FC2ブログ

北朝鮮の核実験のせいで白頭山が噴火しそうなんです。。。核による人工地震は、すでにアメリカが実行しています。。。


核実験場は、活火山である白頭山から約115キロしか離れていない場所にあります

核実験による人工地震が、白頭山の下のマグマを刺激したのでしょうか

核実験場近くで、地震が頻発し始めました

これは、噴火の予兆なのではないかと言われ始めましたけど


白頭山が破局噴火すると、朝鮮半島の2/3が吹き飛ぶ可能性があるとも言われています

更に怖いのは、白頭山を含む地殻変動で、今後日本の地震や火山活動が超活発化する恐れもあるのです

白頭山と西日本はアムールプレートという同一のプレート上にあるからです

地殻変動が起きた場合、その影響を受けて、南海トラフ大地震が誘発されるかも知れません



約1000年前に兄弟噴火をし、多くの半島にいた古朝鮮民族や渤海民族を滅亡させた可能性のあるのが白頭山

その時の噴火では火山灰が1100キロ離れた日本にまで降り注ぎました

3センチの火山灰が降り注ぐと農作物は壊滅すると言われていますが、影響は多岐に渡りますよね

日本は東側にありますから、偏西風の影響で火山灰が大量にやって来ます

白頭山が噴火すると、8時間後には火山灰は日本海に広がり、18時間後には関西にまで届くと予測されているのです


白頭山から100キロほどしか離れていない場所には、中国が建設中の原子力発電所もあります

これも怖いですよね


また、バリ島で火山噴火危機の為に数万人が避難との情報も出ました


*******************************************************************

北の核実験場近くでM3.2 情報錯綜「爆発」「自然地震」「坑道崩落」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00000529-san-kr
9/23(土) 20:19配信

20170925-00-00000529-san-000-7-view.jpg


【ソウル=名村隆寛】韓国気象庁によると、23日午後5時29分(日本時間同)ごろ、北朝鮮北東部でマグニチュード(M)3・2、震源の深さ2キロの揺れが観測された。これに先立ち、中国地震局も、北朝鮮付近で同じ時間にM3・4前後、震源の深さ0キロの地震を探知し、爆発と推定されると速報。米地質調査所(USGS)はM3・5で震源の深さは5キロとしている。

 北朝鮮の7回目の核実験が懸念されたが、中国地震局が爆発の疑いを指摘する一方、韓国気象当局は「自然地震の波形だ」としており、情報が錯綜(さくそう)した。

 聯合ニュースによれば、韓国気象庁は音波が観測されていないことや地震波の特徴などから、自然地震だと分析している。地震が観測されたのは咸鏡北道吉州の北北西約49キロで、3日の6回目の核実験で人工地震が起きた豊渓里の実験場からは北北西に約6キロ離れているという。

 過去の6回の核実験ではいずれもM4・0以上が観測されている。3日の核実験の際はM6・1で、韓国の一部メディアは今回の地震について実験場の坑道の崩落が原因との見方もあると報じている。

 伊豆見元(はじめ)・東京国際大教授は、今回は核実験の可能性が低いと指摘した上で、「核実験場の坑道を破壊すれば、実験で蓄積された放射性物質が地上に漏れ出す。北朝鮮が自ら破壊することは考えにくい」と分析。中国当局が北朝鮮で起きた揺れをいち早く速報したことについて「中国側が北朝鮮の動きに過敏になっていることがうかがわれる」との見方を示した。

*******************************************************************

「北地震、6回目の核実験関連…白頭山火山が爆発するかも」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170925-00000004-cnippou-kr
9/25(月) 9:05配信

20170925-01-00000004-cnippou-000-1-thumb.jpg


23日の北朝鮮の核実験場近所で発生した地震が3日北朝鮮による6回目の核実験の影響だという分析が出た。北朝鮮は吉州郡豊渓里(キルジュグン・プンゲリ)の萬塔山(マンタプサン)地下に坑道を掘った後、6回にわたって核実験を行った。地震が起きた場所は核実験場から5~6キロメートル離れている。

国連傘下の包括的核実験禁止条約機関準備委員会(CTBTO)のラッシーナ・ゼルボ事務局長はこの日、ツイッターで「(6回目の核実験当日である)3日の2番目の地震と23日の2回にわたる地震は3日人工爆発による地質学的圧力と関係がある」と明らかにした。3日の人工爆発は北朝鮮による6回目の核実験を意味する。

延世(ヨンセ)大学地球システム科学科のホン・テギョン教授は「豊渓里一帯は過去、自然地震が発生した所ではない」とし「6回目の核実験によって起きた▼大規模の山崩れ▼核実験坑道の崩壊▼地球組応力排出(地層の力が空間側に傾きながら一時に解ける現象)--など3つのうち一つが原因」と説明した。

地球組応力排出と核実験坑道の崩壊がややもすると追加地震など東北アジアの連鎖的な「災難」につながる可能性があるというのが専門家たちが懸念しているところだ。

ホン・テギョン教授は「6回目の核実験後、地球組応力が白頭山(ペクドゥサン)下部のマグマ溜りに影響を及ぼせば、火山噴火につながる可能性がある」と話した。彼は昨年2月、北朝鮮が大規模の核実験を行えば白頭山が爆発するかもしれないという研究結果を出した。白頭山は946年、火山爆発の記録がある。また、釜山(プサン)大学地球科学教育学科のユン・ソンヒョ教授の研究によれば、白頭山が噴火する場合、大量の火山灰のために北東アジアで航空大乱が起き、爆発後の地震で韓国の10階以上建物のガラス窓と外壁に大きな被害をもたらすものと予想した。核実験坑道の崩壊で坑道の中にたまっている放射性物質が外部で出て被害を与える可能性もある。流出した放射性物質は空気や水を汚染させる可能性もあるためだ。

シン・ウォンシク前合同参謀本部次長は「今まで北朝鮮の核を軍事的にしか見なかったが、環境問題として捉えることはできなかった」としながら「今でもモニタリングを強化する必要がある。周辺国である日本・中国・ロシアと協力した方が良い」と話した。 


***********************************************************************



オカルト板の拾い物


529 名前:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage] 投稿日:2017/09/24(日) 21:40:24.18 ID:DoZMppVB0.net
空に暗雲が垂れ込め、大きな渦ができ、そこか巨大な龍が覗いている。この世界を破壊する嵐の前触れか、それとも龍が暗雲を払うのか、これから起こることになすすべもなく空を見上げる思い。
事は人の手を離れ、神の領域で裁定が下される。
そんな気がしてます。
でも、絶望ではない。
いつか明るい月の夜に子供が希望を持って道を歩き、港に着く船を待つ高揚感もあります。
なんかまとまりがなくてすみません。


538 名前:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage] 投稿日:2017/09/25(月) 11:06:21.29 ID:R35WWVUX0.net
>>529
今朝、北朝鮮の核実験のせいで白頭山が噴火しそうだというニュースを読みました。
あの場所はオカルト的に大陸にとって龍脈なのだそうです。
その龍が噴火と共にやって来るのかもしれませんね。

私としては決して怒らせてはならぬものを、怒らせてしまった償いじゃないかと。

あとは、感じる範囲で、皇室内もお付き等のその他も
用済みの人はどんどん居なくなるでしょうね。


539 名前:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage] 投稿日:2017/09/25(月) 11:09:31.04 ID:R35WWVUX0.net
あ、あと直感で、スレタイ夫さんの山登り。
結果的にある人が亡くなる?そんな予兆。
あの立て札が、その誰かを表していたと思いました。

----------------------------------------------------------------

核による人工地震は、アメリカがやっています

グロメット作戦 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/グロメット作戦

グロメット作戦 :(Operation Grommet)はアメリカ合衆国が1971年から1972年にかけて行なった地下核実験。ネバダ核実験場とアムチトカ島で行なわれた。
1971年11月6日のカニキン(CANNIKIN)実験は核出力が4.4-5.2Mtと地下核実験では最大級のものであった。(地下1860メートルで核爆発)

地下核実験『カニキン』
1971年11月6日にアラスカ州アムチトカ島地下1,860mで行われた核実験グロメット作戦カニキン実験で、
スパルタン・ミサイルのW71水爆弾頭(核出力5.2メガトン)が炸裂、マグニチュード7.0の巨大地震を起こした。
その後約1,000回もの余震に襲われ、島全体が隆起あるいは陥没した。
アメリカ史上最大の地下核実験であり核爆発装置のサイズは、
直径42インチ、長さ101インチ、重量2,850ポンドだった。

その結果のM7.0の地震の発生させてしまいました

その余震は1000回にもなったようです


地下核実験『フォールトレス』
1968年1月19日、ネバダ州トーノッパ近郊の地下366mで実施した1メガトンの地下水爆実験。
大威力のあまり断層が形成され、世論の大きな非難を浴びた

********************************************************************


ナイキ・ミサイル用に開発された 設置しやすい核弾頭の5.2メガトン級W71型は、全部で30発製造されてるそうです

もしかして、日本で使われたんじゃないよね。。。

311とか熊本地震とか。。。

そして、また日本に使う予定とか無いと信じたいですけど


こういうのは、人類が使ってはいけない代物だと思います


ちきゅう号は、これから北海道の襟裳岬沖で酸化炭素を岩盤に圧入する研究をするらしい

北のミサイルが、日本上空を通過した時、何故か「襟裳岬」から何キロって表示されてるのも、実は意味がある?

何その、ほのめかし。。。

予告ですか?


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR