高浜原発3・4号機 再稼働認める判断、<福島1号機>格納容器底部で高線量 溶融燃料は位置不明

国や電力会社は原発を稼働させたがる

しかし、事故が起こった後の事の責任は誰もとらないし、制御も出来ない

福島第一の1号機の画像が公開されているが、溶融燃料の位置は不明だという

放射線量が高すぎてロボットもすぐに壊れ、取り出すどころか、位置さえ分からないままだ

世界で初めての原発メルトダウンを起こしたというのに、解決方法も見つけられないのに、再稼働へと動き出した

メルトダウンどころか、メルトアウト、もしかしたらメルトスルーかも知れないのに

再稼働して、怖くないんだろうか

デブリを取り出さなければ、廃炉にも出来ない、でもデブリの行方さえ分からない

制御棒もなく、臨界状態は続いていて、放射能をまき散らしている


再稼働を許可した自治体は歓迎し、周りの県は不安に思う

良くこんな状態でオリンピックをやろうと思うものだと、考えてしまいます


下の動画は、イタリアで作られたドキュメンタリー「Fukushima: A Nuclear Story」

字幕は無いですが、海外ではこれが真実の姿として報道されている

********************************************************

高浜原発3・4号機 再稼働認める判断 大阪高裁
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170328/k10010927491000.html
3月28日 19時08分

20170328-32-eccee3b0.jpg


福井県にある高浜原子力発電所の3号機と4号機について、大阪高等裁判所は「原子力規制委員会の新しい規制基準は不合理ではなく、原発の安全性が欠如しているとは言えない」として、大津地方裁判所が運転停止を命じた去年3月の仮処分の決定を取り消し、再稼働を認めました。

福井県にある関西電力の高浜原発3号機と4号機について、大津地裁は去年3月、滋賀県の住民の申し立てを認め、「福島の原発事故を踏まえた事故対策などに危惧すべき点があるのに、関西電力は安全性の確保について説明を尽くしていない」として、稼働中の原発としては初めて、運転の停止を命じる仮処分の決定を出しました。

関電社長 理解得ながら再稼働に向け準備を

高浜町長「あるべき判断でほっとした」

福井県知事「妥当で明確な判断に戻った」

住民代表「あまりにも情けない決定」

住民側弁護士「司法への信頼勝ち取るチャンス逃した」

滋賀県知事「再稼働容認できる環境にはない」

京都府知事 万全の上にも万全の安全確保対策求めていく

官房長官 関電は再稼働について最善の努力を

経産相 関電は理解得る努力しながら再稼働を

原子力規制委「コメントする立場にない」

********************************************************

<福島1号機>格納容器底部で高線量 溶融燃料は位置不明
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-00000086-mai-sctch
毎日新聞 3/27(月) 21:26配信

20170328-31--00000086-mai-000-4-view.jpg

福島第1原発1号機の原子炉格納容器の内部を走行する調査用ロボット=2017年3月18日、国際廃炉研究開発機構提供


東京電力は27日、福島第1原発1号機・原子炉格納容器で遠隔操作ロボットを使った内部調査(18~22日)のデータを分析した結果、底に近いほど放射線量が上昇する傾向が分かったものの、炉心溶融事故で溶け落ちた核燃料(溶融燃料)は確認できなかったと発表した。

東電は今夏にも、炉心溶融した1~3号機について溶融燃料の取り出し方針を決定し、廃炉作業を加速させる方針。ロボット調査を巡っては先月の2号機に続き、今回の1号機でも溶融燃料の位置関係など取り出しに必要なデータは得られておらず、データ不足のまま取り出し方針の検討に臨むことになった。

東電は、1号機の格納容器に走行用ベルトで動くロボットを投入。先端にカメラや線量計が付いたワイヤを作業用足場から垂らし、汚染水の状況を観測した。18~22日は投入口周辺を調べ、毎時1.5~11シーベルトの放射線を測定。20~22日にかけては溶融燃料があると推定されている容器底部の作業用開口部周辺を測定し、同3~9.4シーベルトだった。

容器底部全体には砂のような堆積(たいせき)物が広がっており、特に開口部周辺は堆積物があるために底から高さ90センチの地点までしか測定できなかった。溶融燃料がないとみられる地点の線量を同じ高さで比較した場合、開口部付近は線量が高かった。

1号機では溶融燃料の大半が容器底部にたまった汚染水中に広がっているとみられる。開口部は作業用に設けられている人の出入り口で、東電はそこから溶融燃料が漏れている可能性があるとみている。27日に記者会見した東電福島第1廃炉推進カンパニーの増田尚宏・最高責任者は「今回の結果は方針決定の貴重な判断材料になる」と話した。【柳楽未来】

*********************************************************


イタリアのドキュメンタリー “Fukushima: A Nuclear Story (2015)”
Fukushima: A Nuclear Story ITA

https://www.youtube.com/watch?v=gO_RsF8p8tM

ドキュメンタリー映画「福島原発の悲劇」(字幕なし)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR