在日韓国朝鮮人が、日本の放送業界を支配してる実態


テレビは、公共の電波を使いながら、国民に大事な放送は一切流さずに、報道しない自由を満喫しているのが現実です

今のテレビは、南北朝鮮人に、情報をコントロールされていて本当の事を教えてくれません

メディアは、公平、中立と言う立場でもありません

在日だからいけないのではなく、反日だからいけないのです

どこの国の目線で報道してるんだよ

ここは、日本なんだぜ


電波法には無線設備と免許人は日本人であることが定義されているのに、

放送局には、何故に多くの在日韓国朝鮮人が存在しているのでしょうか

日本のテレビ局には採用に国籍条項がありません

無いからと言って、在日朝鮮人を優先的に採用してしまうのは、どうでしょうか

外国籍の採用は5%未満にするとか、報道部門は日本人のみにするべきなのでは


気が付けば、テレビ局では、在日朝鮮人でなければ出世が出来ないなどと言われているのが現状です


国民から受信料という税金に近いお金を取りながら、反日的で日本の国益に反する放送をするNHKですが

アナウンサーですら、日本語も怪しい人選には疑問符しかありません

日本の情報操作は電通がしていますが、NHKは電通を使うのではなく、電通に使われているのです

公共放送だと言いながら、NHKを支配しているのは「電通」という広告代理店であって、そこを支配しているのは在日韓国朝鮮人です

反日プロパガンダ放送局と成り下がったNHKは一度解体し、純粋日本人のみ再雇用するくらいじゃないと受信料は払えません


「TBSの役員になるには韓国語は必須」と安住アナが言っていましたが

TBSテレビ代表取締役会長は、TBS入社式でこう言っています

「テレビは洗脳装置。嘘でも放送しちゃえばそれが真実」
「社会を支配しているのはテレビ。これからは私が日本を支配するわけです」
「日本人はバカばかりだから、我々テレビ人が指導監督してやっとるんです」

そんな話を堂々と人前で語るなんて、意外とバカなんじゃないかと思ってみたりw


在日韓国朝鮮人が放送業界を支配してる実態を元外務省職員が暴露


日本のテレビ業界に反日の在日韓国・朝鮮人が入り込み牛耳っている実態を元駐ウクライナ兼モルドバ大使の馬渕睦夫(まぶちむつお)氏が暴露しています。
アメリカなど海外では民間放送でも職員に外国人がいる事はなく、電波を使って洗脳される恐れもあり高い地位に外国人がいるなど絶対にありません。
在日韓国・朝鮮人は日本人に成りすまし、帰化しても民族の誇りを持てず朝鮮人である事を隠しています。
こんな工作員が国会やテレビ関係者に何人も潜り込んで日本をダメにしようとしています。


電通【韓国】がNHK【日本】を乗っ取った証拠


-------------------------------------------------------------

電通が中間に入って放映権売っただけで仲介手数料が150億円、こんなの絶対におかしいです

日本国民が、NHKに受信料を払っているわけだから、役員や報道方針を国民が決められるようにしたら良いと思います



今や、テレビや映画、CMなどで活躍できるのは、ほとんどが在日の息がかかった芸能事務所所属の人ばかり

テレビが面白くないのも無理はありません

視聴者を無視しているわけですから、視聴率が低迷して当たり前なのです


通名などを使っていれば、日本人だと誰もが思いますが、テレビに限らず、公職に付く者は出自をちゃんと明かすべきでしょう

とにかくこの国の在日の紛れ込みは、数も含めて凄まじいものがあり、出自を偽って日本で好き勝手をしている在日外国人、特に中国人、韓国人、朝鮮人が多過ぎるのです

通名禁止こそ日本を救う突破口であり、最優先事項なのでは無いでしょうか

公共の電波や新聞に携わる者が本当の国籍を名乗ないという不条理

帰化したての者が政治家になれるなど、国際的に見ても非常識な制度は見直すべきです


日本は戦前から、在日韓国朝鮮人に情報戦を仕掛けられて、内部から侵食され敗戦してしまったのです


そして、大問題なのが、帰化朝鮮人が大量に政界に進出し、政権を壊そうと日々画策している実態です

また、官僚の中にも紛れ込んで、1000万人の移民を計画を推進しようとしています

移民を推進する事を言い出した「坂中英徳」という元法務官僚は、朝鮮半島出身であり、帰化した朝鮮人との噂です

難民や外国人労働者を含めた移民受け入れ政策は日本を不幸にするだけでなく、最も影響を受けるのは子孫の世代なのです

半島で有事が起こると、またしてもボートピープルが日本に押し寄せる可能性が危惧されていますが、絶対に阻止しなければなりません


そろそろ、本来の日本を取り戻す世界線へと、レーンチェンジしたいですね


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR