FC2ブログ

【平昌五輪】メインプレスセンター前に“謎のオブジェ”が「モルゲッソヨ」と命名される~このオブジェは、もしかしたら「アブグレイブ捕虜収容所」のオマージュかも。。。


五輪に直立不動の全裸の像を3体も置くというのが、そもそも意味が分かりませんが

平昌五輪のメインプレスセンター前にあるオブジェが、日本で話題になり今ネット上で拡散している

このオブジェの名前は「リゾート像」という名前なのですが

これを発見した観光客が「これは何か」「何故立てたのか?」とたずねたところ

韓国人ボランティアも「わからない(モルゲッソソ)」と答えた事から

そのわからないの部分の「モルゲッソヨ」とオブジェのアスキーアートがネット上で拡散した


AAが出来て

20180210-12-f180210_bullet_0.jpg

CGアニメ化を作る人も登場



モルゲッソヨ(高画質版)

https://www.youtube.com/watch?v=yj4V7LNjAJY


このオブジェは彫刻家キム・ジヒョン氏の作品とのことで、江原道庁の景観と主務官は「平昌五輪を控え、団地を建設しながら作った彫刻。

工事が終わって久しいため、なぜこの彫刻をここに置いたのかも誰も知らず、当時の担当者を見つけることが出来ない」と語った

つまり何故この彫刻がなぜあそこに作られたのか今となっては本当に「モルゲッソヨ」だと言う事になる

**************************************************************************

【平昌五輪】メインプレスセンター前に“謎のオブジェ” - 東スポWeb
https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/pyeongchang2018/910033/

20180210-11-smile.jpg


【目撃】平昌五輪開幕まであとわずか。平昌にあるメインプレスセンター(MPC)には、世界中から続々と報道陣が集結している。
MPCにはカメラマンの仕事エリアや記者の作業エリア、はたまたカフェや土産物店まであるが、その前には謎のオブジェが…。
一体、これは何なのか? 男性の肉体をかたどったようだが、遠目からだと“アレ”そのものに見えなくもない。
近くにいたボランティアスタッフに聞いてみても、口を揃えて「モルゲッソヨ(知らないです)」。
ちなみにこのオブジェの前は、各国の報道陣の集合場所となっている

*************************************************************************

この謎のオブジェですが、少なくとも2008年には「BULLET MEN II」というタイトルで展覧会に出展されていたことが確認されています

20180210-13-2008052204f.jpg
画像はhttps://neolook.com/archives/20080522fから

2011年に発表された動画作品「BULLET MEN - WONDERING IN YOUR MIND」のモチーフにも使われている

BULLET MEN - WONDERING IN YOUR MIND, KimJihyun
https://www.youtube.com/watch?v=Mb2ndNIZwSo


像が作られた2008年という時期に注目して、このオブジェを見てみると

この袋を被った裸の姿は、イラク戦争における大規模な虐待事件がモチーフでは無いのかとも思えます


アブグレイブ刑務所における捕虜虐待 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/アブグレイブ刑務所における捕虜虐待


衝撃の拷問写真…アブグレイブ刑務所虐待事件の真実
米兵によるイラク人囚人への拷問や虐待の写真が報道され、議論を巻き起こした。
https://matome.naver.jp/odai/2142884402656139901


捕虜への拷問すらプロパガンダ映画で正当化する米国【アンブロークン】

https://www.youtube.com/watch?v=IO7lXjCUq90

第二次大戦から今日まで、自由と民主主義を謳い、正義を掲げる米国であるが、捕虜を拷問するという文化は、今も健在だ。
その伝統は、イラク戦争で捕虜としたイスラム教徒を抑留した「アブグレイブ捕虜収容所」において、如実に証明された。
一方的に日本軍人の典型的な「悪のイメージ」を毎回懲りずに持ち出し、ある種の悦に入っている一部の欧米人は、
そんな虐待が現代でも、例えばアブグレイブ刑務所のように、イラクその他の収容施設において、かつて平和の罪で
日本を裁いた国によって行われていることを思い出すべきだ。
片方ではイスラム教徒を敵視・虐待し、凄まじい辱めを与えて「サディスティックな性的興奮」を得ていたに違いない国が、
その一方で、七〇年も前に起こった日本軍による行為を今さら掘り出して映画にし、被害者ヅラをしている。
情けないのは、こんな英米側の映画を観て、自らの歴史に対する基本的な知識を欠いたまま、何の疑念も抱かずに
米国をはじめとする欧米諸国の言い分を受け入れ、そんな相手に憧れや畏敬の念すら持つ現代の私たち日本人である。

20180210-14-DVospwNUMAABwNZ.jpg


この謎のオブジェは、反米という意味で置かれたという可能性も否定できない

あの像があるから、世界中の記者の目に入るようにプレスセンターをあそこの前に指定した?

少女像も、元は米軍の事故で亡くなった女子学生がモデルの反米のための物だったわけで

どちらにしても、少女像と同じ様に、北朝鮮関連の勢力の意図を強く感じる像ですね


そういう意図を、クソコラ並みのアスキーアートにしてしまう日本人って凄いなと思うw


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR