トランプ大統領の受難は、日本でいう森友学園問題みたいな感じだよね。。。タマキン「怪文書」を提出の巻。。。

トランプ大統領がメディアを信用出来ないのも無理も無い話

ロシアのラブロフ外相に「ISが民間機を爆破する計画を立てているから注意しろ」と伝えたら情報漏洩だと報道される

FBIのコーミー長官に「フリンを自由にしてやってくれ」と言ったら、捜査妨害だと言われ

日本と同じ様に、マスコミは徹底的に拡大解釈をして報道しまくっています

その筆頭がCNNで、ほぼ全ての放送をトランプ大統領の批判に費やすという、なりふり構わない状態

そんな事を、日本のメディアが伝えるわけも無いでしょうけど、どこの国のマスコミも異常ですよね


日本では、民主党が政権をとっていた時から、日本人では無い人達が既得権益を持ち、利権で動くように変化していた

同じように、アメリカでも、オバマ政権の8年間で、新興の既得権益者が発生していて、トランプ政権になっても手放したくないわけです

共和党は、8年間も我慢して、やっと自分たちの番だと思っているから、トランプ側で一致するでしょうが

民主党の内部が分裂して来て、クリントン派とそうでない派が戦っている状態です


CNNが、トランプ大統領への攻撃をやめられないのは、今までの報道が偏向だった事を認めたくないからでしょうか

米国をそれまで支配していた旧支配層というエスタブリッシュメントの意向だけを情報として流していたのですから

今は、それは少数意見に成り下がってしまったわけです

少数の声を米国国民の総意として発信していただけなのです

それも、今のネット時代には、通用しなくなってしまいました

ISへ資金提供して紛争を起こしていたのは、旧支配層側だった事も公けになり、さすがに資金の流れは変化して行きます

お金でしか動いていないテロリストを飼い続けるのには、連邦予算の一部が必ず必要なのです

既得権益が無くなれば、お金は流れない、彼らは身銭は切らない組織なのです

そもそも、それらの資金は、アメリカにはもう無いからの、アメリカファーストなわけです


日本も同じじゃないでしょうか

既得権益の消滅は、そろそろ始まっていますからね

スポンサーが消えれば、デモも縮小するだろうし、天下りで美味しい思いも出来なくなるわけで

金融の世界もこれ以上の拡大は無理なのです

世界中が縮小するしか、これを乗り越えられない組織は、消滅して行くのです

その筆頭が、マスコミなんじゃないのかと想像しています

*************************************************************

CNN ほぼ全ての放送をトランプ大統領の批判に費やす
https://jp.sputniknews.com/us/201705173644434/

米メディア・リサーチ・センター(MRC)は、テレビ局CNNの放送を分析し、そのほぼ全ての放送時間がトランプ米大統領の批判に充てられていることを明らかにした。

専門家らは、5月12日にかけた深夜から20時間分のCNNの放送を分析した。CMや様々なタイプの宣伝を省いた結果、ニュースやリポート、解説、インタビュー、中継などに充てられた時間は13時間27分で、うち全放送の92%にあたる12時間19分がトランプ政権の活動を議論する番組であることが分かった。なお別のテーマに割り当てられた時間は、わずか1時間8分だった。

分析が行われた期間のニュース番組の主要テーマは、トランプ大統領によるコミー連邦捜査局(FBI)長官の解任だった。

同期間に、専門家やアナリストらは計123回出演し、コメントした。なおトランプ大統領反対派が意見を述べたのはうち78%で、トランプ大統領支持派はわずか6%だった。残りは、中立派の評価だった。

*********************************************************

トランプvs米メディア、晋三vs日メディア:これってNFOvsNWOの戦いですナ!?
http://quasimoto2.exblog.jp/23894204/

マスコミの報道する自由とは?

NWOvsNFO、グローバリゼーションvsローカリゼーションの戦い

NWOとは、ニュー・ワールド・オーダー=新世界秩序の意味である。ここでは、一応、それに対するものとして、NFO=Nation First Order=国民第一秩序という言葉を作っておこう。

いまアメリカ合衆国は、トランプ大統領はNFOの旗手として就任100日を超えたばかりである。米大統領は任期4年あり、死なない限りは任期が全うされる。

というわけで、メディアが一斉総攻撃をしているわけである。

このことから、実に分かりやすい構図になり、米メディアやハリウッドやブロードウェーはのきなみトランプ政権潰しを計っているわけである。

もはや誰の目にも明白である。

支那やロシアですら、その動向を目にして驚いているわけですナ。
北朝鮮は大喜び。

一方、我が国はというと、支那朝鮮の犬HK、ヤラセの電通博報堂、ウジテレビ、テレ赤日、Tの低いBS、毎日変態放送などなど、連日毎 日毎日

明清党こと民進党と連動して、日本人が事故を起こせば大喜び、日本人が死ねば大喜び、日本人が損をすれば大喜び、日本の会社が潰れたら大喜び、。。。

これが総じて「日本死ね」が昨年の流行語大賞となったわけだ。

ちょっと前までは、私が拙ブログで「NHKは政府の犬の犬HKじゃないよ。韓流のKHKだよ」というようなことを書いてもいまだに犬HKなんて書いているものが多いが、さすがにここに来て明らかに、NHKが日本政府を追い落とす方向で暗躍していることがバレてきた。いまや誰の目にも明らかになってきたようである。

最近のNHKは「自分が言わせたいことを言ってくれる人物だけを登用する」傾向が高い。お天気でも暑い日にはセクシー系のおいろけ姉ちゃんに わざわざカメラを向ける。上の歴史番組でも、歴史捏造のウリナラ日本史を書いた在日朝鮮系の戯言を書いた作家の意見をわざととりあげる。ひどすぎ。

*********************************************************


そうそう、二階堂さんが、民進党の玉木議員の情報を書いてました


http://www.nikaidou.com/archives/91299

加計学園は民主党の時の認可だろ。

江田五月じゃなかったか、そもそも(笑)
ブーメラン!

当時は職務権限もあるんじゃないのぅー?(笑)

以下投稿。獣医ね。ほう。
-------------------
題名: 民進党の玉木ン先生
メッセージ本文:お父様が獣医師なんだそうですね。以下、玉木ブログ。

/////////////////////////
2011年05月19日テーマ:個人的なこと「玉木さん、どうして、ペットや家畜のことやっているの?」と、最近、よく聞かれます。
同期の議員などからすれば、いつも、予算や金融の小難しい話をしている印象の強い私が、ペットや家畜のことで走り回っているのが意外に映るようです。
実は、私の父と弟は獣医です。 特に、父は産業動物の獣医として、長年、牛や豚を診てきました。 今は、県の獣医師会の副会長も務めています。
私自身は、獣医師の免許は持っていませんが、家族に獣医がいることもあって、当選以来、党の獣医師問題議員連盟の事務局長をさせていただいています。

http://ameblo.jp/tamakiyuichiro/entry-10897029715.html
公益社団法人香川県獣医師会 役員名簿 (平成27年9月1日現在)副会長 玉木一将 http://www.kagawaken-vet.jp/association.html

********************************************************

で、玉木さん、この「怪文書」って誰が書いたの???

公文書には見えないけど。。。

文科省関係者ってタマキンの事?

20170519-01-1e452f4c-s.jpg
20170519-02-d882b1dc-s.jpg
20170519-03-b35ff9be-s.jpg


あのさ、普通の会社でも、議事録なら、日時と場所と参加者名は必須だよ

これには、日時はあるのに、場所と出席者名が無いわけで

公文書とは、言えないと思われます。。。

林前農相となってるけど9月10月に作られてるのなら名前変だし


本物だとして→だからなに?

偽物だったら→普通にアウト

永田メール。。。

タマキンは、東大法学部だったっけ。。。


元文科省の事務次官の脳内ソースを朝日新聞が文字起こしした捏造文書?


東京新聞:加計学園新学部「総理の意向」 民進追及 菅氏は「怪文書」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201705/CK2017051802000129.html


国会を邪魔して共謀罪不成立にするための時間稼ぎも空しく、テロ等準備罪が法務委員会で可決しました


民進党・玉木が『加計学園問題の利害関係者だと暴露される』凄絶な自爆展開に。過去発言を発掘され一転窮地に。実家に忖度する言語道断な政治家であることが判明。


【高橋洋一】 加計学園問題の裏に財務省! 朝日と民進が連携も、玉木が恥かいただけの快文書ww 2017年5月18日



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR