FC2ブログ

小室家の謎の金銭感覚 ~ 金銭問題「解決済み」 小室圭さん説明文公表へ ~ 結局、借金なのか贈与なのか?

婚約の延期発表から一年で、マスコミにこのようなFAXを流しちゃう意味って何でしょうね

秋篠宮殿下の会見から既に2ヶ月が過ぎてしまいましたが

皇后陛下が2月中に小室さんとの決着をつけると英タイムズが報道したよね

それで、慌てて釈明FAXですか?

20190123-001.jpg


何か、日本人は、いつも真相を海外から聞かされるんですよね

日本のマスコミは無能なんですかね

リークは出来るのに、炎上させられるのに終息させる事が出来ない感じ

いつも自分たちの願望ばかりを記事にしてしまうわけですが


宮内庁にではなく、代理人弁護士通じて報道機関に出したところが、何の誠意も進展も無い証拠ですかね

そこで慌てての釈明とか、時すでにお寿司のような気がしますが

まだ借金返済すらしてないのに、結婚の意志は変わらないとか、一般人には理解不能の感覚です

小室さんは、結婚はもはや出来ないのは分かっているわけです

内親王の婚約内定者が、金銭トラブルの釈明ですってよ奥様

自分は結婚の意思があったのに勝手に破談にさせられたという偽装被害者?

狙いは、破談による慰謝料?


小室家の金銭感覚

生活費すら自分達で賄えない、留学費用も借金

返済する意思を示したが、相手側が拒否したので借金ではない

だから、金銭問題は解決済

でもでも、お相手の方が返してって言ってる間は返済義務があるんじゃ無いの?

相手には連絡もなし、まだ一円も返済してない時点で無理だろこれ。。。

贈与だと思っていましたとか、どこの羽賀研二だよ。。。

問題の解決期限は、2020年?


****************************************************************

小室さん、金銭問題「解決済み」 説明文公表へ、秋篠宮さまが要求
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00000005-kyodonews-soci

1/22(火) 2:00配信 共同通信
小室さん、金銭問題「解決済み」 説明文公表へ、秋篠宮さまが要求

 秋篠宮家の長女まこさま(27)との婚約が延期になっている小室圭さん(27)が、週刊誌で報じられた母佳代さん(52)と元婚約者の男性との金銭トラブルについて「解決済み」と主張する文書を近く公表することが21日、関係者への取材で分かった。
文書では「金銭的な問題はすべて解決済みであることを確認した」と記している。

 小室さん側が金銭トラブルについて説明するのは初めて。
秋篠宮さまが昨年11月の誕生日会見で、トラブルを念頭に「2人が結婚したいという気持ちがあるのであれば、相応の対応をするべきだ」と、小室さんに要求されていた。

***************************************************************

金銭問題「解決済み」 小室圭さん説明文公表へ - 産経ニュース
https://www.sankei.com/life/news/190122/lif1901220003-n1.html


連日の報道、私も母も困惑…小室さん見解全文
https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20190122-567-OYT1T50053.html


「順序が違うのでは」=小室さん母の元婚約者
2019年01月22日12時19分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019012200377&g=ryl


眞子さまも把握・・・ 小室 圭さん金銭問題「解決済み」(19/01/22)
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000145815.html

秋.篠宮家の長女・眞子さまとの婚約が延期になっている小室 圭さんが
母・佳代さんを巡る金銭トラブルについて「解決済みの事柄であると理解していた」という主張を初めて発表しました。

 小室さんはこれまで金銭トラブルについて説明してこなかったことについて
「ご迷惑をお掛けし、大変、心苦しく感じています」としました。そのうえで、
母・佳代さんが婚約期間中に元婚約者から受けた金銭的な支援について、
元婚約者から「返してもらうつもりはなかった」という明確な説明があったと主張しました。そして、
「母も私も支援については解決済みの事柄であると理解して参りました」として、
今後は元婚約者の男性に「理解を得ることができるよう努めたい」とつづりました。
小室さんがコメントを発表するのは今回が初めてで、関係者によりますと、眞子さまも把握されているということです。


小室 圭さんの母親の元婚約者「解決していない」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190122/k10011787131000.html 
2019年1月22日 19時58分

小室 圭さんの母親の元婚約者の男性は22日、NHKの取材に応じ、
「金銭的な問題はまだ解決していない」と述べました。
そして、小室さんが文書で、婚約解消の際に母親が返済の意向を示したものの、
男性が返してもらうつもりはないと応じなかったと説明したことについて、
「提示された月々の返済額が少なく、もう一度考えてほしいという理由で応じなかったもので、
今後も返済を求めていく考えに変わりはない」と話しています。


********************************************************************

20190123-01.jpg
20190123-02.jpg
20190123-03.jpg


----------------------------------------------------------

 いつも温かいご厚情を賜り、御礼を申し上げます。

 私小室圭の母とその元婚約者の方との過去の関係について、一昨年からご心配をおかけしており、たいへん申し訳ありません。これまでに多くの報道があったことについては承知しておりますし、私がこの問題について明確なご説明を差し上げてこなかったことで多くの方々にご迷惑をおかけする結果になってしまったことをたいへん心苦しく感じています。元婚約者の方との関係について母に代わってご説明したいと考え、このような方法をとらせていただきました。

 私の母と元婚約者の方は、平成22年9月に婚約し、結婚生活を始める準備をしていました。母の再婚については私も嬉(うれ)しく思いましたし、私自身も元婚約者の方とはとても親しくさせていただきました。婚約期間中、元婚約者の方から金銭的な支援を受けたこともあります。当時、母も私も元婚約者の方とは既に家族のようにお付き合いしており、ご厚意にたいへん感謝しておりました。

 平成24年9月、元婚約者の方から母に対して婚約を解消したいというお申し入れがありました。母は、突然の一方的な申し入れであり、また婚約を解消したい理由について明確なご説明をしていただけなかったことから憔悴(しょうすい)した様子を見せていましたが、最終的には元婚約者の方のお気持ちは変わらないと理解し、お申し入れを受け入れました。その際に母が婚約期間中に受けた支援については清算させていただきたいとお伝えしたところ、元婚約者の方から「返してもらうつもりはなかった」という明確なご説明がありました。支援や慰謝料の点を含めて金銭的な問題はすべて解決済みであることを二人は確認したのです。実際に婚約解消後しばらくの間は、私や母が元婚約者の方から金銭の返還を求められることはありませんでした。

 ところが、婚約を解消して1年ほど経(た)った平成25年8月ころ、母は元婚約者の方から交際していた期間に負担した費用の返済を求めるお手紙を受け取りました。婚約解消時の確認事項に反する突然の要求に驚いた母は、専門家に相談してアドバイスを受けるとともに、元婚約者の方と直接お目にかかって、ご要望には応じかねることとその理由をお伝えしました。母の話を聞いた元婚約者の方からは、私も専門家に相談して何かあればこちらから連絡しますという反応がありましたが、連絡が入ることはありませんでした。その後はご近所にお住まいだった元婚約者の方と自宅周辺で偶然お会いすることもありましたが、金銭の話題が出たことはありませんでした。

 私の母と元婚約者の方との過去の関係は以上のとおりです。

 多くの報道において借金トラブルが残っているとされていますが、このような経緯ですから母も私も元婚約者の方からの支援については解決済みの事柄であると理解してまいりました。そのため、平成29年12月から元婚約者の方のコメントだとされるものが連日報道される事態となり、私も母もたいへん困惑いたしました。元婚約者の方のご意向を測りかねたからです。

 報道されている問題に関する母と私の認識は以上のとおりですが、私も母も元婚約者の方からご支援を受けたことには今も感謝しておりますので、今後は元婚約者の方からご理解を得ることができるよう努めたいと考えております。

 私は、現在、米国において勉学に勤(いそ)しむ機会をいただいております。多くの方々に日々感謝いたしております。ご心配をいただいている方々のご納得をいただけるよう努力を重ねる覚悟でおりますので、どうか温かく見守っていただけますと幸いでございます。


平成31年1月22日

小室  圭

----------------------------------------------------------

この文章なんだけど、突っ込みどころが多いんだよね

本当に弁護士さんがチェックしてるの?

文書とともに各社に送られた送付状に、見慣れぬ弁護士の名前が記されていたそうですが

「五十嵐・渡辺・江坂法律事務所 上芝直史」

何で、奥野弁護士事務所の弁護士じゃないんでしょうね

奥野弁護士に生活費まで出してもらっているはずでしたよね


最初から「温かいご厚情を頂き」なとなってて

温かい=ご厚情 だよね、重ねる意味ある?


文章内には、秋篠宮家の御名前が皆無ですね

迷惑をかけているという意識も無さそうです

小室氏は、記者会見までした婚約内定者です

内定であって、婚約者ですら無いから仕方が無いのかも知れませんが

母の婚約者を連呼している当たり、誤解させよう的な悪意も感じます

母親の借金問題だけに矮小化した文章ですけど

秋篠宮殿下が「それ相応の対応」と仰ったのは、この話じゃないように思います

このような中身の無いコメントをお求めになったわけでは無いのでは?

--------------------------------------------------------------------

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190123-00555619-shincho-soci
“解決済み”主張の「小室圭さん」 母・佳代さんの「天皇陛下」謁見要求に宮内庁あぜん
1/23(水) 17:00配信 デイリー新潮

週刊新潮2019年1月31日号
20190123-11.png

宮内庁が腰を抜かす
「小室圭さん」ご母堂の「天皇陛下」謁見要求

秋篠宮殿下のご要望にも全く応えようとしない「海の王子」。
一方で、彼の母、佳代さんは、眞子さまと息子の結婚を認めてもらうべく、直接行動に打って出た。
あき篠宮家の頭越しに、天皇皇后両陛下への直訴を申し出ているというのである。


週刊文春 2019年1月31日号
20190123-12.jpg

小室圭の乱
「眞子さま洗脳」

突如、小室さんが発表した「借金問題解決済み」文書。
だが、それはあき篠宮さまには寝耳に水の行動だった。
元婚約者は「デッチ上げだ」と怒り、深まる混迷。
二人の世界に没入する小室さんと眞子さまに、危惧の声は高まり――。

---------------------------------------------------------------------

仕方のない事ですけど

眞子さまは、未来の天皇陛下の姉となる方なのですよ

その義兄になられる方が、400万円の借金の後始末さえ出来ないような人物では困ると言う事ですよ

宮内庁は、平気なんですか?

眞子さまの知名度で、何とか出来ると思っているような方ですよね

このタイプの人は、借金を全部返済してからの結婚したとしても

現天皇の初孫、次の天皇の姪、その次の天皇の娘、その後の天皇の姉という立場を利用し続けると思いますよ

結婚して皇室を離れても縁が切れる訳ではないのですから、利用され続けますよ

小室氏の母親の元婚約者へのメール内容を見ても、お金の無心しか無いわけですから


現時点でも、400万のお金を返す甲斐性もないような男に惚れ込んでしまう眞子内親王となれば

これが前例となって、女性宮家創設は叶いそうもないという結論になるわけですよ

小室氏が、今の状態の婚約内定の立場に居る事で、日本国民は女性宮家を許さないでしょうね

国民からの祝福など受けられるはずも無いです

皇族になりたがっている一般男子に付け込まれたら、こうなる的な前例です

結局、このご婚約内定は、女性宮家は危険であると印象付けてしまいましたね

女性宮家や女系天皇容認するなら、旧皇族復帰で男系維持する方が正統となりますよね

眞子さまは、そういうお役目を背負わされてしまったのでしょうか


それと別に、このご婚約騒動を長引かせたい人達がいるのも感じてしまいますけど。。。

全てが、良き方へ行く事を願わずにはいられません。。。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

もう終わりにしようじゃないか

こんにちは

またまた怪文書を書きやがって、なんのつもりだ!って
特別扱い終了とスポンサーが言ったもんだから、慌ててヘンテコ誠意無し文書を書いてしまった模様。
スポンサーとはお皿様なんでしょう、なんで眞子さまがばーさんに直訴すんのよ
ここまで結婚話が拗れたなら女って男にたいして現実見て冷めるよ?
偽魔子が消え、本物眞子さまが出てくる日まで安心できません。
多分恐らく、あの親子長生きできればいいですけど
日本の闇に触れたからどうなんだか。 この前 東京大神宮にお参りして絵馬に秋篠宮御一家が無事であるよう悠仁さまに正しき皇統をと書きました。
あの皇后と呼ばれている方が自分のしている事が神をも恐れぬ行為をしていると自覚される様になりますように

Re: No title

非公開さま

この表現から考えて

小室氏ご本人は関与してないと思われます

今時の若者の書く文章じゃないですよね

弁護士さんも、下手こきましたね

終息どころか、大炎上ですから

金目当ての小室母子の実態が暴かれただけです

この先、純愛が皇室によって潰された被害者の演技をするんでしょうなぁ


諏訪神社の御粥占いは、3分5厘だったようですよ

三下り半は、311の年と同じか、それよりも悪いらしいです

恐ろしい。。。

Re: もう終わりにしようじゃないか

さば助さん

英国経由で、2月までに何とかしろと指示があったと言う事なんでしょうね

ラストチャンスだったのに、もう頭がおかしいとしか思えませんw

それと、小室母の行方が分からないという情報も出てますね

遺族年金だけで、タクシー出勤とか無理だし、お金の使い方がオカシイよね

パート収入の母子家庭を装いながらタクシー代、高級エステ代、高額な学費も無理でしょ


元婚約者に直接連絡をとらないようにという指示から考えても、この親子はクライシスアクター臭がします

いくら頑張っても、配役に選んだ人物が欲ボケの無能では、興ざめです

表の皇族がこの状況では、裏の方々もお察しですよ

工作はもう不要です

早く慰謝料とやらを支払って、お引き取り戴きたいですね

皿様も、せっかく、良いイメージのまま勇退されるのですから、晩節を汚さない方が賢明ですw

No title

眞子さんの梅宮アンナ臭がすごい

No title

こんばんは
御粥占い、ちゃんと調べてみます。
今年、怖い見立てなんですね。
教えて下さってありがとうございます。

Re: No title

> 眞子さんの梅宮アンナ臭がすごい

梅宮アンナさん

最近、テレビで貢いだ時の事を語ってましたね

いくら好き同士でも、幸せとは程遠いものでした

Re: No title

愛読者さん

諏訪大社の筒粥神事でググると出て来ます


「要注意の年では」 諏訪大社の筒粥神事で世相占う - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20190116/k00/00m/040/040000c


結果は三分五厘「要注意の年」

東日本大震災の年と同じで、それよりも良く無いらしいです

これで、御神渡りが無ければ、大災害もしくは大転換が起こるかも知れません

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR