FC2ブログ

貴乃花親方に厳罰!業務停止か理事から降格も…やっと弁護士同伴で聴取、28日処分へ


やっぱりとは思ったけど、アンチ貴乃花の読売系新聞の「スポーツ報知」はトバシますよね

「業務停止か理事から降格」って、読売の意向を書かれても、やりすぎとしか思えません

八角理事長の最側近は元報知の役員なわけだから、これが理事長の本意なんでしょうね

広岡さんでしたっけ、元スポーツ記者でヤンキース松井の専属広報だった人ですよね


しかも、貴乃花部屋の貴景勝が、3役に昇進が決まった晴れの日にこれですからね

読売って、ゲスいですわw

被害者力士の親方を、ここまで叩くなんて、有りえなくない?

マスコミは、相撲をオモチャにして、壊そうとしてるだけじゃん

しかも、批判を繰り返していた評議員の「池坊保子」氏は、日本相撲協会評議員会議長を名乗りながら、相撲協会定款すら読んでいないですよね

後でまとめますが、貴乃花親方は、定款に違反していませんよ

更に、池坊氏の言うところの、貴乃花親方の怠慢は、報告義務違反だけです

そんなんで降格とかおかしいよね

協会執行部は、暴行問題を再発させたほどの怠慢もあるわけだし、警察から事件を知ってから行動しなかったよね

臨時理事会で議題にも上げず、その結果加害者日馬富士を出場させて問題を大きくしたんだよね

貴乃花親方の処分以上の処分が、執行部全員にあってもしかるべきだと思いますけど


*********************************************************************

貴乃花親方に厳罰!業務停止か理事から降格も…やっと弁護士同伴で聴取、28日処分へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171226-00000041-sph-spo
12/26(火) 5:05配信

日本相撲協会は25日、元横綱・日馬富士関(33)の暴行問題で、被害者の幕内・貴ノ岩(27)の師匠で、協会理事と巡業部長を務める貴乃花親方(45)=元横綱=への初聴取を都内のホテルで行った。28日の臨時理事会では貴乃花親方に業務停止か理事からの降格という厳罰が下される可能性があり、一連の問題は年内決着が濃厚となった。

ついに貴乃花親方への聴取が実現した。暴行問題に絡んだ関係者で唯一、危機管理委員会が接触できなかった同親方から、協会の高野利雄・危機管理委員長(元名古屋高検検事長)に連絡が入った。会場のホテルには同親方が先に入り、同親方の弁護士も待ち構えていた。弁護士が同席したのは証人として事実を正確に把握するため。高野委員長と鏡山危機管理部長(元関脇・多賀竜)が約2時間にわたって聞き取りを行った。協会関係者によると、貴乃花親方は自らの正当性や貴ノ岩の主張などを述べたという。

 20日の臨時理事会では、聴取ができていないという理由で貴乃花親方だけが処分を見送られた。春日野広報部長(元関脇・栃乃和歌)も「今日ここ(協会)に来るまで知らなかった」と話したように、25日に急展開を見せた。同親方は約6時間後に部屋へ戻った際も無言を貫いたが、鏡山危機管理部長は「終わったよ」とヤマ場の終了を明言。危機管理委関係者によると聴取は今回限りだという。春日野広報部長は「高野先生から(情報は)入ってない。一生懸命まとめていると思う」と高野委員長が臨時理事会で下す処分を精査している段階だと語った。

 貴乃花親方は巡業部長でありながら事件発生を協会執行部へ報告せず、聴取の要請も合計で10回拒否した。協会関係者によると20日の臨時理事会前時点で貴乃花親方への処分は、懲罰規定で4番目に重い「業務停止」だったという。親方衆は協会と弟子の育成に関する業務委託契約を結んでおり、業務停止なら一定期間は稽古の指導も禁止される。八角理事長(元横綱・北勝海)に3か月の報酬全額返上の処分が下されるなど、今回の問題に関しては“厳罰化”の傾向。28日の臨時理事会後には理事の選任と解任の権限を持つ評議員会が開催予定で、業務停止より重い「降格」の処分が下される可能性もある。

 貴乃花親方は警察及び検察の捜査終了を待つことを理由に、11月14日の事件発覚以降は協会の聴取を断り続けてきた。聴取の実現は問題解決に向けた大きな一歩で、春日野広報部長は「やっと協力をいただいた」と話した。幕内・貴景勝が部屋初の三役力士となる26日の番付発表直前に師匠自らケジメをつけたことで、年内決着が見えてきた。

 ◆評議員会 定数は5人以上7人以内で、総数の過半数は外部有識者で構成される相撲協会の最高議決機関。理事の選任、解任という強い権限があり、年寄(親方)が務める場合は年寄名跡を持ったまま任期(4年)内は本名で番付などに記載される。現在の議長は池坊保子氏(元文部科学副大臣)で年寄出身者は湊川親方(元小結・大徹)、大嶽親方(元十両・大竜)、二子山親方(元大関・雅山)の3人。

*********************************************************************

協会はもう報告義務違反一点張りです

暴行現場にいた白鵬や鶴竜の報告義務違反のが重いわけですし、減給だけで済ましたのだから

同様に、貴乃花親方も減給で良いはずです

白鵬に至っては嘘の報告をマスコミに流したわけですし、悪質ですよ


そもそも、批判を繰り返していた「池坊保子」氏は、日本相撲協会評議員会議長を名乗りながら、相撲協会定款すら読んでいない

「貴乃花は協会定款に基づく報告義務を果たしていない」と繰り返し主張していましたが

協会定款には以下の記述しかありません

(理事の職務及び権限)
第28条
3 理事長及び業務執行理事は、毎事業年度に4か月を超える間隔で2回以上、自己の職務の執行の状況を理事会に報告しなければならない。


この記述から考えても、貴乃花は、定款に基づく報告義務を果たしていないとは言えない

それをあたかも「定款に違反する」と繰り返すことで、被害者側の貴乃花親方に対する悪いイメージを流していますよね

貴乃花理事は、20日の協会臨時理事会へ報告書を提出しましたよね

これによって、定款第28条に基づく報告を行っており報告義務を果たしている事になるのです


※理事の報告義務は「理事の職務及び権限」定款第28条第3項に基づくき毎事業年度に2回以上と
  定められており、「毎事業年度」とは定款第7条に基づく9月1日~12月31日に2回以上報告義務
※貴ノ岩の傷害被害事件発生日は10月26日、知った日は10月29日
  鳥取県警へ被害届けを出した日は10月29日

※つまり毎事業年度の9月1日~12月31日の期間内に2回以上報告すれば義務を果たしている。
※よって繰り返し協会側が「協会への報告義務を果たしていない」とする主張は根拠がなく理由がない。
※従って貴乃花理事を懲戒する理由がないので万一、協会が懲戒決議した場合は協会の定款違反は
  明らかで効力は無効となり不法行為となる。

※さらにこの不法行為は、定款第5条に反する定款違反行為であるので公益法人法違反に相当する。
  これは公益法人を認証した内閣府による公益法人の認証取消し事案に相当するものであり、議題の
  決議を発議した理事長、理事及び決議した理事長、理事は定款第5条に反する定款違反行為であり
  解任に相当で、万一これを評議委員会が決議した場合も同様である。

1月1日~ 4月30日 2回以上報告
5月1日~ 8月31日 2回以上報告
9月1日~12月31日 2回以上報告 ※貴ノ岩の傷害被害事件発生日は10月26日


貴乃花理事降格なら、適切な処置をせずに日馬を出場させた八角理事長はそれ以上の処罰が必要と言う事になります

業務停止も、酷い仕打ちですよ、親方としての指導も出来ませんからね


日馬富士の暴行事件が無ければ、貴乃花親方の処分も発生しなかったのですから

一番の悪は、どうみても日馬富士であり、後ろでアシストした白鵬なのですよ

厳罰化するなら、白鵬は初場所出場停止くらいしなければ、世間は納得しないと思います

それなのに、貴乃花親方だけに厳しい処分とか、被害者と加害者が逆になってますよ

どっちが被害者でどっちが加害者か、本当に全く分からない相撲協会は、本当のバカだと思います


暴行事件で警察に届けて、なおかつ警察から協会に連絡していただくようにしたのも配慮であり

弟子が殴られたら警察に届けるのは当たり前だし、警察に届け出たら公の場で話をしないのも当たり前

警察に届け出る前に協会に報告しろって言うのは、揉み消しの推奨としか思えません

相撲協会側の隠蔽体質、暴力容認、証拠隠滅という体質を改善する気が無いとしか見えませんよ

ここで失敗したなら、相撲協会と横審は解体しても良いとしか思えないです

公益法人だって意味を、もっと考えろと思います


危機管理委員会の元検事長の高野氏が、どんな報告をするのか、楽しみですねw
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

いやいや、屁理屈でしょう。
問題が発生したら、それを詳細に報告する
のは貴乃花親方の立場なら当然のことです。

「定款に書かれていないから問題なし」
これは子供の論理です。
法律や定款、規則。こういった成文かされ
たルールは、普通"解釈"というものが存
在します。
現実を全部シミュレートできる訳がない
(すべてを文章化できない)ので、「こんな
こと、詳しく書かなくても解るよね?」と
なる訳です。

もちろん、解釈には論理性が必須ですが、
貴乃花親方は問題を速やかに報告する立場
にあるのは当然です。

また、貴乃花親方の処分が重いのも当然で
す。立場により責務が違う、責務が異なれ
ば処分も違う、当たり前です。

貴乃花親方の処分は異常に軽い。

Re: タイトルなし

名無しさん

コメントありがとうございます

立場が変われば、当然のこと、善と悪も、解釈も変わるものと思います

個人的には、被害者側の親方としての行動を責める事は、やはり厳しいのかとも思います

すでに評議会で処分が確定していますし、貴乃花親方も受け入れておられるようです

その処分について、軽いとか重いとかを判断するのは、周りでは無くご本人だと思いますよ

貴乃花親方も、全部が正しい行動をしていたとは思っていないでしょう

これを区切りとして、力士のためにも、権力闘争や暴力の無い、より良い相撲界になるように祈っています


ここで言いたかったのは、結局、被害者側が一番きつい罰が与えられた事が感情的に好みでは無いという事であり

つまり、加害者側の白鵬関を協会側と横審が咎める事もない、協会より白鵬という横綱の方が偉いのが今の相撲界になっているからです

横綱は、人間としても完成形であって欲しかったのに、弱いものいじめや、卑怯な取り組みをしても見逃されてしまった事だけが残りました

神事ではなく、単なる興行としての相撲と思えば、そんなに気にする事でも無いのかも知れません

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR