小和田恒氏は、本当に6月29日に帰国して、ワークショップに出席していたのだろうか?ググるさんは「国連大学理事長の和田久志(中央)」って翻訳してるけど。。。


スイスで軟禁状態にあるという噂の「小和田恒」氏が、6月29日に帰国して、ワークショップに出席との情報が出てますよね

軟禁状態でも、監視下での移動なら不可能ではありませんが、果たしてどうなのでしょう


小和田氏の軟禁の情報の最初は、井沢先生のブログだったと思います

追って、ベンジャミン氏がYoutubeなどで発信して拡散されました

その後、伏見さんが、詳細を書き出して、拘束と軟禁の違いなども説明されましたね



さて、ワークショップでの画像の件ですが
20170714-23-Hisashi-Owada_.jpg


http://www.ipsnews.net/2017/06/sustainable-development-media-business-enough/

ググるさんは「国連大学理事長の和田久志(中央)」って翻訳してますね


Mr. Hisashi Owada, Board Member, United Nations Foundation (center), Ms. Kaoru Nemoto, Director, United Nations Information Centre, Tokyo (left), and Prof. Taikan Oki, Senior Vice-Rector, United Nations University (right)
(国連大学理事長の和田久志(中央)、国連情報センター所長の根本薫(左)、国連大学副学長(右))

ROME/TOKYO, Jun 29 2017 (IPS) - Why and how should the media report on the Sustainable Development Goals (SDGs) in an engaging way? Can the SDGs deliver global development? And what are the role and challenges of business leadership in advancing these goals?

Tokyo has been chosen as the right scenario to pose these key questions and try to answer them in a way that helps achieve the 17 major SDGs that were agreed upon by the international community on the year 2015.
これらの重要な疑問を提起し、2015年に国際社会が合意した17の主要なSDGを達成するのに役立つ方法でそれらに答えるために、正しいシナリオとして東京が選ばれました。)

In fact, over 50 well known professional journalists, business leaders, and experts from various backgrounds, participated in the Japanese capital in a two-day workshops organised by the international news agency–IPS, with the support of the United Nations Foundation (UNF).

The workshops aimed to raise awareness and promote better understanding of the SDGs and discuss strategies together for greater and effective engagement by the participants in their implementation.

During the first day, a series of sessions were held under the title: “SDGs Tokyo Workshop for Journalists – Journalism and the Sustainable Development Goals–Working Together — Why and how should the media report on the SDGs in an engaging way?”


小和田氏の6月29日の東京にてのワークショップの写真は、プロパティからフォトショップでいじった痕跡があります


小和田氏の左側に映っている「 根本かおる」氏を検索

根本かおる - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/根本かおる

国連広報センター ブログ内記事( 国連広報センター 根本かおる所長)分
http://blog.unic.or.jp/search?q=%E6%A0%B9%E6%9C%AC%E3%81%8B%E3%81%8A%E3%82%8B

わたしのJPO時代(11)
http://blog.unic.or.jp/entry/2016/01/12/093848


「UNHCR」
United Nations High Commissioner for Refugees(国連難民高等弁務官)
国連UNHCR協会事務局長、UNHCRジュネーブ本部民間資金調達部副部長などを歴任


根本かおる 国連広報センター所長 著者と語る『難民鎖国ニッポンのゆくえ』 2017.6.13


2017/06/14 に公開
Kaoru Nemoto, Japan Director, United Nations Information Centre in Tokyo
日本の難民問題を考える入門書的新書を上梓した。昨年、日本の難民認定申請者は1万人を超えたが、認定されたのはわずか28人。認定率はG7中、ダントツの最下位。「門番役」の法務省入国管理局が、難民審査を担当している点など制度の問題点を指摘した。

司会 土生修一 日本記者クラブ専務理事
https://www.jnpc.or.jp/archive/conferences/34850/report

記者による会見リポート

「難民鎖国」を解説

6月20日の「世界難民の日」を前に開かれた会見。5月に『難民鎖国ニッポンのゆくえ』の新書改訂版を刊行した根本かおる・国連広報センター長が登場した。

2015年末時点で、世界の難民(国内避難民を含む)は第2次世界大戦後最多の6500万人に上った。翻って16年の日本の難民認定数は28人。認定率にして0・3%で、主要7カ国(G7)の間での受け入れ割合は0・013%にとどまる。「四捨五入すると立派なゼロ」。根本氏はそう強調した。

フリー記者から、現在は国連広報センター長に就いた立場上、日本政府の姿勢を批判することは避け、シリア出身の留学生受け入れなどは「ありがたい」と評価していた。それでも、制度の問題点は鋭く突いた。

--------------------------------------------------------------

ブータンについての本も出してますよね

ブータン 「幸福な国」の不都合な真実/根本かおる
20170715-02-51BN_QfbLoL__SX339_BO1,204,203,200_


聖教新聞に記事を書いてますね

公明党の公式HPより

誰一人取り残されない世界に
https://www.komei.or.jp/news/detail/20170115_22670
公明新聞:2017年1月15日(日)付

20170715-03-_1.jpg


持続可能な開発目標(SDGs)の推進へ てい談
国連広報センター所長 根本かおるさん
公明党SDGs推進委員会事務局長(衆院議員) 岡本三成氏 公明党国際局次長(参院議員)


根本さんを批判してるブログ記事も発見

国連広報センター所長が日本記者クラブで講演:難民鎖国日本の元凶は日本人の排他性にある・・・
http://blog.livedoor.jp/fuchichouyomigaeru/archives/2017-06-22.html


桜井誠 @Doronpa01

テレ朝の元アナウンサー、国連広報センター所長の根本かおるなる輩が「排他的な日本の国民性が『難民鎖国ニッポン』の元凶=心が凝り固まっていない若者に理解求めたい」と主張。難民問題を語るなら、難民を生み出す国にまず物申すべきであり、受け入れる側に注文をつける屑パヨクは国家を破壊するだけ
https://twitter.com/Doronpa01/status/876937655518232577



----------------------------------------------------------------

20170714-22-1499687531.jpg

(6月26日の画像)

岡本三成氏のFBツーショットですが、室内の撮影なのに、眼鏡に外の景色が映り込んでいますよね

影の位置もバラバラ、岡本氏は横から小和田氏は上から光が当たっているようです

岡本三成氏のFBに該当の記事は無いようです


岡本三成 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/岡本三成

岡本三成 Facebook
https://ja-jp.facebook.com/okamoto.office/

HP
http://www.m-okamoto.jp/
http://www.m-okamoto.jp/news

ニュースには、小和田氏は登場していません

SDGsワークショップ@国連大学
http://www.m-okamoto.jp/2017/0626140441.html

2017.06.26 岡本三成事務所

国連大学で行われたSDGs(持続可能な開発目標)ワークショップに参加しました。
SDGsに最も積極的に取り組んでいるのは、公明党だけです。
党のSDGs推進委員会で事務局長を勤めさせていただいているため、今回ご指名いただき、ワークショップでプレゼンとディスカッションに参加させていただきました。

「誰も取り残さない」社会の実現に向け、SDGsをこれからも全力で後押ししていきます。


---------------------------------------------------------------

以上、小和田氏が、国連大学SDGsワークショップに出席したのかしなかったのか

謎が深まっただけでした。。。

グーグルさんを信じるなら、小和田氏じゃなくて、和田氏?

同じ国連財団主催の講演会が2016年11月28日に、小和田出席で日本記者クラブにおいて開催されていますが

この時の画像なのかも。。。

http://www.icj-cij.org/en/multimedia/5954dc37a12d882d73f69e4e
ちなみに、小和田氏は、7月3日にオランダの裁判所に出席しています
20170715-04-.jpg



スイスに軟禁の噂を消す為に公明党や創価学会が、頑張ってみた感じ?


水間政憲さんによると、

小和田恒氏が国連大学で講演会を開くという情報について

これを画策しているのは日本に事務所もないあやしい連中です

仲介は横浜国立大学関係者

国連大学に問合せしても、6月26日に予約が入っていても、詳しい内容は教えられないとの事だそうです



皇室関連は、すでに情報戦に突入していると思われます

皇室を利用しようとするものたちと、皇室を護ろうとするものたちとの闘いへと突入しました

黙っていられずに、フェイクを出した方が、一時的に勝利しても、実は負けなのだとも思います

見破られた時点で終わり、それは、否定しなければならない事があるという証明なのですから

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR