連想ゲームですか?サリンとボツリヌス菌。。。「ガス臭い」東京、千葉の広範囲で通報 ガス漏れは確認されず

最近のニュースは意図的にまとめられてますよね

ハチミツを入れた離乳食で乳児ボツリヌス症で男児死亡

「ガス臭い」東京、千葉の広範囲で通報 ガス漏れは確認されず

何の予行演習???

無害なガスを広域に散布してみて、日本人と公的機関の行動パターンを把握して、より効果的な毒ガステロの方法を探る実験?

電気、水、ガスとかを民間にやらせたりしてたら、あっという間にインフラを乗っ取られて、テロを仕掛けられる

東京都民が、人質なら、国は要求を呑むしか出来ない

だから、水利権を外資に売 り渡す「麻生太郎」とかは、許さないわよwww


それにしても、乳児に蜂蜜は絶対にダメなのは、母子手帳に書いてありますし、黒砂糖とかも危険です

まだ、甘味はいらない時期ですし、心配ならベビーフードを使おう。。。

離乳食を始める時は、周りに知識を借りましょう

スムージーっぽくするなら、ミキサーよりも「ハンドクラッシャー」が、便利で洗いやすいからお勧めです。。。


これは連想ゲーム?

シリアでサリン、サリンと言えばオウム真理教、オウムと言えば国家転覆計画テロ、

その中に「日本本土ボツリヌス菌散布計画」と「サリン散布による無差別大量殺戮計画」があった

ボツリヌス菌の出す毒素は「ボツリヌストキシン」と呼 ばれ、地球上にある毒素の中でも最強の猛毒です

**********************************************************

「ガス臭い」東京、千葉の広範囲で通報 ガス漏れは確認されず
http://www.sankei.com/life/news/170408/lif1704080041-n1.html
産経 2017.4.8 21:56更新

8日午後4時半から5時半ごろにかけて、東京都江戸川区や千葉県の市川市、松戸市の消防当局などに「ガスの臭いがする」という内容の通報が相次いだ。

 江戸川区内の通報は東京消防庁に十数件、東京ガスに100件以上あり、臨海部の葛西地区周辺に集中していた。市川市消防局には同市西部の住民から十数件、松戸市消防局には同市南部の住民から5件の通報があったという。

 各消防当局が現場を調査したが、ガス検知器の数値に異常は確認されなかった。東京ガスの調査でも、午後6時時点でガス漏れは確認できておらず「一過性の臭気」とみており、詳しい原因は調査中としている。

*********************************************************

ハチミツが原因とみられる乳児ボ ツリヌス症で男児死亡 各省庁が1歳未満の乳児にハチミツを与えないよう注意喚起
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170408-00000013-it_nlab-life
ねとらぼ 4/8(土) 11:45配信


「1歳未満の乳児にハチミツを与えないで!」――厚生労働省や消費者庁、東京都などが注意を呼び掛けている。

 東京都足立区の生後5カ月の男児が、離乳食として与えられたハチミツの摂取が原因とみられる乳児ボツリヌス症による死亡事例を受けてのもの。乳児ボツリヌス症は1歳未満の乳児に特有の疾病で、経口的に摂取されたボツリヌス菌が増殖し、その毒素により発症する。乳児ボツリヌス症の死亡例は全国で初めてとのこと。

 死亡した男児は2月中旬からせきや鼻水などの症状が見られ同20日にけいれんと呼吸不全などの症状から医療機関に救急搬送。約1カ月後の3月30日に死亡した。

 検査の結果、男児の便や自宅に保管していたハチミツ(開封品)から ボツリヌス菌が検出され、発症の約1カ月前から離乳食として市販のジュースにハチミツを混ぜたものを飲んでいたことが分かった。保健所は発症から死亡に至る経過などを精査した結果、7日に死亡原因がボツリヌス菌によるものと断定した。

 これを受けて厚生労働省や消費者庁は公式Twitterアカウントなどで注意喚起。ボツリヌス菌の芽胞(がほう=耐久性の高いカビの胞子のようなもの)は100℃程度で長時間加熱しても殺菌できないとして、ハチミツのほかにもコーンシロップや野菜ジュースにも含まれている可能性があるとして、これらの食品を1歳未満の乳児に与えないよう呼びかけている。

 ネットで「離乳食」を検索すると、1歳未満には与えないようにとする注意喚起がないのに もかかわらずハチミツを使用したレシピがいくつか見受けられる。母子手帳には離乳食のポイントとして、「はちみつは乳児ボツリヌス症予防のため満1歳までは使わない」旨が記載されている。

********************************************************

ボツリヌス菌は土壌や海、湖、川などの泥に広く分布している菌です

ボツリヌス菌の出す毒素は「ボツリヌストキシン」と呼ばれ、その毒素の特徴からA~Gの型に分類されています

ボツリヌストキシンは、現在地球上にある毒素の中でも最強の猛毒です。

半数致死量は体重1kgあたり0.37ng(0.00000037mg)で、体重70kgの人の場合、最も毒性の強いA型毒素だと静脈・筋肉注射で0.09~0.15μg、吸入の場合0.7~0.9μg、経口摂取だと70μgとごく微量でも死に至 ると推測されています。

全世界の人口を滅ぼすには500gもあれば足りると考えられているので、テロリストによる使用が懸念されている細菌でもあります

実際には、ボツリヌストキシンを散布しても太陽の光などで容易に失活するので、兵器として使用するには非現実的ですけど

100℃で10分間加熱すれば毒性がなくなります

【衝撃】たった500gで人類を滅亡させる猛毒「ボツリヌス」が潜む食品とは!?


ボツリヌストキシンは神経毒で、中毒症状は筋肉の麻痺です。ボツリヌス中毒になると、およそ8~36時間後に吐き気、嘔吐、腹痛などの症状が現れ、手足の脱力、物が二重に見える、うまく喋れない、物が飲み込みにくいなどの異変が起きます。意識ははっきりしているのに、最終的には呼吸する筋肉も麻痺して呼吸困難となり、死亡します。
乳児ボツリヌス症は、侵入したボツリヌス菌の芽胞(冬眠のような状態のもの)が腸内で発芽して毒素を出し、便秘や脱力などの麻痺症状を引き起こします。
これは乳幼児の腸内細菌が不足していることと、消化器官が未熟であることが原因とされています。
また稀に傷口から感染することもあり、その場合も麻痺症状が現れます。
ボツリヌス菌は酸素が苦手なため、酸素が少ない状態になると増殖し始めて毒素を出します。
そのため缶詰や瓶詰、真空パックされた商品を食べた場合に食中毒となるケースが多いです。
ちなみに亜硝酸ナトリウムがよく食品添加物として使用されていることが多いですが、これはボツリヌス菌の増殖を抑える効果があるためです。
乳児ボツリヌス菌の場合、芽胞を乳児が口にすることで発症します。感染源としては井戸水、蜂蜜がほとんどですので、1歳未満の子供には絶対に口にさせないよう注意しなければなりません。

*************************************************************

日本人が、気が付くかどうか、テストしてるんでしょうね


亀戸異臭事件 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/亀戸異臭事件

オウム真理教の兵器 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/オウム真理教の兵器

地下鉄サリン事件直前の3月15日にはボツリヌス菌を発生させるアタッシュケースを霞ケ関駅に設置し、テロを狙ったがこれも失敗している


オウム真理教の国家転覆計画 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/オウム真理教の国家転覆計画

1994年2月22日より、麻原彰晃一行は中国を訪問した。この旅行には、村井秀夫、新実智光、井上嘉浩、早川紀代秀、遠藤誠一、中川智正らの教団幹部が同行した。麻原は明の太祖朱元璋の生まれ変わりを自称しており[1][2]、南京(朱元璋時代の明の首都)の孝陵(朱元璋の陵墓)などの縁の地を巡った。旅の途中、麻原は「1997年、私は日本の王になる。2003年までに世界の大部分はオウム真理教の勢力になる。真理に仇なす者はできるだけ早くポア(殺害)しなければならない」と説法し[3]、日本国を武力で打倒して「オウム国家」を建設し、更には世界征服をも念頭に置いている旨を明らかにした。

帰国後の2月27日に は、都内のホテルで「このままでは真理の根が途絶えてしまう。サリンを東京に70トンぶちまくしかない」と話した[4]。

これ以降、教団は信者からの財産収奪、省庁制の発足、自動小銃やサリンなどの教団の兵器の大量生産、VXガスによる敵対者抹殺などの過激なテロ組織への道を突き進むことになった。1995年3月20日には帝都高速度交通営団(現・東京地下鉄)日比谷線霞ケ関駅をはじめとする朝の通勤電車や駅ホームにサリンをばらまき13名の死者と多数の負傷者をだした(地下鉄サリン事件)。

「11月戦争」

1995年3月の警察による強制捜査により頓挫することになったが、教団は同年11月に「11月戦争」と呼ばれる「無差別大量殺戮計画」を企てていたことが明らかになった。

「11月戦 争」計画によると、1995年11月教団所有の軍用ヘリコプターを使って東京上空からサリンを散布し、東京都民を大量殺戮する。そして日本の混乱に乗じて、米・露・朝の各軍隊による核戦争を誘発させる。その間、教団はサティアンに造られた屋内退避シェルターに篭り、核戦争終結後に日本を統治するというものであった。

「11月戦争」以外のテロ計画

日本本土ボツリヌス菌散布計画(1990年4月)石垣島セミナーで教団信者が沖縄県石垣島に集まっている間に、本土でボツリヌス菌を散布する計画があったが失敗に終わった[10]。

後に、皇居、霞ヶ関、米軍横須賀基地、浄水場のある川などにも散布が行われたが、効果は無かった[11]。

皇太子成婚パレード炭疽菌散布計画(1993年6月)皇太 子成婚パレードの際に炭疽菌を散布すべく、散布地点の下見を行ったり、皇居に向けて炭疽菌散布の実験を行ったが準備不足により中止された[11]。

亀戸異臭事件(1993年6月・7月)教団施設から異臭を放ったことで、近隣住民の顰蹙を買ったが、後に炭疽菌散布による生物兵器テロ未遂事件であったことが明らかになった[12]。

炭疽菌に関しては、その他にも、横浜や霞ヶ関に実際に散布したと新実智光が証言している[11]。第1空挺団乗っ取り計画(1994年~1995年)陸上自衛隊第1空挺団の空挺団長長女を入信させ空挺団長も入信させる計画があった[13]。

実際に井上嘉浩は諜報省の部下に対して、空挺団長の長女の住所を調べさせ、長女の住む千葉市美浜区のマンションの電話回線に盗聴器を取り 付けさせた[14]。

しかし盗聴器の設置の仕方を誤ったためこの電話回線が通話不能となり、調査に訪れたNTT千葉支店の職員が警察に通報して発覚した[15]。

****************************************************************

4月に入って、交番の中の人が、家族構成とかを聞きに回っていますね

前の記録は、10年前

今は、空き家も増えたし、引っ越ししてきても、挨拶なんてされない

こんな田舎でも、知らない人がとても増えてる感じがして、何か怖い。。。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR