FC2ブログ

貴乃花“解任”提案…理事会で遮られた発言~執行部「報告しなかった貴乃花を処分します」出席者A「ちょっと待って執行部も知ってて報告しなかったよね」 B「今それ関係ないよね」

報告しなかった貴乃花親方に対して、知ってて報告しなかった執行部が処分を決めているという、おかしな構図が浮き上がりました

高野氏なら、執行部からまだ聞き取りができていないから無問題と言うかも知れませんけど

もし、貴乃花親方がすぐに協会に報告していたら、どうなっていたんでしょうね

相撲協会が、和解に持ち込んで、日馬富士は引退してなかったし、当然ですが警察にも通報してなかったよねw

もちろんの事、事件当時の巡業部長の貴乃花親方へ、3横綱の親方が報告しなかった件も不問

--------------------------------------------------------------------

オカルトを絡めると、ひじょうに意味深です

2010年1月に朝青龍引退から白鵬が一人横綱となる

2011年3月場所は、野球賭博・八百長疑惑で中止

2011年3月11日は、白鵬26歳の誕生日、その日に東日本大震災が起こった


これこそが、相撲は神事であるの証明なのかと思いました

今回の件が2011年に発覚した事件を解決しないままで来た事の意味なのかと

勧進相撲発祥の地富岡八幡宮までもが、影響を受けてしまった感が否めないです

----------------------------------------------------------------------

貴乃花親方の言い分の中に「被害届けを出したのは一般の方も巻き込まれていたら大変なので」とありましたよね

事件現場の個室には石浦校長の他に「地元高校相撲部後援会会長」も居たそうですね

鳥取城北高校相撲部後援会会長って誰だろうとググってみたら「浜崎晋一県議」でしたよ

まさか、県議会議員の先生の面前で鈍器で人を殴るとかあり得ないし、何で校長も県会議員も暴行を止めなかったの?

そこに深い闇を感じますw

出席者は、貴ノ岩、日馬富士、白鵬、鶴竜、照ノ富士、石浦校長、石浦、そして浜崎晋一県議?

傷害事件現場のカラオケルームは四畳半なのにさ、すぐ傍で暴行されてる人を見捨ててたのか。。。

20171230-00.png


危機管理委員会の報告書には、ここは出て来てないような。。。

***********************************************************************

貴乃花“解任”提案…理事会で遮られた発言
http://www.news24.jp/articles/2017/12/28/07381732.html
2017年12月28日 20:10

全文

元横綱・日馬富士が28日、傷害の罪で略式起訴され事件は大きな節目を迎えた。一方、注目の貴乃花親方の処分について、臨時理事会が理事の解任を提案することを全会一致で決定。何が話し合われたのだろうか。

■相撲協会が理事会で決めた貴乃花親方への処分は「理事解任」という協会の処分の中で3番目に重い「降格」だった。

■この処分について、来年1月4日の評議員会で審議し、認められれば、貴乃花親方は理事から2段階降格し、役員待遇委員となる。

■2010年から8年近くつとめてきた理事からの降格の提案。この結論に至るまで理事会ではどんな話し合いが行われたのだろうか。

■八角理事長が「理事解任の件を、評議員会に諮ります。ご異議ありませんか」と述べた後、少しの沈黙があったという。そして、理事会関係者によると、ある出席者がこんな発言したという。

■「改めて確認しますが、なぜ執行部は11月11日の理事会に報告しなかったのですか」

■出席者の一人が取り上げたのは協会執行部の責任。10月26日に傷害事件が発生し、八角理事長ら執行部が事件を把握したのは11月2日だったにも関わらず、11日の臨時理事会で、事件についての報告は一切なかった。

■しばらくやりとりがあった後、別の出席者がこれをさえぎる形で「出席者Aが指摘していることは本議題の理事解任とは関係がない、その前段階のこと。ここでの議論にふさわしくないと思います」と発言したという。

■そして、この議論のあと貴乃花親方の理事解任について、評議員会を招集することが全会一致で決議された。

■来年1月4日の評議員会で貴乃花親方の処分は理事会の提案通りに決まるのだろうか。日馬富士の傷害事件に端を発した相撲協会の混乱は、ついに年をまたぐこととなった。

***************************************************************************

「浜崎晋一県議」でググったら、

副理事長を務める社会福祉法人「あすなろ会」(鳥取市)で15億円を超える使途不明金が発生という記事が出て来たw

--------------------------------------------------------------------

たけしのTVタックルで、池坊さんがこんな事も言ってましたよ

岸「一般企業に例えれば、取締役が一切協力せずに警察に行ったようなもの、普通の企業なら解雇です」

池坊「岸さんのおっしゃる通りざぁーますわぁー、社会通念上、専務なのだからクビざます
   アテクシ評議員議長!理事の任命、解任の権限がございますからw」

岸「普通の企業なら理事を解雇のはずですが、解雇しないのはなぜ?」

池坊「危機管理委員会が慎重に聴いてるからざますよ。いずれの段階では理事長が決断なさるはずざーます
   普通の一般ではそのまま置いとくなんてことはないざます」

大竹「解任したほうが宜しいとお考えになってます?」

池坊「議長のアタクシの票は七分の一ざますからw 相撲協会を代表してと言いますと軽々ざますから
   世間一般のルールを守るという前提はあるざます」

大竹「相撲協会と貴乃花の間の確執というのは?」

池坊「ないんです!ないんです!なーんにもないんざーますのよ!あるように見せかけせてるのがいけないんざます!
   アテクシはどちらの味方でもないざますのよw」

大竹「暴行事件があったら普通、刑事事件になるでしょう?」

たけし「若い衆が殺人犯したら、まず協会に行くって?おかしいじゃない!
   なーんで『私が殺しました』じゃあ協会に相談してって、そんなバカな話が通るわけないじゃない!
   口喧嘩とか飲み屋で揉めたくらいなら協会に言いますよ?
   でも明らかに犯罪だって決まってるものを、まず協会に相談するっていう約束があること自体が…」

池坊「相談するじゃありません、届け出る義務があるという事で
   日馬富士さんと貴ノ岩さんは終わった後握手をしたそうざます
   ですから、その時点においてはね、二人共、ま~大したことないと思っていたんざますのよ」


たけしと大竹さんが、バカに追従しなくて安心して見てましたw

----------------------------------------------------------------------------

企業に例えるのはいいとして、貴乃花親方は『内部告発』をしたという立場だと言う事を忘れてますよね

内部告発を上司に報告するなんて、明らかにおかしいと思うんですけどね


〔12/20理事会に提出された貴乃花文書の内容〕

読んだ出席者の多くが内容に納得したと言う。
10月29日に鳥取県警に被害届け提出時に鳥取県警から相撲協会に事件については連絡することになった。
11月1日に鳥取県警は相撲協会に電話して各被疑者、関係人に聴取したいので
協力を依頼し、その際には聴取前に各被疑者、関係人には話さないと約束させた。
しかし相撲協会は11月場所(11月12日~11月26日)を優先したい理由で協力は11月場所終了後の11月27日以降でないと対応できないと回答、聴取を先延ばしした。
そして11月11日の協会臨時理事会で危機管理委員会は暴行事件の件は一切伏せられ議題に上がらず事実上の隠蔽。
しかもその後、平然と11月場所に日馬富士や白鵬を出場させ貴乃花親方は騙されたと激怒した。
未提出と言われている3通目の診断書は実は提出していたのが事実であった。(FAX)


【12月22日ひるおび 貴乃花文書の中味】

10月29日 貴乃花親方と貴ノ岩が鳥取県警に被害届を提出。

11月1日 日馬富士、白鵬、鶴竜、照ノ富士の事情聴取したいと鳥取県警から日本相撲協会に連絡が入った。
電話を受けたのは事務方の宮田主事。
電話受けた事務方は九州場所が終わるまで待ってくれと言った。
警察は了承し、当事者には警察から事情聴取要請があったことを伝えないでくれと言われる。

11月2日 危機管理委員会を開いたが(八角、鏡山、春日野、尾車出席)
日馬富士と貴ノ岩が和解したという情報があったため一件落着とみなした。

11月2日 横綱会で八角は伊勢ヶ浜に聞いたところ「知らん」と言った。

11月3日 危機管理部長の鏡山が伊勢ヶ浜、貴乃花に電話
伊勢ヶ浜「暴行は事実」貴乃花「詳細は分からない」

11月11日臨時理事会では議題に上がらず


バンキシャの報道

①事件の経過
協会報告書→貴乃花がスマートフォンを操作したことがきっかけで暴行が始まり、その後正座する照ノ富士を叩く
貴乃花報告書→まず照ノ富士を正座させ説教、貴ノ岩の暴行はその後。暴行のきっかけを作ったのは貴ノ岩ではない

②警察への被害届など
協会報告書→巡業部長であるにもかかわらず、事前にも事後にも協会へ一切連絡をしなかった
貴乃花報告書→けがの状況は協会に報告していたし、警察から協会に報告したほうがより正確で、巡業部長として報告すべきことは報告した

③貴ノ岩の心情
貴乃花報告書のみ→自分だけが悪者にされている。モンゴルでは大横綱を引退に追い込んだと思われているのが悲しい。それを正さないといけない

https://www.youtube.com/watch?v=Fu9MK1fHYPI


貴乃花親方は報告書の中で患者である貴ノ岩の承諾なしに公開、これを問題視している

20171227-01.jpg


相撲協会、危機管理委員発表の調査原文
20171230-01-201711180000144-nsogp_0.jpg


危機管理委員会は患者本人の許可を得ず公表した?

九州の済生会病院が第2の診断書を出していますが、協会の危機管理委を通じて医師が「重症ではない」とコメントを発表したのです

「髄液漏れ疑い」という診断がおかしいというのは、スポーツ関係のドクターから指摘されていますよね

外傷だけで相撲とってもいいって判断を脳外科医がする訳ないのです


【日馬富士暴行】貴ノ岩「診断書」の謎
https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/sumou/829072/



診断書を出した医師は新潮の取材に「全て相撲協会に聞いて下さい。診断書は相撲協会に出したんです、私は」と回答

本来、診断書は受診者に出されるのに何故か「協会に提出した」という謎

公文書偽造及び個人情報保護法違反?

協会ナンバー2である事業部長を務める尾車親方は同病院の院長と親しく、かかりつけ病院にしていて済生会グループで講演もしている

---------------------------------------------------------------------------

早期に暴行騒動の幕引きを図りたい相撲協会と“利害が一致”したのが白鵬だった。スポーツ紙のベテラン相撲担当記者が言う。

 「2011年に発覚した八百長問題で解散寸前まで追い込まれた相撲協会としては、これ以上傷口が広がる前に事態を収拾させる必要があった。
それに現執行部としては、騒動を終わらせることで、改革派である貴乃花親方の動きも封じられます。


 そのためのキーマンは、絶対的に強い力士であり、角界に幅広く存在するモンゴル人力士のまとめ役でもあり、さらには暴行現場にもいた白鵬でした。
早期の幕引きのために引退した日馬富士が、白鵬へ相談しなかったわけがありません。これで八角理事長ら相撲協会執行部は、白鵬に“借り”を作ったのです」


 白鵬としては相撲協会に“貸し”を作っておいて損はない。なぜなら、彼には野望があるからだ。

 「大相撲で親方になるためには日本国籍が必要ですが、モンゴル人初の五輪メダリストという“モンゴルの英雄”を父に持つ白鵬は昔から『モンゴル国籍を持ったまま親方になること』を目指してきました。
協会上層部は白鵬にだけ特例を認めることをずっと否定してきましたが、今回の件で何らかの“手打ち”があるかもしれません」(相撲ジャーナリスト)

 多くの内弟子を抱える白鵬は、帰化するにせよ、しないにせよ、いずれは親方になるはずだ。

 「出身母体である名門・宮城野部屋を継承して『白鵬部屋』を興すつもりでしょう」(前出・相撲ジャーナリスト)

 その先に見据えるのは「モンゴル一門の立ち上げ」だ。一門とは簡単にいえば、「派閥」のようなもので、力士は連合稽古から冠婚葬祭まで、土俵の上だけでなく生活のすべてで運命共同体になる。

 「モンゴル一門とはモンゴル出身の親方衆の集まり。今は帰化した旭天鵬(友綱親方)や朝赤龍(錦島親方)の2人ですがいずれは帰化するモンゴル人力士が続出してモンゴル一門は超強力な一派になるでしょう。
そのためにはモンゴル互助会を毛嫌いする貴乃花親方の動きを封じる必要もある。
また、モンゴル一門と組むことは、現執行部の存続にも繋がります。
つまり、“貴乃花の消去”で協会と白鵬の思惑が一致したのです」(前出・担当記者)

----------------------------------------------------------------------------

(12/27)発売の文春

小誌はスポニチが暴行事件をスクープした11月14日当日、鳥取市で石浦校長を直撃しているが、
件の会合にについては、こうシラを切っていた。
「(一次会は)相撲部の主催じゃない。カラオケっちゅうのもよく分からない。事実関係も全て、私がここで言う必要はないんで」
その後、日を置いて度々直撃してきたが、石浦校長が角界を震撼させた現実と向き合うことはなかった。
「ちなみに、息子の石浦は事件に触れるツイ-トを片っ端からブロックしています」(相撲担当記者)

白鵬らは二次会で貴ノ岩と照ノ富士を帰した後、近所のラーメン屋で三次会に突入しているが、石浦校長はその場にも同席している。
 「日付は26日の午前3時前頃。石浦親子が先に入店していて、白鵬と日馬富士は路上でナンパしてきたスナックのママを連れて合流。
  ラーメンは終わっていたので、一行は餃子20人前を頼み、暴行沙汰などなかったかのようにヘラヘラしていたそうです」(鳥取市内の飲食店関係者)

貴乃花親方に極めて近い関係者が打ち明けた話として

 石浦校長は二次会の現場にもいた。自分が用意した場で、貴ノ岩が頭部を10針近く塞ぐほどの怪我を負ったのに、
 師匠の貴乃花には経緯の報告どころか、その後も謝罪の連絡すら入れていないそう。
 日馬富士の暴行をすぐに制止できなかったとして白鵬や鶴竜は相応の責任を問われたが、それは石浦校長も同じこと。
 教育者だけに、より責任は重いはず。


----------------------------------------------------------------------------

圧力か?日馬富士暴行現場にいた石浦外喜義に取材しないメディア、マスコミ ツイッターでブロックしまくる石浦将勝 信用できないコメンテーター横野レイコ、大至、維新力
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/t-1gp23/article/1321

----------------------------------------------------------------------------

校長一家は、元巡業部長の貴乃花の弟子の大怪我、そして貴乃花部長の管轄した巡業という時空間で、暴力事件の機会を設定?

さらに、事件現場に立ち会い、傍観していた?

結果、貴乃花親方は、協会から巡業部長としての職務怠慢を責められ、降格処分を受けた

----------------------------------------------------------------------------

執行部は、いろいろとやらかしてるのに問題視されない立場なのが、不可解


鳥取県警が協会に「誰にも言うな」と言った?

だから、貴乃花親方は、協会に報告しなかったんじゃないの?


宮田主事「警察から関係者に当たらないでほしいと言われたので…」

高野「警察から情報を秘匿してくれと言われたので執行部としては理事会に報告しませんでした」

高野「私は(事件を11月)13日に知りました」

小巻公平がフジテレビグッデイで
「日馬富士が11/3に、『お父さん、なんか知らないけど大変な事になっているんだ』と言っていた」としゃべっている

つまり協会は警察の指示を破って、被害届けが出ていることを日馬富士にバラしたことの証明ですね

危機管理員会は、証拠隠滅・口裏合わせの時間を10日以上も与えてますね

貴ノ岩が被害届出した後は、関係者には接触しないよう協会は鳥取県警から言われてるのに、

協会はそれをいとも簡単に日馬富士にバラし、うちうちで片付けようとしたと言う事です


事情聴取する際に個々人の主張の不一致から誰の証言が正しいのか判断するのが捜査の基本なわけですから

事前に情報を流してしまったら口裏合わせと策を作られてしまいます

警察も貴乃花も普通の対応をしているだけなのに、沈黙を良い事にやりたい放題ですよ

危機管理委員会が、一番問題だと言う事実が、これで分かりますよね

危機管理委員会の報告は、でっち上げばかりで、何の解決にもなっていません

貴乃花親方は、報告書はすでに提出していたのに、協会が見て見ぬふりをしていて理事解任は降格はすでに決められていたわけです


「貴ノ岩が謝っていればこんなことにはならなかった」

こんな事を言うような組織に、日本の相撲を任せていては駄目です


暴力を無くすための危機管理じゃないとダメなのです



日本経済新聞社説:角界は暴力根絶へ全力あげよ
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO25262100Z21C17A2EA1000/


田中龍作ジャーナル | 日本相撲協会という犯罪組織と記者クラブ
http://tanakaryusaku.jp/2017/12/00017219
2017年12月28日

 最強の記者クラブを持つ財団法人は、税の優遇を受ける犯罪組織だった。日本相撲協会のことである。最強の記者クラブとは東京相撲記者クラブだ。

 10年前に起きた事件と比べたら日馬富士の暴行なんて可愛いものだ。2007年、時津風部屋で親方が新弟子の額をビール瓶で殴り、その後兄弟子たちが しごき と暴行を加えて新弟子を殺害したのである。
 
 息子の死を不審に思った両親が、新潟大学に解剖を依頼しなかったら病死で片付けられるところだった。実際、時津風部屋は新弟子を火葬しようとしていた。証拠隠滅である。こうなるとプロの手口だ。

 相撲協会はその後もコンスタントに事件を重ねた。「大島部屋に暴力団のトラック突っ込む(2007年)」「大麻所持(2008年)」「野球賭博(2010年)」「朝青龍による一般人への暴行(2010年)」
・・・事件のデパートと言った感があるが表に出てきたのは氷山の一角である。なぜか ―

 力士にはタニマチがつき、横綱審議会にはマスコミ幹部が定席を占める。歴代の横審委員長は第9代が渡邉恒雄(読売)、11代 海老沢勝二(NHK)、12代 鶴田卓彦(日経) だったりする。

 タニマチである有力者は大物政治家経由で警察に圧力をかけて事件を揉み消せる。

 かりに角界の人間が検挙されるようなことがあっても記者クラブメディアは報道しない。会社の最高幹部からストップがかかる。見返りはクラブだけの独占報道権だ。

 日本相撲協会を所管する文科省の最高責任者は文科大臣だが、財団法人の資格を取り消せるはずがないのだ。

 そこには警察、マスコミ、文科大臣を黙らせる強大な背景がある。日本相撲協会はかくして、アンタッチャブルとなった。この構図を変えない限り不祥事は続く。

 貴乃花親方の処分云々は事の本質ではない。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR