中国は、日本から全てを奪うために、1930年代から、工作し続けて来たという驚愕の事実

朝鮮有事の行方は、チャイナセブンの権力争い次第になって来ましたが

中国の上層部でも、北朝鮮は金正恩は手に負えない存在のようです


これまで、中国が、どのように反日工作を仕掛けて来たのかを「河添恵子」さんが語っています

朴槿恵を嵌めたのも、日本でヘイトデモが仕掛けられた裏にも、中国共産党が暗躍しているわけです

韓国が慰安婦で、日本からお金をせしめたのを見て、抗日に舵を取っていたわけです

戦後補償を破棄したのを大失敗したと感じた事から、抗日記念館を世界中に作り、アメリカ世論を巻き込こもうと暗躍していました


1930年代から、客家(はっか)たちは、世界支配をする計画を立てていたようなのです

中国という国は、全てが、家系図で繋がり、ファミリーで支配し続けて来た国だという

中国では、客家でなければ支配層になれない構造


トルーマンに女性の宋美齢(文字不明)を使わせて愛人にさせて、日本を嵌めたと言います

ルーズベルトに政権が移ると、この計画は終わり、日中戦争が終わったのだと言う

その後、ルーズベルトに売女と罵られ、彼女は台湾に逃亡しています

ケネディ、レーガン、ニクソン、クリントンなど、8代の大統領次代には、珍紅梅(文字不明)という女性が、アメリカに巣食っていたという事実

アメリカは、中国から送り込まれた女工作員によって、コントロールされ、抗日を続けていたらしいのです

ハニートラップは、中国の重要な政治的工作なのです


中国という国の真実を語っています(音声だけなので作業しながら聞き流しがお勧め)

河添恵子◆報道されぬ中国の実態




河添恵子さんは、習近平妻に注目するべきという

妻は、軍属の歌手でした

彼女のネットワークが重要なのです

トランプ大統領も、ベタ褒めでしたよね

江沢民の愛人は、習近平の妻のライバル歌手であり、北京五輪のラストで歌った人物

中国と言う国は、女が支配している国だと言う事は、ひじょうに重要ですね

そういう女性が、世界中の政府高官にハニートラップを仕掛けて、愛人となって日本の嘘の歴史を吹き込むわけです

日本の政治家や官僚が、チャイナマネーやらハニトラやらで、反日売国してるのかと思うと悲し過ぎますね


沖縄が、抗日工作にやられている実態も語っています

台湾を見習って、頑張って欲しいとの事です


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR