FC2ブログ

ドーピング陽性の齋藤慧選手が潔白主張「この薬を使用するメリットも動機もない」


今日もメダリストが誕生して、やっと五輪を楽しめる感じになって来ました

スピードスケート女子1000メートルで、小平奈緒さんが銀メダル、高木美帆さんが銅メダルのダブル表彰台です

ノルディック複合の個人ノーマルヒルで、渡部暁斗さんが銀メダル

スノーボード男子ハーフパイプでは、平野歩夢さんが銀メダル

渡部暁斗さんも平野歩夢さんも、2大会連続の銀メダルは凄いと思いますよ



喜びのその一方で、ドーピング事件に巻き込まれた選手が出たようです

これは、ひじょうに不可解な事件ですよね

1月29日に陰性で2月4日に陽性

補欠の選手だから出場する可能性も低い

薬を飲む必要があるとは思えないし、何よりも本人が否定しています


*****************************************************************************

ドーピング陽性の斎藤慧「ドーピングをしようと考えたことは一度もない」と反論
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180213-00000064-dal-spo
2/13(火) 11:38配信

スポーツ仲裁裁判所(CAS)は13日、平昌五輪のショートトラック男子日本代表の斎藤慧(21)=神奈川大=がドーピング検査で陽性反応を示したと発表した。今大会のドーピング違反の第1号で、日本選手のドーピング違反は冬季五輪で初めてとなった。CASと日本選手団の発表によると、選手団本隊として韓国入りした4日の夜に江陵選手村であった抜き打ち検査があり、ドーピング隠しの目的と疑われる禁止薬物アセタゾラミドが検出されたという。斎藤は暫定的な資格停止を受け入れ、選手村を自主離村。CASの最終的な処分は大会後に発表される。

斎藤はドーピングについて否定している。日本選手団を通じて発表した斎藤のコメントは次のとおり。

 「今回、このような検査結果が出たことに大変驚いています。ドーピングを行おうと考えたことはこれまで一度もありません。アンチドーピングの講習会や、連盟主催合宿での指導などを通じて、アスリートとしてドーピングは絶対にしてはいけないと理解していました。また、無意識に摂取することがないよう、ケガをした時や体調を崩した時に病院で処方される薬については、事前に専門家に相談していましたし、日常の食事や飲み物にも気をつけていました。

 今回検出されたアセターゾールアミドは、利尿剤で、本来は、高山病の予防、そのほか緑内障、てんかん、メニエール病、睡眠時無呼吸症候群などの治療薬だそうですが、筋肉増強剤を隠蔽する目的、体重を落とす目的などで使う人がいるため、禁止薬物にされていると聞きました。

 私は、筋肉増強剤を使用したことがありませんので、それを隠そうなどとは考えませんし、利尿剤を使用して体重を落とそうと考えたこともありません。この薬を使用するメリットも動機も私にはありません。1月29日に合宿中に受けた検査ではどのような禁止薬物も検出されず陰性であったため、いかなる禁止薬物も体内になく、以上のことから、自らの意志で何かの薬物を接種したという事実はありません。今回の検査結果が出てしまったことについては、偶発的に起きた出来事により禁止薬物が無自覚のまま口に入ってしまったものだとしか考えられません。今回の結果については身に覚えのないことで不可解であると感じ、自身の身の潔白を証明するために戦っていきたいと考えておりますが、今、それを要求することはオリンピックを戦っているチームの皆に迷惑をかけると思ったので、暫定資格停止という決定を受け入れ、自発的に選手村を出てチームを離脱致します。最後までチームJAPANの一員として同じ場所で戦いたいと思っていましたが、残念です。チームを離れてもチームの一員として仲間を応援しています。

 2018/02/12/ 斎藤慧」

****************************************************************************

アセタゾラミド - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/アセタゾラミド


今回検出されたアセターゾールアミドは、利尿剤で、本来は、高山病の予防、そのほか緑内障、てんかん、メニエール病、睡眠時無呼吸症候群などの治療薬

緑内障やらてんかん者の治療以外には利尿作用しかなく、他のドーピング薬物の隠蔽に使うとしても、検出されればそれを疑われるから意味も無い薬物です

この薬剤を使うメリットも動機も何もないように見えます

極寒の地なら、利尿剤なんて使わなくても、普通に水分をとるだけで尿意なんていくらでも出せるよね

不可解なのは1/29の検査で何も検出されず2/4に陽性になっていた事です

この間に筋肉増強剤を飲んで証拠隠滅のため利尿剤を飲んだという筋書きとしても

4~5日の服用で効果のある増強剤があるとも思えません

ほぼ無味無臭の薬だから、食事や飲料に混ぜられても気が付かない薬剤ですよね

本人の文章を読む限り、意識が高くとてもしっかりとしている感じですから

意図的にドーピングするような人物とは思えません

この薬剤は医師の処方がないと手に入らないし、本人はケガや病気の時には医師に相談してるようですから、自分で手に入れて飲む事は、まず無いと思います


平昌入りして、スケート場で飲食をし、その夜に抜き打ち検査と言うのも、引っかかります

ショートトラックの選手だというのにも、ひっかかりますよね

韓国人がメダルを量産できる競技ですよね

どう考えても、単なる嫌がらせにしか見えないのです

ドーピングについては、どんなに体格的に不利な状況においても、日本人が検挙されたことはほとんどありません

カヌーの事件のように、他の人からの悪意ということもありますが、チーム競技がある時点で可能性は薄い


わざわざ補欠を陥れる目的とは、いったい何なのでしょう

仕掛けた側にもメリットも無く、本人も飲む意味がない薬剤なのです

原因が特定できないだろうし、日本人選手を恐怖感に陥れるには十分な脅しにはなりますよね

日本選手に対するイメージを悪くさせるのが目的としか思えません


選手村の食事や飲み物は大丈夫なのかですよね

日本の選手の飲食物に混入させて、抜き打ちでドーピング検査の対象とするマッチポンプとかじゃないですよね

これが、万が一間違いであれば、一人のアスリートの人生を変えてしまったのだから大変な問題です

謀られてドーピングされても自己責任とは言うものの、誰かに嵌められたならば、日本チームは全力で彼を救って欲しいです

故意の摂取でないことが証明されたら、処分はできるだけ軽くして欲しいですね


韓国では、以前に水泳の富田選手の事件もありましたよね

本人が悪かったのか騙されたのか、結局は未解決のままだったと思います

狙いが、上位の選手ではない点で何となく匂いますよね

他の選手も場所が場所だけにくれぐれも気を付けて行動して、飲み物、食事は特に気を付けて下さい


今回のオリンピックは、ひじょうに政治要素の強い大会です

日韓の関係性まで考えると、日本選手は標的になりやすいと思う

選手村の施設の不備も多いようですからね、くれぐれも用心して下さい


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR