FC2ブログ

ホルムズ海峡で日本のタンカーの砲弾の攻撃と「ハルマゲドン(世界最終戦争)を待ち望む人達」

ホルムズ海峡で日本のタンカーなど2隻が何者かによる砲弾の攻撃を受けました

安倍首相がトランプ大統領の意を受けて、イランを訪問し、ハメネイ師と会談することは大きく報道された直後だけに

今回の攻撃は、両者の会談に合わせたものと考えるべきでしょう

ホルムズ海峡は日本にくる原油を運ぶタンカーの8割が通過すると言われる要所です

攻撃について、イランは関与を否定しているが、米国のポンぺオ国務長官は「イランに攻撃の責任がある」と断言しています

日本の首相がイランの最高責任者と会うというタイミングを狙って、破壊活動を行う勢力があるわけで

いつでも危機を生み出すことができるという意思に他なりません

結果として、米国とイランの緊張緩和のための仲介を目指して行われた安倍首相の2日間のイラン訪問は

ホルムズ海峡であった日本のタンカーなど2隻への砲弾攻撃によって、国際ニュースから消されてしまったのです


では、このタンカーの砲弾攻撃で、いったい誰が利益を得たのでしょう

原油価格も高騰していますよね

どうしてもイランを悪い国として印象付けたい勢力はどこなのでしょう

相反するものを戦わせることで利益を得られる人達がいます

武器を製造販売している人達ですよね

そしてもう一つ、信じられないことですが、馬鹿げたことを信じている人達がいるのです

「ハルマゲドン」

これが現実に起こると、本当に信じているんです


ハルマゲドン - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/ハルマゲドン

ハルマゲドン(アルマゲドン、ハーマゲドンと表記される場合もある、希: Ἁρμαγεδών、英: Armageddon、日本語では最終戦争)とは、アブラハムの宗教における、世界の終末における最終的な決戦の地。 ヘブライ語で「メギドの丘」を意味すると考えられている。



キリスト教原理主義者たちは、かなり真剣にこう考えているのです

キリストの再臨を誘発するために中東で最終戦争(ハルマゲドン)を起こす予言を成就したい

ハルマゲドンを起こすことで、メシアが再臨し、選ばれし者(自分たち)が救われると


アメリカとイランでは、善悪が逆転している

お互いに「自分の方が善であり、相手が倒すべき悪だ」と考えており、鏡像的な敵対関係にあると言う


田中宇さんの記事を参考として考えてみると分かりやすです

*************************************************************

イランとアメリカのハルマゲドン
http://tanakanews.com/g0221iran.htm

(抜粋)

▼鏡像的な関係

 先代のイラン大統領だったハタミも、3つの一神教の間の対話を提唱していたが、ハタミの目的は、対話によってイランが欧米から敵視される状態を終わらせることにあった。アハマディネジャドは全く逆である。イスラム教もキリスト教も「大戦争が起きた後に救世主が来て、至福の時代になる」と預言しているのを利用して、ブッシュ政権がイスラム世界に対して仕掛けてきた喧嘩(戦争)を積極的に買い、大戦争を起こすことで、救世主の出現を誘発するのがアハマディネジャドの企てである。

 ブッシュ政権に強い影響力を持っているとされるアメリカのキリスト教原理主義には、キリストの出現を誘発するために中東で戦争を起こす、という考え方があるが、アハマディネジャドもそれと同じ考え方である。ただし、アメリカとイランでは、善悪が逆転している。お互いに「自分の方が善であり、相手が倒すべき悪だ」と考えており、鏡像的な敵対関係にある。(関連記事)

 アメリカとイランの権力者のどちらかが「戦争はしたくない」と考えているのなら、イランをめぐる危機は、戦争までならずに回避される可能性があるが、互いが「戦争こそ必要」と思っているため、アメリカがイランを空爆し、イランが復讐して長い戦争が始まるというシナリオは、ほとんど不可避であると感じられる。

****************************************************************

高度自給自足時代の夜明けさんのよれば、支配層の予定表はこうなっていました


④青白い馬 人類の1/4死亡(剣・飢餓・死病・獣)
(2014〜2020)

ロムニー政権誕生?異常気象や早魅などによる飢饉。エルサレム第三宮殿の建設(?)や、イラン・イスラエル戦争などにより、第三次世界大戦勃発?飢饉等も加わり17億の人類が滅亡?



******************************************************************

【平成24年10月1日作成 ベルベット・ファシストの計画と失敗】
http://jfcoach.blog49.fc2.com/blog-entry-243.html

2014/01/29
09:30


こんにちは、今回はベルベット・ファシストの予定表を公開します。

去年の7月頃に名無し先生に見せていただいた数十ページに渡る書類ですが、その最後のページに彼らの計画が載っています。

このような文章が実際に存在するのです。


●西暦2042年(ヨベルの年)が、再君臨の年である!!?

封印①黙示録6章1節 白い馬 勝利
(1993〜1999)

ソ連崩壊で唯一の超大国になったアメリカの繁栄。湾岸戦争の勝利。反キリストに従う10人の王の一人(?)ロックフェラー家の隠し子・クリントン大統領の政権誕生(1993〜)

②赤い馬 殺戮
(2000〜2006)

ブッシュ政権誕生(2001〜)2001・9・11テロ勃発。現代のバビロンであるアメリカによるイラク・アフガン攻撃。

③黒い馬 飢饉・不況 秤(はかり)
(2007〜2013)

アメリカなどで飢饉。トウモロコシ価格の高騰。リーマンショック。黒人初の米大統領によるオバマ政権誕生(2009〜)。ギリシャ国債デフォルトの危機で始まったEUの金融混乱と世界不況。

④青白い馬 人類の1/4死亡(剣・飢餓・死病・獣)
(2014〜2020)

ロムニー政権誕生?異常気象や早魅などによる飢饉。エルサレム第三宮殿の建設(?)や、イラン・イスラエル戦争などにより、第三次世界大戦勃発?飢饉等も加わり17億の人類が滅亡?

⑤殉教者の魂が祭壇の下で叫ぶ
(2021〜2027)

現代のバビロン(アメリカ・EU)の富を吸い尽くした闇の支配者達(エドム中心の反キリスト集団?)の世界統合は漸進する。彼らは、超管理手法で、人々を、政治・経済的に、そして宗教的に弾圧して、その生きる自由を奪う。

⑥御怒りの大いなる日 大地震・天変地異 星が地上に落下する
(2028〜2034)

地球は、超大型の天変地異や、ポールシフト(地軸移動)などに見舞われて、世界の気象情報や、住環境は一変する。1年は、364日に戻って、”ヨベル暦”復活に備える。まさに、2032年の前後10年は、苦難の”大峠”である。

封印⑦聖徒の額に神の刻印が押される サタン配下に獣の刻印が押される
(2035〜2041)黙示録8章以下

第一のラッパ ※2036年3月、雷と火、地と木の1/3と青草焼く。
鉢①獣の刻印を押された者への悪性の腫れ物

第二のラッパ ※2037年3月  
鉢② 火の燃える大きな山、海の1/3血になり、海の生物1/3死ぬ

第三のラッパ ※2038年3月
鉢③ 大きな星、川と水源の1/3苦くなる

第四のラッパ ※2039年3月
鉢④ 神を冒涜する人々を灼熱の太陽光が焼く

第五のラッパ ※2040年3月 一つの星 底知れぬ穴
鉢⑤苦痛と腫れ物

第六のラッパ ※2041年3月 二億の騎兵・人類の1/3死亡
鉢⑥ハルマゲドン

第七のラッパ ※2042年3月 主の再君臨・私たちの復活
鉢⑦大地震・都裂ける

2012年のユダヤ暦元旦は、9月17日である。イスラエルでは。”角笛(ショファール)”が、毎年秋に吹かれて新年が始まる。しかし、2035年の秋には、第⑦の封印が解かれた後、天には、半時(6ヶ月)の静寂が有り、翌年の3月21日に、第①の角笛が吹かれて災害が始まる。即ち、この時から、ユダヤ暦は、ヨベル暦に切り替えられて、角笛が、ヨベル暦の、”春分の日”に吹かれるようになるのである。そして、2042年の春に吹かれる”第⑦の角笛”の響きの中で、種は御再臨され、イスラエル12部族は復活し、私たちの肉体も、その時、瞬時に蘇るのである(コリントせつ15章)。まさに、”主の力強い御腕による世界統治”が誕生する。最高の”ヨベル年”は到来するのである。

2042年3月21日”春分の日”に、御再臨の主イエス様は、角笛の響きと共に、東から西に正確に差し込む太陽光を背に、その光に乗って
、稲妻のごとく東からエルサレムに入城され、オリーブの山に立たれる。この日、サタンは、地下牢に幽閉され、主イエス様の千年王国が、地上に建国される。アダム創世以来からの聖徒達、滅びの中に在った”イスラエル12部族の方々、及び、イエス様に与る私たちも、”生命の身体”を着せられて、復活する。


異常です、いや、以上です。


BC3960年をアダム年の元年とし、6001年後に主の再臨が在るという文章です。

この文章には、明治天皇のエピソードが在ります。

明治天皇は、天皇という地位を利用し、日本の神道を徹底的に調べ上げた結果、神道の起源は、ユダヤ・キリスト教である事が分かった。

マハナイム論というのがあり、それによると、紀元前8世紀頃、ウジヤからヒゼキアに至る4人の王に預言を行った、アモツの子、イザヤが、後のゼデキヤ王の時代のバビロン捕囚を幻視したうえで、ユダの王統を護る為に、主の使命を受け、契約のアークを密かに携えて、ヒゼキア王の王子の一人、ニニギノミコトを中心とした一群のユダの人々を率いて、エイラット湾のエジオン・ゲベルから、大型タルシシ船に乗り込んで、海路、沖縄に到着。そこで誕生した王子の神武天皇が更に日向の国、宮崎に渡来した。

神道系の黒住教、金光教、天理教、大本教 はこの流れを汲み、主の再臨による、千年王国を信じている。

それが2042年になるというのです。

日本皇室は陸路ではなく船で渡来した。

当然、日本は島国ですから船になるでしょうが、中国、朝鮮を経由していないと言いたい訳です。

血の流れの順序をシルクロードで辿れば、中国、韓国、日本の順になるから、もっと前に船で来てたよ!!空飛ぶ円盤も乗ってたよ、としないと、日本皇室の出番が無いからです。

この発想がオーパーツという物の正体です。


以前の記事で、キリストの生まれ変わりだと言う洗脳を受けた◎田という人物をとりあげました。

この人物は明治天皇の血が入っており、文鮮明の血も入っています。

◎田氏は文句なく文鮮明と明治天皇双方の直径ですから、宗教的に重要な役割を果たさせる予定だった訳です。

◎田氏の養母は中山家です。

中山家はラストエンペラー溥儀と繋がります。

溥儀の弟、溥傑の妻が中山家、仲子と嵯峨公勝の子である嵯峨実勝の娘、嵯峨浩。

20190614-01-nakayama.png
     
当然、この系図に◎田氏は載っていません。

そして、◎田氏は、ベルファシに洗脳を受けましたが死去。

その子供、◎田ジュニアには、未だに多くのアプローチが在ります。

日韓合同朝廷を担がせようと言う連中からのアプローチです。

ネオ満州国の大義名分に使いたいんでしょう・・・溥儀の時みたいに。

まして弥勒教と日本神道の融合も謳える。

しかし、国際秩序維持派はそのアプローチを阻んでいます。

その手法は書いて良いかどうなのか???

兎に角、◎田ジュニア(といっても還暦近いですが)はベルベット側に担がれることはあり得ません。

さあ、ベルファシはどのようにして、この計画を達成するつもりなのでしょうか?

このような計画を読んだとしても、いまだに人事で、「何を訳の分からない事を言っているのか?」という友人が私の周りには大勢出て来る事でしょう。

そんなこと書いてないで、もっと現実的な事を心配しろよ。と、言われるはずです。

しかし、現実とはこのブログに書かれている事なのです。


それでは。

*****************************************************************

ロムニー政権でも、ヒラリーでもなく、トランプ大統領が就任されたわけですが

それでも計画通りに、ハルマゲドンを起こそうと必死な状況が読み取れますよね



香港が中国と独立をめぐって揉めてますが、未だにイギリスの影響が強く

ジャーディン・マセソンといった東インド会社時代から続くイギリス企業が君臨しています

中国共産党の一党独裁を嫌った難民が流入し、彼らが安価な労働力となり製造業を支えていたのです

香港も経済格差が進んだ結果、貧富の差が広がりましたが、その不満は中国本土へ向かっているようです

しかし、習近平というか中国共産党は人民解放軍の軍事力を見せつけ、中央への挑戦は許さないでしょうね

香港人の中には、経済発展さえ継続していれば、英国領に戻りたいという人が多いのも事実でしょう


余談ですが、ジャーディン・マセソン商会横浜支店に養子に行った子が吉田茂氏です

彼の養子先は福井藩です

1881年(明治14年)8月に、旧福井藩士で横浜の貿易商(元ジャーディン・マセソン商会・横浜支店長)・吉田健三の養子となります

吉田茂氏と言えば、麻生太郎さんですが、ここには、イエズス会が常に背後にいるんですよね

IS(イスラム国)の背後にもイエズス会

ヨーロッパの難民問題もイエズス会

「イエズス会難民サービス(JRS)」なんていう活動組織があったりしますからね

移民難民の受け入れはビジネス化していると言う事ですよ

不満を募らせて暴動やテロ、紛争を煽り、ナショナリズムを高めるために機能しているのかも知れません

そして、ハルマゲドンが起こると信じている人たちが、重なり合って複雑な世界が出来上がってしまったのです

企業の利益のために難民を受け入れ、内部分裂を狙い、最終的にはハルマゲドンという構想を練っているのです


アメリカの歴代政治家は、オバマも含めグローバリスト勢力の強力な支援で支えられていて

中国などにアメリカ企業を誘致させることで中国経済を発展させました

結果として、中国は雇用が増えましたが、アメリカには雇用が減ってしまいました

ビル・クリントンに中国からの賄賂を渡していたのがジェームス・リアディという香港を拠点に活躍する人物です

莫大な財産と人脈で国家をも動かす経済力を持つシオニストです

イエズス会もイルミナティもフリーメイソンも皆シオニストです

最終的にはハルマゲドン派なんですよね


日本は、どうなのかと言えばですね

ずっと書いてる気がしますが

古い渡来人(縄文人)が住んでいた日本に、新しい渡来人(弥生人)が来て、縄文人を追いやり

古事記、日本書紀を作って、歴史を書き換えたわけで

2千年にわたって既得権益を享受して来たのが「地祇系」です

現代の「緑のカラス」です

元をたどれば、イスラエル族であり、エタ、ヒニン → 同和 → 緑のカラス → 農協、酪農、食肉解体、林業、漁業などの利権持ちです

ユダヤ人や客家人とも繋がりますよね

場所ではなく、人脈で繋がっているんですよ


予言と言う計画書通りに、ハルマゲドンは起こせるのでしょうか


『ハルマゲドン』 予告編

https://www.youtube.com/watch?v=J0MevYoMhvk

『スピーシーズ4 新種覚醒』のニック・ライオン監督が贈る、地球消滅へ向けて 人類に襲いかかる世界規模での異常現象を描いたディザスター・パニック・アクション、2009年のアメリカのTV映画。

フランスの超大型粒子加速器が爆発し、それにより世界各地で天変地異が巻き起こる。
責任者のウィンダムは仲間の研究者と共に現場へ向かうが…。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いつも素敵なブログをありがとうございます。

伊勢 白山道が興味深かった

伊勢 白山道
「10月前後は、様々な分岐点」
https://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/7faa9acd4e7bba31c76ec1c056d058e9

日本が経営に関与するタンカー(今回の運搬の中身は石油以外だった)への攻撃が、ホルムズ海峡で発生しました。
しかも、日本の総理大臣が現地で交渉中にです。
怖いですねー。

私が感じます注目点は、このタンカーがナゼ選ばれたのか? 事情通にもホドがある。
ということです。
このタンカーは、船員も含めて幾つもの多国籍から運航されている船です。
ただのテロ組織には、「日本の船」と認知することは、簡単には出来ない船です。

・ すべてが日本人による、オール・ジャパンの船への攻撃はしない。
・ 日本の生活に影響を与えるという、危機感を与える船。
・ だから、「日本はおとなしくしてなさい。言うこと聞きなさい、めっ!」
・ 子供が大人の話に口をだせば、痛い目に遭うこと、分かったの?

という感じです。
でも、これも良いサインです。
子供は、子供の国の役を演じていれば、一番にお得になると真面目に感じます。
「私達には、日本の憲法があるから大丈夫!」(荒ぶる外国には、まったく関係ない憲法です)
このように信じて、目をキラキラさせながら、大人しくしているほうが良さそうです。

憲法改正につきましては、
・「米軍を助けることが、自衛隊は出来る」
この法律が近年に成立しましたから、既に、総理の思いも、米国の意向も、納得完了ずみだと感じます。
あとは、「自衛隊を憲法で認める」などあれば更に良いという、今の経過の最中だと解釈します。

考えて見ますと、
・ 日本は、「アノ国から石油を買ってはダメ!」と親分国から言われていたのです。
・ そこをなんとか!と泣きついて、見て見ぬ振りをしてもらっていたのです。
・ これが今回の事件から、「言うこと聞かないと、本当にミサイルが飛んで来ること、分かった?」という感じです。

でも幸運にも、日本の総理と米国大統領の関係が良好なので、日本は何とか生かされることでしょう。
問題は、世界の大国同士で、
・ 命懸けの経済戦争が、始まろうとしている兆候を、今回の事件からも感じます。
・ 石油を決済する通貨の、覇権争い。

この結果は、
・ これから秋に向けて、「リーマンショック級」の世界経済の動乱が起こらなければ良いな、と希望します。

でも、そうなったとしても日本は、
・ 円相場と、金相場、は強化安定するだろう。
と想定します。
食料の輸入も大丈夫でしょう。
でも外国は、大変になる想定。

問題は、日本の消費税UPです。
・ 2019年10月から、10%にUPすることが決まっています。
・ でも、リーマンショック級の世界経済の問題が、もし10月までに発生すれば、止めるかも知れないとか、ナントカ。

もう、超微妙ですね〜。
・ なぜに「10月」なのか?
・ どうして、事前に「10月」を選んだのか?
・ だっ誰だ、台本を知っているのは?

確定申告をする人間には、年の途中の10月から税率を変更すれば、計算がややこしいのです、ぷんぷん。(1月〜9月まで8%で計算)
上げるならば、「1月分から」が普通はスッキリすると思うのですが・・・・。

・ 9月、10月は、欧米の新年度の始まりでもある。
・ それを目がけて、リーマンショック級の経済変動が起こされるのか?否か?
これを静観しましょう。

もし、そうなったとしても、子供の国・日本は、死活問題にはまったく成りません。
でも、世界や近隣国では、石油も、食糧も、輸入できない事態の死活問題かも知れません。
・ 円通貨以外の、外国の自国通貨が、激安に成る国が出るのか否か?

ただ日本も、
・ 消費税をUPした10月以降に、もしリーマンショック級が発生すれば、
消費税は上げたままなのか? ダブルパンチか?
という想定もして置きます。

以上の話は、根拠の無い空想です。
あらゆる事態を想定するべき、というシミュレーションでした。
冷静に世界情勢を静観しましょう。


Re: タイトルなし

慶次さん

このタンカーが選ばれたのは

「スリーダイヤ」関連だからだと思います

ルノー日産にも絡むし、アメリカでもいろいろやられてますよね

石油が枯渇しない理由に関しては、日本の黒い霧さんの記事がタイムリーかなとも思うわけですが

大きなからくりがあるんでしょうね


消費増税ですが、10月から施行は本当に謎ですよね

そこに大きな秘密がある気がします

日本では、少なくとも多くの企業の決算時期の年度替わりじゃないと複数税率で計算が面倒な事になりますよね

ドイツ銀行から始まるデリバティブの決壊は確定していますから

G20で何やら裏の取り決めを確認してからの、金融リセット開始がある?

Qアノン関連でも、いろいろ囁かれていますが

あれって、AIですよね

AIのシュミレーションで世界が動かされているんじゃないでしょうか

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR