「お金は使うとこの世から消滅する」という謎思考 節約ブームの影響?



「お金は使うとこの世から消滅する」の謎思考にTwitterユーザーが問題提起

経済効果の正体にいつ気づくのかとの指摘に、反響が続出している

バブル後の節約ブームなどが影響しているのではとの意見が挙がっている

******************************************************************

「お金は使うとこの世から消滅する」という謎思考 節約ブームの影響?
http://news.livedoor.com/article/detail/13401928/

バブル後の節約ブームのせい? 日本人が「お金を使えばこの世から消滅する」という思考から抜け出せないのか激論展開

2017年7月29日 7時30分
ガジェット通信

20170804-01-852d2_242_4c9ff3b433778fdcf880acd5465edf7d.jpg


「金は天下の回りもの」とは言いますが、実際に自分の財布からばんばんモノを買うのは躊躇してしまう……。そんな人が多いのが実情なのではないでしょうか。

こういった風潮に、ある『Twitter』ユーザーが問題提起。17000件以上のRTと約16000の「いいね」を集め、議論が展開されています。


いつになったら日本人は「お金は使うとこの世から消滅する」という謎思考から抜け出せるのか。お金を使うと対価を貰えたうえで他者に渡り、その他者がお金を使うと対価を、という無限の連鎖こそが経済効果の正体なのだと、いつになったらこの世界の常識が日本に広まり根付くんだろう。

これに対して、「財務省が国債を”国民ひとりあたりの借金”と言ってきたから」「そもそも、他人にお金が渡ると損って考えてる人が多い」といった意見がツイートされていたほか、「日本は経済教育のレベルが途上国以下」といった声もありました。

また、別のユーザーからは「そうは言っても……」というツイートが。


リプ見てるとみんな高尚だなぁと思う
物を買えば誰かの収入になるのはわかるっていうか当然だけど、結局は私の使えるお金が減るんだよ
回り回って私が払ったお金が誰かのものになってその誰かがまた使って私の週ニュイ繋がるって果てどない話に思えて仕方ないけど

「昔から経済原理については深い理解があったはず」という意見も見られた日本人の経済感覚。「バブル後の節約ブームとかでカナリガチガチになった」「経済を知らないからカネの動きがブラックボックス化する」という声や、「お金=汚職としたメディアも悪い」「貯金があるのが勝ち組でないのが負け組という思想が社会の根底にあって、だから消費を控える」といった意見がありました。

これに対しては、「内部留保ばかり貯め込んで社会に還元しない企業がなくらないと無理」といったツイートや、「ベーシックインカム導入すれば、金は天下の回りモノだと実感出来る人増えるかも」「若い人は低賃金で労働時間も長いのに、国や企業が搾取し過ぎ」といった声もありました。

いずれにせよ、報酬をもらった分を経済に還元するという意識が日本人に足りないということは間違いなさそう。実態経済が上向いていると多くの人が実感しないと、こういった傾向はなくならないのではないでしょうか。

*****************************************************************

確かに、日本人はお金を使わなくなりました

というか、使えなくなりました

バブル期の消費行動が異常なだけで、他の時代は常に節約してたのが日本人なわけで

経済の仕組みなんて知らなくても、バブルが弾けて、消費という物に信頼が無くなったのかなと思います

節約だとかケチというのは、後付けの結論であって、実際には、国にも社会にも信頼が無くなったからであって

自己防衛本能が、そうさせたのだと思います


当然ですが、経済は、循環しなければ縮小します

今は、循環経済が成り立っていない

使えば回ってくるのではなく、回ってくるから使えるのです

回って来ないから使えないというのが、事実ですよね

使った分が回って来ないと経験しているから、必要以外は使わない訳です

これからも、お金が回ってくる事は決して無いのです

世の中の景気のためになんて消費しようなんて、誰もやりませんよ

頑張って消費活動しても、利益は企業が溜め込むから、賃金には反映されませんでしたからね

デフレ時代が長く続いたせいで、安くなければ買わないが身についてしまいました


消費増税後低迷してた消費が、やっと底打ちと報道されていますが

生活に必要な商品が値上がりしただけであって、物を多く購入出来たわけではありません

現実は、生活に必要なお金しかないんですよ


増税すれば財源確保されるも嘘でしたよね

広く薄く貧民からも取って補助で戻す政策って、アホの極みでしょw

バブル期が再来してるという噂もありますが、バブル再来ならまた弾けるんだから、経験則から使えないよね

終身雇用じゃない今の時代に、一時の景気に踊らされて、消費に走るなんて有りえないです

賃金が上がったなら、今は稼いで置いて、景気が悪くなった時に備えるですよ

バブル期と同じ感覚でお金を使うなんて、都市伝説

竹中平蔵さんは、「今は政府が老後を保証する時代ではなくなった」と言われていますから

自分で準備するしか無いようですね



アベノミクスで、目に見える恩恵を受けてるのは、新卒学生と株主くらいですかね

一般庶民は、まだ何の恩恵も受けておりません

ですから、公務員や、賃金の高い大企業の社員が、まず消費行動を見せてくれないと困ります

政治家の皆さんも、内輪の権力闘争に明け暮れていないで、もっと真剣に庶民の生活の事を考えて欲しいです

給料は大して増えてないのに、物価や消費税だけが上がっているという現実は消えません

岩盤破壊で終身雇用に年功序列が潰された日本が、豊かになる事はありません

日本人に合っていたシステムを、グローバルという名前で壊し、日本人が受け取るはずの富が奪われたのですから

アベノミクスに日本復活の要素は、多分無いと思いますが

何もやらないと、デフレが更に深刻化するであろう事は、想像できます

日本は、内需型なのに国内の消費を冷やすことばかりやって、工場などの雇用を海外に移転している

少子化も国内産業が繁栄し、国内消費が増え、給与に余裕が生まれれば少子化も解消するかも知れません

輸出企業には消費税還付し、大企業の資産増やすことはやるのに、国内の中小企業に仕事が増えるような政策をしてないだけです

日本は、企業も国も、アメリカや中国や韓国などの海外にいいように食い物にされていて

本来受けるべき富を国民に還元していないだけなのですよ


アベノミクスの本来の目的は、インフレにより国民の収入を増やし、円安が進めば自動的に借金が減る事ですよね

消費増税は景気を押し下げてしまうので、2%のインフレ目標達成してからじゃないと、元の木阿弥です


政府は借金1000兆円ありますが国債は100%円建て、95%日本人所有で金利は最安値ですし、政府の資産は600兆円、政府の徴税権まで考えれば政府の借金は全く問題ないのに

財務省は、増税の根拠として、国民が1000兆円超の借金をしているとウソを言っています



※借金【武田邦彦】いつ?誰に?国民一人当たりの借金が792万円!?


【武田邦彦】なぜ財務省は国民が1000兆円超の借金をしているとウソを言うのか!徹底解明!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR