世界線が変化してるので「エコノミストの予言」エコノミスト2017の表紙の再々検証。3度目だよナウシカ。。。

1月25日に書いたものですが、再々検証です

「エコノミストの予言」エコノミスト2017の表紙の再検証
http://yaplog.jp/ocaltpon/archive/1253

変更、追加は*赤色*にしています

エコノミストのタイトルは、「Planet Trump」つまり、トランプ惑星

占星術、そして、トランプからタロットを連想します

8枚のタロットカードの意味を確認

20170125-00-887d50600ab5ef0e5d12edaaf4eaa6fe.jpg

左上から右下に向かって順に、塔、正義、世界、隠者、死、魔術師、運命の輪、星


■最初のカードは「塔」
20170125-01-The-Power.jpg


大アルカナの16番目で、カードの意味は神の望む者、望まざるもの

「塔」は「バベルの塔」で、EUの本部がバベルの塔であることから、これはEUの将来を予言しているようです

EUが2つの旗のもとに分断されることを暗示している?

「ソロモン第三神殿」とも、 「ピサの斜塔」とも見えなくも無いですけど

塔の左側にある国旗はソビエトの国旗、右の十字架はイエス像も描かれている?

ヨーロッパは、人民の怒りの落雷によってEUは崩壊し、崩壊後は極右と社会主義の2つに分裂でしょうか

それとも、バチカンの分裂、ロシア正教とキリスト教徒との決裂かな

イルミナティは、ヨーロッパで戦争を始めたいと思っているのかも知れません


■2つ目は、ドナルド・トランプ大統領が描かれている「審判」のカード
20170125-02-jadgement.jpg


大アルカナの20番目、最後から2番目のカードで、彼は地球に座っていて、カードは斜めになっています

右に持っているのは王冠で、左手に鷲の杖を持っています

第45代アメリカ大統領であ り、王様であるという意味でしょうか、イルミナティエリートの指導者?

彼の持つ杖の上には鷲が描かれていて、双頭の鷲はアメリカ大統領執務室に描かれている紋章です

統領に就任しアメリカの国益に基づいて裁き、地球全体の王として君臨するようです

トランプが腰かけているアメリカ国旗はとぐろを巻いています

*好き勝手に審判を下し、アメリカ国民を巻き込んで行く、ヘルメスの杖を持つ魔術師なのか*

「審判」が意味するのは、トランプがすべてを裁く「新世界秩序」を意味しているようにも見えます

*ロシア、中国に口出しさせない罠を仕掛けて、トランプが世界の紛争の行方を決定する権利を得たようです*


■3つめは「世界」のカード
20170125-03-The-world.jpg


「トランプの惑星」という文字が書かれているエコノミストの表紙の中でも特に重要なカードでしょうね

普通、世界というカードは最後のカードらしいので、これからの世界を示すと思います

右からピラミッド、ホワイトハウス、アメリカ中央銀行FRBではないかと思われます

3つが中央部のマスク、書籍、絵画と結ばれています

ピラミッドと繋がっているマスクは「アノニマス」で、イルミナティからアノニマスがデータを吸い上げている?

ホワイトハウスが絵画と繋がっています、ハッカーがホワイトハウスから資産を盗んで いる?

*全ては、CIAが仕掛けて情報を盗んでいて、自分たちのハッキングを他国に擦り付けていました*

FRBからも金融というかお金を吸い上げている構図かも知れません

本や人物画が間にありますが、中心はインターネットでは無いかと思います

*既存のメディアは、フェイクニュースばかりで、信用に値しないと言う事です*

イルミナティの支配システムは、インターネットとも読めます


■4つ目は「隠者」のカード
20170125-04-The-heamit.jpg


隠者とは俗世間を捨てて隠れて生活する人のことです

TTIP(大西洋横断貿易投資パートナーシップ協定)、TTP(環太平洋戦略的経済連携協定)、「EU」に反対するプラカードを掲げる群衆

それを上から見下ろす隠者の構図ですが、隠者の掲げるランプの明かりを頼りに、民衆が誘導されているような感じです

*グローバル経済が下火になり、保護主義が復活する可能性が高まりました*

TPPを否定した、トランプ大統領も隠者の一人かも知れません

モーセが海を割った出エジプトの場面の比喩かも知れません

反グローバル、奴隷からの解放?

右下に地球がありますが、北米なら、トランプという隠者が、アメリカを分断させるという予言になるし

南米なら、南米(南極)の地下都市が壊される暗示かも


■5つ目、「死神」のカード
20170125-05-death.jpg


右上にはきのこ雲があり、左中央に白馬に乗った窯を持った死神が描かれています

核戦争を暗示しているかもしれません

きのこ雲は原子爆弾、蚊はジカ熱などの伝染病、干上がった大地は干ばつですか

死神の足元には枯れた植物があり、これは飢饉、食糧難でしょうか

下の方に見えるのは津波または洪水、そして干ばつです

太陽が描かれているので、イルミナティは、人類削減をやめないという事かも知れませんね

人類削減の方法は核爆弾、ウィルス、ワクチン、干ばつ、飢餓等の手段で行うという意味です

*世界中で、紛争や戦火、テロなどで、多くの人命が危険に晒される暗示かも*

■6つ目、「魔術師」のカード
20170125-06-the-magician.jpg


頭上に無限を意味するマーク、「∞(インフィニティ)」で、腰帯は、大蛇ウロボロスのようです

VRと書かれた機械を頭に装着し、そこからつながった線が3Dプリンターから出力され、家屋の様な物を製造しています

魔術師の夢見ているものが3DプリンターとVR技術の組み合わせによって実現するという意味でしょうか

バーチャルな世界と現実世界が一体となる?

魔術師が、死神によって壊れた世界を再生させるという意味ともとれます

*その魔術師が、トランプという可能性もあるような*

■7つ目、「運命の輪」のカード
20170125-07-Wheel-of-Fortune.jpg


ドイツのメルケル首相、フランスのマリーヌ・ル・ペン、オランダのヘルト・ウィルダースンの3人が、車輪にくくりつけられて回っています

ともに極右政党リーダーです

輪の右側の動物は善を象徴するアヌビスとされ上を向いており、対して左側の動物は悪を象徴するテュポンとされ下を向いています


頭を下にして落ちているのはメルケル、上っている状態はル・ペンとウィルダースンです

*ルペンも支持率が落ちてきているので、まだ未来が確定していませんね*

運命によって、メルケル(移民賛成)は没落し、極右 のル・ペンとウィルダースンが運命の輪によって引き上げられる図

右派政党に属するル・ペンとウィルダースが、右傾化するEU加盟国の離脱に向けた舵取りをするのかも

*オランダは、与党が勝ったために変更無しで「マルク・ルッテ首相」でした。オランダは極右政権には移動しなかった*

*このカードでも、実は下に横たわっていたんですよね、上に行くのではなく下で横たわるでしたね*


投票箱に×の用紙が投稿されています、EUに×なんでしょうか


■8つ目、「星」のカード
20170125-08-The-star.jpg

このカードも、傾いています

「星」のカードには中くらいの星が14個、小さく白い星が10個あり、カードの中心に流れ星か隕石のようなものがあります

地面 は赤黒いので、地球では無く火星でしょう

星には、顔が描かれていますが、ベンジャミン氏は、スターというか有名人では無いかと言っていました

確かに、マドンナ風な人もいますね

*反トランプ側の勢いが失速して来て、ハリウッドも迷走中です。歌や映画の流行するコンテンツが生み出せなくなっています*

*悪魔崇拝者の力が急速に衰退しているのは、マスコミの力が弱まり、インターネット情報が強まった?*

*火星かとも思いましたが、月の入口が発見という情報も出ていて内部に住めるとしたら月かも?*


ルシファーの犠牲となったスター?悪魔崇拝で力を持ったスターたちが、彗星によって消えるか、火星に移住する?

8は終わりも意味し ますから、彼らのような犠牲を産み出す世界が終わると言う事かも知れませんね

*エリザベス女王、バチカンの様子から、悪魔儀式の最後は2015年のクリスマスと推測。儀式が出来なくなって悪魔の力が弱くなった?*

*過去の儀式で子供たちが犠牲になった修道院などの情報が次々に流出しだしました*

*生贄が必要な儀式に参加した有名人は、流れ星のように消えてゆくという暗示だったのかも*






そして、最初の「審判」に戻り、エコノミストの予言は終了です

世界核戦争が終わった後、その地球を支配するのがアメリカであり、イルミナティが完全勝利の結果を迎えるという予言になっています

トランプ大統領は、イルミナティのメンバーであり 、悪魔666「獣」であり、世界皇帝であるという、お知らせだった?

*トランプ大統領は、救世主というよりも今の世界の秩序を破壊する役目ですね*

*破壊した後で、再構築する役目みたいですね*


----------------------------------------------------------

改めて検証した結果

今後、大きな戦いが起こるのは、どう考えても中東ですね

その引き金になるのは、北朝鮮を制圧出来るかで決まるんだと思います

白人にとって、アジアの小国の人たちの事は、実はどうでも良いわけで

中国さえ抑え込めれば良いと思って、上手く立ち回っているように思います

今回の北朝鮮への制裁的な攻撃では、日本にお金を出させるための攻撃だとも言えます

中国は、朝鮮半島の紛争が引き金となって、国内の権力闘争で分断されると思います


「日本」「イラン」この二カ国に対して、中国や朝鮮半島を巻き込んで、第三次世界大戦を起こしたいのです

中国、ロシアの反対さえ無ければ、北朝鮮の制圧など、米軍にとって簡単でしょう

でも、本当の目的はヨーロッパと中東です

イスラエルに第3神殿が建てられた時が、合図になるかもと思って来ましたが

世界経済は、それを待っていられるような状況では無さそうです

日本を潰したら、お金というかお財布持ちが減ってしまうので、日本の被害は脅し程度になると推測しています

朝鮮半島は、中国次第でしょう


多大な被害を受けるのは、中東とヨーロッパになると思うのです

アメリカは、戦場にならないような構図は、過去の世界大戦と同じですね

ヨーロッパのテロも、今は偽旗ですが、いずれ本気の争いに発展する気がします

テロが起こって、一番危ないのは、一般人がパニックになる事です

冷静に行動できる人は、なかなかいませんからね


シリアが、代理戦争を終結できない、ロシアもアメリカもISも手放さないとなれば

イスラム教徒とキリスト教との戦いを止める力は、もうどこにも無くなっているように感じています

南スーダンの紛争も、元をたどれば、宗教戦争ですからね

土着の蜘蛛を神とする派と、イスラム教、キリスト教の三つ巴の紛争です


日本みたいに、八百万の神様を認めてしまえば楽なのにね。。。

神様のために戦って殺し合って、崇められて喜ぶとは思えないんだけど、キリスト教の教義に反するような。。。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR