FC2ブログ

「西郷どん」を見て思ったんだけど、何故、西郷隆盛は本当の顔を隠さなければならなかったのかという疑問


何故、西郷隆盛の本当の顔を隠さなければならなかったのでしょうか?

呪詛を避けるために本当の姿を隠したのでは無いかと言う仮説があります

実は、西郷隆盛と名乗っていた人物は本当の名前を隠して活動していた説もあります

同姓同名の実父の存在も謎ですよね

渾名は、大西郷、南洲翁、西郷どん

https://ja.wikipedia.org/wiki/西郷隆盛

************************************************************

■ 西郷隆盛の肖像は親戚の顔の合成!?
https://matome.naver.jp/odai/2136430429694473501

20180715-01-200px-Saigo_Takamori.jpg
エドアルド・キヨッソーネ作の版画

有名な西郷隆盛の肖像画は正確には本人のものではない。

西郷隆盛の肖像画は、西郷隆盛が亡くなった次の年の1878年に
キヨッソーネというイタリア人銅版画家が、人から特徴を聞いたり、
弟の西郷従道(つぐみち)やいとこの写真を参考にして描いたもので、
作者のキヨッソーネは西郷隆盛の顔を見たことがなかった。

西郷さんは、明治天皇が写真を欲しがった時でも断ったほどの
写真嫌いで西郷の顔写真は一切残っていない。

では、なぜ、西郷さんは「隆盛」になったのか。
明治2年(1869年)、明治政府樹立に貢献した西郷隆盛は明治天皇から
位階を授かることになり、明治政府は書類に西郷の本名を記す必要が生じた。

そこで、明治政府は、西郷本人が函館遠征中で連絡がつかなかった為、
西郷の友人吉井友実(ともざね)に西郷の本名を聞きに行った。

吉井は西郷を通称の「吉之助」と呼んでいた為、
本名をなかなか思い出せなかったが、やっと思い出した「隆盛」という名前を伝え、明治政府は「西郷隆盛」で書類を作成した。

「隆盛」という名前は、実は西郷の父親の名前。

西郷は帰京後、この間違いを知ったが訂正せず、以後、父親の名前「隆盛」を名乗り、
戸籍にも「隆盛」と登録され、西郷隆盛となったのである。

**************************************************************

ドイツで発見された西郷隆盛や乃木希典、勝海舟などの写真
https://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/56cfaf11c031336c72ebbf01f8d3267c

20180715-02-9c2c00b1556f52959d60e19bb4986ce6.jpg
転載元:アルファルファモザイク @alfalfafafa 〔22:36 - 2015年7月8日 〕
https://twitter.com/alfalfafafa/status/618775553600937985

***************************************************************

これが有名な「フルベッキ」写真

20180715-04.gif
出典:https://matome.naver.jp/odai/2136734378941493901/2136736667044447303

これは、会津藩で発見された「13人撮り写真」
20180715-03-1368984220.jpg
右端の人物がフルベッキ写真の西郷隆盛と同一人物

坂本龍馬ですら、何となく違うイメージですよね

名前すら怪しい西郷隆盛さんが、顔を表に出さなかったのには理由があると思います


こちらが「やりすぎ都市伝説2013春」で紹介された写真

20180715-06-1368922270.jpg
薩摩藩士を撮影した古写真で、右から二人目が西郷隆盛の本当の写真と言われている

こうなると、誰が誰やら、もう訳が分からない感じです

***************************************************************

ちなみに、イタリア人キヨソーネが描いた明治天皇

20180715-05-1432232073.jpg

フルベッキ写真とは、かなり違いますよね


西郷隆盛を側近として抜擢してた薩摩藩主は「島津斉彬」

篤姫を徳川家に嫁がせたり、かなりの知恵者ですよね

島津斉彬とは誰か簡単解説!
https://rekishiru.site/archives/880

この人物も謎が多いし、島津久光によって斉彬の息子たちは暗殺されている?という話もあります

***************************************************************

西郷隆盛クラスですら、実物とはかけ離れた顔が世に出されて、今に至っているのです

キヨソーネが描いた人物画が、フルベッキ写真と全く違うという現象は、いったい何故なのでしょう

ドイツで発見された写真も、薩摩藩士を撮影した古写真も、全くの別人ですよね



西郷隆盛が、そうだったとすれば、もっと上の人達も同じなのでは無いでしょうか

本物の顔を世に出さない事が、起こったのは何故なのかです

仮設ですけど、本物への呪詛封じなのではないでしょうか?

呪詛封じのためには、本物を隠すのが一番の予防策なのです


成人してから隠れるのは難しいでしょうが、幼少の頃からダミーを複数用意するのは、そう難しい事では無いでしょう

表に出る人物が数人の入れ替わりであったとしても、写真だけだった時代には、ばれる事は無かったと思います

だからこそ、明治天皇のすり替え説が出てしまうんじゃないでしょうか

フルベッキ写真が本物だったとして、キヨソーネが描いた人物画が本人である証明すら出来ない

西郷隆盛ですら、ここまで違うんですから、明治天皇の実像も謎のままですよね

それまでの皇室の人物は、表に出る事すら稀ですから、確かめようがありません

明治維新で日本の国体が大きく変化して、天皇陛下が表に出る機会が増えた結果、何枚かの写真が残ってしまった

皇統を繋げる事が一番大事な事ですから、本人が危険を冒して表に出てくるという事自体が、実は眉唾なのではないでしょうか


もしかすると、囁かれる皇族の影武者説も、同じような構造?

見せるための表の皇族と、皇統を繋ぐための血筋

幼少の頃から、複数のダミーを作る事で、本物を守り呪詛を防ぐ?


まとまりのない記事で申し訳ないですけど

目に見えている事が、全て真実とは限らないという話でした。。。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR