半島有事は起こるのか? 敵を騙すには、まず味方から作戦。米国で出てきた「もう韓国を助けるな」の声

半島有事を仕掛けたのには、隠された目的があると思います


まずは、朝鮮有事にまで至る経緯です

金正男氏が、マレーシアで、北の工作員のVX2ガスで暗殺された

ここで、中国が北朝鮮をコントロール出来ていないことがバレる


シリアでサリンが使われ、2日後、米軍がトマホークで攻撃、59発中命中は23発

ロシア人には通告済みで死者はいない

攻撃準備には、少なくとも1週間は必要と思われる事から、これは計画していたはず

当然だけど、訪米中の習近平に見せるための演出でもある

トランプとプーチンによる、対立偽装のように見えなくもない

オバマ時代は、プーチンにクリミアをとられても反応しなかったからなぁ

アメリカの世界の警察への回帰なのかも知れないけど


そこで、北朝鮮外務省がが反応してしまう、もちろんイランもだけど

「主権国家に対する明確な侵略行為で容認できない」

「力には力で対処しなければ、核戦力を強化して来た我々の選択は正しかった」


訪米中に、トランプに釘をさされている習近平というか中国は、批判できないどころか

北朝鮮をコントロールしなければならない羽目に陥ったわけで

金正恩は、話し合いにすら応じないからの、習近平とりあえずの経済制裁でお茶を濁したら

次には、アフガニスタンで、世界最大非核超爆弾モアブを炸裂させての、更なるダメ押し

習くん、お前のとこがやらないなら、うちでやっちゃうけど、良いの?


北朝鮮が、ミサイル発射して大失敗、何でも通信撹乱装置が使われたとか

おまけに、北朝鮮はサイバー攻撃で銀行からお金盗んでたんですよーの大合唱

北朝鮮は、ヤバい国だ、悪の枢軸だ、人道違反しているとか、パレードの武器も作り物だったぁ

金正恩は儒教国なのに長子である兄まで殺した劣悪非道な独裁者ですよー

印象操作とイメージ戦略が始まって、やってしまえで世論が一致


中国とロシアが、半島有事に積極的に出られないようにされてしまったわけだけど

今はまだ、チキンレースの域を出ていない  ← 今ここ




半島有事で、北朝鮮、韓国がどうなるのかは、まだ誰も知らない

統一でも消滅でも、自らが選んだ結果になるしかない

これは、善悪でも図れない事なのだと思います


では、半島で有事が起こされる理由は何なのだろうと考えてみますと

目的は、北朝鮮ではなく、韓国では?というのは、本当だと思います


韓国は、2015年末に日本と条約を結びましたが、約束を履行しませんでした

約束を守らないどころか、新たな少女像も出来ました

実はこの少女像は、米軍車の交通事故で亡くなった女子高生2人のうちの1人の像なわけです

椅子が2個あるのは、2人の女子高生の像だからですが、その後、慰安婦像となり、日本を強請る像にすり替えられました

発端が、在韓米軍による事故で亡くなった女子高生ですから、日韓の間にいるアメリカの顔にも泥を塗ったわけです

その後、韓国では、ロッテの内紛、サムスンのスマホの爆発頻発、韓進海運が倒産、財閥解体が仕掛けられて行きます

更に、ローソクデモによる民意や世論だけで、大統領が逮捕されるという異常事態

次期の大統領は、親北反日反米or中道反日のどちらかです

どちらにしても「反日」政権であり、条約を反故にすることは間違いありません

北主導で統一して、元の李氏朝鮮に戻し、中国に支配してもらう方が、お互いのためですし、ロシアにも取られずに日米の利になります

世界に害悪をまき散らす韓国ですが、国を無くす事は不可能ですからね

日米中露で仕掛けた、北朝鮮まで巻き込んでの韓国潰しが、陰に隠された目的なのかなと



カールビンソンの位置情報が錯そうしていますよね

まずは、中国への圧力で、北上したり南下したりするんですよね

また、原子力空母カールビンソンが、シンガポールを出港して、シドニーを目指したが急遽、朝鮮半島に向かった

また、サンディエゴ海軍基地からも数隻の駆逐艦・迎撃艦が朝鮮半島に向かった

しかし、これらの軍艦群は、「何ノットで航海して、両者が合流するのは何時か」は謎のままです

合流場所は、すでに決まっていて、後は指示待ちでしょうね

空母や駆逐艦などの軍艦が、合流する場所は、「竹島」付近だと思うんです

日本の固有の領土「竹島」は、北朝鮮の複数のミサイル発射場から、ノドンミサイルでも十分に届く距離にある

北朝鮮が、ミサイルをそこに向けて発射するかどうかは分かりませんが

アメリカ軍が竹島を奪還してしまうチャンス到来ですよね

***************************************************************

米国で出てきた「もう韓国を助けるな」の声

「北朝鮮の脅威は韓国に任せればよい」と保守派の論客
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/49768
2017.4.19(水) 古森 義久

「米国が朝鮮半島の危険な情勢に関与する必要はもうない。韓国との同盟を解消して、在韓米軍も撤退すべきだ」――こんな過激な主張の論文が米国の大手外交雑誌に掲載された。ソ連の巨大な脅威が存在した東西冷戦時代ならば米国の朝鮮半島関与は意味があったが、今は北朝鮮の脅威は韓国に任せればよい、とする孤立主義に近い主張である。

論文の筆者は長年ワシントンの外交政策論壇で活動する研究者だ。その主張はきわめて少数派と言えるが、米国の一部にこうした意見が存在することは認識しておく必要があるだろう。


中国の存在のほうが大きな問題

 米国の大手外交雑誌「フォーリン・ポリシー」4月号は「アメリカはもう韓国を解き放つ時だ」と題する論文を掲載した。筆者は異色の保守派論客であるダグ・バンドウ氏である。同氏は国際問題を専門とする研究者であり、レーガン政権で大統領補佐官を務めた経歴を持つ。現在はワシントンの老舗研究機関「ケイトー研究所」の上級研究員として活動している。

 バンドウ氏は論文で、まず北朝鮮が核兵器やICBM(大陸間弾道ミサイル)の開発を進めて緊迫する現在の情勢について「米国はなぜアジアの小さな貧しい北朝鮮という国だけに大きな関心を向け、米国人の血を流すことになる戦争を選択肢にしようとするのか」という疑問を提起する。「アジアには、もっと真剣に対処すべき中国のような大国が存在するではないか」とも述べる。

バンドウ氏もケイトー研究所も基本的なスタンスは、個人の自由を最大限に求め、政府の役割を極端に小さくすることを主張する「リバタリアニズム」(自由至上主義)系の思想である。「小さな政府」を主唱するという点では、保守主流派と主張が重なっている。リバタリアニズムは、外国との同盟などを減らす孤立主義を説くことも多い。


韓国に米国の助けはいらない

 バンドウ氏は同論文で以下の諸点を主張していた。

・米国が朝鮮半島に介入し、韓国と同盟を結んで、北朝鮮と対峙した最大の理由は、東西冷戦中にソ連側陣営の共産主義の拡大を防ぐためだった。朝鮮戦争で共産側と戦って3万7000人もの米国人の命を失ったのも、北朝鮮の背後にいるソ連の勢力圏の膨張を阻止するためだった。

・だが、今や世界はまったく変わってしまった。米国にとって朝鮮半島は東西冷戦中の地政学的な意味を失い、朝鮮半島での「代理戦争」はもはや過去の遺物となった。韓国を防衛することも北朝鮮の核武装を阻止することも、米国の基本的な国益とは関わりがなくなった。

・いまの朝鮮半島で起きうる最悪の事態は、北朝鮮と韓国との戦争だろう。しかしこの戦争も国際情勢全体、あるいは米国の基本的な国益という観点からみれば、それほど重大な出来事ではない。米国が介入しなければこの戦争は朝鮮半島だけに限定されるので、かえって国際的な被害が少ない。

・在韓米軍は長らく不可欠な聖域のようにみなされてきた。だが、かつてカーター政権はその撤退を提唱している。


・現在、韓国には約2万8000人から成る米軍が配備されているが、もしも朝鮮戦争が起きた場合、米軍の被害は甚大となる。だが、いまの韓国の国力は北朝鮮を圧倒的に上回っている。韓国軍は米軍の力を借りなくても勝利を得られるはずだ。

・韓国にはときどき金大中政権のような北朝鮮との融和を求める政権が登場し、「太陽政策」の名の下に北に100億ドルもの援助を与えるような異常な出来事が起きる。援助を受けた北朝鮮は、その間に核兵器や弾道ミサイルの開発に励んでいた。韓国は「米国の保護がある」という安心感から、そんな行動をとるのだ。だから、米国は保護をやめたほうがよい。

・在韓米軍の存在は中国の膨張を防ぐためだとする議論もある。だが、中国が朝鮮半島に進出して北朝鮮を自国の支配下におく意図がないことは、すでに明白だ。台湾や南シナ海、東シナ海など、北朝鮮以外の地域での中国の攻勢を抑えるための在韓米軍の効用はほとんどない。

・韓国が核武装して北朝鮮の核兵器に対抗しても、米国にとって大きな不利益はない。また、在韓米軍を撤退させた後も、米国が核の拡大抑止、つまり北朝鮮に対する「核のカサ」を韓国に提供し続けることは可能である。

 バンドウ氏は、国が朝鮮半島への関与を減らすことで、韓国も北朝鮮も自立や自主性の意識を高め、責任のある外交や戦略を展開するようになるのではないかと総括していた。

 現実的には、米国が韓国から、さらには朝鮮半島から離脱する可能性はきわめて低いとはいえ、いまの米国内にはこんな主張があることも知っておくべきだろう。

***************************************************************


韓国は、とっくの前にアメリカから「敵国認定」されてるって事だよね

米軍からみたら、北も南も、どっちも朝鮮であって、理解しがたいややこしい民族に見えてるって 事

それは、第1次朝鮮戦争の時の経験からの引き継ぎ項目なんでしょうね

朝鮮という悪の枢軸みたいな存在を残しておいた方が、日本にも恩が売れるだろうから、内戦やっても無視すると思う

アメリカも、関わらないのが一番だと言うのが結論。。。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR