され英国の国籍を剥奪される。1959年に釈放された後、東ドイツに渡り科学者としての活動を再開。この頃中華人民共和国に核兵器製造法をもたらしたとされる。5年後の1964年、中華人民共和国は核兵器の開発に成功。 Venona MI5
クリスタル・フックス・ハイネマン Kristel Heineman アリ クラウス・フックスの妹 Venona
ジュリアス・ローゼンバーグ アンテナ リベラル 技術者、原爆スパイ ローゼンバーグ事件の主犯 1953年死刑 [9] FBI Venona
エセル・ローゼンバーグ ジュリアス・ローゼンバーグの妻、原爆スパイ ローゼンバーグ事件の主犯 1953年死刑 [10] FBI Venona
デビッド・グリーングラス キャリバー 陸軍機械工、ジュリアス・ローゼンバーグの妻エセルの弟、ローゼンバーグ事件に関与した原爆スパイ [11] FBI Venona
ルース・グリーングラス ワスプ デビッド・グリーングラスの妻、原爆スパイ ローゼンバーグ事件に関与したが告発されず [12] FBI Venona
ハリー・ゴールド レイモンド ガス グース 化学者、原爆スパイ Venona
セオドア・ホール ヤングスター ハーバード大生、原爆スパイ 告発されず Venona
クラレンス・ヒスキー 化学者、原爆スパイ
アルフレッド・サラン ヒューズ 陸軍通信隊、電気技師、原爆スパイ チェコスロバキアに亡命 Venona
ジョエル・バー メーター スカウト 陸軍通信隊、電気技師、原爆スパイ チェコスロバキアに亡命 Venona
不明 クアンタム 原爆スパイ Venona
不明 ペルス 原爆スパイ Venona
ケネス・リチャードソン コンデンサー 電子工学専門家 Venona
ウィリアム・パール ノーム ヤコブ 航空工学者、アメリカ航空諮問委員会 Venona
バイロン・ダーリン アーネスト ヒューロン 物理学者、空軍技術研究 Venona
ウィリアム・レミントン 経済学者、大統領諮問評議会 *'54服役中、囚人に殺される
モートン・ソベル ゼネラルエレクトリック社エンジニア
ジョンズ・オリン・ヨーク ニードルス 航空機関連企業社員 Venona
ピエール・コット フランス航空大臣、中道右派、仏ソ連携を主張
フレッド・ローズ カナダ国会議員
キム・フィルビー スタンリー MI6英国秘密情報部、新聞記者 C5 63年ソ連に亡命 Venona
ドナルド・マクリーン ホーマー 英国外務省米国課長 C5 51年ソ連に亡命 Venona
ガイ・バージェス ヒックス 英国外務省在米大使館書記官 C5 51年ソ連に亡命 Venona
サー・アンソニー・ブラント ジョンソン 王室絵画鑑定官 C5 79年発覚 Venona
ジョン・ケアンクロス リスト 外務省、MI6、暗号解析官 CF 52年ローマに逃亡 Venona
エドガートン・ハーバート・ノーマン カナダ外交官、GHQ調査課長 57年自殺 MI5
トーマス・アーサー・ビッソン アーサー アジア専門家、GHQ顧問、日本国憲法草案訳者 Venona
フィリップ・キーニー ブレダン 図書館専門家、OSS顧問、GHQ図書館担当官 Venona
メアリージェーン・キーニー 図書館専門家、フィリップの妻
ベアテ・シロタ・ゴードン GHQ民政局調査員、ロシア語が堪能 日本国憲法起草に関与
人権及び男女平等についての草案を複数起草 現行日本国憲法では第24条、第25条、第27条に採用されている

フレデリック・フィールズ・ヴァンダーベルト 資産家
エドワード・カーター 太平洋問題調査会(IPR)・事務長、親中反日
ジョゼフ・ミルトン・バーンシュタイン マーカス 太平洋問題調査会(IPR) Venona
オーエン・ラティモア 太平洋問題調査会(IPR)発行の月刊誌であるパシフィック・アフェアーズの編集長、蒋介石顧問
フィリップ・ジャッフェ 中国支援評議会常任理事、親中反日誌アメラシア発行人
ミルドレッド・プライス 中国支援評議会事務局長
メアリー・プライス ディア ミルドレッド・プライスの妹、ヘラルドトリビューン紙秘書 Venona
マーサ・ドッド・スターン ライザ 駐ドイツ米大使ウィリアム・ドッドの娘。在独時代(1933年)ソ連の外交官(GRU諜報員)ボリス・ビノグラドフと男女関係になったことを契機にソ連のスパイとなる。父親のオフィスから米国の外交機密文書を持ち出したり、ドイツ高官達から政治及び軍事機密情報を聞き出し、これら大量の情報をソ連にもたらしていた。1940年米国に帰国後ソ連の工作員と結婚し、引き続きスパイ活動を行っていたが、1950年代FBIに追われてモスクワに逃亡、後東欧にて死亡[13] FBI Venona
ウィリアム・ドッドJr. ボーイ プレジデント 駐ドイツ米大使ウィリアム・ドッドの息子 マーサ・ドッド・スターンの4つ年上の兄 FBI Venona
不明 バーガー ベルリン、マーサ・ドッド・スターンの連絡員 Venona
I・F・ストーン ジャーナリスト、朝鮮戦争北進説を主張
マーク・ゲイン シカゴ・サン東京特派員、「ニッポン日記」著者
アグネス・スメドレー 親中共ジャーナリスト ソ連崩壊後にコミンテルンの工作員であったことが判明
リヒャルト・ゾルゲの協力者であり上海時代から深い関係にあった。南京大虐殺をプロパガンダした人物として知られている。 米英双方からソ連コミンテルンのスパイの可能性が有るとしてマークされていたが、大戦後の1949年2月に出された「ウィロビーレポート」でスパイ認定される(後に訴訟などで認定が一旦取り下げ)。その後チャールズ・ウィロビー少将らが改めてゾルゲ事件に関するレポートを作製。 1950年、下院非米活動委員会から召喚状が発せられたがロンドンに逃亡、到着した日の晩に急死した。

ウォルター・ソル・バーンスタイン ハリウッド映画脚本家
フロイド・ミラー 左派ジャーナリスト
ポール・ロブスン 黒人俳優、歌手
ミハエル・レッシング フィルム 20世紀フォックス社フィルムラボ技術者 Venona
不明 アイバ 中東・イスラエル問題の情報源 Venona
モリス・コーエン ボランティア 書店経営、アメリカ共産党、連絡員 Venona
ロナ・コーエン レスリー モリスの妻、連絡員 Venona
アレクサンダー・コーラル ベルク 市教育委員会学校補修工、連絡員 Venona
ヘレン・コーラル ミランダ アート アレクサンダーの妻、連絡員 Venona
エマ・フィリップス コーラ Venona
フィリップス アンペア ロイ エマの夫 Venona
ヘレン・ローリー エルザ エマ アメリカ共産党、アール・プラウダーの姪 Venona
マーガレット・プラウダー ジン アンナ アールの妹、アメリカ共産党 Venona
バーナード・シュスター エコー ディック アメリカ共産党 Venona
ジョゼフ・カッツ X インフォーマー アメリカ共産党 Venona
アール・プラウダー ヘルムスマン アメリカ共産党書記長 Venona

-------------------------------------------------------------------

江崎 道朗 著
日本は誰と戦ったのか コミンテルンの秘密工作を追及するアメリカ

内容紹介

◆私たちは嘘の歴史を教わってきた!
日米の歴史学者が隠蔽した歴史を今詳らかに!

◆これは事実であり! 悲劇!
日本もアメリカもソ連のために戦わされた! !

◆最新のアメリカの保守派の歴史見直しはここまで 進んでいる! !

◎アメリカ保守主義運動を牽引してきたM・スタントン・エヴァンズ
◎ロシア革命100年! 今明かされるスターリンの戦争犯罪
◎ヴェノナ文書で裏づけられる! 真珠湾攻撃というコミンテルンの仕掛! !

◆戦後の歴史観が全てひっくりかえる

●アメリカでルーズヴェルト批判がタブーだったわけ
●ソ連のスパイが書いたハル・ノート原案
●日米開戦へと追い込んだモーゲンソー私案
●変遷する「リメンバー・パールハーバー」
●ソ連の対米工作を描いた『スターリンの秘密工作員』
●ソ連の対日参戦に反対した米軍幹部たち
●天皇と皇族男子を監禁しようとしたソ連
●「過酷な和平」派による日本解体計画
●ヤルタ会談を仕切っていたある一官僚
●マッカーサーも対日参戦に反対していた

■二十世紀とは、ソ連・コミンテルンとの戦いであった!

「東西冷戦」は一九九一年のソ連の崩壊によって終結したと言われていますが、それはヨーロッパの話です。残念ながらソ連崩壊のあとも、アジアには中国共産党政府と北朝鮮という二つの共産主義国家が存在し、アジア太平洋の平和と繁栄を脅かしているのは御承知の通りです。
この中国共産党政府と北朝鮮という二つの「共産主義」国家が第二次世界大戦後、なぜ誕生したのか。その経緯を調べると、アメリカのルーズヴェルト民主党政権がソ連に協力して、アジアの共産化に手を貸した「歴史」が見えてきます。(中略)半世紀が過ぎ、多くの機密文書が公開されたことで日本を開戦に追い込み、東欧とアジアの共産化に手を貸したルーズヴェルト民主党政権の問題点が、アメリカの保守系の歴史学者の手によって次々と明らかにされてきています。端的に言えば、アジア太平洋で戦争を引き起こしたのは日本ではなく、ソ連・コミンテルンとルーズヴェルト民主党政権であったのではないかという視点が浮上してきているのです。 (はじめにより)

◆本書の内容

序 章 日米開戦はスターリンの工作だった
第一章 日米を開戦に追い込んだゾルゲ
第二章 「雪」作戦発動
第三章 オーウェン・ラティモアの暗躍
第四章 乗っ取られたホワイトハウス
第五章 ヤルタ会議を仕切ったアルジャー・ヒス
第六章 握り潰された「反ソ」報告書
第七章 ソ連の対日参戦まで日本を降伏させるな
第八章 ソ連の対米秘密工作は隠蔽されてきた

--------------------------------------------------------------------

戦前から、日本は、共産主義組織(コミンテルン)の反皇室の左翼リベラルによって内部から工作が張り巡らされていたのです

さらにその背後には、ユダヤ国際金融資本家たちがいるわけですよ

資本主義も共産主義も、両方ともを操っているというか、操っていました

共産主義のような全体主義は、一般国民を奴隷化して搾取するのに適した政治であり、グローバリズムそのものなのです

日本はGHQ占領政策で、米国より更に脆弱な国家となり、憲法一つ変えられないままなのです

愛国保守の論客や教育者は、コミンテルンに入れ替わり、国そのものを破壊してしまったのです

特亜三国の工作機関のやりたい放題は、そろそろ終わりにしましょう


このディープステートが作って来た世界秩序なんですが、コントロール不可になりつつあるようです

左翼勢力は、民主主義の弱点を利用して共産主義の一党独裁政治の抑圧や人権無視の政策を隠します

そして、良い点だけを強調した、ダブルスタンダードを使っているからです

だが、そこには、新しい発想も立案も無い

夢も希望も無い世界になんて、行きたく無いですよね。。。

もう、あなたたちの予言や予定に付き合って行く気持ちが無くなりました

ディープステートが作って来た世界秩序なんて、多分、つまらない世界なんだって予想が出来てしまうからね。。。

マイクロチップに、監視社会、選別されて行きつく先が、便利という以前の不自由な代物

支配層って、結局のところ、何も生み出さない詰まらない人たちだったよね

衣食住の全てを、奴隷に依存してるだけだもん。。。


信用創造で作り出しただけの虚構の金融支配

現実のお金というのは、実は借金なのですよ

エンデじゃないけど、やっぱり、お金は腐らなきゃダメなのよ

腐るお金(ゲゼルマネー)=元々お金は魚や肉といった、腐るものと交換されていたもの

これからは、労働も食料も等価交換になるのかな。。。


最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR