FC2ブログ

相撲協会【何気ない暴力事件なのに警察に密告したから、貴乃花親方は2階級降格な】貴乃花親方の処分は「降格」に決定 役員待遇委員に

貴乃花親方が、相撲協会に報告する前に警察に先に届けたということで理事解任となりました

被害者側の親方が「降格」処分

しかも、2階級降格って?役員待遇って、あれれ?

あぁ、そうか、「何気ない暴力だった」のに、大きな事件にして、横綱を引退させた罰だったんですかね

来年2月に復帰出来るんだから1ヶ月の謹慎処分だというのが、マスコミの言い分ですが

加害者側にはさぞ厳しい処置がとられたのでしょうねと考えてみると

報告しなかった2横綱が、減給処分でしたよね

確か、報告義務があるのは、どちらも同じですよね

しかも、隠蔽しようとした加害者が減給だけで、被害者側が処罰で2階級降格って、これが公益法人の公正な処分なのですか?

被害者の親方が降格なら、加害者側と現場にいて何もしなかった共犯者たちとの処分に整合性がありません

結果、辞任した伊勢ケ浜親方と同じですよね

辞任したから加害者側の伊勢ヶ浜は処分無しで、被害者側だけど、貴乃花は協会に逆らった罰で降格?

貴乃花親方の報告義務違反にしても、貴乃花親方が誰からも報告を受けていないのに何を報告出来たんでしょうね


普通に暴行傷害事件なわけですから、真っ先に警察に届けるのは当然ですよね

先に協会に届けなかったから、罰則を受けるというのには、納得いきません

警察から連絡がきても何もしなかっただけの相撲協会が、貴乃花に対してこの処分をできる神経が理解できません

やはり、暴力に対する認識が甘いんじゃないですか?

もう暴力事件は起こさないと世間に約束して、公益法人になった事も忘れていますよ

相撲協会の代弁者の危機管理委員会が機能していないし、評議会のメンバーにも期待できそうも無いから、このまま年越しだね

自分たちが無能なのを、全て貴乃花親方のせいにして、上手い事終わらせたと思ってるのが、相撲協会です


******************************************************************

貴乃花親方の処分は「降格」に決定 役員待遇委員に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00087989-nksports-fight
12/28(木) 13:08配信

日本相撲協会は28日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、貴乃花親方(元横綱)に「降格」の処分を下すことを決めた。貴乃花親方は現在の「理事」から2階級降格の「役員待遇委員」となる。

【写真】力士に向けて張り出された、貴乃花親方の注意書き

 巡業部長を務める貴乃花親方は、元横綱日馬富士関の貴ノ岩への暴行事件が秋巡業中に発生しながら、協会への報告義務を怠った点などが問題視されていた。

 貴乃花親方は役員待遇委員に降格するため、理事会での議決権を失い、巡業部長の職を解かれる。給料も減額となる。

 一方、来年の初場所後の2月に予定される役員候補選挙への出馬は可能。貴乃花親方が出馬すれば当選は確実と見られており、「降格」の影響は事実上、約1カ月に限定される。

******************************************************************

貴乃花親方、週刊誌激白報道に「取材に応じてない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00088154-nksports-fight
12/28(木) 16:24配信

日本相撲協会は28日、東京・両国国技館で記者会見を開き、貴乃花親方(元横綱)への処分に至った経緯を説明した。その中の質疑応答で、同親方のコメントが掲載された週刊誌報道についても言及した。

【写真】降格処分を受けた貴乃花親方 渋い表情

 今週発売の週刊文春には「貴乃花激白」の文字が躍り、同じく週刊新潮にも「貴乃花が本誌に激白」「腹を割って全本音4時間!」と、貴乃花親方が取材に応じたとされる内容になっている。

 報道陣から「週刊新潮や週刊文春に貴乃花親方のコメントがあり、調査に関する内容もあったと認識しているが、調べているのでしょうか?」との質問が出ると、高野利雄危機管理委員長(元名古屋高検検事長)は次のように回答した。

 「貴乃花親方から聴取をした時に、協会に対する報告はない一方、貴乃花さんの意見だというようなことで、いろんな人が語っていました。ご本人がしゃべらないで、そういう人にしゃべらせるのはいかがなものか、という視点でお聞きしましたが、親方は『自分は一切、そういう人に話したことはないし、話すよう指示したこともない。週刊誌の取材を受けたこともない』という話しがありましたので、昨日の週刊誌に、貴乃花親方が自ら発言されたような主旨の記載がありましたので、委員会でのお話と違うのではないかと思いまして、あらためて確認しましたが『取材に応じたことはない』という風におっしゃっておられました」

 この日の臨時理事会では、貴乃花親方は「特にありません」と弁明は一切しなかったという。傷害事件の報告義務を怠ったとして、来年1月4日の臨時評議員会での協議を経て、同親方は現在の「理事」から2階級降格の「役員待遇委員」となる見通しだ。

*******************************************************************


業務停止にはならずに良かったとは思いますが

相撲協会が、白鵬を庇った事で、貴乃花親方と対立構造になったわけですよ

協会側も横審も、白鵬に対して、きちんと言う事が出来ないから混乱し、大問題になったんですからね

結果として、貴乃花親方の厳罰で、これから地獄を経験するのは、白鵬ですよ


マスコミも、サイレントクレーマーの日本人気質を甘く見るもんじゃ無いよねw

海外メディアは、内部告白者で貴乃花はヒ―ロ―だと報じてるけどねw

日本のメディアは、協会側寄り過ぎて、信用出来ないからさw


相撲界だけが特別だと思うから疑問だらけになるわけで

ケガをさせた力士がいても、警察よりも救急車よりも協会への報告が先という考えが変なのです

協会側は、どっちが被害者で、どっち加害者かという視点が、すっぽりと抜けてしまっているのです

日本相撲協会は、公益財団法人であり暴力事件に関しては、厳しくならなければなりません

貴乃花親方の処分が当然ならば、八角理事長は、もっと重い処分を受けなければならない立場なのです

暴力事件だからと警察にゆだねた親方が処分されているならば、責任者のトップである理事長こそ辞任や降格されて当然です

警察から連絡を受けたのに、11日に理事会に報告せずに加害者の日馬富士を出場にさせた理由は?

暴行事件の加害者と知りながら、報告を受けた夜に一緒に飲酒していたのは何故ですか?

危機管理委員会の調査は法的根拠のない協会側の報告であり、報告しなかったからと当事者側に管理責任を取れとか、言いがかりであり単なるパワハラです

司法判断にちゃんと任せたことが協会にとって望ましくなかったから降格したんですよね

現場にいなかった貴乃花親方が、巡業とは無関係のOB会の飲み会で起きた暴行事件に関して、報告義務で処分されるなら

その現場にいた複数の幕内力士たちも同様に、報告義務違反で処分しないと、公正な処分とは言えないですよね


--------------------------------------------------------------------

貴乃花親方が沈黙しているのを良い事に、マスコミがある事無い事を、面白おかしく報道してしまった

これが、一番の問題点だったわけですよ

週刊誌をどれだけ信用するかは購読者が決める事でしょうが、テレビやスポーツ新聞の垂れ流す情報の方が信用できません


実際に、あの暴行事件の夜に何が起こっていたのかです

この先にあるのは、日馬富士の略式起訴が決まった事で、判決確定後検察庁に対して閲覧が可能となります

協会の報告書に矛盾がないかどうかが、はっきりとするわけです

貴乃花親方は民事裁判を起こすのは確実ですから、その矛盾点が焦点になるのです

元々、評議委員長、横綱審議委員長は協会よりですが、

中立であるべき危機管理委員長の高野さんの記者会見がポイントになりますよね

初動で鳥取県警に被害者は誰かぐらいも聞かないで、危機管理が出来たと思っておられるようですが

もし、被害者が一般人だったら、どうなの?

力士同志だと知ってたから、早急な対処をしなかったんじゃないの?

処分決定以後の危機管理委員会の「事実認定」に変更があれば、「処分の見直しは当然」とも言ってましたが

日馬富士は、罰金刑であっても「前科一犯の有罪」なんですよ

公益法人として恥ずかしくない処分に見直さないと、民事訴訟で相撲協会が受けるダメージは大きくなりますよね

冤罪作りに余念のないヤメ検の高野氏は、そういう危機管理に無頓着で大丈夫なのですか?

貴乃花親方の責任は重い、というのは、どう見ても高野氏の意見ですよね

すぐに報告していたら何が出来て、どんな解決の仕方があったのかも示されていませんよね

再調査するべきだと思いますよ

危機管理委員会は解散して、利害関係のない外部の第三者で構成しなおして、最初から両者の言い分を調べ直すべきでしょう


被害者が、加害者側より処分が重いのは誰が見ても納得出来ないですし

事件の概要は警察が調べているのに、協会内の調査なんて誰も信用しませんよ

警察が捜査しているのに、内部の人間が事情を調べて、協力しなかったからって罰を下してるんですよね

責任者の八角理事長は減給で、加害者の横綱側も減給だけなのに、被害者の報告義務のほうが2階級降格ですよね

伊勢ケ浜親方は、自分からやめて降格になったので事実上処分を受けていないわけです

隠蔽しようとしていた側が軽い処分で、ものすごい理不尽であり、不公平感が半端ありません

これが日本の国技の「相撲」の世界の実態です

頭かち割られて警察駆け込むと処罰されるような世界、それが日本の相撲協会の姿でした


協会は、日馬富士の判決確定後に検察庁に対して閲覧をさせてもらってから、処分するべきだったと思います

年内決着をしようと焦るあまり、自分たちでシナリオを作ってしまった事が、将来的には仇となるかも知れませんね

確執や感情論で処罰するのが、一番良く無い事だと思います


相撲協会は、今後は警察に通報されたりしないように、通報者を見せしめに処分する、という意図がある

貴乃花を処分する本当の理由はそれしか見当たらない

表向きの貴乃花処分理由の矛盾がある

報告義務違反なら、現場にいた白鵬、鶴竜、石浦の方が重いのに、被害者側の貴乃花だけ処分は異常

八角理事長も理事会に報告しなかったのに報告義務違反に問われてない

非協力については

捜査終了後は協力するとずっと言ってきたし、そのとおり協力してる

被害者の立場なので、捜査中に加害者所属組織に協力できないのは考慮するべきである

評議委員会、危機管理委員会、横綱審議委員会のメンバー選任が相撲協会によって、選ばれてるので、全員グルだからまともな裁定ができない組織である

横綱審議委員会にいたっては理事長の選任なので、マスコミトップを多く選んでマスコミに批判されにくくしている


隠蔽が簡単に出来てしまう閉鎖性は、公益法人として適切では無い

公益財団法人が内部通報者を処分するなんて前代未聞であり

評議員会は理事会と違って慎重に判断すると思いますが

相撲協会を所管するスポーツ庁・文科省の意見も聞いてみたいですね


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR