米空母3隻目が西太平洋へ ニミッツ、北朝鮮を牽制 軍事力誇示 緊迫も! G7では日本の「共謀罪」法案を支持


以前に、宮崎正弘氏が、「空母攻撃群は三隻以上なければ戦争にならない」と書かれていたんですよ

あるとしても、早くて6月、あるいは7月って

********************************************************

宮崎正弘の国際ニュース・早読み  <米軍の北朝鮮攻撃、「もし」があるとしても早くて六月、あるいは七月
http://melma.com/backnumber_45206_6525117/

米軍の北朝鮮攻撃、「もし」があるとしても早くて六月、あるいは七月
空母攻撃群は三隻以上なければ戦争にならない

********************************************************

PKO部隊の、最後の人たちが帰国して

空母が3隻揃ったと言う事で

何となく、準備が整った感じが、ひしひしと伝わって来ます

朝鮮戦争の開戦記念日に再開するのかな

第一次朝鮮戦争開戦記念日は、6月25日

そして、新月は6月24日と7月23日

6月24日は大潮ですよね


G7では、日本の「共謀罪」法案を支持が表明されました

国際会議の場でさんざんテロ資金対策しろって批判されて来ましたから、しごく当然の流れです

共謀罪を大昔の治安維持法と同じように扱うメディアは、いったい何を恐れているんでしょうね


NHKも、官僚も、国民に選ばれたわけでも無いのに、国民の代表面して勝手なことをやりすぎだからね

特に今回の、変態官僚の前川氏みたいに、選挙で選ばれた側を批判しすぎるのは、官僚全体への風当たりも強くなるでしょうね

官僚のみなさんも、事務次官クラスは、年に1回、国民審査にかけたいですねw

元官僚と言えど、テロ等準備罪の可決への妨害だとしたなら、ひじょうに不愉快です

既得権益を守るのが国民の利益では無いのは明白ですし、文科省も天下りさせた大学にだけ補助金出すみたいな行為は、まずいでしょう



国際組織犯罪防止条約締結の取り組み=テロ等準備罪(共謀罪)は、世界中が持つ法律であって、あって当たり前なのです

その当たり前の事が、外圧を使ったり、内政干渉のような報道で潰そうとする人達は、売国奴でしかないのです

ほとんどの先進国に共謀罪があるのに、反対してる奴はテロリストの手先か何かなのかも知れないけど

国民の安全をないがしろにするような議論は良く無いし、プライバシーよりも重要だと思います


共謀罪と左翼は言い続けてるけど、「国際組織犯罪防止条約締結の取り組み=テロ等準備罪」が正解

マスコミが、頑張ってTVや新聞の報道をカバーしても、変てこな報道は、国民に伝わってるよ

組織犯罪処罰法改正案が無いとパレルモ条約を締結出来ないから、日本に危険な組織の情報が入って来ないわけです

資金源を断つ事、情報の共有こそが、この法案の肝なのですよ

**********************************************************

米空母3隻目が西太平洋へ ニミッツ、北朝鮮を牽制 軍事力誇示、緊迫も
http://www.sankei.com/world/news/170527/wor1705270043-n1.html

【ワシントン=黒瀬悦成】米太平洋艦隊は26日、原子力空母ニミッツを太平洋の北西部に派遣すると発表した。米西海岸ワシントン州の海軍基地を6月1日に出港する。西太平洋には現在、空母カール・ビンソンとロナルド・レーガンが展開中で、ニミッツを派遣することで弾道ミサイル発射などの挑発行為を続ける北朝鮮に一層の圧力をかける構えとみられる。

 ニミッツの広報担当によれば、同空母が太平洋に展開するのは2013年以来。同州の地元紙は基地広報官の話として、派遣期間は6カ月間の予定だが「世界情勢次第で変更もあり得る」としている。

 カール・ビンソンは近く帰港の予定と伝えられているものの、西太平洋に空母3隻が同時展開する可能性もある。

 一方、米国防総省のミサイル防衛局は26日、太平洋上空で初の大陸間弾道ミサイル(ICBM)迎撃実験を30日に行うと発表した。北朝鮮は米本土に到達可能なICBMの開発を加速化させているとされ、実験は北朝鮮の脅威をにらんでミサイル技術の信頼性の確立を急ぐ狙いがある。

ミサイル防衛局によると、迎撃実験は太平洋のマーシャル諸島クエゼリン環礁から発射されたICBMに模した標的を、米西海岸カリフォルニア州バンデンバーグ空軍基地から地上配備型迎撃ミサイル(GBI)を発射して迎撃する。

 GBIによる迎撃実験は過去に17回行われたうち9回しか成功していない。

20170528-02-dly1705270015-f1.jpg


**********************************************************

首相、「共謀罪」支持に謝意 G7の後押し強調
https://this.kiji.is/240863243839504388?c=39550187727945729

【タオルミナ共同】安倍晋三首相は26日、イタリア・タオルミナでの先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)で、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案への各国の後押しを強調した。「国際組織犯罪防止条約締結のためのわが国の取り組みに対する各国の支持に感謝したい」と述べた。

同時に「テロの資金源になり得る組織犯罪対策の強化が必要だ」と指摘した。29日の参院審議入りを見据え、改正案成立への決意を国際的に示した格好だ。政府は国際組織犯罪防止条約の締結に法改正が不可欠としている。

20170528-01-8974fe-20170526-g7-1.jpg

メルケルさんは、相変わらずのポーズですね。。。

**********************************************************

国連事務総長が安倍首相と会談、特別報告者は「国連とは別の個人」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3064351.html

イタリアに滞在中の安倍総理と会談した国連のグテーレス事務総長は、共謀罪の構成要件を厳しくしたテロ等準備罪を新設する法案に懸念を示した国連・人権理事会の特別報告者の見解について、「必ずしも国連の総意を反映するものではない」と伝えました。

 G7サミット出席のためイタリアに滞在中の安倍総理は、国連のグテーレス事務総長と会談しました。

外務省によりますと、会談の中でグテーレス事務総長は、共謀罪の構成要件を厳しくしたテロ等準備罪を新設する法案に懸念を示した国連の特別報告者について、「国連とは別の個人の資格で活動している」と伝えたということです。また、特別報告者の「主張は必ずしも国連の総意を反映するものではない」という見解も示されました。

**********************************************************

G7の中で共謀罪が無いのは日本だけだけどね、G20でも同じだけど


プライバシー権に関する国連特別報告者という肩書のケナタッチ氏とは、何者なのでしょう

国連は賛成していることを、ケナタッチ氏と日本の野党は反対しているわけです

ケナタッチ氏のフルネームはジョセフ・ケナタッチです

彼は法学者で、現在はマルタ大学の教授をしているそうです

専門は情報技術(IT)法です

マルタ共和国にも共謀罪と同じ法律がありますね

日本よりも厳しそうな感じなんですけどw


皮肉にも、G7に出席した後で、安倍総理がマルタを訪問していました

------------------------------------------------------------

安倍首相、日本の首相として初めてマルタ訪問
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3064704.html

イタリアでのG7サミット=主要7か国首脳会議に出席した安倍総理は、その後、地中海にあるマルタ共和国を日本の総理大臣として初めて訪問しました。

 日本の総理大臣として初めてマルタ共和国を訪れた安倍総理は、第一次世界大戦中の1917年に日英同盟のもとで連合国の輸送船の護衛のため派遣された旧日本海軍の艦隊の戦没者をまつる慰霊碑に献花しました。

------------------------------------------------------------

マルタ共和国って、EU加盟国で、二重国籍もOKだし、寄付や投資で市民権がとれる国みたいです

寄付する分は65万ユーロで、投資する分は50万ユーロですね

投資による市民権を取るには、マルタは一番おすすめの国だそうです


そういえば、「岩合光昭の世界ネコ歩き」で、マルタ出て来たよね

世界ネコ歩き マルタ


ネコだいすき。。。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR