FC2ブログ

NHKスペシャル未解決事件「赤報隊」~ニュースに潜むメッセージを見逃すな


NHKスペシャル未解決事件で、赤報隊の朝日新聞の襲撃事件を2夜に渡って放送しましたよね

1987年5月3日に発生した阪神支局襲撃事件を題材に、真犯人に迫るという内容でした

何で今頃?という疑問も出ましたw

あれから30年は去年だったし、事件の日とも関係無さそう


赤報隊事件 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/赤報隊事件

赤報隊事件(せきほうたいじけん)は、1987年から1990年にかけて「赤報隊」を名乗る犯人が起こしたテロ事件である。警察庁広域重要指定番号から、「広域重要指定116号事件」とも呼ばれた。 現在において犯人の特定や逮捕には至っておらず、2003年にすべての事件が公訴時効を迎え未解決事件となっている

赤報隊 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/赤報隊

赤報隊(せきほうたい)は、江戸時代後期の幕末に結成された草莽隊で、王政復古により官軍となった長州藩、薩摩藩を中心とする新政府の東山道鎮撫総督指揮下の一部隊である

----------------------------------------------------------------

この事件の発端にあったのは、とある市民団体が名古屋市に南京虐殺資料館をつくる計画だったとも感じます

「116」捜査されなかった告発書
―朝日阪神支局襲撃30年―
https://www.jiji.com/jc/v4?id=201705asahihanshin300001

(抜粋)

「記念館」構想機に

 B5判に乱れた縦書きの文字。書面のコピーは全部で50枚にわたる。付されたタイトルは「私は民間人の死体を見なかった」。匿名のため筆者は不明だが、「ある南京戦参加者」と記されている。冒頭で「新聞に(市民団体が)名古屋市に南京虐殺資料館をつくるよう申し入れると出ていました。これは南京虐殺があったということを前提にしているわけですが、南京戦に参加した私は承服できません。それでこの一文を草しました」と告発書を著した目的を書いている。日付は「昭和六十二年六月三十日」。つまり87年5月の阪神支局襲撃事件の直後だ。

87年は、日中戦争中に日本軍が首都南京を占領した際に非戦闘員を含む多数の中国人を殺害したとされる「南京大虐殺」からちょうど50年に当たる年だった。南京大虐殺が「あった」とする立場と、「なかった」とする立場の双方が、それぞれ活発な言論や行動を展開し、社会における大きな議論のテーマの一つとなっていた。

 名古屋市は78年から南京市と姉妹友好都市提携を結んでいる。また、司令官として「南京大虐殺」の責任を問われ、極東国際軍事裁判(東京裁判)で絞首刑となった松井石根陸軍大将は名古屋市出身だった。こうしたことから、南京市との関係が深いとして、名古屋市では「虐殺があった」とする立場の活動が特に活発で、大学教授らを中心とする市民団体が「南京大虐殺を心に刻む」と呼び掛けて集会を重ねるなどしていた。活動の中で、南京市にある「南京大虐殺記念館」の姉妹館を名古屋市に建設する構想が持ち上がり、市民団体は、申し入れ書を名古屋市や愛知県に提出した。

------------------------------------------------------------------

【赤報隊事件】は自作自演だった!?犯人の正体と真実に迫る!
http://info-judge.net/sekihotai-jiken-1180

「赤報隊事件」とは、1987年から1990年にかけて起きた以下の事件のことを言います。
•朝日新聞東京本社銃撃事件
•朝日新聞阪神支局襲撃事件
•朝日新聞名古屋本社社員寮襲撃事件
•朝日新聞静岡支局爆破未遂事件
•中曽根康弘・竹下登両元首相脅迫事件
•江副浩正リクルート会長宅銃撃事件
•愛知韓国人会館放火事件

特に注目を集めた事件が「朝日新聞阪神支局襲撃事件」で、執務中だった記者2人が被害者となったことで、言論弾圧事件として大きな注目を集めました。

(中略)

【赤報隊事件】の真実

「赤報隊事件」の真実については、捜査当局は朝日新聞の言論・報道が狙われたと断定しています。


事件の経緯を振り返ると、犯人は極めて”右翼的”な動機を持って犯行におよんだことがよくわかります。

ジャーナリストの原寿雄氏は「赤報隊事件」に対し
•中曽根首相の靖国神社公式参拝
•国家秘密法推進、
•「皇国史観や国家主義に基づく歴史教科書」に朝日新聞が強く反対したこと
•「中曽根批判の先導的役割を果たした」こと

との事件の関連性が大きいとしています。

また新聞記者でジャーナリスト牧太郎氏も

中国・韓国の批判による中曽根の靖国参拝中止と教科書の修正が「赤報隊事件」の動機であるとの見方を示しました。

また、評論家の堀幸雄氏は「赤報隊事件」の犯人が復古主義を志向していることを示唆しています。

結局「赤報隊事件」の犯人の動機は、右傾化する政治動向と密接不可分で、「戦争と侵略体制を否定する一切の言論と思想」の弱体化と、戦争体制づくりへの抵抗を崩壊させる意図があり、権力の方針を補おうとする政治的役割を果たすという動機を持って犯行に及んだというのが、当時の捜査当局の結論です。


自作自演の可能性

未解決のまま2003年に時効を迎えてしまった「赤報隊事件」ですが、2ちゃんねるやTwitterなどのSNSなどでは朝日新聞の自作自演だったのではないかという説がささやかれています。

------------------------------------------------------------------ 

今の朝日新聞に、同情する人はもう居ないような気もするけど

反日という言葉に反応したとしても、今の朝日新聞の報道姿勢、フェイクニュースへの反省が一切無い姿を見ればそうなるよね

南京事件と靖国参拝と来れば、どう考えても、中国共産党の影が見えてしまう


さて、この南京虐殺資料館とリンクしているのは、ナチス・ドイツによるユダヤ人の大量虐殺なのではないでしょうか?

------------------------------------------------------------------

(真)日本の黒い霧さんが注目したのは、国連事務総長メッセージです



国連事務総長メッセージに見る暗号
http://adoi.hatenablog.com/entry/2018/01/27/155506

本日昼頃、普段なら暇ネタとしか思えない国連メッセージをNHKが全国放送で流しました。何か意味があると思い、いつものように分析を試みました。この分析が正しいかどうかは読者のみなさんのご判断に委ねたいと思います。

20180129-01-20180127150439.jpg


国連のグテーレス事務総長は、ナチス・ドイツによるユダヤ人の大量虐殺、ホロコーストを思い起こす日に合わせてビデオメッセージを発表し「ネオナチと白人至上主義者が極端な憎しみをまき散らしている」と危機感を示しました。

 (中略)

国連本部では今、ホロコーストを生き延びた人々の写真を集めた展示会も行われ、訪れた人は「世界各国の人が訪れる国連本部でこうした展示を開くのはとても重要です。ホロコーストが作り事ではなく実際に起きたことだと知る必要があります」と話していました。

引用元:NHK NEWS WEB  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180127/k10011304841000.html


上記メッセージで、太字にした「ホロコーストが作り事ではなく実際に起きたことだ」とわざわざ語っている部分に非常に違和感を覚えます。一部の陰謀論者や極右を除けば、ホロコーストがあったことは一般認知されており、これを言ってしまっては「ホロコーストはなかった」という意見がこの世にあると強調しているようなものです。

文中で気になるのはそれくらいですが、このメッセージの場合、本題はビデオ画像に表れている白い花に集約されているとみなせます。鉄条網で縛られ横に手向けられた白い花。花弁の多さから白菊ではないかと思われます。そして、象徴的なのが花が上を向いて反り上がり、その反映が透明なテーブルのようなものに映っていることです。(※「鉄条網から二輪の花」かもしれませんが、得られる意味はほぼ同様です)


白菊の花言葉とは 真実 です。それが縛られているというこは、文字通り 縛りつけられた真実 と読めます。花には実体と映し身の二つがあり、これは 真実と嘘 と解釈できるでしょう。そして、実体の方が首をもたげ始めていることから、真実が表に出つつあると読むことができます。(※または、鉄条網から芽吹く真実、開く花[開示]と萎む花[隠蔽])

これらを一文のメッセージにまとめると次のようになります。
やがて隠されたホロコーストの真実が世に出るであろう


非常に手前味噌な解釈ですが、この国連事務総長メッセージは、私が昨日(26日)に(新)ブログで掲載した連絡記事「Ein Tagebuch Ersetzt」(書き換えられた日記)への応答なのではないかとも思えるのです。
そして、このビデオに出された花が白菊ならば、非常に符合する事柄がもう一つあります。私の元には次のような情報も届いているのですが、それは、日記の原本を保有しているのは日本の皇室関係者である というものです。果たして、菊花はそれを示唆しているのでしょうか?


他に、ナチスドイツとの科学技術交流に携わったという方のお話も入っており、そこから聞こえる日本の立場とは、むしろナチスドイツに先端技術や国家支配のノウハウを教える側であり、これまで現代史で語られているものと全く異なります。そして、一番恐ろしい想像とは、アウシュビッツの悲劇を主導したのは、実は日本なのではないかという疑いです。日本とホロコースト、原爆と偽りの敗戦。第2次世界大戦の闇はどこまでも深く、これを表に出さない限り、真の終戦はこの国に訪れないと私は考えます。


一の年に記す
管理人 日月土


*******************************************************************

(真)日本の黒い霧さんのブログの追加記事

※1月29日追記。123便事件に関する優れた呪詛分析が記事になっています。
これは仄めかしなどではなく、無意識の内に、大衆心理に施術者にとって都合の良い意味を刷り込むテクニックなのです。いわば、インプリント。生まれたての雛鳥が最初に見た動くものを親鳥と認識するように、人類一般に対してそれを試みているのです。「セブンイレブン」だってその一つなんですよ。

おじゃる丸と日本航空123便「事変」 - スピリチャル9条の会〜〜boosuka-asuka’s blog
http://boosuka-asuka.hatenablog.com/entry/2018/01/29/064504

(抜粋)

[呪詛を解く筋道]

その他の部分で、これまでわたしがインスピレーションなどで気付いた部分や、ミッションの中で関連性が判明した事、そして記事を書いている最中に教えてもらったことなどを、箇条書きで書きます。これらも、これからの連載で一つ一つ探求します。



1)Bグループ、小鬼のトリオ。おそらくですが、青・赤・黄の三色が示す物=創価学会、などと言う単純なものではないはずです。この三人の小鬼くん達は、その上司である「閻魔大王」との関係こそが重要なメッセージであり、呪詛の核心であると考えられます。



2)Cグループ。クラスメイト達。これはつい先ほど教えてもらいました。三人のうち「おののこまち」と「さかたの きんとき」が重要になる、とのことです。詳細は今のところ不明ですが。



3)Dグループ。地球侵略者の存在。これはN氏とのミッションで、実際の宇宙人と未来人の二つの系統があるらしいのです。そして、天皇家の流れに「てんじん・あめみま・ちぎ」とあるように、『ニセ天皇家』にも、この三つに対応するニセモノがあるようなのです。これも解明はこれからです。



4)おじゃる達が住んでいる街の名前は「月光町(げっこうちょう)」。これは「日航=日光」に対しての反語であろうことは想像がつきます。また、月夜ヶ池のツッキー、と言うように、あくまで「月」のイメージが物語世界全体を貫いています。

***************************************************************************

南京事件とナチス・ドイツによるユダヤ人の大量虐殺

被害者の数だけが、一人歩きする事件という意味で、リンクしていると感じでいるわけですが

実は、それだけの被害者の遺体は、どちらも確認出来ていないわけです


ヒトラーは、本当にユダヤ人を抹殺したのでしょうか

ユダヤ人を消すふりをして、どこかに移動させた説

「南極の秘密」ナチス・千年王国・地底人・地球起源の謎

https://www.youtube.com/watch?v=3S8fGlvjzKQ



メディアの情報は、全てお金で動くもので、支配者がお金でコントロールしている物

やりすぎも語れない 隠された「終末のシナリオ」 を天才天界が暴く!

https://www.youtube.com/watch?v=u_GCYPKKTAc



メディア情報を信じるのも自由、信じないのも自由

宗教を信じるのも自由

信者とかいて「儲かる」と言う漢字を作った人は、凄いと思う。。。


その他の注目ブログ記事


ポーラースターの社長、松田孝志から「哲」まで芋づる式に
http://tokumei10.blogspot.jp/2018/01/blog-post_165.html

・・・と何処までも広がるキムチ臭い絆の輪!(爆wwwwwwww
まあ要するにリーマンとか朝鮮総連とか統一教会とかほにゃらら団なわけですが・・・
何かアンチキムチ団の頃の案件が今頃になって来てますねえ・・・(爆wwwwwww


尾崎恒孝(旧姓:滝野恒孝)ことアークエンジェルズ工作員のO氏から苫米地英人クンまで芋づる式に
http://tokumei10.blogspot.jp/2018/01/o.html

何か一気に来てますなあ・・・(爆wwwww
十年以上前においらにウンコ投げつけた方面が炎上中のようですなあ・・・
・・・ってかこんなチンケなアイゴー団体案件でさえローマ法王とかバチカンにまで圧力かけないとなんとかならんってどうよ?(爆wwwwww
そのせいで小沢一郎ちゃんとか山口組とかがえらいことになってしまいましたがな。(爆wwwwww
・・・ってか当時のローマ法王も今上の爺も引退ってことになったのもやっぱ発端は・・・(爆wwwwwww
・・・ってか福島原発事故も・・・(爆wwwwwww


「仮想通貨」に精通の吉備太秦は、「コインチェック」事件の背景を解説し「2018年10月、ド本命が設立される」と予告!!
http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/30b75f9915f204ab5daa54e0866b344d


ダボス会議でのソロスの発言について
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52021547.html


2018年2月9日、安倍氏の五輪開会式出席のための訪韓はとんだ災難になるかもしれない:韓国で反安倍の大規模デモが起きそうな予感あり
https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/37165041.html

さて、本ブログは日米韓朝を乗っ取る米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、現在のトランプ政権下の米国にて、米戦争屋はもはや一枚岩ではないと観ています。

ズバリ言うと、イスラエルのために、中東戦争を優先する反イラン・反露系のCIAネオコン勢力(好戦派)と、逆説的にも、実は反戦的なペンタゴン主流派勢力(穏健派)が存在すると観ています。トランプ政権は発足当初、ペンタゴン主流派寄りでしたが、好戦派の巻き返しに遭って、今の米政界は大混乱しているわけです。

好戦派は、ロシアゲート疑惑を追及して、トランプを弾劾裁判にかけて中途辞任させようと企ん でいます(注2)。

もし、トランプが近々、辞任すれば、ペンス副大統領が自動的に大統領に昇格します。そして、上記、韓国五輪開会式に、米代表として、ペンスが出席するようです。

---------------------------------------------------------------

世の中、いろんな見方があるようです

多角的に見ると、情報がある勢力に集中してしまうという。。。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR