ケント・ギルバート【正論5月号】米軍基地が沖縄に多く置かれていることが差別なのか「沖縄ヘイト」という言葉に隠されたもの

基地問題で揺れる沖縄だが、差別と偏見によるバッシングはいまだ後を絶たない

その一方で高江のヘリパッド建設をめぐり地元住民と機動隊が衝突を繰り返している


「八重山日報」が本島進出してから、徐々に沖縄県民の本当の気持ちが、表に出始めました

これまでの沖縄は、左翼系反日中国寄りの2つの新聞しか無かった事から、報道しない自由を謳歌し

マスコミが左翼のためのファシズムを作り、世論操作や誘導に支配されて続けて来たのです

独占禁止法に触れそうな販売店への締め上げという、八重山日報への嫌がらせもありました

20170423-11-knyyJtA.jpg


いつまでも、中国側の工作に乗せられていては、危険です

沖縄はアジア全体の安全保障・平和維持のために必要不可欠な拠点なのです

米軍基地への反対行動は、どこの国益になるのかと考えれば、中国や北朝鮮の国益に他なりません


********************************************************

【正論5月号】米軍基地が沖縄に多く置かれていることが差別なのか「沖縄ヘイト」という言葉に隠されたもの ケント・ギルバート
http://www.sankei.com/politics/news/170422/plt1704220001-n1.html

■なぜ「暴動」を報じないのか

返還から間もない沖縄で1975(昭和50)年に国際海洋博覧会が開かれたとき、私はそこで働いていました。臨時の米国政府職員という身分でしたので米軍嘉手納基地の中に住んでいました。
沖縄では飲食店と洋服屋を営んだこともあり、本土と違う商習慣もよく知っています。米軍や県民の友人も多い。
ですから米軍基地の実態もよく分かっています。東アジア全域の平和を守るのだという、米兵の士気の高さも知っています。
彼らは沖縄県民に迷惑をかけないよう厳しく教育されていて、米兵の犯罪率は、実は沖縄県民全体の犯罪率より低いのです。
そうした事実は、米軍基地に反対する活動家も知っているはずです。そうした愛着のある沖縄が、過激組織に利用されていることに私は我慢ならないのです。

1月2日に東京MXテレビで放送された番組「ニュース女子」が沖縄・高江の在日米軍ヘリパッド建設への反対運動について、その暴力性を取り上げましたが、いわゆるリベラル勢力から「沖縄ヘイト」と批判を受けています。この問題について、私には2つの立場がありますので別々に見解を申し上げたい。 

まず、私が呼びかけ人となっている「放送法遵守を求める視聴者の会」は、会としての見解を公表しています。見解では、公平な報道を求める放送法第4条に照らして、この番組は「反対派として活動する人々を一方的に批判し揶揄する内容となっており、
『できるだけ多くの角度から』の論点は取り上げていないので、この番組単体で見れば
『政治的に公平』とは言えません」としています。
一方で「反省すべきは大いに反省した上で、『沖縄報道の全体主義』に対抗する果敢な試みが潰えることがないよう、今後は確な根拠に立脚し、放送法が求める公平性に配慮した厳正な番組作りを確立されるよう、強く希望いたします」とも指摘しています。
見解全文については「視聴者の会」のウェブサイトを参照してください。  

会としての見解は以上ですが、私が個人として思うに、本土のテレビや新聞は沖縄の問題について「報道しない自由」を行使しすぎています。もっといえば、沖縄を無視している。東京の新聞社やテレビ局にとっては、無視することが一番、楽なのでしょう。「ニュース女子」のように現地の混乱を伝えれば批判も受けますから無視するのがいいのでしょうが、これはメディアの怠慢です。 

2月24日に我那覇真子氏をはじめ、番組に登場した沖縄県民3氏が東京で記者会見した際、朝日新聞記者が「(高江での反対派の横暴を収めた動画は)
いつ撮影したものか特定してください」などと質問し、同席していた杉田水脈元衆議院議員から「あなたは現地を取材したことがあるんですか」とたしなめられていました。
現地に行けば反対派がやりたい放題のことをやっていると、すぐ分かるはずです。
在京メディアが行使している報道しない自由の正体は、怠ける自由、クレームを避ける自由なんです。ジャーナリストとしての使命感は皆無と言わざるを得ません。
ちなみに会見の様子は、産経新聞以外はほとんど報じていませんでした。
実に徹底した「報道しない自由」の行使です。


朝日新聞の現地記者は、高江での反対派活動家の問題点も取材しているようですが、それらは地方版に載るだけで東京の紙面では報じられないとも聞きます。
朝日新聞は沖縄の問題をローカルな問題と捉えているのでしょうか。  

これは一地方の問題などではありません。沖縄はアジア全体の安全保障・平和維持のために必要不可欠な拠点であり、沖縄の問題は国際社会の問題なのです。その拠点が平気で違法行為を行う反対派によって荒らされている。こうした米軍基地への反対行動は、どこの国益になるのか。中国や北朝鮮の国益に他なりません。これは小学生でも分かる問題でしょう。 

この問題の重要性が分かっていないとすれば、朝日新聞は小学生以下だといえます。もし、分かっていながら書いていないのだとしたらどうなのか。まさに百田尚樹氏の小説『カエルの楽園』に出てくるカエルの「デイブレイク」です。余談ですが、デイブレイクには二重の意味があります。夜明け、すなわち朝日という意味は誰でも分かりますが、漢字で直訳すれば「日壊」であり、日本を壊すという意味にもなるんです。皆さん、気づいてましたか? 

米軍基地反対のデモを行うこと自体は、外国人が参加しても構わないと私は考えています。しかし高江では違法行為が常態化していた。それはデモではなく、暴動なんです。日本の安全保障を脅かす悪質な暴動であって、それを報道しないのは信じられません。 

先日、保釈されましたが反対運動のリーダーで「沖縄平和運動センター」の山城博治議長が勾留中に、彼の保釈を認めさせようと、反対派が那覇地裁の敷地内になだれ込む暴力的なデモを行っていますが、これまたほとんど報じられません。法治国家として、さらに民主主義国家として、恥ずべき状況だと認識して下さい。  

TBSのサンデーモーニングでは「沖縄の民意は固い」と報じていましたが、高江や辺野古の騒動は民意でもなければ固くもない。ウソが報道されているのに、十分な情報が提示されていないので、観る側にはウソがウソだと分からない。国民がメディアにだまされる結果になってしまうのです。  

(以下省略、産経のサイトでどうぞ)

************************************************************

そして、半年ぶり保釈された、暴行で逮捕された人物「レイシストをしばき隊」の「添田充啓」の正体




添田さん、半年ぶり保釈 着陸帯抗議中に逮捕 那覇地裁
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-483157.html
2017年4月22日 08:30

米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設に反対する抗議活動中に逮捕され、
半年以上勾留が続いていた添田充啓(あつひろ)さん(44)が21日夜、那覇拘置所から釈放された。那覇地裁が同日に保釈を決定した。保釈後、添田さんは「支援してくれた皆さんのおかげで保釈がかなった」と話した。

************************************************************

八重山日報によると、尖閣諸島で、トカゲの新種が発見されたようです








「沖縄タイムス」「琉球新報」に県民が辟易… 「八重山日報」が本島進出、那覇に支局 「民意は一色ではない」
http://www.sankei.com/politics/news/170423/plt1704230002-n1.html
[産経ニュース 2017.4.23 11:30]

 八重山日報が4月から沖縄本島に進出し、朝刊の配達を始めた。本島では「沖縄タイムス」と「琉球新報」が100%近いと言われるシェアを誇っているが、「第3の地元紙」が登場するのは半世紀ぶりである。(夕刊フジ)

 読者からは「主要メディアの偏向報道を打破してほしい」という声が数多く寄せられているが、私は「誰かに対抗するためではなく、私たちの目指す『公正中立の報道』を実現するために進出した」と答えている。

 那覇市に支局を開設したのは2月だったが、直後から毎日のように本島の読者から購読申し込みの電話がかかってきた。4月に朝刊の配達が始まってからは配達員が不足し、スタッフが購読申し込みに対応できないほどになり「1カ月待ち」をお願いしなくてはならなかった。うれしい悲鳴だ。

 沖縄本島で新聞というと事実上、県紙2紙しかなかった。県紙の報道姿勢を一言で表すと「強烈な反基地イデオロギー」である。

 米軍基地が集中する現状を「構造的差別」と訴え、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の辺野古移設を「新基地建設」と呼んで徹底批判し、保守も革新も移設反対で結集するという「オール沖縄」勢力誕生の原動力となった。

**************************************************************

翁長知事の悪い噂は、後を絶たず、オール沖縄が瓦解の危機ですよね

アメリカに行っても格下の議員にすら会えないのに、中国に行けば政権のNo.2と簡単に会えてしまう翁長知事

龍柱を中国のために建設してしまう沖縄知事

オール沖縄を支持しているのは、共産党勢力であり、北朝鮮に拉致された日本人の命よりも北朝鮮への補償が大事と豪語する辻元清美とかだからね


オール沖縄と言っても、11市の内9市は保守系市長なんだけどw

オールじゃない件。。。



【竹田恒泰・ケントギルバート】 沖縄県警のトップは翁長知事 違法行為が横行しても野放し【日本の論客たち】


【翁長知事の正体】有本香×須田慎一郎 翁長知事に聞きたい!沖縄振興費3000億は何に使っているのか? その裏に大物議員の影? 「国防ニュース最前線」


櫻井よしこ・青山繁晴 中国は沖縄を虎視眈々と狙っている!翁長知事は1期で終わらせなければならない! #青山繁晴 #百田尚樹



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR