マスコミ(電通)が「森友学園疑惑」を手放さない理由

TVでは、相変わらずの安倍昭恵さんのイメージ落としを、福山哲郎(陳哲郎)氏という在日帰化議員にやらせてます

本来なら、この自信なさそうな話し方の人物ではなく、弁の立つ辻元清美さんがやれば良いのに

民進党は、有名どころが、みんな逃げ出してるから、陳くんしか残って無いのよね、貧乏くじばかりの陳くんですね

マスコミも、人選ミスしすぎだと思うけど、ドヤ!って出してきたメールが、辻元氏の陰謀が書かれてて草生えたわけです


安倍政権転覆させるネタは続きそうも無いから、森友学園疑惑は、共謀罪が立法化する前のワンチャンスだったわけです

在日電通は、あの民主政権時代の、在日スパイ天国の夢よもう一度と願っていたんでしょうね

安倍政権は、在日排除に舵を切っているのは、電通を厚労省に家宅捜査させた事でも理解出来ます

電通組織の中の国籍を含めた人物像の把握のためだろうからです


人はね、顔に出るんですよ

いくら印象操作しても、表情は伝わってしまうし、人を陥れようとする邪悪な感覚は伝わります

そういう邪悪な陰謀に、お金をもらう事で加担してしまう、コメンテーターは悪魔に魂を売ったも同然なんだよね

人間の心というか魂って、誰かに落とされるんじゃなく、自分で落ちるもんだから

誰のせいでもなくて、自分の選択だと思います


今回、森友学園疑惑を仕 掛けたのが「電通」だとして、プランを出す部署、連絡する部署、実行指示する部署に分かれていて

全体の目的を知っている人は、現場にはいないんだろうと言う事です

もしかしたら、行動するそれぞれの目的もバラバラで、それぞれの利益のために行動しているのかもですね


野党なら、安倍政権打倒で、安倍ちゃんを怒らせて、自民党のイメージ低下のままの解散総選挙を画策

在日朝鮮人なら、愛国のイメージを壊して、同和利権を略奪とか

シールズ、関東連合とかは、お金のための鉄砲玉かな

ノイホイは、知名度アップで、ジャーナリストの肩書をゲットかも


そう言えば、佐藤優さんも、金正男殺害事件が、オレオレ詐欺と同じ構図って言ってたよ

それぞれの役割しか分からない、全体を把握している人は、現場にはいない

実行犯が捕まっても、全てを知らないから、上まで到達出来ない

これって、まんま、CIAの手口じゃんねw




井口先生は、コンパートメンタリゼーション(compartmentalization)「区画化」を指摘してます

**************************************************

「恐るべし!! 「電通」と「博報堂」の功罪!」:電通「プランC」の出し手は「電通連絡部」だ!
http://quasimoto2.exblog.jp/23744835/

(抜粋)
戦後の日本人にとって、「自分が知らないものは存在しない」という欧米の偽ユダヤ人の首謀する価値観に毒されてしまったから、まあしょうがないといえばしょうがないのだが、この「電通の第4連絡部」というものは確実に存在する。

これは、米映画の「ミッションインポッシブル」=「スパイ大作戦」、あるいは広域支那犯罪者の「ヒットアンドアウェー」のように、そのプロジェクトごとに結成と実行と解散を繰り返す。だから固定メンバーで行われるものではない。

これは英語ではコンパートメンタリゼーション(compartmentalization)「区画化」という。


一連の作業のシステムを複数の部門に区分し 、それぞれをその専門家に分けて、あえてそれ以外に責任が波及しないように、異なる専門家間の情報はお互いに知らないようにして作業を実行する。全体はこれらの実行を命令する司令系統として別に存在し、その司令部がすべてを把握している。

(まあ、大学の専門分野というのも米ロックフェラーが生み出したアカデミズムの区画化というやつですナ。)

こういうやり方である。受け子は受けるだけ。金管理は金管理だけ。電話芝居係は電話だけ。。。。というように、オレオレ詐欺の場合なら、そういうふうに一連のプロセスを分断し、ターゲットを絞った犯罪それぞれに別の実行犯チームを「結成、実行、解散」を行う。そしてこれを繰り返す。だから、かりに詐欺の受け子をとっ捕ま えたとしても他の連中のことは知らされていないから本当に知らないのである。だからといって、その罪が軽いわけではない。司令部だけが起こされた犯罪のすべてを知っている。

これを一言でボクシングの打っては離れるの繰り返しに似ていることから、「ヒットアンドアウェー」戦術と呼ばれている。

オレオレ詐欺、振り込め詐欺、あるいは、宝石店を盗みに入る。こういった犯罪の場合は、ヒットアンドアウェー方式とはいってもターゲットはまだ個人商店や個人である。要するに一般人が相手であるから、かわいいものだ。

しかしながら、それが大企業の社長クラス、あるいは、一国の首相クラスになると話は別である。これはすでに戦争レベルの外患誘致罪適用事例になる。

それがかつてのロッキード事件、リクルート事件、そして今回の森友学園事件のようなものである。

この場合は、電通および博報堂の内部に裏司令部(在日南北朝鮮の帰化人系)から命令が下され、「第四連絡部」というものが結成される。ここから実行犯チームが結成され、ターゲットに対して「疑獄事件(スキャンダル)」を捏造し、それを手下のジャーナリストや記者が発端を生み出し、それをマスゴミが執拗に報道し、ターゲットが病気、自殺、辞任などを行って実質上の「死」となるまで、執拗に繰り返す。そして目的が終われば、そのチームは解散する。その一方で、行っているそれぞれは自分の専門分野以外のことは一切知らされていないから、自分以外の部門の仲間の名前は知らない。だか ら、その一連の捏造事件の誰を直撃しても全体像はつかめない。知っているのは本社の裏司令部の人間だけ。そういうシステムである。

日本ではあまり馴染みが薄いが、これは欧米の陰謀論者、そう我々陰謀暴露論者の世界では、いろはのいの常識中の常識である。

これを行っているのが、偽ユダヤ人組織のサンヘドロン、悪魔の13家族のことである。フリッツ・スプリングフィールドが書いたものだが、彼はその本を書いて捏造事件で投獄され、危うく獄中死になるところだったが、逆に我が国の太田龍氏が寄付で集めた金と運動で開放されたのである。ところが逆に太田龍氏はベンジャミン古歩道と会った直後に病死した。だから、やっぱりベンジャミン古歩道は突然人が変わるというあれだよ な。

******************************************************

そうそう、ベンジャミン・フルフォード氏なんですが

国家非常事態対策委員会で朝堂院氏が、フルフォードさんに対して

白龍会とかフリーメーソンとか嘘は、ここでは止めろと忠告してたんですよ

ベンジャミン氏は、「私は聞いたたことを紹介しているだけだ」って言ってて、険悪な感じだった

それ以来、国家非常事態対策委員会にベンジャミン氏は、出て来てないよね


好きだった、ベンジャミン、リチャードコシズミ氏も、すっかり変わってしまったのです

時の流れについて行けない、陰謀論は悲しいよね。。。

陰謀論なんて、日々変化するものだから面白いのにね

相変わらず、 安倍ガーとか小泉ガーとか言って、小沢一郎マンセーとか有り得ないっしょw

天皇資産4京円が世界を救うとか、無い無い、金塊はあっても換金しないとダメだし

こないだのご訪問で、何か回収されたとの噂が、伏見さんのブログにも書いてあったけど、金塊だったりして

スイス銀行にあったとしても、そんな大金を引き出されたらスイスも国際金融も死んじゃうからねw

世界の前に、日本人を助けて下さいませ。。。


日本は助け合いの文化なのよ、寄合文化なの、薬師講文化なのです

だからこそ、健康保険制度も続いているのですよ

自分だけの利益ではなくて、分け合うのが本来の日本人です

そこに、欧米や中韓の自分だけが得すれば良い文化が入りこんじゃったから、本来の日本人気質から受け入れられないわけですよ


日本人なら知ってるだろうけど「昨日の敵は、今日の友」って言うことわざもあるよ!
「郷に入れば、郷に従え」ってことわざもあるけどねw


-----------------------------------------------------

参考に
フルフォードレポート英語版(3/20)

http://ameblo.jp/jicchoku/entry-12258184811.html

-----------------------------------------------------

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR