米軍、最強の非核爆弾、通称「MOAB(モアブ)」を初使用 アフガンのIS空爆で。安倍首相、サリン弾頭化の能力指摘

イラク戦争で実戦配備されても使わないままだったモアブを初使用とか

大きすぎて実際には使いようが無いと言われていたのに

これは、ひじょうに意味深な行動ですね


予行演習と古くなっていた爆弾の廃棄処理の可能性があるよね

トマホークといい、退役が近い兵器が、やっと実際に使うチャンス到来的な感じかも知れません

地下施設の破壊には、かなり有効な兵器でしょう

金正恩も、夜は地下施設に身を隠していると言われているので、地下通路の破壊が有効です

北への明確な最後通告にもなっているのでしょう

-----------------------------------------------------

そして、安倍首相が、サリン弾頭化の能力を指摘しています

「サリンを弾頭に付けて着弾させる能力を既に北朝鮮は保有している可能性がある」

シリアで使われたサリンは、北朝鮮製とも言われていますから、可能性はゼロではありません


昨日の見える人の書いた文ともシンクロしています

**************

4月頭の夢を

殺傷毒のある小さな黒い羽虫が蔓延った
屋内にいればまず刺されない
地下はより安全で
小さな婚礼の準備をする子供達の手も捗る
物資は多く無いので破れた飾りも繕って使おう
綿でできた白い雲を壁に飾る
地下は安全

*************

サリンやVXガスが、空から降って来たなら、外にいるのは危険です

家屋や地下に避難するのが一番です

衣服についたら、すぐに脱ぐ、水で無害化するので水をかけたり、風呂場で洗い流す

生物兵器は、その場に残るので、雨が降るまで外に出ない

外出できないから、備蓄品で生活しよう

そんな感じにも読めますね


*****************************************************

米軍、最強の非核爆弾を初使用 アフガンのIS空爆で
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170414-00000000-jij_afp-int
AFP=時事 4/14(金) 2:28配信

【AFP=時事】(更新)米軍は13日、非核兵器では史上最大の爆弾とされる大規模爆風爆弾(GBU-43/B Massive Ordnance Air Blast)、通称「MOAB(モアブ)」を、アフガニスタンのイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」施設に対し投下した。同爆弾の実戦使用は初めて。米国防総省が発表した。

 ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は、作戦は「非常に大きな成功」だったとたたえた。

 アフガン駐留米軍の声明によると、MOABは同国ナンガルハル(Nangarhar)州アチン(Achin)地区で午後7時32分(日本時間14日午前0時2分)ごろ、ISの「トンネル複合施設」に対し使用された。

 米空軍報道官のパット・ライダー(Pat Ryder)大佐によると、MOABは実戦配備された中で最大の非核兵器。また国防総省のアダム・スタンプ(Adam Stump)報道官は、投下したのはMC130特殊作戦機だったと明かした。

 アフガン駐留米軍を率いるジョン・ニコルソン(John Nicholson)司令官は、アフガニスタンのISが劣勢に追い込まれる中で即席爆発装置(IED)や壕(ごう)、トンネルで防御を強化しており、これらを排除し攻勢を維持するためにも、MOABは適切な兵器だと強調した。

 ショーン・スパイサー(Sean Spicer)米大統領報道官は今回の攻撃について、ISの戦闘員が自在に移動するために使用し、周辺の米軍事顧問やアフガニスタン部隊を標的にしやすくしていたトンネルや壕のネットワークに対して行われたと指摘。「彼らに活動のスペースを与えてはならないし、われわれはそれを防いだ」と述べた。

 MOABは「すべての爆弾の母」を意味する「Mother of All Bombs」の頭字語でもある。2002~03年、米主導のイラク進攻の前後に開発が急速に進められた。【翻訳編集】 AFPBB News

******************************************************

北朝鮮への圧力強化=安倍首相、サリン弾頭化の能力指摘
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00000059-jij-pol
時事通信 4/13(木) 12:47配信

安倍晋三首相は13日の参院外交防衛委員会で、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮について、「今のまま国際社会への挑戦を続けていけば、北朝鮮には未来がないということを理解させなければならない」と述べ、米国や韓国と緊密に連携して圧力を強化していく考えを示した。

 その上で、「チャンスをとらえて圧力をかけながら対話を行っていく」とも語った。

 首相はまた、「サリンを弾頭に付けて着弾させる能力を既に北朝鮮は保有している可能性がある」との見方を示した。浅田均(日本維新の会)、アントニオ猪木(無所属クラブ)両氏への答弁。 

*****************************************************

金正恩は、兄を暗殺するのにVX2を使っているわけです

VXを使用している以上どんな可能性も否定できません

北のミサイルをPAC3で空中迎撃できたとしても、その瞬間にサリンが飛散するわけです

米朝戦争が起きたら、日本が被害国になるのが普通なわけです

また、サリンやVXを、工作員がばらまく可能性だってあります


日本は、世界で初めてサリンによるテロが起こった国なわけですから、その危険性は十分に理解できているとは思いますが

ミサイル飛んで来て、空からサリンが撒かれる可能性は、常に念頭に置いて、適切に対処しなければ大参事になりかねません

核なら、しばらくは占領できなくても、サリンなら便衣兵となった北の工作員が、略奪し放題ですからね

最悪を想定して、最善の対策に迫られている非常時だと思います

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR