韓国に竹島を売った元日本人「保坂祐二」なる人物


韓国の新大統領の文在寅氏の背後には、対日戦略を指南する“日本人”ブレーンが存在するという

文在寅陣営の政策顧問であり、日系韓国人「保坂祐二」氏(61)。世宗大学教養学部教授で、同大学「独島総合研究所」所長を務める、韓国での竹島(独島)研究の第一人者


韓国では「最も有名な日本人」であるという「保坂祐二」氏とは、いったい何者なのか
20170511-10-20170308104413-1.jpg



保坂祐二 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/保坂祐二

保坂 祐二(호사카 유지、ほさか ゆうじ、1956年2月26日 - )は、1988年より韓国に在住、2003年に韓国に帰化した日系韓国人である。現在は世宗大学校の教授であり、日本の朝鮮、満州、台湾に対する支配政策研究、竹島領有権問題分析、日韓文化比較研究が専門。

Wikiでは、1956年東京生まれ、東京大学工学部卒業。2003年に韓国に帰化としか経歴が書かれていない


ムン・ジェインのそばで、日本にまつわるファンタジーを語ってくれるピエロ扱いのようにも見えますが

将来的には、保坂氏の存在が、ムンくん『親日派』とレッテルを貼られるの巻になってしまうんじゃないの?

マイクホンダみたいな人物に見えて仕方が無いですけど

**************************************************************

韓国に竹島を売った元日本人「保坂祐二」なる人物を知っているか
『竹嶋渉』
http://ironna.jp/article/6402

竹嶋渉(元在韓ジャーナリスト)

近年、日韓間の領土問題、つまり竹島の問題に対して関心が高まっているものの、「韓国人にとって竹島は何なのか」ということについて本当に理解している日本人はあまり増えたようには見えない。ネットで常時韓国情報に接している韓国ウォッチャーならともかく、既存のメディアで韓国情報に接している方々にとっては、韓国人が竹島、いわゆる「独島(ドクト)」(ここでは韓国側の視点による竹島の名称をあえて「独島」と表記する)に対してどのような思いを抱いているか、ということについては知る方途がない。その理由は一般メディアが韓国内で起こっている「独島」関連動向を伝えようとしない からである。そんなことをしたら、日本でも連日のように竹島関連ニュースを流さなければならないだろうし、視聴者の大部分は辟易して、嫌韓になってしまうだろう。韓国人が「独島」に関連付けてやっている奇行を一部紹介するだけで、韓国に関して嫌悪の情を催すのに十分なのだ。しかし、韓国に対して及び腰の姿勢を取り続けている既存メディアがそんなことをするわけがない。

20170511-11-b0d03a4c01c1eb9466ef19d7690ecf2c.jpg
島根県の竹島に上陸し、万歳する韓国の国会議員ら=2016年8月15日

いまだ勘違いをしている日本人が多いので、あらかじめ書いておくと、「『独島』が韓国の領土である」ということは、韓国人にとっては常識以前の問題で、そう思わない輩は「売国奴」「親日派」である。
ここでいう「親日派」というのは、 「日本に融和的な姿勢を取る者」程度の意味ではなく、「売国奴」と同義である。
「竹島は日本の領土である」などと主張しないまでも、「竹島に関する日本側の主張にも一理がある」などと公式の場で主張しただけで、集中的な非難を浴び、社会的に抹殺される。
ネット空間でも、閉鎖されたコミュニティーで発言するならともかく、不特定多数が閲覧できる空間でこうした意見を開陳(かいちん)したら最後、大炎上は必至だ。実名を突き止められるような手掛かりがあれば、たちまちプライバシーを暴かれ、あらゆる不利益をこうむり、結局は謝罪に追い込まれることになる。
だから、「独島」に関する主張に異論があったとしても、口をつぐんでいるにこしたことはないのである。

ところが 、こうした韓国の事情をいくら説明しても、いまだ多くの日本人にはピンとこないようで、「そんな韓国人は一部だ」とか、「韓国に行ったけれども、反日感情など感じなかった」とか、「それは政治の世界の話で、市民レベルでは友好的だ」とか、「社会的に不遇な一部の韓国人が社会に対する不満を吐露する手段として反日を利用しているのだ」などと、脳天気で見当違いも甚だしい反応が返ってくる。
さらに、そうした反応を示す人に、よく聞きただしてみると、韓国語もわからず、当然、韓国のマスコミ報道など全く理解できず、そのくせ日本語で読める韓国のネットメディアすらも参考にせず(朝鮮日報や中央日報の日本語版すらも読まない)、韓国には観光旅行でしか行ったことがない、という手合い が大部分なのである。
そのくせ、知ったかぶりできれいごとを並べるのだから始末に負えない。

そんな甘ったるい想念にしがみつきたい人にお勧めしたいのが、韓国人から頻繁に発せられる「『独島』はどこの領土ですか」という質問に答えてみることだ。

韓国人がこの質問をするのは、決して竹島がどこの領土だかわからないからではない。
また、単純に日本人が竹島についてどう思っているのか知りたいためでもない。「この日本人は『正常な』日本人かどうか」ということを試すためである。
もちろん、「正解」は一つであり、「竹島は日本のもの」などと答えようものなら、その瞬間から「極右日本人」「異常な日本人」のレッテルが張られるだろう。
「よくわかりません」「関 心がありません」などという答えもダメで、「正しい歴史教育を受けていない無知な日本人」「歪曲された歴史教科書で歴史を学んだ日本人」という白い目で見られることになる。
まれにそう考えない韓国人もいることもいるが、そんなことを口外すれば、やはり「売国奴」「親日派」扱いされるので、口外することなどできない。


こうした事情を端的に示す実例として、「保坂祐二」という日本人の言動を挙げることができる。
保坂氏はソウルにある私立大学、世宗大学校の教授で、専攻は東アジアの近現代史。
日本ではよほどの韓国通、あるいは、韓国嫌いでなければ保坂氏を知らない。
しかし、韓国では「最も有名な日本人」である。保坂氏は2003年に韓国に帰化しているので、正確 に言えば、「韓国で最も有名な元日本人」ということになる。
保坂氏の主張を端的に要約すれば、歴史教科書、領土(竹島)、従軍慰安婦、靖国参拝などの諸問題においてはすべて日本に非があり、韓国はあくまでも正しいという主張である。
韓国にとってはまことに都合のいい人物であり、すでにさまざまな褒賞を受けている。

2013年には韓国政府が「独島」の研究と広報に対する功労を認定し、紅條勤政勲章を授与している。
このため、日本のネット空間では蛇蝎(だかつ)のごとく嫌われ、ありとあらゆる悪罵(あくば)が投げつけられている。
また、あまりに韓国ベッタリの言動に疑問を呈する向きも多い。
しかし、冷静に考えてみると、保坂氏の行動は「韓国人」として当然のも のなのである。
「『独島』は韓国の領土」という主張は韓国人にとって永遠不滅の絶対真理である。
保坂氏が「韓国人」になった以上、絶対に守らなければならない戒律のようなものである。
そうでなければ、保坂氏は韓国人として韓国で生きていけないのである。

20170511-12-2017022018025063a.jpg
島根県の竹島を訪れた韓国最大野党「共に民主党」の文在寅前代表(右)=2016年7月25日

去る2月18日、保坂氏が次期大統領候補とされる文在寅(ムン・ジェイン)民主党元代表の大統領選挙陣営に参加したと報じられた。
文在寅氏側は保坂氏が東アジアの外交関係と日韓関係に対する政策諮問を担当するとしており、保坂氏も文氏の主張に合わせてか、一昨年の日韓慰安婦合意はいくらでも再交渉が可能、などと主張し ている。
保坂氏の権門への接近ぶりについては、韓国内でも反文在寅派の韓国人から批判されたり、「政治的に利用されて、用済みになればポイ捨てされる」などという陰口が叩かれたりしている。

しかし、文在寅氏が大統領になろうがなるまいが、保坂氏が従来通りの身の処し方を貫けば、韓国で一生食うに困ることはないだろう。
もし、保坂氏がお笑い芸人なら、ネタが枯渇すれば飽きられるし、食っていけなくなる。
しかし、韓国では「『独島』は韓国の領土」と言い続ける限り、韓国人はいくらでも喜んでくれる。
未来永劫、飽きられることのない一発芸のようなものなのである。
しかも「元日本人ですら『独島』は韓国の領土だと認めている」という広告塔としての役割も十分果たせ る。
一度の大統領選挙で使い捨てにするにはあまりにも惜しい存在なのである


韓国人がここまで「独島」に関する異論や妥協を許さず、ひたすら「独島」の守護に執念を燃やすのは、幼稚園から執拗に行われる「『独島』は韓国の領土!」という愛国教育の影響でもあるのだが、それ以外にも理由はある。
「独島」は誰にも非難できない不可侵領域なので、「国民統合の象徴」としてお手軽に利用できる。
それにつべこべと異論を差し挟む輩には「売国奴」「親日派」と一言いうだけで論破が可能。
反対に「独島」に対する忠誠心を誇示するだけで、手っ取り早く「愛国者」となることができて名を挙げることができるし、政治活動(選挙運動)、経済活動(金儲け)にも有用である。
もち ろん、植民地時代のように捕えられて処刑されることもなく、100%安全である。

このため、韓国人は「独島」が国内で話題になるたびに、先を争って独島への忠誠心を示そうと躍起になってきた。
その度が過ぎて、単なる奇行になってしまった事例も多い。ここでは、日本にも伝えられた二つの事例を見ることにしたい。


2012年8月15日、韓国の歌手、金章勲(キム・ジャンフン)や徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大客員教授、俳優の宋一国(ソン・イルグク)、大学生33人が韓国の東海岸から「独島」までのリレー水泳を計画。
8月15日は言うまでもなく、韓国の解放記念日。
33人という人数は1919年3月に起こった独立運動で「独立宣言文」に署名した志士 の人数。
金章勲や徐敬徳は本業より反日活動が有名ということで、韓国では知らぬ者のいない反日闘士。
宋一国は独立運動家の子孫を自称している俳優で、それを売りにしている以上、当然反日であらざるを得ず、さまざまな愛国的イベントにも積極的に参加している。
 

さて、このリレー水泳、全員が49時間をかけて泳ぎ切ったまではよかったが、アンカーの金章勲が「独島」到着後に疲労とパニック障害で病院に搬送されるという事故が発生。
また、安全確保のためにいけすの中で泳いでいたことも話題となり、日本のネット空間では韓国人の反日奇行の一つとして嘲笑の対象になった。
しかし、韓国人によっては、こうした奇行も絶賛の対象であり、嘲笑することなど許されない。

****************************************************************

【韓国 崩壊】韓国に帰化した保坂祐二が『予想外すぎる末路を迎えて』日本側が大爆笑!ここまで酷い展開になるとは…【韓国の実態】


韓国、米国に見捨てられ消滅→北朝鮮派の文在寅の反日反米にウンザリのトランプ大統領の本音を藤井厳喜が大暴露!


北朝鮮の韓国乗っ取り工作に反日・在日団体が手を貸していた事実が暴露される…在韓米軍撤退・米韓同盟崩壊で赤化統一のヤバ過ぎる道筋とは?



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR