浅田真央さん、感動をありがとう! 日韓の代理戦争に巻き込まれた彼女が戦って来た意味

真央ちゃん、本当にお疲れさまでした

日本フィギュア会への貢献と、その素晴らし成績や演技には、称賛の言葉しかありません

******************************************************

真央ブログ | 浅田 真央オフィシャルウェブサイト
http://mao-asada.jp/mao/

2017年4月10日(月)

ご報告致します。


突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました。

今まで、長くスケートが出来たのも、たくさんの事を乗り越えてこれたのも、多くの方からの支えや応援があったからだと思います。

ソチオリンピックシーズンの世界選手権は最高の演技と結果で終える事ができました。その時に選手生活を終えていたら、今も選手として復帰することを望んでいたかもしれません。実際に選手としてやってみなければ分からない事もたくさんありました。

復帰してからは、自分が望む演技や結果を出す事が出来ず、悩む事が多くなりました。

そして、去年の全日本選手権を終えた後、それまでの自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました。このような決断になりましたが、私のフィギュアスケート人生に悔いはありません。

これは、自分にとって大きな決断でしたが、人生の中の1つの通過点だと思っています。この先も新たな夢や目標を見つけて、笑顔を忘れずに、前進していきたいと思っています。

皆様、今までたくさんの応援、本当にありがとうございました。

浅田真央

******************************************************

フィギュアスケート界がいろいろ腐っている事は、すいぶんくらい前から薄々解ってたいけれど

そのとばっちりを最も受けたのが真央ちゃんだったと思います

泣き言一つ言わず健気にフィギュアという競技を極めた姿には、感動する事しか出来ませんでした

あのソチ五輪のフリー演技には、世界中の誰もが深い感動を覚え、メダルの意味を忘れました

女子で初めて8トリプル五輪で決めた功績は永遠に残ります

そのひたむきな努力と真摯な神のような領域に到達できる人は、もう現れないかも知れません


世俗にまみれたフィギュア界の価値観は、理解できなくても、真央ちゃんの演技には誰もが心を惹かれました

おかしな採点や、度重なる採点方法の改悪、ライバル対決を過剰に演出され

フジテレビの転倒写真使った惨い演出などは、目に余るものでした

これだけ貶めておきながら2016年のフジ視聴率一位が、浅田出場のフィギュア中継番組だったという皮肉

時間と言うものは、おかしな物で、1位の金メダル選手は忘れてしまっても、記憶に残る選手は多いものです

伊藤みどりさんもそうですよね、もちろん金メダルの荒川静香さんは別格ですが

国民から、これほど愛された選手は、そうそういません

-------------------------------------------------------------

日本人に、韓国は敵国と知らしめた功績は、ひじょうに大きいと言わざる得ません

ロビー活動がものを言う、糞みたいな世界で本当によく戦ったと思います

マルハンとヒュンダイは、消えて無くなれば良いですねw

フィギアは採点競技ゆえの、優劣の基準が曖昧で、八百長が介入しやすい競技だから目をつけられたんでしょう

真知子コーチも、真央ちゃんを見ていた時には、何度も危険な目にあったようでし

某国の大会では、食中毒もあったし、リンク上でも体当たりされそうになったり、命の危険すらあったわけで

無事に選手生命を全う出来たのは、強い守りもあったのかと思います

記者の意地悪な質問に大人の対応して、すごいなとも思いました


今は、ゆっくりと休んで、次のステップに進まれますように、祈っています

お疲れさま、ありがとう真央ちゃん!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR