「炎に包まれた人々」「八幡様のお話」

国会の有り様も酷いものですが、マスコミは売国勢力に乗っ取られ、この国は岐路に立っています

今まで隠されていた闇のような膿のような、何とも言えない情報が次々と投下され

心も折れそうなこの頃です

これからの日本の行方も、とても気になります


銀の紐ブログに、ショッキングな内容が載っていました

日本国内における呪詛返しが、いよいよ国境を越えた呪詛返しへと切り替わる様子とあります


この記事を読んだ時に、浮かんだのは「八幡様の話」でした

2chに投下された物で、メモしていた内容なので、URLソースは不明です

***************************************************

銀の紐(inside-Silvercord) さんより

炎に包まれた人々
https://inside-silvercord.blogspot.jp/2017/02/blog-post.html

炎に包まれた人々
先日霊媒Mから、新たなイメージを見たとの話を聞きました。
今回は日本についてのイメージなのですが、記事の題名から伺えるように、なかなかショッキングな内容となっています。

--------------------------------------------------------------------------------

■ 霊媒Mがみたイメージ

太陽の光が東京の繁華街に降り注いでいます。

絶えず人々が行き交うその街角に立って空を見上げて、しばらく太陽を眺めていると、照りつける太陽の光が一層輝きを増しました。

するとどうしたことか、目の前を往き来する人々の何人かが、急に体が発火してオレンジ色の炎に包まれてしまいました。

照りつける太陽の光と熱が、彼らの体に火をつけたのです。

見る間に全身が炎で焼かれて、傍目にも苦しみ悶えている様子が伺えます。

彼らは日本を敵視し、破壊を目論む者たちなのです。

発火した人々は街中を徘徊し、その身にまとう炎で周囲を巻き込もうとしますが、何回試しても彼ら以外のものには炎が延焼しません。

その炎は、日本に存在することを許されたものには、一切影響を及ぼすことが出来ないのです。

彼らの体は太陽の熱に焼かれながら、逃げ場所を求めて日本海へと飛び込みますが、それでも一向に火の勢いが衰えることがありません。

それでも必死に逃げ続けて、ようやく彼らを苛む炎が消えたのは、日本の領域から完全に離れたときでした。



彼らはオレンジの炎に燃やされながら、自分の口から青い炎を吐いていましたが、それらの炎は空を駆けて彼らの母国へと飛び火し、その国土を青い炎で包みこんでしまいました。

ですから、折角日本から離れて炎の脅威から逃れられたと思ったのも束の間、自分の口から吐いた炎で母国が焼かれる様を目の当たりにするのです。

その青い炎は、彼らとその母国の者たちが、日本との関わりを物理的にも意識的にも切り離された時点で、ようやく鎮火します。

彼らとその国が日本に拘っている間は、その青い炎は勢いよく燃え続けて、全てを焼き尽くすまで衰えることはありません。



さて、東京の街中で人々が発火した頃、国会議事堂の中でも発火する者が相次ぎます。

国会議事堂に出入りする国会議員や公務員などの中にも、日本の破壊を目論む者が含まれており、彼らも街中で発火した者たちと同じ道を辿ります。

例え日本国民であっても、国を破壊する目的で動いているものは皆同様の扱いを受けるのです。

日本で生活すること自体が苦しみとなるため、彼らには日本の外へ出る以外の選択肢はありません。



炎に包まれた人々が日本から逃げ出す去り際に、日本の神様が最後の言葉を投げかけます。

「これまでに態度を改める機会は充分に与えられていたが、それを勘違いして我が儘放題に振る舞ってきたのだから、自業自得であると心得よ」と。

(2017年2月8日)


--------------------------------------------------------------------------------

このイメージの補足として、霊媒Mは以下のように述べています。


日本の領域とは排他的経済水域(EEZ)だそうです。
発火した人は、外国の意向に基づいて日本を破壊する活動に荷担した人々で、日本人と外国人がいます。
発火した人が吐く青い炎は、その人に日本を破壊する指示をした国に飛び火します。
彼らの精神は、指示を仰いでいる国に帰属しているからです。
日本人で発火した人も日本海へ逃げ出します。
逃げ切れなかった人は日本で罰を受けますが、その際は全身を包む炎が燃え続けるので、生き地獄の苦しみに苛まれながら残りの生涯を過ごします。
彼らこそが日本国民を虐げ・搾取し続けてきた元凶ですので、誰も彼らを助けようとはしませんし、助けてはなりません。
ここで中途半端に情をかけると、彼らは周囲を侮り、欺き、傷つけながら生きることの過ちに気づけません。
それは彼らが更に過ちを積み重ねる元となりますので、厳しく対処しなくてはなりません。

先月紹介した三つのイメージは、日本と関わりが強い周辺国の動向を示唆していましたが、今回のイメージは日本国内の動向を示唆しています。
そして恐らく、記事【収穫の時が来た】と関連があって、巨大な鎌に刈られて首が飛び散る様子を、更に詳しく表現しているのではないでしょうか。
また、記事【榊に結わえられていたもの[小ネタ]】の日本国内における呪詛返しが、いよいよ国境を越えた呪詛返しへと切り替わる様子にも見えますが、ご覧の皆様はどの様に解釈なさいますか。


Silvercord管理人

******************************************************************


八幡様のお話 追記あり139

名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/08/11(土) 13:39:23.21 ID:FhQlbDWt0 [4/10]
あ、ついでに八幡様のお話、全部書いときますね。
弟が、もうとにかくみんなに言いふらせと八幡様に言われたんで。
どうも、八幡様たちが日本中で同じようなことを伝えているみたいで
最近にたような話がよく2chにでてますんで、分かる人がいるかも。
(オレは微感だから判断でけないw)
ちなみに去年の6月~11月に集中して聞いたことだそうですが…

・野田はヒキガエル。
・ハト菅前原オカラは闇に食われてる。あとで魂ごとすり潰される?
・野田の政策で日本が数年苦しむ。2013年~かなり苦しくなる。
・2012年からの10年間、日本はメッチャきつい。世界はもっときつい。
・人がめっちゃ亡くなる。下手すると日本は半分くらい。それでもシナよりマシ。
↑八幡様は原因は明言しなかった。天災と戦争のコンボ?
・都市部に住むのは、昔から伝来でそこに住まざるをえない人だけになる。
農村部にかすかでも縁がある人は農村へ向かう。
・だから、お前の実家は農家なんだから土地と地域を死守しろ。

多いんで、一度きります。


141 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/08/11(土) 13:56:31.85 ID:FhQlbDWt0 [5/10]
続きっす。

・2011年に起こったことは、これから始まることの前触れにすぎない。(ただ、地震は少し違うみたい)
 2012年から、いままで隠されていたこと、悪行はドンドン表ざたになる。
 2013年からはもっと激しくなる。
・在日の人がみんな、日本からいなくなってしまう。いれなくなってしまう。
 ↑八幡様は原因は明言しなかった。
・農地と食べ物がとても大事になる。お金もそれなりに大事だけど、今ほどじゃない。
・2012~2014年くらいにかけて、狼のような性根の商社?が農村に入りこもうとするが、耳を貸すな。
 彼らは地域を食い物にして結局去っていく。弱い立場の農家の人たちを守れ。
・日本という国自体は、外国に比べれば元気なほうだが、政府機能はしばらく麻痺しているかもしれない。
・なにかをしてもらいたかったり、物をもらうために、相手のために働いてあげる感じ?の交易が起こる。
・とにかく助けあうことが重要。隣近所、友人を大事にせよ。

もう少しつづきます。

147 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/08/11(土) 14:52:09.86 ID:FhQlbDWt0 [6/10]
続きっす。

・東北地震で苦しんでいる人たちのことを忘れないで。何も終わっていない。
 困っている人を助けることは大事なこと。
・アメリカも相当に苦しくなる。今の世の中は維持できない。
・政権が変わって、新政権は必死に頑張る。
 この10年で特に優秀な政治家・文化人が3人、頭角を現す。(もういる?)
 一人は凄く若い政治家。みんなで守り立てて欲しい。
・この10年を耐え抜けば日本は爆アゲ。だから絶対に生き残れ。
・隣国たちは、この国が欲しくてうらやましくて仕方が無い。だから攻めてくるのだ。
・たとえれば今の日本国の人々は、3つに分けられる。家畜的な人、牛馬のような人、そして、人間。
 家畜は今、危機かどうかわからず、ただ敵に殺されてしまう。牛馬は自ら逃げて隠れることはできるが
抵抗は出来ない。
 人間は其の知恵で敵を倒すことが出来る。だが今の日本には人間が少ない。
 しかし、これからそのような人間は増えてくる。
 彼らは、いままでの人と目つきや考え方がまったく違う。現在の年で言えば30台より下に多い。

149 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/08/11(土) 14:59:58.51 ID:FhQlbDWt0 [7/10]
続きっす。

・こういう新しい人間は、日本に敵対的な国にもいる。だから彼らに対抗せねばならない。
・人界での戦いは神の世界でも起こっている。日本の神が負ければ日本の終わりなので、
 皆が神社に、特に伊勢神宮に参拝して欲しい。信心がないと負ける。当然負ける気はない!
・ぶっちゃけ、シナ大陸や半島には神がいなくなってる。
・欧州や南米、北米にも神…的なものがいるが、日本の神とはまったく違う。
・我が国を守らねばならぬ(連呼)
・人心の平穏なくして真の平穏なし(連呼)←これ重要らしい。
・我の『カッタ』?を奪われた、とりかえさねばならぬ。(カッタは服のような…?)
・お前の一族は特にだが、日本人は日本国におれば神の加護で助けられるが、国外では我らの守りが効かない。
 行くときは対策をせよ。(神社のあるなしや信心が関係?台湾や南洋はまた違うよう)
・いま伝えたことをお前の、友人知人に伝えよ。みな表向きは信じないが、気づいたり縁あるものには届く。

これで終わりです。

150 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/08/11(土) 15:02:12.33 ID:Cd/M8WSH0 [15/19]
>>147
お疲れ様です。今まで出てきた予言系(ばあちゃん、JJ氏他)とオーバーラップ
するところがありますね…。
農業・水系の有識者で松岡元農相を挙げられていましたが、同分野で忘れられな
いのが、中川(酒)氏でした。今後、国益を考えられる人物を見分けられる目を
養って生きたいものです…。



 じつはこれ日月神示とも共通するんですよね。信じるも信じないも貴方したいです!



*****  2012年9月6日 追記  *****

975 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/09/05(水) 23:32:53.81 ID:ZZ/fRdV70 [1/2]
八幡様のことで、書き込みをした者の弟です。
実は、夢に大仏様がでていきなり説教をされたんです。

そのころ、神社にお参りを毎日しており、
地域のおみこしを担いだ夜に夢に出てきました。

夢の内容は、おおむね兄のとおりです。
いくらか訂正しますけどね。


998 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/09/05(水) 23:52:58.67 ID:ZZ/fRdV70 [2/2]
すいません、空気を読んでないみたいなので、
訂正箇所といいたいことだけいって寝ます。

まず、夢の大仏様が言いたいことは
東日本大震災を忘れないでほしいこと。
人心の平穏なくして真の平穏は訪れないということ。
今、本当の人間が少ないこと。(ほとんどが、家畜もしくは牛、馬)
外国の人たちがこの国を自分の食い物にしたと思っていること。


18 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/09/06(木) 00:02:36.93 ID:DQTJUBDF0 [1/9]
大仏様の続きです。
外国の人たちは、基本的に多くの日本人を家畜としか思っていないこと。
日本人の中でも本当の人間だけが家畜や牛、馬を守れること。
牛や馬は狩人から逃げれるかも知れないが、やがて追いつき食われること。

20 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/09/06(木) 00:11:22.11 ID:DQTJUBDF0 [2/9]
とにかく、日本という国が他の国の人たちは
うらやましくてたまらないそうです。

今、神様がいるのは日本だけだそうです。
あくまでも、夢の話なのでw

22 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/09/06(木) 00:19:45.38 ID:IFqz0LfqO [1/4]
大仏様なのにインドにはいないのかよ

23 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/09/06(木) 00:19:47.87 ID:DQTJUBDF0 [3/9]
>>19
とにかく、「人」になるしかないみたいです。
大仏様いわく、
「食事に気をつけること」
「他者を敬うこと」
「家族、恋人、友人(自分の大切な人)を大事にすること」
「感謝の気持ち(生かされているという気持ち)を大切にすること」
「思考を抱くこと」

24 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/09/06(木) 00:28:06.39 ID:DQTJUBDF0 [4/9]
>>22
自分も良く分からないんです。
夢に大仏様が出てきたと思ったら、急に怒り出してこれらのことを
言い出し始めたんです。
神様というのが、人々をよい方向に導いたり守ったりしてくれる神様が外国にはいないみたいです。

特に、東日本大震災を忘れ始めている日本人の心に怒っておられました。

27 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/09/06(木) 00:36:08.91 ID:DQTJUBDF0 [5/9]
そして、これからの日本のことですが、
今年から、今まで隠していた悪事が明るみに出ること。
(日本の膿がでて来るそうです)
それは、氷山の一角に過ぎないので、これからもっとひどいことが起こるそうです。
来年以降、10年間日本にとっても世界中の国にとっても大変な時代が来るそうです。


34 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/09/06(木) 00:47:11.12 ID:DQTJUBDF0 [6/9]
>>25すみません。兄が、この真空パックに投下したみたいなので
ここでやるのがいいと思いまして。
>>26あまり、4本脚の動物の肉などは食べられないほうがいいみたいです。
基本的に、魚、米、野菜が一番だそうです。



39 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/09/06(木) 00:56:24.85 ID:DQTJUBDF0 [7/9]
あと、土地、食料、水についても言われてました。
土地については、もっている方は手放さないほうがいいということ。
食料については、これから食べ物が(世界中で)なくなっていき、日本だけが
豊富にあるそうです。
水についても、豊富にあるのは日本だけだそうです。


41 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/09/06(木) 01:03:00.80 ID:DQTJUBDF0 [8/9]
これから、世界中でおかしなことが起こり、日本ももうだめだという方がでて
こられると思います。
ただ、日本人については、日本国があるからこそ生きていけるので、
決して見捨ててこの国を出てはいけないといわれてました。



44 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/09/06(木) 01:19:53.86 ID:DQTJUBDF0 [9/9]
最後に、これからは自分だけが助かろうとすると、
結局いいことにはならないみたいです。
特に、人として助け合いや感謝、尊敬の念といったものを
忘れずにいてくださいと。
長くなりましたが、聞いてくださった方ありがとうございました。


*********************************************************

何か、この2つの予言には、共通点があるような気がしました

日本人でありながら、悪事に加担している人たちは、浄化されるんでしょうね


とにかく、「人」になるしかない

「食事に気をつけること」
「他者を敬うこと」
「家族、恋人、友人(自分の大切な人)を大事にすること」
「感謝の気持ち(生かされているという気持ち)を大切にすること」
「思考を抱くこと」

ごく普通の心のありようが、自分自身を助けると言う事だと思います


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

安倍とか長州閥の自民党議員の事ですね〜w 朝敵めが

Re: タイトルなし


真の敵は 様


世界は三つ巴ですからね

ヘッセンに梨本之宮や、黒い龍と赤い龍の世界覇権に向けた奪い合いが熾烈になって来ました

そこに入っていない奥の院もあるわけですが

伯家神道(平安時代以降、日本の宮中で祭祀を執り行ってきた白川伯王家が伝えている古神道のこと)

伯家では

「伯家神道から祝の神事を受けていない天皇の御世が100年続くと、日本の国体は滅びる」とされています

皇室ですら、存続が危ぶまれている状況なわけです


日本支配のための田布施システムも、そろそろ終わりに差し掛かっているんじゃないでしょうか

でも、今の日本には、安倍総理しか頼りになる人がいないように思います

反日売国組織が、総がかりで潰しに行ってるのを見れば明白かと思われます

安倍憎しのルサマンチンに憑りつかれると、大局を見失う気がします

今の自民党は、寄せ集め集団ですからね

敵は味方のふりをするですよ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR