宇佐神宮乗っ取り事件と、神社本庁作成の「私 日本人でよかった」の謎のポスターのモデルが中国人の噂


宇佐神宮 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/宇佐神宮


宇佐神宮の世継ぎ問題は、朝堂院大覚氏が前にも言っていましたが

宇佐神宮宮司の永弘は、名誉宮司の娘である到津克子(いとうず よしこ)に、暴力で三週間の重傷を負わせたとの情報があります

世襲家で本来最も宮司になることが相応しいと思われる「到津克子(いとうず よしこ)」氏の解任決議の

嘆願書を神社本庁宛に出すことを指導したのが田中恒清・神社本庁総長だそうです

神社本庁を題材にして小説を書いた作家が行方不明になったり、神社本庁/山口県神社庁と争っていた宮司が死亡している例もあるようです

総裁が宇佐神宮乗っ取り事件の件で神社本庁に電話したところ、相当ガラの悪い顧問弁護士が対応したそうです


宇佐神宮乗っ取り事件 12月4日 総裁が九州に調査へ【NET TV ニュース.報道】朝堂院大覚 八幡神宮奉賛会 2015/12/04


---------------------------------------------------------------

2014-05-30
宇佐神宮 世襲家権宮司を解雇

全国八幡神社の総本宮・宇佐神宮(宇佐市)の宮司職を代々務めてきた世襲家出身で神宮ナンバー2の権宮司、到津克子(いとうづ・よしこ)さん(45)を、
神社本庁(東京都)が権宮司職を免職とし、神宮は解雇していたことが26日、関係者への取材で分かった。
いずれも15日付。到津さんは神宮トップに当たる宮司としての地位確認を訴訟で求めたが、昨年5月に最高裁で敗訴が確定。
その後も神宮と到津さんは業務内容や職場環境などをめぐって対立を続けており、世襲家が神職を免職された上、解雇される前代未聞の事態となった。

昨年5月の最高裁決定以降も、神宮は「到津さんの勤務態度に問題がある」として給与をカット。一方、到津さん側は「祭典の日程を知らされないなど露骨な嫌がらせを受けている」などと主張。
到津さんが、社務所内で男性権宮司からけがを負わされたとして告訴(3月に不起訴処分)するトラブルも起きていた。

--------------------------------------------------------------

到津家の男系は曽祖父の代で断絶しており、祖父は阿蘇家からの入り婿のようです

到津家は、克子さんで完全に断絶のようですが、神宮の要請により代わりの宮司が来て神宮や氏子の要請により到津克子さんは解雇された?

今までの神主を辞めさせたあと、宮内庁に勤務していた公務員が退官後に神社庁に天下りして、其処を退職後には更に有名神社の神主に居座る事が倣いとなっているようです

公務員が、各地の神社に天下りして事実上の官僚OBが乗っ取る場に利用されている?



宇佐神宮乗っ取り事件【ネット TV ニュース.報道】朝堂院大覚 神社総本庁 2017/04/24



-------------------------------------------------------------

神社本庁制作の「日本人でよかった」謎のポスターが、ネット上で話題になっています

その写真は、中国の北京でカメラマンのLane Oateyさんが撮影した「Beauty shot of a young woman」が使われていました

モデルの国籍は不明ですが、「若い女性」や「中国人」というキーワードが登録されていたという

神社本庁が、中国人モデルだと分かっててキャスティング?

「私 日本人じゃなかった」?

****************************************************************

「日本人でよかった」謎のポスターを制作したのは神社本庁だった。「モデルは中国人?」の声も
http://www.huffingtonpost.jp/2017/05/09/proud-of-japan_n_16501310.html

「私 日本人でよかった」のキャッチコピーと女性の顔写真が掲載された謎のポスターが、京都府内などに掲示されていると、ネット上で話題になっている。



このポスターには、女性の頬に日の丸のようなチークが塗られ、下部には日本国旗とともに「誇りを胸に日の丸を掲げよう」と書かれているが、配布した組織名がなく、何の目的で貼られているのかも明確には書かれていない。

「どこが作ったポスターなの?」とネット上では不思議に思う声が続出していた。

神道系の団体が制作したという未確認情報があった。これを受けて、ハフポストでは日本全国の神社が加盟する「神社本庁」の担当者に取材したところ「うちで制作したもので間違いありません」という返事だった。担当者は以下のように続けた。

「神社本庁では、日本の伝統を振り返るために祝日に国旗を掲揚する運動を進めています。その一環として毎年ではないですがポスターを制作しており、これは2011年に配布したものです。神社の社殿前に掲示してもらうために、計6万枚を全国の神社に配布しました」


■モデルの国籍をめぐって議論に

ネット上ではポスターに登場するモデルの国籍についても議論の的になっている。写真会社「ゲッティ イメージズ」が管理する女性のイメージ写真と、そっくりではないかという指摘が出ているからだ。

その写真は、中国の北京でカメラマンのLane Oateyさんが撮影した「Beauty shot of a young woman」。モデルの国籍は不明だが、「若い女性」や「中国人」というキーワードが登録されていたことから「モデルは中国人ではないか」と推測する声も出ている。

20170509-01-o-99307084-570.jpg


神社本庁の担当者は「写真のセレクトなどはデザイン会社にお願いしてあり、権利処理もそちらに任せてあります。モデルの国籍等については把握していません」とコメントしている。
現在、ポスターの元になったと見られる写真を撮影したLane Oateyさんにモデルの国籍について問い合わせ中だ。

*************************************************************

世襲の神社を行政が乗っ取りしているという事でしょうかね


気が付いたら、日本の中枢である皇室も神社庁もあちらの手に落ちていたなんて洒落になりません

全国で頻発している神社の火事と同じように裏にあちらの人達がいるようですから

日本的な、精神的なよりどころの中枢を壊したい勢力に、少しずつ侵略されていたのかも知れません

これまで、気が付かなかった事が、今になって公けになると言うのも、日本人を覚醒させるためなのかも

問題を起こしたオリンピックのポスターと同じ匂いがします

これも電通の弱体化のお知らせなのかもね。。。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR