FC2ブログ

【中国内部の権力闘争?】伊藤忠の社員が、1年に渡って中国で拘束されているのは何故なのか問題

親中派の伊藤忠の社員が、1年に渡って中国で拘束されているのは何故なのでしょうか

習近平と江沢民・李鵬派の中国内部の権力闘争によるドロドロとした派閥争いが原因のようです

伊藤忠は、中国共産党の内輪もめに巻き込まれた模様です


日本がODAを中止した事も関係してますよね

ODAは江沢民と日本側の既得権益者と繋がっていたわけで、それが消えたから、日本側でも、もう用無しなのよねぇ。。。

今更、習近平側に乗り換えても、時すでに遅い。。。

アメリカも国家非常事態宣言が出そうですからね

江沢民派は、アメリカでの既得権益も失ったって事ですね


どっちの主流派についても、経営も撤退も命がけなのが、中国ってところですね

スズキ自動車みたいに、さっさと中国を脱出してインドへ行った企業こそが勝者です

-----------------------------------------------------------------------

中国の事情に精通している妙佛さんの解説が、とても分かりやすいです

max yoyo555さんの見解は、更に上を行く展開です

「ロッキードマーチン」が絡んでるんですね。。。


伊藤忠の社員長期拘束!その背景を推理する

https://www.youtube.com/watch?v=8hTMks3spuw

伊藤忠のモト会長は菅政権のときに大使に任命された。伊藤忠はそれほどの親中企業。なのにどうして伊藤忠の社員が拘束されているのか?その背景を推理する。


【緊急告知!】中国の邦人拘束問題と恐怖支配。

https://www.youtube.com/watch?v=fBLI6a63YSg

中国政府が日本の伊藤忠商事社員を1年にも及ぶ拘束をしている問題について話します、また、先ごろ、アメリカ政府とトルコ政府が避難した中国政府のウイグル地区弾圧問題についても言及します

----------------------------------------------------------------

伊藤忠さんは、ババを引いてしまったという事です

それでも、トランプ政権と習近平の方が、ぜんぜんマシでしたね

中国が江沢民に支配されていたら、ヒラリー路線でしたよね

クリントン江沢民では、日本は日本滅亡のシナリオを描いていたのです


中国の李鵬首相(江沢民派)は、1994年、オーストラリアのジョン・ハワード首相にこう言っています

「いまの日本の繁栄は一時的なものであだ花です。 その繁栄を創ってきた世代の日本人がもうすぐこの世からいなくなりますから、20 年もしたら国として存在していないのではないでしょうか。 中国か韓国、 あるいは朝鮮の属国にでもなっているかもしれません」

竹中平蔵さん(FRBの代理人)は、このシナリオに沿って、日本を滅亡に向かうように誘導したわけですw


中国共産党は、工業の先進技術をスパイするだけではなく、企業や商社までをも手に入れようとしてるんですよね

アメリカは、トランプ政権になって、ようやっとその危険性を認知して、手を切ろうとしているのです

習近平さんの役割は、中国共産党を何とか維持する事、そしてソフトランディングで分割統治へ移行なのかも知れません

半島が統一すれば、北部軍区は半島側ですからね、支配なんて無理でしょう。。。



最近、車をトヨタからスズキに変えたんですよ

あの撤退の速さに惚れたからw

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR