FC2ブログ

日本の行方を決めている人達 ~ 天皇の祭祀を仕切っている 裏天皇、八咫烏、フリーメーソン、齋院、客家

平成から令和になるまで、あと数日となりました

今上陛下が、3種の神器を返納されてしまいましたので、今は天皇が不在です

しかしながら、間違いなく祭祀は行われています

天皇の祭祀のいっさいを仕切るとされているのが、八咫烏秘密結社です

今では、秘密でも何でもなくなった感じがしますけど

八咫烏は、日本を影で支配しているといわれる組織であり、メンバーは戸籍がありません

いくつもの姓名、国籍を合法的に使えますから、非合法活動も出来ますし、法律で罰せられることもありません

旧支配者の子孫が主となるメンバーとも言われています

推測では70人前後、生まれたときから神道儀式全般、陰陽道(おんみょうどう)、迦波羅(かばら)を習い、一生ヤタガラスの組織の一員としての使命を果たすそうです

天皇にも表と裏が存在していて、祭祀を司る事から、ヤタガラス(八咫烏)が表と裏を含めた天皇組織の頂点に立っている可能性も高いです

ヤタガラス結社は、明治維新から存在していてイルミナティのメンバーだと思われます

表ではなく、裏天皇=三羽烏=大烏=金鵄(きんし)を守っている存在でもあります

三羽烏は、純血の天神系、天孫系、地祇系から、1人ずつ選ばれます

裏天皇に従う勢力としては、京都社寺勢、大本教から創価学会、玄洋社(黒龍会)、薩長、徳川(会津、紀州)、神社本庁、日本会議、統一教会など

明治維新で裏に回ったのが、孝明天皇と睦仁親王(地祇系)、堀川辰吉郎、前田五郎(天皇家とロスチャイルド家のハーフ)らしいです

堀川辰吉郎の子孫には、中丸薫さんがいます

噂では、堀川辰吉郎が山本富士子(ミス ユニバース日本代表)に産ませたのが、藤圭子という説もあり

(宇多田ヒカルには、ハーフの兄が居る説も存在しています、その兄がマネージャーとして藤圭子の最後を看取ったらしい)

皇室ゆかりの「ゴールデンリリー」というお宝を管理しているのも、秘密結社ヤタガラスの裏天皇の一人下鴨神社の大宮司の管理人K氏

このKという人物が、十二烏が守護している「金の百合の管理人」でしたが、彼の死後、不思議な茶会が下鴨神社で開かれたという


---------------------------------------------------

04/06/28 01:34 ID:WFXj2hU5
今年の6月12日、京都・下鴨神社において「蛍石の茶会」というのが開かれた。
主宰は財団法人・糺会という組織。
茶席の主人は千玄室・前裏千家家元。

客人は下鴨神社宮司を上席にして、宮沢喜一・元首相、白井丈二・神社本庁元総長・鶴岡八幡宮宮司、
フリーメイソン広瀬祐也、西高辻・太宰府天満宮宮司、神戸のユダヤ教シナゴーグの主席ラビであるガオン氏、民主党前原誠司。

茶席の後、一同は下鴨神社社殿内陣に入り、西高辻氏と広瀬氏が何らかの奉文を詠み続け、
ガオン氏が外国語で何か別文を唱える儀式?が約一時間半続いたそうだが、このあたり詳しい内容は不明。

この後、糺会の会員と思われる男女約50名に千玄室氏から改めて茶が振る舞われ、その中には谷垣禎一財務相や京都市長もふくまれていた。
その後、さきの八人は車で吉田神社へ移動、大元宮に籠り、一夜を明かした。

という情報が流れてますな。彼らは三種神器をユダヤに受け渡す密約を交わしているとか。
民主党は神道とフリーメーソン絡みで結構怪しい噂が広まってるよ。

------------------------

京都・下鴨神社において「蛍石の茶会」を主宰したのはNPO法人「糺の会」(ただすのかい)で日本ユダヤ学会会員の千葉糺(ただす)氏で2012年まで学習院高等科の教師です

参加者の中に、池田大作氏の息子といわれる方も参加してましたね


今の表の天皇は秦氏系(天孫系)北朝時代の南朝側であり、物部系(地祇系)は裏に隠れたのです

これが、ヤタガラスであり、存在理由は、皇室が持っている世界最大の宝「金の百合」を世界の目から隠すためだった?

八咫烏落ちこぼれ説もあったりします

陰陽師、五字切、九字切の裏道、つまりは六字切、十字切の漢波羅が、裏ドーマンに当たる十字切の衆の落ちこぼれが、ある国際機構(フリーメイソンのこと)と日本国の中枢の連絡役、使い走りとして起用された説です

この衆を九条走りと呼び獣道にあたる。犬、狐、狼等で表される事が多い

伏見稲荷(狐)等はまさにこれに当たります

陰陽道の裏であるカバラだけでなくキリスト教のInri、また仏教・修験道の要素もが混在した混沌状態にあるからこそ、彼らをして「カバラ落ちこぼれ組」と言うそうです


結局、日本の歴史は、渡来人の争いの歴史なんです

------------------------------------------------------------------------

『日本に君臨するもの フリーメーソン日本ロッジ幹部の証言』

1950年1月14日付『朝日新聞』は、「秘密結社か否かフリーメーソン」「世界一流人が参加 真理を追究する集い」の見出しの下、
ナポレオン、ジョージ・ワシントン、ルーズベルト、チャーチル、アインシュタイン、マッカーサーなど十人の写真を添えた九段抜き記事を掲載した。

「世界最大の秘密結社であり世界一流人は皆会員に参加しているといわれるフリーメーソンの支部が日本にも設置され、いよいよ世界の一流人との交際を始めることになったが、戦時中軍の誤れる宣伝は、徒に亡国のための秘密結社であるかのように日本人に教え込んでいたため現在でもなにかしら恐ろしいスパイ団体のような疑念を国民に抱かせている。

ではフリーメーソンとは如何なる団体であろうか」というリードに続き、メーソンが平等の立場に立って哲学・宗教・芸術の根源を追求する組織であること。
米歴代大統領やナポレオン、ロベスピエールなど、「偉大な政治家はすべてこの会に属していたことを見ても如何にこの会の力が偉大でありかつ正しいものであるかがわかる」と全面的に評価し、その起源や組織形態などを伝えている。

発足時に入会したのは、5人の国会議員と2人の民間人でした。すなわち佐藤尚武参議院議員、高橋龍太郎国務大臣、植原悦二郎国務大臣、三島通陽参院議員・日本ボーイスカウト総長、栗山長十郎衆議員議員、それにジャパンタイムズの芝均平編集局長と村山有社会部長。
いずれも、日本にフリーメーソンを導入しようと、当時、熱心に活動していた人たちです。

彼らが核になり、その後、東久邇宮、李王朝の李王殿下、河合弥八参院議長、野田俊作参院議員、加納久朗千葉県知事、小松隆日米協会会長、山下太郎アラビア石油社長、梁瀬長太郎ヤナセ自動車社長ら、皇族や政治家・財界人多数が入会しました。とりわけ有名なのは、後に首相になる鳩山一郎氏でしょう。

村山さんの著書によれば、1956年6月、メーソンの会合に出席した鳩山首相は、「四千年の歴史を有するフリーメーソンが日本で実を結んで今日に至ったことを誇りに思います」と挨拶。
メーソンの現役首相として、公にメーソン礼讃をした日本初の宰相となりました。

民主党の鳩山由紀夫さんがスローガンに掲げる「友愛」は、フリーメーソンの基本理念の一つです。

(もっとも、由紀夫さんは日本のメーソンに入っていませんけどね)

今では、日本ロッジのトップが高須医院長だったりしてますw


メーソンの2001年名簿には以下の名前がある。
【HON. Yuya Hirose, 32 KCCH, Venerable Master】

フリーメーソン日本最高幹部極秘リスト
http://www.asyura.com/2002/bd19/msg/123.html

みなさんご存知の広瀬裕也です。

ちなににこの“32 KCCH”というのは、「最高階級である第33階級として将来の最高幹部となるために養成されるべく第32階級のメーソンの中から特別に選ばれて特殊な訓練を受けている特別な人材」なのである。

要するに「メーソンのプリンス」ということである。
日本ロッジの広報である第32階級の片桐氏よりも位は上なのだろう。

掲示板に、『(広瀬祐也 yuya hiroseで検索して下さい 熱田神宮大宮司の曾孫で32階級です。メイソンでは極東のメシアと呼ばれています)』という信用していいのかどうか考えもんの情報を発見しました。

さらにこの『熱田神宮大宮司』という人物を調べてみたら、今はブログが消えていますが、

『鎌倉幕府を開いた源頼朝は1147(久安3)年、源義朝と熱田神宮大宮司の娘・由良御前の間に生まれている。』
『源頼朝 久安三年(1147)頼朝生る 父は源義朝 母は熱田神宮大宮司の女 由良姫 幼名鬼武者』
という、記述がありました。

ということで、どうもこの『熱田神宮大宮司』という人物は、歴史上の重要人物だったようです。

メーソン広瀬は「熱田神宮大宮司の曾孫」
「源頼朝の母は熱田神宮大宮司の娘」

「源氏」は7代目に、足利家を名乗る家系を生み出しています。
この家系が「室町幕府の将軍」足利尊氏に繋がります。
この足利家は、後に「細川」に改姓します。
改姓したこの細川家の直系子孫が、細川護煕元首相になります。
細川護煕元首相の祖父が近衛首相です。

そして、「源氏」の8代目の孫が「徳川(得川)」を名乗り、そこから数えて16代目が「江戸幕府」を開いた徳川家康になります。

熱田神宮大宮司→源頼朝→足利尊氏→徳川家康→細川護煕&メーソン広瀬
こんな具合の系図になるはずです。

この系図が示していることは、ここに流れる「血」は天皇家の「血」であるということです。

この系図には、平清盛や織田信長も含まれます。
織田信長も天皇家の直系子孫です。

信長は源氏ではなく、桓武天皇に発する平家の一門で、平清盛の曾孫が織田家の始祖になります。
これが「メーソンのエリート」である広瀬の秘密かも知れません。


熱田神宮と言えば、3種の神器の一つ「草彅の剣」ですよね

-------------------------------------------------------------------------

さてさて、そこに登場するのが「斎院/斎王制度」です

ニギハヤヒ(地祇系)は、物部氏の始祖ですが

神武天皇より前から大和地方(奈良県)に住んでいて、統治していたのは蝦夷(えみし)のナガスネヒコ

神武天皇が大和を統治するのを助けたたことで、以降大和朝廷が成立したと日本書紀などに書いてあります

まず、確定事項として、天皇家は大化の改新で藤原家に乗っ取られたという事が存在しています

元々、古い渡来人(縄文人)が住んでいた日本に、新しい渡来人(弥生人)が来て、縄文人を追いやり

古事記、日本書紀を作り歴史を捏造したということが前提なわけですが

それまでの天皇家の歴史は単なる神話とされてしまいましたよね

大化の改新で天皇家を乗っ取ったのが、藤原鎌足(中臣鎌足)と、その息子である藤原不比等です

藤原不比等の4人の息子は藤原南家・藤原北家・藤原式家・藤原京家を興しました。

長男:藤原武智麻呂(680-737) - 南家祖
次男:藤原房前(681-737) - 北家祖
三男:藤原宇合(694-737) - 式家祖
四男:藤原麻呂(695-737) - 京家祖

------------------------------

■斎院(さいいん)は、平安時代から鎌倉時代にかけて賀茂御祖神社(下鴨神社)と賀茂別雷神社(上賀茂神社)の両賀茂神社に奉仕した斎王、または斎王の御所。賀茂斎王、賀茂斎院とも称する[1]。

賀茂神社では祭祀として賀茂祭(現在の葵祭)を行い、斎王が奉仕していた時代は斎王が祭を主宰してきた。その後も葵祭は継続されたが室町、江戸、戦後と三度祭が断絶したという。その後、1953年に祭が復活したことを契機として、1956年の葵祭以降、祭の主役として一般市民から選ばれた未婚の女性を斎王代として祭を開催するようになった。斎王代に選ばれた女性は唐衣裳装束(からぎぬもしょうぞく)を着用し、舞台化粧と同様の化粧に加えお歯黒も施される。

斎院の起こり

賀茂斎院制度の起源は、平安時代初期に求められる。平城上皇が弟の嵯峨天皇と対立して、平安京から平城京へ都を戻そうとした際、嵯峨天皇は王城鎮守の神とされた賀茂大神に対し、我が方に利あらば皇女を「阿礼少女(あれおとめ、賀茂神社の神迎えの儀式に奉仕する女性の意)」として捧げると祈願をかけた。そして弘仁元年(810年)薬子の変で嵯峨天皇側が勝利した後、誓いどおりに娘の有智子内親王を斎王としたのが賀茂斎院の始まりであると言われる。

斎院制度

伊勢神宮の斎王(斎宮)に倣い、歴代の斎王は内親王あるいは女王から選出され、宮中初斎院での2年の潔斎の後、3年目の4月上旬に平安京北辺の紫野に置かれた本院(斎院御所)に参入するが(角田文衞説では、斎院御所のあった場所は現在の京都市上京区櫟谷七野神社のあたりに相当するという)、この御所は地名により紫野斎院、あるいは単に紫野院とも呼ばれた。 斎王はここで仏事や不浄を避ける清浄な生活を送りながら、賀茂神社や本院での祭祀に奉仕した。特に重要なのは四月酉の日の賀茂祭で、斎王はあらかじめ御禊の後上賀茂・下鴨両社に参向して祭祀を執り行った。この時の斎院の華麗な行列はとりわけ人気が高く、清少納言が『枕草子』で祭見物の様子を書き留めており、また紫式部も『源氏物語』「葵」の巻で名高い車争いの舞台として描いている。

伊勢斎宮・賀茂斎院の二つの斎王制度が両立していた間、都に近い斎院の方が遠い伊勢の斎宮よりも重んじられていたようで、歴代斎院は斎宮に比べて女王が少なく、また生母の出自も高い例が多い。一方で斎院は天皇の代替わりがあっても退下しないことがしばしばあり、2朝以上任にあった斎院も少なくなかった。中でも、歴代最長の選子内親王は実に5朝(円融朝から後一条朝まで)56年間の長きに渡って斎院をつとめたことから“大斎院”と称された。なお、退下の後は斎宮同様殆どの斎院が生涯を独身で終えたが、天皇や貴族と結婚した斎院も少数ながらおり、院政期には数名の女院も出ている。

------------------------------

賀茂神社、伊勢神宮、もろに八咫烏でしたよね

嵯峨天皇が、都を平安京から平城京へ戻そうとした平城上皇との争いに勝利した。

勝った嵯峨天皇に付いていたのが藤原北家

負けた平城天皇に付いていたのが藤原式家

平家とは藤原式家のことであり、源氏とは藤原北家のことなんですよ

平氏(桓武平氏系)
源氏(清和源氏系) 

北朝=藤原北家(清和源氏系)と南朝=藤原式家(桓武平氏系)の戦い

これがその後の源平合戦で、源氏が勝利し、鎌倉幕府にと続きます

鎌倉時代と言えば、北条氏です

北条氏

桓武平氏高望流の平直方の子孫を称し、伊豆国田方郡北条(静岡県伊豆の国市)を拠点とした在地豪族である。現在伝わる北条氏系図は、いずれも時政以前の系譜は系図により全て異なる。中には関東で成立した『源平闘諍録』に記された系譜のように、伊勢平氏の祖・平維衡の子孫とするものまであり、未だ定説が存在しない。こうした史料状況から、北条氏が自家の系譜が正確に伝わる家ではなかった事を示しているとして[1]、桓武平氏の流れであることを疑問視ならびに否定視する研究者も少なくない。家紋研究家の高澤等は、同じ三つ鱗紋を用い、北条氏のように大蛇伝説を持つ九州緒方氏の祖である大和国大神氏の一族ではないかと論考している。ただし時政の祖父が時家、父が時方(または時兼)という点は諸系図でほぼ一致しており、時家の『尊卑分脈』傍注には「伊豆介」とある。上横手雅敬は、土着したのはそう古い年代ではなく、幕府内での世渡りの良さに鑑みるに、京都と極めて密接な関係にあったのではないかと推測している。

北条氏は桓武平氏高望流の平直方の子孫を称し、とあります。

桓武平氏

桓武平氏 50代桓武天皇の子・葛原親王、万多親王、仲野親王及び賀陽親王の子孫。

葛原親王流、高棟王流、善棟王流、高望王流、万多親王流、仲野親王流、賀陽親王流とあり、その中でも高望王流に坂東平氏、伊勢平氏と平家、平家の落人と分類されています。


破れた平家=藤原式家は、北条氏、織田氏として、逆襲のチャンスを狙っていた?


歴史上、持ちあげられる偉人たちは、カラスかもねw

----------------------------------------------------------------

齋院が重要なのは、皇室に妃を送り込み次の天皇を排出して、権限を持ち続けるという事です

今の皇室も例外ではありませんよね

GHQのせいで、民間からお妃さまが嫁ぐようになりましたけど

これが、現代の藤原家でしょうか?

正田家、小和田家、どうですか?

麻生さんの妹を皇族に嫁いでますよね

そこにあるのは、天皇家の「血」なのです

それが消えれば、日本も消えるかも知れませんね


日本は、バブルが弾けた後、ずっと不況で失われた20年が続きました

バブルが起こったのは、国際的な簿外資金が日本に投入されたからなのです

何故、簿外資産が投入されたのかと言えば、自由資本主義を守り、コミュンテルン(共産主義)を排除するためだったのです

しかし、その資金は正しく使われませんでした

民衆の幸せの為に使われずに、政治家の懐に入ったり、官僚によってコミュニスト施策側に利権として使われてしまいました

その穴埋めを税金で行わなくてはならなくなり、消費税が導入され、3%、5%と上げられ、8%になってしまいました

バブル崩壊後、景気対策として何度か国際的簿外資金が投入されましたが、コミュニストの影響が払拭されずに止められました

その後、簿外資金は中国に投入されたものと考えられています

日本での国際的簿外資金の投入が、何故失敗したのか、協力出来なかったのかと言えば

やはり南朝と北朝は大化の改新時代から延々と対立しているからなのです


基本的には南朝が勝利し、明治政府が樹立され、開国して明治が始まりました

八咫烏の組織を見れば分かるけど、会津、徳川、細川、島津(薩摩)、藤原(近衛)、敵味方が混在してますよね

明治維新がプロレスだったことの証拠だよね

南朝と北朝は、両方とも、NWO=世界統一政府、千年王国を目指していて、現在の日本は南朝支配下です

明治政府は日英同盟締結して、明治・大正・昭和・今上天皇が、ガーター勲章受章しています

藤原式家(南朝)とシュメール発祥のウィンザー家が手を結んでから、南朝支配下のままですかね

しかし、南朝と北朝は、両方とも同じ出自であり、同じ血筋なのに、未だに小さな勢力争いを繰り返しているのです

裏にイエズス会、フリーメイソン、イルミナティ、等がいて、どっち側にもついているから、ややこしいのです

そして、日本は、コミュニストの影響下にある勢力が主勢力として君臨しているままだと、またまた見放されるかも知れませんね

そんなこんなで、日本は破綻寸前まで来てしまいましたけどね

--------------------------------------------------------

そうそう、新札の渋沢さんですが、日本の信用を失墜させた大事件と無関係じゃないんですよね

第一勧銀といえば、第一銀行と日本勧業銀行が合併して出来た銀行です

現在の「みずほ銀行」です

その創業者は、渋沢栄一さん

第一勧業銀行 巨額 怪小切手事件

当時の複数の有力政治家がなんと、100兆円という、国家予算単位のカネを盗もうとした事件です

それを小分けした小切手が出回ったのですが、偽物と判断され、換金出来なかったという奇妙な事件

小分けしたといっても、一枚7.5兆円とかの小切手です

¥7,500,000,000,000という金額です


第一勧銀 百億円小切手事件
http://blog.livedoor.jp/net_detective2/archives/37900281.html

面白くて、不可解な事件ですねぇ


【失われた20年の原因② 第一勧銀巨額小切手事件と川崎テイトク、そして水戸黄門の正体】
http://jfcoach.blog49.fc2.com/blog-entry-188.html


さて、陽明学者だった安岡実篤氏が八咫烏の金鶏でしたよね

陽明学と水戸学は、かなり近い

水戸学が、幕末のマスターマインドの教えだと仮定すると

幕末の維新運動は陽明学に影響を受けているわけです

吉田松陰、高杉晋作、西郷隆盛、河井継之助、佐久間象山が歴史上おり、革命運動(大塩平八郎の乱 )に呈する者が多かったのは事実

財界での信者

岩崎弥太郎 - 三菱財閥の創設者

澁澤栄一 - 第一国立銀行(現 みずほ銀行)等の創設者

福建省、客家、李氏、イエズス会、水戸光圀、近衛家、渋沢栄一、第一勧銀、岩崎弥太郎、幕末の志士達、川崎テイトク

全部、繋がっているって事です

---------------------------------------------------

10連休開けに、いったい何が待っているんでしょう

令和という新しい時代に、何が待っているんでしょう

ちょっと心配で、ちょっと楽しみです


生きる事を、生かされている意味を考え続けた平成時代

お金に笑い、お金に泣いた平成時代

魑魅魍魎、都市伝説満載のオカルト時代でした。。。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こちらの記事はどこかからの引用ですか?
それとも零感さんの作成ですか?

Re: No title

これは創作ではありません

「高度自給自足時代の夜明け」さん「マヨの本音」さんなどのサイトから知りえた情報からです

名無し先生、S氏、などと呼ばれる方が、情報を落とされています

日本って、こんな国だったのかと、驚く事ばかりです

No title

伊勢白山道

「未知との遭遇」
https://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/2d3d1c1380c3fe5065cb024d6fbad6f1


また、伊勢白山道、凄い事、書いている。


概要は





トランプ大統領がもうすぐ来日。

大統領上空でUFOが多数目撃される。




未知との遭遇が、始まるかも。




2019年は、2021年(第三次世界大戦)からの、原因となる、日本近隣の国との、紛争が発生する年。




・ 未来から、2019年を観察しに来る、のが理由。




・ この原因に、トランプ大統領が大きく関与するから。

Re: No title

慶次さん

地震の記事が、超怖いです

レイラインかな

未知との遭遇ですか

アメリカは、すでに異星人とコンタクトを持っているとは思いますけど


外れてるのもあるけど、86さんの予知にもありましたね

------------------------------------------------------

今来た産業(過去ログ読むのも面倒くさいあなたへ)
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/sports/38522/1307151553/

■2015~2020
オースト某は人が住んでないかも。水害?ですね。ハワイもかも
秋、UFO(異星人)と人類が初公式対面。UFOが空一面覆う
ベーシックインカム的な動き。徐々に色んな病気の特効薬みたいのが発売されて来る
東京は2020前にタプタプして一旦人がいなくなり、2020くらいからだいぶ戻って来る
海面上昇。たぷたぷになる為に人的被害が出ることもない。日本海側も海岸線中の方に
地方自治みたいな組織の頂点がAみやさん含むリーダー組織で、それは東京にある
ビルは壊れてないから、関東直下はないんじゃないかな
311避難民の中にいる能力者がプロ?として出てくるってか然るべき職に付く
生体反応で隠れててもわかるみたいな兵器も怖くて。日本の街中とかで、敵は人間ぽくないんだよね

■2025~2030
大前提として災害疫病戦争で人口減。平成の次は元号なし。電子マネー?みたいな感じ
政府縮小。文化・学問・教育などの部分を天皇を頂点とする組織が管轄。今上は結構長生き
東北から南はあまり住めなくなり、大体の日本人東北方面で暮らす。土地がないと共同生活→ひどい暮らしではない
みんなが国家公務員的な感じ。飲食店も儲けとか考えず、今日はこれ沢山作ったから食べてって~みたいなノリ
温泉施設や宿泊施設もタダっぽい。お金に価値が無くなってるからだと思う
戦争はモニター画面の地図に数字を打ち込んで勝った負けたってやってる。人口人命が価値とかなんかね
宇宙開発が急激に進むので金とかレアアースは価値が下がる
合衆国縮小。意外にもガソリン車。南半球の国あまりみえない
空がピンクやみどりの日がある。テレビは世界中同じ街頭テレビのみ。そのころの人類はかなり大人な心境

■2040
ゆるい世界同盟。地球に彗星衝突するのがわかり、4,5万人乗りの宇宙船に乗り20万人ほど地球外に脱出
地球が人工地震容認してるのは奴等(地球上の魂を人質に牛耳ってる宇宙人系の人達)が出て行く準備してるから
最後の日地球を炎が包んだ。暖かい愛の波動の炎である。地球はバグを消して最初のレーンへ戻る。
こんな夢もみたよ。地球がよいしょー!って大規模レーン移動してみんながおめでとう!\(^O^)人(^O^)/
って沸き返るんだ。最終的に1万人が残る。肉体ない。記憶は無くなるみたい
何か廃墟みたいな神殿みたいなとこで訳もわからず借り暮らし、みたいなとこから始める
しばらくテレパシーで、また言葉生み出す。そのあとまた言葉がわかれて別れて暮らし出す

■年代不明
K国vs世界で戦争。アンパンマン達対バイキンマンみたいな感じ
露と北海某が共存してるが、嫌な感じではない。スイス軍事国家。あめ〇かは残る所と残らない所がある
カナダとか大丈夫かな。結構何処も緯度高いとこは平気だけど気象がおかしくて大変かも。C国もダメだし
仙台は相変わらずにぎわってる。山形→断層がむき出しになってたり立入禁止区域もある
新潟→ロケット?打ち上げとかに使われてるとこがある
東北の治安は悪くないよ。関東は刺激に飢えた若者の街

戦争が表面化すれば、人工地震だと知る時が来る
日本はあんま実戦とかないけど、今40以下の人は携わるんじゃないかな。仕事感覚
結婚は同級生や同地域増える。地域活動が増え、夫婦はあまり一緒に居ない→関係は良好
医療は今と変わらないか劣るかもしれない。場所器具エネルギーに余裕がないので延命できない
広告は無くなる。太陽フレアの経験を踏まえて紙が主流。本の価値上がる。学術書がメイン
漫画はあるけど、今とかここ20年位のがすげぇって読まれてる。平面を立体でみる技術がある
音楽、美術は連綿とありますよ。発電は風力発電のデカいのみたいので雷を利用。アルコールない
知能がごゆっくりな人の為の家がある
(赤鬼の夢)地震。火花?がどこかへ落下。ガスマスクをした集団がこちらへ向かっている
関東以西?は見えない。有事の前に西担当が来るんじゃないかな
はっきりすっきり書くと思わぬ方面で波紋が広がるのでやんわり書くスキルを身につけました

--------------------------------------------------------------

戦争よりも、人類が大人になるための試練が先になるような気がします

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR