【DHC】6/26(月) 青山繁晴・居島一平【虎ノ門ニュース】~学習指導要領の領土主権を潰したのは、援交前事務次官の前川喜平だった


青山繁晴さんが、命の危険を賭けて前川元次官の素性を晒しています

【DHC】6/26(月) 青山繁晴・居島一平【虎ノ門ニュース】
https://www.youtube.com/watch?v=M6dhO9IpDU0&feature=youtu.be

青山繁晴が文科省の闇を暴露!加計・森友問題の真相と黒い勢力の正体!前川喜平はトンデモない悪人だ!


青山繁晴氏によると

学習指導要領に領土主権に関わる事項が詳しく明記された

福田政権下に旧文部省の良心派の若手官僚がこれをやろうとしたが福田康夫に潰された

潰す為に役所の中で中心的に動いたのが「前川喜平」氏だった

前川は官僚を呼び出し官僚に「この右翼」と滅茶苦茶に言ったそうだ


文科省は日教組との完全な癒着、利権構造にあった

領土問題に関して指導要領は足りないし、北方領土、竹島、侵略されそうな尖閣の経緯を明確に説明すべきだと文科省から、説明に来た

竹島は日本人漁師が拿捕され、死人も出たと変えようと、実はと、そうした学習要領に変える時があった

リベラルな次官だったが日本の主権にかかわると、決断し官邸に報告しに行ったが

福田赳夫総理が、断固拒否し、韓国を刺激するなと潰した

前川は官僚を呼び出し官僚に「この右翼」と滅茶苦茶に言ったのだった


前川の通った出会い系バー、ラブオンザビーチ、完全な暴力団の管理売春バーだと、連合の山岸さんに言われた

「ラブオンザビーチへ行け。オレを追い落とそうとしている輩が組合費を流用して豪遊している」

山岸さんは9条改憲派、護憲者が豪遊していた

豪遊していたのは多数であり、文科省にもいた

そうした仲間でなければ次官になれない

前川さんが次官になってから、文書が流出しだした

調べたら女性記者に流れていた(東京新聞の女性記者?)

------------------------------------------------------------

震災での大川小事故で、文科省主導の検証委員会の検証が不十分だった件ですが

ずさんな報告の責任は重大と指摘されていますが

実は、委員会を主導したのは、当時の文科省前川喜平官房長だったのです


前川喜平氏のやった事を良くご覧ください

・法律で禁止されている天下りを斡旋、虚偽報告を行う

・天下り調査中に事務方が前川の定年延長を希望

・朝鮮学校無料化の旗振り役で革丸派などの過激派を文科省内に招き入れる

・当局の内偵調査(暴力団関係か?)が入る出会い系バーに6年間入り浸り、文科省官僚も複数人見つかる

・東日本大震災の大川小検証委員会から保護者推薦の識者を締め出す

・拉致被害者家族に対して「朝鮮に対する差別だ」と言い放つ

・竹島問題の真実を教科書に書き込もうとした時に福田政権下で握りつぶされかつ、前川が主導して若手官僚を抑圧

・メディアを目の前にして「天下りは知らなかった」と言い放つ


前川氏は、朝鮮学校無償化推進派でしたし、彼を擁護してメディアに出まくっている「寺脇研」氏も同列です

寺脇氏は、ゆとり教育でも有名な官僚ですよね

------------------------------------------------------------

そして「福田康夫」元総理の暗躍です

「あなたたちとは、違うんです!」って言ってましたが、たしかに思ってたんと違う人物でした

竹島が韓国の武力によって違法占拠された経緯を指導要領に記載する事を、断固禁じたのが福田康夫元総理

ものすごい売国奴でしたね

福田康夫元首相「韓国は米日に『このように協力してほしい』と指示してほしい」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/06/26/2017062601460_3.html

 韓国は経済成長し、意識が変わってきた。ただ、いざ昔のことになると認識ギャップがかなりある。
昔のことについては日本人の誇りをとり戻さんとして、過去の不幸な歴史を否定したり、これを開き直ったりして
(中国、韓国を批判する)見当違いの人が時々出てきて、正直これは困る。反省しなければいけない。
しかし、韓国側も、昔のことをわざわざ持ち出すようなことはしないで、(親しい隣国として)今後の日韓関係を
見つめてお付き合いをしてほしい。もう少し同じ目線で肩の力を抜いて自然体で対等に話し合いができるようになってほしい。
中国が大国化する中で、経済的に伸び悩み、相対的に小さくなる韓国と日本がケンカしていては話にならない。
中国と対等に付き合うために、日韓は協力しなければいけない。「歴史の和解」は相互の間の共同作業、共同努力だ。
戦後の独仏関係をみても、つくづくそう思う。

(外交で)北朝鮮問題をおさめることが重要だ。一番切実にそのことを考えているのは韓国だ。
だからであるから、韓国が米国や日本に「このように協力してほしい」と指示してほしい。それが一番いい解決方法だ。

--------------------------------------------------------------

福田康夫は福田赳夫の息子ですよね

福田赳夫は小和田亘と組んで、計画的に雅子妃を皇室に送り込んだと言われています

皇室が、壊れ出したのも、雅子妃が入内してから始まったと思われますから、福田親子の売国っぷりは、晒し者にするべき失態です




森友、加計の背後には敗戦後72年間、日本をずっと支配してきた一番大きな黒い流れ

それらは、日教組と癒着をし、がっちり繋がってる勢力と言う事です

徹底的に反安倍で、憲法を変えたり学習指導要領を変更したくない人たち

それらは、マスコミとも繋がっていて、Fランク大に再就職するマスコミ人であり、TVでコメンテーターしてる人たちです

Fランク大学の校舎建設利権が中曽根・福田・三木などの、貧乏派閥の資金源だったのでしょう

それが、前川氏の自爆テロで、可視化されて来たのです


---------------------------------------------------------------

【外交・安保の取材現場から】
日本政府、尖閣・竹島めぐる中韓主張の矛盾突く資料発掘も生かし切れず 求められる反論の司令塔
http://www.sankei.com/premium/news/170628/prm1706280006-n1.html

中国・清の時代の官製地誌「大清一統志」。台湾の西半分までしか記載がなく、尖閣諸島が清国の版図として
認識されていなかったことが分かる(1744年、内閣官房領土・主権対策企画調整室提供)
20170628-01-prm1706280006-n1.jpg

明治32(1899)年に当時の沖縄県知事が商船会社に対し、尖閣諸島への寄港を依頼した文書。
尖閣諸島の開拓を進めるため、交通の不便さを打開する狙いがあったとみられる(内閣官房領土・主権対策企画調整室提供)
20170628-02-prm1706280006-p3.jpg

韓国外務部が1955年に発行した「独島問題概論」。竹島について「鬱陵島の行政区画に編入されたことが
明示された公的記録がない」と明記されている(内閣官房領土・主権対策企画調整室提供)
20170628-03-prm1706280006-p2.jpg

 「産経ニュース」で【竹島を考える】を連載している拓殖大の下條正男教授(日本史)は
「政府は調査を民間に委託しているが、本来は政府が司令塔となる部署を作って戦略的に取り組むべきだ。
現状はそうした機能をもつ部署が日本政府にないことを中国や韓国に伝え、足下を見られている」と警鐘を鳴らす。

 事実、28年度は竹島、尖閣諸島の調査に計約3700万円を費やしたにもかかわらず、
調査報告書には「政府の見解を示すものでない」との注釈がつけられている。
同室は「委託した民間事業者が研究チームを集め、第三者として調査しているためだ」と説明するが、
中韓に「日本政府は及び腰」との印象を与える可能性がある。

 調査内容についても下條教授は「中韓の主張を十分に分析し、反論することにもっと力を入れるべきだ。
現状では論争がかみ合っていない」と話した。

 3年間の地道な調査で収集した成果を無駄にしないためにも、資料を体系的にまとめ、
領土問題を戦略的に取り組む部署を新設が望まれている。

------------------------------------------------------------

【日中韓】日本政府、尖閣・竹島めぐる中韓主張の矛盾突く資料発掘も生かし切れず求められる反論の司令塔


資料なんて、いっぱいあったのに、何でこうなった。。。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR