「世の中は○○○宮とシオニストの戦いである」の「○○○宮」の謎が、分かったような気がする

「日本で一番偉い人はだれか?」

零感の最終的な謎は、いつもここなんです

多分、天皇陛下じゃないんですよ

次代の天皇を産む妃を決める人、この婚姻を仕切っている派閥が即ち日本を支配しているんじゃないかと思うわけです

美智子皇后を入内させる事が出来た人たちであり、雅子妃を入内させる事が出来た人たちだと思うんです

今の日本の国会のザマや、皇室の不安定感は、支配している人たちの混乱が起こっているからなんじゃないでしょうか



「高度自給自足時代の夜明け」さんのブログに出て来る「名無し先生」が、「世の中は○○○宮とシオニストの戦いである

そう言っていたと言うのですが、この「○○○宮」が、いったいどの宮家なのか、ずっと謎でした

3文字の名前の宮家は、ぜんぜん思いつかなかったのですが

---------------------------------------------------------

清州さんのブログに、それらしき宮家の名前が登場していました


世界の「パワーバランス」が、大きく様変わりしていますので、「見せしめ」や「権力の誇示」のために、地球規模の「破壊」が起こります!!

金井敏伯先生ご逝去!!

昨年の2月に、日本どころか世界の本物のフィクサーである「金井敏伯」先生が御隠れに成り、日本の国際的立場が弱まり先生の作られた「安倍政権」も、大きく揺らいでる中で、金井敏伯先生の後を継承されて八面六臂のご活躍をなされています「梨本の宮」様のご心労は大変なものであり、私たち院外団の者たちも身命を賭して微力ながら応援をしていますが、国難は怒涛の如く「日本国」に押し寄せています。

この国難を乗り切るために、いまこそ日本国民は一致団結して国難に立ち向かわねば「日本国」と「日本民族」が、この地上から消失してしまいます。

----------------------------------------------------------

「梨本の宮」

梨本宮 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/梨本宮

梨本宮(なしもとのみや)は、伏見宮貞敬親王の第 9王子守脩親王が創設した宮家。多くの宮家が創立された伏見宮系の新設宮家のうち、唯一邦家親王の兄弟によって創設されている宮家である。

2007年、当主であった徳彦が死去。生前に養子とした皇族と血縁関係の無い隆夫が跡を継いでいる。前述の通り「梨本宮」から続く旧皇族としての梨本家は1976年をもって断絶しており、現時点での梨本家を狭義・広義の旧皇族として含めることは基本的に無い。

長女の方子女王は李氏朝鮮最後の皇太子李垠(イ・ウン)と結婚し、戦後は大韓民国に渡って福祉事業などに尽くした。子息李玖はアメリカ人女性と結婚後、1963年に韓国で実業家として会社を経営する。しかし業績不振によって廃業したのち、日本に滞在していたが、2005年7月16日、心臓麻痺のため東京で死去。73歳歿。子女がなかったため、彼の死去により李王家直系の血統は途絶えた。

李方子 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/李方子

李 方子(り まさこ、朝鮮語: 이 방자〈イ・バンジャ、り ほうし〉、1901年(明治34年)11月4日 - 1989年4月30日)は、日本の元皇族。梨本宮家に生まれ、旧大韓帝国の元皇太子で日本の王公族となった李垠の妃。

-----------------------------------------------------------

日本の裏天皇は、「南朝系伏見殿」と言われていますから、伏見系の「梨本之宮」さまなら、当てはまる気がします


でも、O'BRIENさんによると、

「情報の一つ一つにこだわるのではなく、大局的に考えることが重要」

「そう言う国際的なスパルタ発祥のグループが、日本とか、中国とかを超越して支配しています。 」

「彼らはアジアだけではなく世界中にいます。 」と言う


ぺりまりさんは、「坂の上の満州族」が支配していると言うし

清州さんは、日本どころか世界の本物のフィクサーである「金井敏伯」先生が御隠れに成り、日本の国際的立場が弱まり先生の作られた「安倍政権」も、大きく揺らいでいると言う

それをサポートしているのが「梨本之宮」さまで、李氏朝鮮にも娘を嫁がせていたんですよね

日本と朝鮮半島は、過去には、一緒に支配されてたんですけどね

いつ誰が分断しちゃったんでしょうね


「名無し先生」は、以前に「マヨの本音」ブログさんのところにも登場する重要人物なんですけど

世界支配層は「ABCDE」に分かれていて、それぞれが暗躍していると教えてくれたブログなんですけど、もう更新されていなくて

世界が、どんどん変化している岐路に当たって、そこがどうなってるのかなって、いつも気になってるところです

アメリカの軍産複合体のトップにいたのは、日本のやんごとなき血流の御方で、なおかつ日朝共同朝廷の王様とも書かれていたわけですが

ずっと、もやもやしたまんま、月日が過ぎてしまいました


支配者には二種類があるという仮説である。ひとつは王になる血流。もうひとつは王を選ぶ血流。早い話、表に出る側と裏に回る側

ABCDEまとめ
http://blog.goo.ne.jp/palinokuni/c/dcbad28114cefef22de72efe2d06474b


*********************************************************
高度自給自足時代の夜明け 【先進国の未来像】

【名無し先生とお会いしました。 世界の王家はスパルタから来ている・・・という驚愕の事実
http://jfcoach.blog49.fc2.com/blog-entry-337.html

(抜粋)

2016年11月22日の東日本大震災の余震と言われている地震ですが、これにはさすがに驚きました。

2011年3月11日の地震は完全にあっち系の人たちが起こした人工地震だということは名無し先生から何度も聞いていますが、それがまた仕掛けられたのかと・・・

でも、一番びっくりしたことは、世の中は○○○宮とシオニストの戦いであるということを教えていただいたことです。

トランプとクリントンの戦いはマジで○○○宮とシオニストの戦いであったわけです。

残念ながら、どちらともベルファシです。

言うまでもなく、クリントンがシオニストで、トランプは南部の勢力です。

そして、○○○宮の勢力はスパルタから来ています。

映画300のスパルタです。

彼らが散らばって世界の王家になりました。

日本の皇居は、バチカン同様、日本ではありません。

当然、そこに住む方々も日本人ではありません。

----------------------------------------------------------
コメント欄より

読者の皆様へ

読者の皆様

コメントありがとうございます。

名無し先生、すごかったですよ・・・

でっかいんです。

皆様にお伝えできることは逆に少なくなると思われますが、その情報の一つ一つにこだわるのではなく、大局的に考えることが重要と思います。

例えば、○○宮に当てはまる言葉はなんでもいいんです。

そう言う国際的なスパルタ発祥のグループが、日本とか、中国とかを超越して支配しています。

彼らはアジアだけではなく世界中にいます。

今年もよろしくお願いいたします。

******************************************************

清州のブログ

もはや「東南海大地震」を止める者がいません!!
http://ameblo.jp/zeusu69/entry-12258358302.html

もはや「東南海大地震」を止める者がいません!!

その日は、近い!!

 世界の「パワーバランス」が、大きく様変わりしていますので、「見せしめ」や「権力の誇示」のために、地球規模の「破壊」が起こります!!

金井敏伯先生ご逝去!!

昨年の2月に、日本どころか世界の本物のフィクサーである「金井敏伯」先生が御隠れに成り、日本の国際的立場が弱まり先生の作られた「安倍政権」も、大きく揺らいでる中で、金井敏伯先生の後を継承されて八面六臂のご活躍をなされています「梨本の宮」様のご心労は大変なものであり、私たち院外団の者たちも身命を賭して微力ながら応援をしていますが、国難は怒涛の如く「日本国」に押し寄せています。

この国難を乗り切るために、いまこそ日本国民は一致団結して国難に立ち向かわねば「日本国」と「日本民族」が、この地上から消失してしまいます。

【驚異】伝説的な財閥を治めるロックフェラー家の当主、デイヴィッド・ロックフェラー氏が101歳で死去した。

 ロックフェラー氏が20日、米ニューヨーク州ポカンティコヒルにある自宅で眠っている間に安楽死したと発表。AP通信が報じた。

デイヴィッド・ロックフェラー氏は、スタンダード・オイルの創業者であり米国人初の10億ドル越えの資産を持った人物、ジョン・デイヴィソン・ロックフェラー氏の孫。

このデイヴィッド・ロックフェラーと、ヘンリー・キッシンジャーと金井敏伯先生とが日本の命運を握っていましたので、「日本国」は致命的な打撃は受けていませんが・・・・!!

これからは、今までと違う出来事が「日本国」を襲うようになります!!

その一つが、「安倍晋三内閣」を揺るがしている「森友学園問題」であり、これから起こる「加計学園問題」なのです。

警戒すべき! 日本は大陸間弾道ミサイルも核兵器も作れる!!

20170325-01-BBypdSd.jpg
© Searchina 提供

「大陸間弾道ミサイル」はその名のとおり、大洋に隔てられた大陸間を飛翔できる弾道ミサイルのことだ。2015年時点でこのミサイルを保有しているのは米国、ロシア、中国の3カ国となっている。また、インドや北朝鮮も大陸間弾道ミサイルの開発を進めている。

中国メディアの今日頭条が17日付で掲載した記事は、もし将来的に日本を刺激する大きな事件が生じれば、日本は大陸間弾道ミサイルを製造する可能性が高いと主張し、中国は警戒すべきであると論じている。

記事は、現在日本はカーボン複合材料技術の開発に取り組んでいるが、これは弾道ミサイルが「大気圏再突入」する際に生じる空力加熱問題に対処するためであると説明。また、ある軍事専門家は「日本は現在有しているロケット技術を基礎として弾道ミサイルを開発する能力がある」と見ていると紹介した。

さらに純粋に技術的な観点から分析すれば、日本は現在有しているロケット技術だけで短距離弾道ミサイルを製造できるだけでなく、大陸間弾道ミサイルさえも開発できるだろうと指摘。また、このミサイルが種子島宇宙センターと鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から発射されるなら、その威力は相当なものになるだろうと論じた。

「もし将来日本を刺激する大きな事件」が具体的に何を意味するかを正確に推し量るすべはないが、中国では「日本には核兵器や弾道ミサイルを開発するだけの能力がある」と主張し、警戒を呼びかける声が根強く存在する。中国としては、過去に日本に侵略されただけあって日本が何を言っても信用できないというのが本音なのかも知れない。(編集担当:村山健二)

この中国政府の言う「もし将来日本を刺激する大きな事件」とは、文字道理に「東南海大地震」のことを言います!! 

東南海大地震は、すでにカウントダウンが始まっており各地域で小規模な地震が頻繁に起こっていますので、要警戒です!!

第二次世界大戦で「真珠湾奇襲攻撃」をして多くのアメリカ人や、ユダヤ人を殺害したのにも関わらず、謝罪も何もしない高慢な「日本国」と「日本人」は、彼らの憎悪の標的でしたが、何かにつけて日本を守ってきた「金井敏伯先生」と「デイヴィッド・ロックフェラー師」のご逝去は、日本崩壊の始まりです!!

増長して、軍備拡張を急ピッチで進める「日本国」への「警告」と「見せしめ」が起こります!!

私たちは、その日に備えて「時」を待つしかありません!!

なんと9年ぶりに「そめい吉野」が、全国のトップをきって冷たい雨の中で開花しました!!

これも何かの前触れなのでしょうか?

日本に好意を抱く世界の要人たちが、次々とこの世を去っていますのが、不気味です!!

もはや「東南海大地震」を止める者がいません!!

***************************************************************

八百万の神様

どうか、日本をお守り下さい。。。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR