北朝鮮の脅威を前に、アメリカが採る可能性がある「最悪の選択肢」「8月15日~9月7日に米朝戦争勃発の可能性大」政治関係者が衝撃暴露! 日本に難民が3千万人以上押し寄せる!


長谷川幸洋さんによると、韓国からの米軍撤退は絶対にありえない話ではないという

米国にとって韓国は、米国本土を核ミサイルの脅威にさらすような犠牲を払ってまで守らなければならない国ではないからだ

もちろん米国本土のほうが大事に決まっているし、米国本土を脅かす北朝鮮の脅威を取り除けるなら、米国が米軍撤退という代償を払っても中ロと妥協する可能性はあるのではないかという

つまり米国と中ロが米軍撤退を条件に、金正恩と核ミサイルの除去で協力するグランドバーゲンをする。これが1つ。

もう1つは、中ロを頼らず米国が独自で問題を処理するシナリオ

米国が単独で金正恩と核ミサイルを除去しようと思えば、規模の大小はあれ軍事力に頼る以外にない

それなら、米国は反撃対象になるソウルから米軍と家族を事前に撤退させなければならないと言う



裏を読むと、アメリカは、朝鮮半島を北朝鮮の主導で統一させたいって事ですよね

在韓米軍が、韓国から撤退すれば、北朝鮮も反米しなくても良くなるわけで

日米とも、韓国と外交関係を結ぶ必要も無くなります

日米が、核廃棄すれば、朝鮮半島は北主導で統一しても良いよと認めるだけで、何の問題も無くなりますw

核放棄して反米辞めれば、アメリカとも貿易できる国になります

更に、北主導で統一すれば、日本も、南朝鮮の難民を受け入れる必要もなくなりますよね

北主導の統一は、ロシアと中国にとっても最良の選択なのかなと思えます



そんな話題の中にトカナの「8月15日~9月7日に米朝戦争勃発の可能性大」を出してみるw

不確定な事は常に関係者の話として出て来るわけで、あくまでも願望でしょうけど

諦めきれないネオコンが望むのは、「北朝鮮先制攻撃」の一択なんだろうと思ってますw


*****************************************************************

北朝鮮の脅威を前に、アメリカが採る可能性がある「最悪の選択肢」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52500

在韓米軍の撤退もあるかもしれない

長谷川 幸洋

ジャーナリスト
東京新聞・中日新聞論説委員

「対話」の可能性は消えた

北朝鮮が7月28日、再び大陸間弾弾ミサイル(ICBM)を日本海に向けて発射した。実戦配備まで残された時間は多くない。支持率が急落した安倍晋三政権は内閣改造で出直しを図る構えだが、何をすべきなのか。

先の発射実験について、米ジョンズ・ホプキンス大学の研究グループ「ノース38」は「明らかに成功だったが、実戦配備には少なくない課題が残っている」と評価した(http://www.38north.org/2017/07/melleman073117/)。その1つが「弾頭が大気圏に再突入する際の摩擦熱に耐えられるか」という問題である。


弾頭が北海道・奥尻島沖に落下した際、NHKのカメラが撮影していた映像がある(https://www3.nhk.or.jp/news/special/northkorea_provocation/embed/northkorea_provocation_movie_185.html)。ノース38はその映像を基に分析した。

それによれば、弾頭とみられる物体は海上から約20キロの上空あたりから摩擦熱で白く輝きだした。高度6〜8キロで発火、4〜5キロでは発火した小さな物体を撒き散らし、3〜4キロで突然、見えなくなった。つまり途中で燃え尽きてしまった。

ノース38は「火星14号(ICBM)の大気圏再突入ビークル(弾頭の運搬手段)は生き残れなかった」という結論を下している。ICBM自体は米国本土を射程に収める能力があっても、弾頭を目標まで降下させて爆発させる技術力はまだない、という評価である。

とはいえ、北朝鮮の技術力向上は疑いない。核とミサイルの開発は最終段階に入ったのだ。いずれ6回目の核実験も強行するだろう。ここまで来ると、北朝鮮が核とミサイルの開発を断念して対話路線に復帰する可能性はなくなったとみていい。

米国の態度も変わった

北朝鮮からみれば、核とミサイルの完成後に米国と交渉したほうがはるかに有利だ。逆に言えば、米国や日本は北朝鮮の開発を止められないことを前提に対応を考えなければならない。28日の発射実験はその点を明確にした。

実際、米国のヘイリー国連大使は「中国は最終的に重大な措置を取るのかどうか決断しなければならない。話し合いの時は終わった」という声明を出した。トランプ大統領も「中国には非常に失望した」とツイッターに書き込み、記者団には「我々は北朝鮮に対処する」と述べている。米国は一段、ギアを上げている。

これから何が起きるか。シナリオを検討してみる。


私は7月21日公開コラム(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52357)で、米国と中国、ロシアが金正恩・最高指導者の除去で合意する可能性を指摘した。金正恩を除去した後の北朝鮮について合意できれば、金正恩自身と核・ミサイルをセットで除去できるかもしれない。朝鮮半島の行く末を決めた、かつての「ヤルタ会談」の現代版だ。

外交専門家からは、米中ロに日本と韓国も加えて5カ国で本格的な外交協議をやるべきだという意見も出ている(たとえば、7月30日付け読売新聞での藪中三十二氏)。これまで北朝鮮を加えた6カ国協議再開を唱える声があったが、北朝鮮を外したところがミソだ。


この期に及んで北朝鮮を加えても意味がないのは、よほどの左派リベラルでもない限り分かるだろう。彼らは開発が終わる前に話し合うメリットがない。そうであるなら、秩序を乱す悪漢と話し合うのではなく、悪漢を退治する側が退治する方法を話し合うべきなのだ。

日本と韓国はすでに中距離ミサイル「ノドン」の脅威にさらされている。だから日本と韓国も協議に加わる正統性はある。そうは言っても、日本も韓国も自力で北朝鮮の脅威に対処する能力はない。主役はあくまで米国と中国、ロシアである。

あまりに高い代償

中国とロシアが協議に応じる可能性はあるだろうか。先のコラムにも書いたが、可能性はあるが代償は高くつきそうだ。中ロにとって最重要の戦略課題は米国の影響力を東アジアから排除することだ。

韓国からの米軍撤退だけでなく、あわよくば南シナ海を含めて東アジア全体に対する米国の口出しをやめさせたい。

中ロは米国を東アジアから追い出せれば、見返りに北朝鮮に対する制裁を強めてもいいと考えるかもしれない。逆に言うと、米国を東アジアから追い出す取引材料になるほど、北朝鮮が米国にとって十分に怖い存在であってくれたほうが都合がいい。中ロには、そういう計算も成り立つ。

米国が中ロに「北朝鮮退治に協力してくれ」と懇願すればするほど、中ロは「それなら米国は東アジアから撤退しろ」と言いやすくなるのだ。そういう図式でみれば、中ロはしばらく動かないという話になる。


韓国からの米軍撤退は絶対にありえない話だろうか。

私はそう思わない。米国にとって韓国は、米国本土を核ミサイルの脅威にさらすような犠牲を払ってまで守らなければならない国だろうか。そんなはずがない。もちろん米国本土のほうが大事に決まっている。

米国本土を脅かす北朝鮮の脅威を取り除けるなら、米国が米軍撤退という代償を払っても中ロと妥協する可能性はあるのではないか。つまり米国と中ロが米軍撤退を条件に、金正恩と核ミサイルの除去で協力するグランドバーゲンをする。これが1つ。

もう1つは、中ロを頼らず米国が独自で問題を処理するシナリオだ。米国が単独で金正恩と核ミサイルを除去しようと思えば、規模の大小はあれ軍事力に頼る以外にない。それなら、米国は反撃対象になるソウルから米軍と家族を事前に撤退させなければならない。

安全保障の再考を急げ

米国は北朝鮮への民間人渡航を禁止した。これは北朝鮮に勾留されていた米国人大学生が帰国後、死亡した事件を受けた措置とされているが、軍事作戦に踏み切った場合に「人間の盾」にされるのを防ぐ意味もあるだろう。

トランプ大統領が軍事作戦に傾くなら、少なくとも米軍家族はソウルから事前に避難させるだろう。それが大きな攻撃のサインになる。


以上を踏まえて、日本はどうすべきなのか。

まず米軍の韓国撤退はあり得るという前提で、日本の安全保障を考えるべきだ。ミサイル迎撃能力だけでなく、自前の敵基地反撃能力も備える必要がある。米軍が単独作戦に踏み切った場合、日本は当然、報復の対象になる。だから、万が一に備えた避難方法の検討や避難訓練についても本格的に取り組むべきだ。

映画『シン・ゴジラ』のように、事が起きてから地下鉄の駅に駆け込んでも遅いのだ。

**************************************************************

【緊急警告】「8月15日~9月7日に米朝戦争勃発の可能性大」政治関係者が衝撃暴露! 日本に難民が3千万人以上押し寄せる!
http://tocana.jp/2017/08/post_14055_entry.html

北朝鮮が7月28日、再び大陸間弾道ミサイル(ICBM)を日本海に向けて発射した。実戦配備までのカウントダウンが始まっている。

4月から米国との緊張状態に入り、日本でも「戦争が始まる」と騒がれたものの、政治的理由から全面戦争はやはり起きないとの見方が強まり、ニュースも下火となった。

しかし7月末、tocana編集部に「各国の戦力・研究状況」を入手している情報筋から「早くて8月中に全面戦争が始まる可能性がある。トランプ陣営から何かしらの発表があるだろう。

今のうちに警告しておいた方がいい」という情報がもたらされた。


 そして8月1日、米共和党の重鎮、グラム上院議員が、NBCテレビの番組で、トランプ大統領が「北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)による米への攻撃を目指し続けるのであれば、米国と北朝鮮の間の戦争は避けられない」と語ったと明らかにした。これはtocanaに情報を寄せた人物の忠告が的中したことになる。

 そこで、今回はその時に聞いた話を簡単にまとめておく。


「4月以降、戦争は起きないというニュースが広がりましたが、そういう時こそ戦争は始まります。

第一次世界大戦、盧溝橋事件、ウクライナ危機、ルーマニア革命など、多くの戦争がちょっとしたことがきっかけとなって突然戦争が始まっています。

ですから、今回北朝鮮が再びICBMを発射してしかも技術力を向上させていたことは、アメリカにとっては十分戦争を起こす引き金となるでしょう。

よくニュースを見ていればわかるとおり、アメリカがイラク北部から手を引いたり、ティラーソン国務長官がロシアに一週間滞在しているのは、対北朝鮮戦争を見すえたものだと考えられます。

私が聞いた話では、8月15日~9月。特に、9月5日~7日周辺に戦争が始まる可能性があるといいます。

9日は北朝鮮の建国記念日でもあるので、そのあたりまでに起きる可能性は60%。高まっているのは確実です。

新型攻撃空母『ジェラルド・R・フォード』を出動させるといわれていますが、現在ハワイに向かっているという情報があるので、慎重にみておいた方がいいでしょう。

戦争が始まるとしたら、トマホークミサイルを撃ちこむことから始まるでしょう」(情報筋)


「戦争を利用して、トランプは支持率を上げる目的があるでしょう。北朝鮮に拘束されていたオットー・ワームビア氏が亡くなったこともあり、世間の心情に訴える戦争の口実もできました。

また、もしも戦争が起きたら、100%韓国が巻き込まれて大きな打撃を受け、多くの犠牲者を出してムン・ジェイン政権は崩壊するでしょう。

同様に中国やロシアにも問題が飛び火しますから、世界は混乱します。

当然日本にも被害が及び、難民が3千万人以上押し寄せると考えられています。

難民が増えれば文化的背景に起因するトラブルも当然増えますし、財政にも余裕がない中で、難民に手厚い生活資金が支給される点についても、議論が出てくるでしょう。

当然テロの可能性も高まります」(情報筋)

この人物によると、トランプの周辺事情に混乱がおきない限り、9月に戦争が始まらずとも、今年中に起きる可能性は十分あるとのこと。

これまで口だけだったトランプが、いよいよ重い腰を上げる日が来るのだろうか、支持率を上げるどころか政権が崩壊する可能性もあると思うが……。

豚を撃ち殺したことがきっかけで戦争一歩手前の状態となった「ブタ戦争」もあるだけに、今後も小さな情報でも見逃さずにニュースを追っていきたい。

**********************************************************************

【8月15日~9月7日】に米朝の戦争勃発の可能性大 政治関係者が衝撃暴露! 日本に難民が3千万人以上押し寄せる!



トランプ大統領「北朝鮮に何もしない中国の黒字は不用」 米中経済戦争に発展か?


米中両国が4月の首脳会談で合意した貿易不均衡是正のための「100日計画」でしたが

北朝鮮が2回目のICBMの発射実験に成功したと発表したことを受けて、アメリカのトランプ大統領が中国への強い不満を出しましたね

中国側が、北朝鮮への制裁などの対応が全く見られず、

ついにトランプ大統領が、中国との貿易不均衡に不満が爆発です

米国にとって貿易で中国を優遇する意味が無くなったと言う事です

クリントン政権以降、甘やかされて来た中国優遇貿易が、ついに終焉でしょうか

莫大な対米黒字が無ければ、中国は軍の維持も出来ないし、ロビー活動もやりにくくなるでしょうね


米中貿易戦争なんて、ドル決済の時点で米国勝利になるに決まってるし

中国人ほど、お金に固執する民族はいませんからね

お金でしか動かない民族とも言えますけど


北朝鮮の挑発は、アメリカに貿易戦争を仕掛ける口実を与えた結果となったようです

****************************************************************

米中経済対話は“失敗” 中国代表団トランプ氏に接見できず
https://www.news-postseven.com/archives/20170730_600243.html
2017.07.30 07:00

米中両政府が7月中旬、トランプ米政権発足後、初めて開催した閣僚級の包括経済対話は米側が「貿易赤字削減という共通目標を中国も認識した」などとする声明を発表。さも成果があったような形で終了したが、実はトランプ大統領が中国側代表団とも会見せず、記者会見も直前になって急きょ中止に追い込まれていたことが明らかになった。

 会議はワシントンで行われ、トランプ氏もホワイトハウスで執務していたにもかかわらず、中国側代表団と会わないのは極めて異例。これまでの会議では必ず米大統領が接見しており、「今回の対話は完全に失敗で、米側が中国製鉄鋼の輸入制限を主張するなど、米中による全面的な経済戦争に発展する可能性が出てきた」(ロイター通信)との予測も伝えられている。

 米中関係については、トランプ氏は大統領選期間中、厳しい中国批判を連発していた。だが、大統領就任後の4月、トランプ氏が習近平国家主席をフロリダ州の別荘に招いて、初の首脳会談を行った際、「習氏は非常に信頼できる」などと持ち上げ、北朝鮮問題と経済対話で原則合意していたことから、米中蜜月(ハネムーン)ムードが漂っていた。

 さらに、5月には貿易不均衡是正問題で、10分野で合意したほか、中国側が米国産牛肉の輸入を14年ぶりに再開するなど、一気に米中両国間の外交や経済貿易問題の解決への期待が高まった。

 だが、トランプ氏が中国による北朝鮮への圧力が「不十分」などと不満を表明してから雲行きが怪しくなり、今回の経済対話でも成果の文書の発表を見送るなど「実質的な物別れ」と伝えられた。

さらに、米国を拠点にする中国問題専門の華字ニュースサイト「博聞新聞網」は北京発の「独自ネタ」として、トランプ氏が中国代表団団長の汪洋副首相らとも接見しなかったとして、会議自体が「完全な失敗」と報じている。

 これについて、ロイター通信は「まさに『蜜月関係』は終わりつつあると言ったところだろうか」と伝えると同時に、「両国関係は一気に冷え込む可能性が高いだろう」と分析。そのうえで、中国で過剰生産される鉄鋼製品に対し、より厳しい制裁関税や輸入割り当てを適用したり、中国を為替操作国に認定したりするなど「対中強硬策に出ることも予想しておく必要があるだろう」として、米中経済戦争に発展する可能性も指摘している。

****************************************************************

トランプ大統領「北朝鮮に何もしない中国の黒字は不用」
http://japanese.joins.com/article/862/231862.html?servcode=A00§code=A00
2017年07月31日15時37分

米国は28日の北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)試験発射に怒りを表した。北朝鮮の挑発にブレーキをかけない中国に対し、貿易を通じた報復の意志まで明らかにした。トランプ米大統領は29日(現地時間)、ツイッターで「過去の指導者は中国が貿易で年間数千億ドルを稼げるよう許したが、これ以上は容認しない」とコメントした。トランプ大統領は「中国に強く失望した。中国は北朝鮮に関連して我々のために何もしない。ただ言葉だけだ」と怒りを隠さなかった。

米国がこのように激怒したのは、今回のICBMが西部のロサンゼルスはもちろん、シカゴ・ニューヨークなど大都市を射程圏とし、米国本土に脅威になるという分析のためだ。トランプ大統領は昨年の大統領選挙当時、中国産製品に45%関税をかけると公約し、中国の鉄鋼ダンピング輸出を制裁すると何度か主張してきたが、今まで現実化していない。北朝鮮の相次ぐICBM発射が、貿易戦争を含む一触即発の対立状態に米中を追い込んでいるのだ。

これに先立ちトランプ大統領は北朝鮮のICBM発射直後、声明を通じて強力な対北朝鮮警告を送った。トランプ大統領は「北朝鮮のミサイル発射は無謀で危険な行動であり、北朝鮮はさらに孤立するだろう」とし「米国国土の安保、域内同盟国を保護するために必要なあらゆる措置を取る」と明らかにした。サンダース大統領報道官によると、トランプ大統領は最近、上・下院を通過した対北朝鮮制裁法に近く署名するという。

この法には対北朝鮮原油禁輸、北朝鮮海外労働者採用禁止など北朝鮮の核・ミサイル開発資金遮断措置が含まれている。中国が北朝鮮の対外貿易の約90%を占めるだけに、この法案の施行は米中葛藤のもう一つの火種になるとみられる。

こうした中、米国では北朝鮮政権交代論が浮上している。レフコウィッツ元北朝鮮人権特使は29日、ニューヨークタイムズへの寄稿で「トランプ大統領は『北朝鮮政権を交代して少なくとも核野望を封鎖するのが中国の最善の利益』という点を説得する必要がある」と主張した。続いて「このため共和党と民主党が長く維持してきた『一つの韓国』政策をあきらめるべき」という論理を展開した。レフコウィッツ元特使は「韓国による韓半島(朝鮮半島)統一を支持するのが1953年の韓国戦争(朝鮮戦争)休戦以降の米国の公式立場だが、これはアジアに対する米国の影響力縮小を望む中国が激しく反対するはず」と説明した。さらに「外交はニンジンとムチであり、今は中国に我々の目標は統一された韓半島ではないという点を明確にすることで本当のニンジンを提示する適期」と強調した。中国の習近平国家主席は人民軍建軍90周年(8月1日)を迎え、30日に内モンゴルで開催された軍事パレードを戦闘服姿で閲兵した。

中央情報局(CIA)のポンペオ長官が最近、「韓半島非核化において最も危険な問題は武器統制権を持つ人物」とし「核開発能力と意図がある人物を除かなければいけない」と政権交代を示唆したのに続き、元外交官も中国を通じた北朝鮮の政権交代を主張したのだ。

一方、国連安全保障理事会は来月1日に緊急会議を開き、北朝鮮に対する高強度制裁決議を議論する予定だ。

複数の米外交当局者はCBS放送に「国際社会レベルの安保理制裁リストに『金正恩』の実名を明示しようというのが米国の立場」とし「同時に(国際社会の)対北朝鮮旅行禁止措置を含めることも望んでいる」と伝えた。しかし中国とロシアの反発で実質的な対北朝鮮追加制裁決議案が採択されるかは不透明だ。

******************************************************************

中国が狙う半導体覇権、米中ナショナリズム対決
高度にグローバル化された産業を巡るせめぎ合い
http://jp.wsj.com/articles/SB10961650382794263540104583300922975089526
2017 年 7 月 31 日 14:47 JST

【武漢(中国)】中国中部・湖北省武漢にある野球場12個分の広さのぬかるんだ建設用地で、グローバリゼーションがナショナリズムに転換しつつある。

 トラックで次から次へと鉄筋が運び込まれる。中国の国営半導体大手、紫光集団は240億ドル(約2兆6700億円)を投じ、ここに同国初の最先端メモリーチップ工場を建設しようとしている。これは世界の半導体市場の主要プレーヤーになるという中国政府の計画の一環だ。そして米政府はこうした動きに警戒心を募らせている。

(有料記事)

20170801-01-2016y08m09d_154524567.jpg


******************************************************************

「新世界秩序の覇者」になることを目指してきた中国でしたが、トランプ大統領の出現によって、その夢は未完となりそうです

習近平にとってのこれまでのアメリカ、大統領がヒラリーだったら、主席のイスに座らせてくれる援助者のままだったわけです

中華民族が目指してる成功というのが、お金であり女を囲う事なわけですから、権力闘争に負けたら国外脱出なんですよ

中国がメディアが、ハリウッドと言う世界最大の映画市場を買収し、壮大な反日プロパガンダ映画を作ったりするのが成功なんですよ

そのためには、手段は選ばないのです

それは国策であり、それが「中国共産党」と言うものなのです

中国共産党が関わると、文化は破壊され、全てがお金で動く世界がやって来るのです


今の日本メディアの報道が、あまりにも規制されすぎているのも、中国に遠慮しているというか、日本を本気で支配しようとしている工作なのです

それもこれも、新世界秩序の覇者となるためなんですよね

世界は弱肉強食のままです

自国の国益のために動いています


それなのに、何故か日本では、世界ではあり得ない「平和」な世界を信じているわけです

今は、すでに戦後ではなく、情報戦争真っただ中、もしくは戦争前なのだと認識するべきでしょうね


青山繁晴 NHKに衝撃映像! 北朝鮮の弾頭の一部の閃光が映る⁉︎ 「世界が変わった日」 戦◯はもはや目の前だ!


文在寅と握手しつつもあさっての方を見るトランプ大統領と、それを後ろで見ている習近平の図


韓国は、現実を理解出来ていないようです。。。

G20 LIVE Konzert in der Elbphilharmonie - CONCERT LIVE HALL HAMBURG
https://www.youtube.com/watch?v=KxWLd8bOg4I

G20にて、首脳夫妻がエルプフィルハーモニー・コンサートホールで上演された公演を観覧した時の一コマ

文在寅と握手しつつもあさっての方を見るトランプ大統領と、それを後ろで見ている習近平

【写真】習主席の前で文大統領の手を握るトランプ大統領
2017年07月10日08時28分 [中央日報/中央日報日本語版]
20170712-01-082807-1.jpg
http://japanese.joins.com/upload/images/2017/07/20170710082807-1.jpg


トランプ大統領は、日・米・韓の三者首脳会談を重要視していたと思うんですが

文大統領の北への対応に不満があったのかも知れませんね

------------------------------------------------------------

日米韓首脳、対北朝鮮同盟の強化で一致
https://jp.sputniknews.com/politics/201707083856186/

日本、米国、韓国は北朝鮮側からのあらゆる攻撃の抑制と対応能力をさらに拡大し続ける

米国は、通常兵器や核兵器による防衛への「鉄の」義務について改めて主張した。

首脳らはまた、北朝鮮との経済的つながりを弱めるよう国際社会に呼びかけたほか、「北朝鮮と国境を接する諸国(露中)」に、「より活発に」働きかけるよう呼びかけた。

先ほど、トランプ大統領は、ドイツのメルケル首相、安倍首相、韓国の文在寅大統領と「素晴らしい会談」を行ったとツイッターにつぶやいた。

------------------------------------------------------------

トランプ氏と習近平氏ですが、裏では韓国をどうするのかを決めてると思います

文大統領を生暖かく見守ってる状況なのかと思います


日本と中国も、表向き敵対しているように見せている方が、双方に都合が良いのです

中国国内でも反日勢力は多いし、日本の反中国層にもアピール出来、グローバリズム勢力は中国を敵視してますからね

二階幹事長が、先回りして親書を渡してるから、国家首脳同志は、理解が出来てるはず

自民・二階俊博幹事長、中国の習近平国家主席と会談(安倍首相の親書を手渡す)   
http://www.sankei.com/politics/news/170516/plt1705160015-n1.html

マスコミは、表だけを見せられてるって事だよね

-------------------------------------------------------

ロシアルートは、森元首相を使ってます

日露平和条約締結へ 森元首相が大きな援護射撃

NHK「前例のない歓待」 プーチン大統領が森元首相をホテルまで送迎
https://jp.sputniknews.com/politics/201707103864430/

ロシアのエカテリンブルクでプーチン大統領と日本の森喜朗元首相の会談のニュースの中で、NHKは大統領が自らの公用車でホテルまで森氏を送迎した事実を特に強調した。

--------------------------------------------------------

森本康敬前釜山総領事の更迭

これこそが、Kの法則でしょ

韓国と共鳴すると、ろくな末路にはなりませんね

*********************************************************



政府の帰国判断を批判した森本康敬前釜山総領事、対韓外交から外れ広聴室長に
http://www.sankei.com/politics/news/170711/plt1707110013-n1.html
2017.7.11 01:33更新

 外務省は11日付で、森本康敬前釜山(プサン)総領事を同省広聴室長に当てる人事を発表した。森本氏は日本総領事館前に慰安婦像が設置されたことへの対抗措置として一時帰国していたが、政府の方針に異を唱えたとして6月に事実上更迭されていた。

 広聴室は外交政策や外務省の業務に関する国民の意見募集などを担当する。森本氏は韓国語が専門で韓国の駐在経験も長いが、対韓外交の実務から外れることになる。

 森本氏は1~4月に一時帰国した際に知人らとの会食の席で、自身の帰国を決めた安倍晋三首相ら官邸の判断を批判したとされる。韓国側に誤ったシグナルを送りかねないとして問題視されていた。

**********************************************************

釜山日本領事館前に慰安婦像を建てられたのに、韓国側に抗議するどころか、政府批判しちゃう総領事

対抗措置として一時帰国した日本で、それに異を唱えたのがバレての更迭です

国際条約を無視している韓国人の言い分を擁護しちゃったわけで、典型的な外務省の売国官僚です

一時帰国中の森本さんが、旧知の記者と食事をした際の発言メモがなぜか流出w

逆恨みするのは、前川氏と同じに見えますよね

文部科学省と外務省は、多分同じような成分で構成されてんでしょうね

日本じゃ、いまだに、アメリカの意に従う官僚組織が国内では君臨してますからね

官僚組織という反対勢力の個別分断統治に成功しているとも見えます

外務省も文科省も、烏合の衆と化して来ましたからね

官邸が、粛正してるのでは無くて、売国奴の「退治」してるんだと思うよ



退治と言えば、中国からのヒアリに続いて、韓国からも毒アリのテロ攻撃があったようです



-------------------------------------------------------------

安倍政権の支持率低下で、マスコミはじめ反安倍派は狂喜乱舞ですが

ネオコンの命令通りに支持率を下げているだけで

与党の支持率が下がっても野党の支持率も低調のままなんですよ

無党派層の拡大とかやってますが、安倍政権が何をやって来たのかに触れる事もなく批判だけをするのはアンフェアです

安倍総理は、日本を変えようとしている事を無視していますよ

福島第一の終息に、ロシアとの関係改善、日本に国家の主権を取り戻すために行動していると思います


ネオコンの支配に従わないから、ネオコンの下請けのマスコミに攻撃され続けているのです

マスコミは、日本を護るために存在しているわけでは無いと言う事だけは、覚えていた方が良いのです

TV局の株主構成からも、米ネオコンに乗っ取られているのが明白なのです

安倍総理だと、ネオコンに利益誘導が出来ないから、攻撃しているのです

安倍総理は、国益を優先するナショナリストと思っても良いんじゃないでしょうか


黒田総裁が金融緩和の継続を宣言して、アベノミクスは続行です

過去の経済政策が全く機能しなかった中で、日本は独自路線で行くことを選択したのです

まだまだ、失われた20年を取り戻す道は長いでしょうけど、やる価値があるとも思います

岩盤規制の既得権益を排除し、新生日本の目標がはっきりとするまで、抵抗は続いて行くでしょうけど


マスコミのフェイクニュースにすら、何の驚きも無くなり、反応も薄くなってしまいましたね

だって、いつも同じパターンしか無いんだもの。。。

シナリオライター交代した方が良いんじゃないかと思う。。。

<北朝鮮>アメリカ独立記念日に北朝鮮がミサイル発射。ICBM発射実験に成功と発表。 眞子さまのご婚約の真贋論争勃発?


5月14日の約30分飛行のロフテッド射撃は、通常軌道だと約5000kmの射程で

今日は約40分飛行なので米本土に届く射程と言う事で、ICBMで確定ですね

トランプ大統領は、こんな事書いてるわけで

Donald J. Trump?認証済みアカウント
https://twitter.com/realDonaldTrump/status/882061157900718081
North Korea has just launched another missile. Does this guy have anything better to
do with his life? Hard to believe that South Korea.....


https://twitter.com/realDonaldTrump/status/882062572081512449
....and Japan will put up with this much longer. Perhaps China will put a heavy move on North Korea
and end this nonsense once and for all!



Donald Trump 日本語訳
https://twitter.com/Mishimadou/status/882074331190149121
さっき北朝鮮が、またしてもミサイルを発射した。 あの男は生まれてから、
他になんかマシなこと知らんのか?

https://twitter.com/Mishimadou/status/882074406285058048
・・韓国と日本が、いつまでも我慢するとは思えない おそらく中国は、
北朝鮮に二度とこのくだらんことをさせないよう、重大な措置を取るだろう


中国に対する猶予は100日だったわけで、習近平さんが何もしないままならば、開戦しちゃう?

そして、核弾頭20発保有してるってイギリスさんが言ってるけど。。。


しかし、中国は、北朝鮮なんか、アウトオブ眼中ですた

中国海軍の情報収集艦が領海侵入、津軽海峡通過
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170702-OYT1T50090.html

中国軍艦の動き
20170704-01-OYT1I50001-L.jpg


津軽海峡って、領海じゃなかったのか?

まさか、公海だったのか?

中国船が好き勝手に通過する津軽海峡が「公海」になったのは非核三原則のせいだそうです

こりゃ、由々しき事態ですね

*******************************************************************

北朝鮮ミサイル 日本海の排他的経済水域に落下 官房長官
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170704/k10011041251000.html

日本の排他的経済水域への落下は5回目
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170704/k10011041271000.html



北朝鮮が特別重大報道「ICBM発射実験に初成功」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170704/k10011041951000.html
7月4日 17時26分

北朝鮮は日本時間の4日午後3時半、国営の朝鮮中央テレビを通じて「特別重大報道」
として「ICBM=大陸間弾道ミサイル発射実験に成功した」と発表しました。

発表によると弾道ミサイルは「火星14型」という名称でキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党
委員長の命令で日本時間の4日午前9時半ごろに日本海に向けて発射され、
933キロの距離を飛行し、高度は2802キロに達したということです。
北朝鮮がICBMの発射実験を行ったと発表したのは初めてで、
「核兵器とともにICBMを保有した、堂々たる核強国になった」と主張しています。

一方、これに先立ってアメリカ太平洋軍は、声明で、北朝鮮が発射したのは、
ICBMではなく、中距離弾道ミサイルだったという見方を明らかにし、アメリカをはじめ、
韓国など関係国が詳しい分析を続けています。

北朝鮮は4日午前9時39分ごろ、北西部のピョンアン(平安)北道クソン(亀城)付近から
日本海に向かって弾道ミサイル1発を発射し、日本政府によりますとおよそ40分間飛しょうしたあと、
日本のEEZ=排他的経済水域内に落下していました。

キム委員長はことし元日の演説で、ICBMの発射実験の準備が「最終段階に入った」と述べ、
発射実験を強行する可能性を示唆したのに続き、国営メディアは先月10日、
「ICBMの発射実験の時期は遠くない」と主張していました。

■専門家「アラスカなどに届く発射実験に成功」
海上自衛隊の元海将で金沢工業大学虎ノ門大学院の伊藤俊幸教授は、今回の発射について
「40分間飛行したのであれば、飛距離を出すように発射した場合の射程は、7000キロから
8000キロになると見られる。北朝鮮から発射してアラスカなどに届くミサイルの発射実験に成功した
可能性がある」と指摘しています。

その一方で「実験と実戦配備とでは意味が全く違う。実験に成功してもそこからさらにステップを
踏まないと武器としては使えない」と述べ、実践配備には一定程度の時間がかかるという認識を示しました。

そのうえで、「アメリカと北朝鮮が今行っているのは軍事外交だ。お互いに本格的な戦争にならない
ように外交交渉をしているのであって、ミサイルも空母もその交渉のための道具だ。
今回のミサイル発射によっていきなり戦争になるとか、脅威があおられるというものではない」と述べ、
今後の動向を冷静に分析していく必要があると指摘しています。

■中国外務省「こうした活動に反対」
中国外務省の耿爽報道官は4日の記者会見で、「関連する報道については現在情報を収集している。
国連安保理決議には北朝鮮が弾道ミサイルの技術を利用することについて明確な規定がある。
中国は北朝鮮が決議に違反してこうした活動を進めることに反対する」と述べて、北朝鮮を非難しました。

そのうえで、「現在の朝鮮半島情勢はデリケートな状況にある。関係各国が冷静に行動し、
朝鮮半島の緊張を速やかに緩和させ、この問題が対話による正常な軌道に戻ることを望む」として、
各国に冷静な対応を呼びかけました。

■米軍 ICBMの能力あるか詳しく分析
アメリカ軍は初期段階の分析の結果として、今回、発射されたミサイルは中距離弾道ミサイル
だったという見方を明らかにしましたが、北朝鮮の発表を踏まえ、ICBM=大陸間弾道ミサイルの
能力があるかどうかについて、詳しい分析を続けると見られます。

アメリカ政府の当局者によりますと、北朝鮮は今回、ミサイルを通常よりも角度をつけて発射し、
高く打ち上げる「ロフテッド軌道」の手法を取った可能性があるということです。
ロフテッド軌道では高度が高くなる一方、水平の飛距離は短くなるため、
最大の飛距離を狙った角度で発射した場合に、実際にどこまで到達するかを見極めるには、
さらなる解析が必要だということです。

***********************************************************

北朝鮮、核弾頭20発保有=ミサイル開発も進展―国際平和研
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170703-00000018-jij-eurp
7/3(月) 7:04配信

【ロンドン時事】スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)は3日、世界の核軍備に関する最新報告書を発表し、北朝鮮が今年1月時点で推定10~20発の核弾頭を保有していると推計する分析結果を明らかにした。

核・弾道ミサイル開発で「技術的な進展」がみられると指摘し、短中距離ミサイルに搭載可能な小型弾頭の製造技術も確保したと考える専門家の見方を掲載した。

報告書によると、北朝鮮は兵器級プルトニウムの保有量を年々増加させる一方、米本土を狙える長距離弾道ミサイルの開発を「優先的」に進めている。また、今年と昨年の軍事パレードの写真を分析した結果、移動式の大陸間弾道ミサイル(ICBM)も開発中と推測した。 

**********************************************************

日本海沿岸に中露が巨大港を建設、津軽海峡が第2の尖閣になる?
http://yukan-news.ameba.jp/20141031-30611/

2014年10月31日 06時00分 提供:週プレNEWS

北海道と青森を隔てる幅わずか20kmほどの津軽海峡が、近い将来、中国と日本の駆け引きの舞台になるかもしれないという。

きっかけは先日、中国とロシアが、日本海沿岸の中・ロ・北朝鮮の国境付近に北東アジア最大の港を
共同建設することで合意したこと。この計画が実現すれば、中国にとって津軽海峡が北太平洋や北米への
最短ルートとなり、経済的にも軍事的にも非常に重要な航路となるからだ。

……しかし、実はすでに津軽海峡は、中国やロシア、さらに韓国など各国の貿易船(時には軍艦)が
好き勝手に通過する“フリールート”になっているという。なぜなら、津軽海峡の中央部は日本の領海ではなく
「公海」だからだ。

1977年、日本は国際的な基準に合わせて、自国の領海を沿岸から12カイリ(約22km)に設定した。
この基準どおりなら、幅20kmほどの津軽海峡は、すべて日本の領海になる。

ところが、当時の日本政府は、宗谷(そうや)、津軽、大隅(おおすみ)、対馬海峡東水道、同西水道の5海峡を
「特定海域」と定め、そこだけは領海を沿岸から3カイリ(約5.6km)にとどめると決めた。
表向きは「国際交通の自由を確保する」という素晴らしい理由だが、ここには日本ならではの裏事情があったという。

東海大学海洋学部教授の山田吉彦氏が解説する。

「当時の日米安保の戦略上、米軍の核搭載艦が津軽海峡を通過できないのでは安全保障が成り立たない。
しかし、海峡をすべて日本領海にしてしまうと、そこに非核三原則(持たず、作らず、持ち込ませず)が適用され、
もし通過したことが判明すればすさまじい論争になることは目に見えていました。そこで海峡中央部を公海にし、
『こっそり通ってください』というのが日本政府の本音だったのです」

こうして日本政府が「くさいものにフタ」をした結果、完全な“フリー航路”となった津軽海峡。
グローバル化が進み、貿易が活発になったことで、近年では各国船が入り乱れて過密状態になっているという。

「2009年に津軽海峡を通過した外国貨物船は、コンテナ船だけでも1798隻。現在はさらに増加しています。
2012年12月には、海峡内で日本のマグロ漁船と外国貨物船の衝突事故が発生しました。
また、荒天時に外国船が陸奥(むつ)湾へ勝手に避難するケースも年間数百隻あり、2012年にはホタテ養殖施設が
100ヵ所も損壊し、約3億円の被害を受けています」(山田氏)

今ですら過密状態の津軽海峡に、もし中国軍艦がわがもの顔で押し寄せたら……大混乱になるのは目に見えている。

「軍事戦略のみならず、漁業も無視できません。中国では高級魚のサンマはオホーツク海が漁場。
もし日本海に拠点ができれば、大漁船団とそれを守る海軍艦隊が津軽海峡や宗谷海峡を頻繁に往復することになるでしょう。
また、約500隻のマグロ遠洋漁船を抱える中国国営企業も、津軽海峡を虎視眈々(こしたんたん)と狙っています」
(軍事ジャーナリストの古是三春氏)

では日本海と津軽海峡を守るために、日本ができることはないのか? 前出の山田氏は、こんなウルトラCを提案する。

「国際海峡の指定は当該国の国内法の問題ですから、日本政府がやると決めれば、津軽海峡をすべて領海に組み入れる
ことは可能です。領海なら、犯罪の取り締まりができますし、海峡に西行きと東行きの航路を分ける分離通行帯をつくり、
航行管制を行なって船舶の安全も管理できる。また、中国海軍艦隊がジクザグに航行する、行ったり来たりするなどの
示威(しい)行動もとれなくなります」

こうして津軽海峡を日本の管理下に置くのが最初の一手。続いては、いざというときに海峡を“封鎖”できる能力を
保持することが大事になるという。

元海上幕僚長の古庄幸一(ふるしょうこういち)氏はこう解説する。

「何かあったときに海峡を封鎖するには、機雷をまけばいいのです。機雷撤去任務を遂行できる海自の掃海(そうかい)
母艦は、同時に機雷敷設(ふせつ)艦でもある。また、護衛艦やP-3C早期警戒機、あるいは潜水艦も同じく機雷をまける。
空自のC-130輸送機もできる。実は、日本の機雷敷設能力は高いのです。しかも、海自は新旧さまざまな機雷を持っている。
これを交ぜてまくのが相手にとっては非常にイヤなのです。あとは、それをいつでもできるような態勢を整えておくことです」

ただし、この機雷敷設能力を大っぴらに誇示すると、中国は必ず「日本は軍国主義だ」「国際航路を潰(つぶ)そうとしている」
などと、得意の“宣伝戦”に持ち込んでくる。前出の古是氏はこう語る。

「実際に海峡を封鎖してみせたり、『こうなったら封鎖する』などと政治家が発言することは逆効果でしょう。
尖閣(せんかく)諸島の国有化で、中国に足元を見られたことを忘れてはいけません。
こちらから事を荒立てるのは、中国の思うツボなのです。

だから海自は、普段、相模(さがみ)湾などで行なっている潜水艦訓練を津軽海峡で行なうなどして、
『実は機雷封鎖できますよ』というメッセージを中国側に送ればいい。情報戦の一環として、うまく駆け引きのカードに利用することが重要です」

対策が後手に回れば、中国はいつの間にかドンドン進出してくる。かといって、表立ってこちらから動きだせば、
それを逆に利用して「日本が先にやった」という既成事実をつくり出されてしまう。

“実力行使”にも“宣伝戦”にも持ち込ませない、絶妙な駆け引きが求められているのだ。 (了)

************************************************************

北朝鮮の脅威に、中国の暴走と、日本をとりまく状況が危険水域だと言うのに

何で今更の、ロリコンエロ前川さんの参考人招致なのかと、小一時間。。。

何なんだこの国は、工作員のやられっぱなしじゃないですか


半島有事と今回の都政選挙、終末には眞子さまのご婚約の真贋論争勃発が確定ですからね

---------------------------------------------------

井沢先生が、非常に意味深な事書いてるわけで

http://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/feb69030ba984e2b18c0cdfa40ca76b5
(抜粋)

皇室に関しては、私はついに来るところまで来たか、と思っています。
人為のまま事が運ばれれば、本来の意味での・・・・・昭和まで続いた古来よりの皇室は壊れ別の「何か」になり果てるでしょう。

祭祀なく、神なき名ばかり皇室の形骸です。

ただ一縷の望みは、一陣の神風です。隠蔽されている幾つかのことが明るみに出るなり、またはある形で決着つけば軌道修正も可能なのかもしれません。


国は、これから険阻な道へさしかかるだろうし、眞子さまの1件を含めて皇室も、こころもとない状況です。

国民から見れば皇室が絶対に関わってはならないお相手ですが、仄聞するところに依るとお相手の出自も承知での容認ということなので、それが事実ならもはや申し 上げることもありません。

ご婚約会見を拝見するまでは軽々に言えぬことながら、万事休すの思いしきり。

先にも書きましたが、旧来の存在価値としての皇室は存在しなくなる流れにあるのかもしれません。ならば、日本の神々とのつながりは、私達が個々、心がけるしかないでしょう。

国は悪しき方向へ激動を余儀なくされるでしょうが、個々人はしっかり歩を進めて参りましょう。固定された歴史は存在せず、常に流れ流れて変化します。

---------------------------------------------------

皇室全般画像掲示板にも、不可解な情報が。。。

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/makok.php?res=2070635

無題 Name 名無し 17/07/03(月)19:04 ID:pmr/eJws No.2070981
今はるの園遊会にご本人が出られてない、
事情あって身を隠している、だから
秋篠宮様はお辛い表情だ、との書き込みか
昨日だったかな、ありました。よんどころない事情って、
もしや、飛行機に乗れない事情とかでは?
と、ほのめかしてあった。そうだったら、
紀子様がどんなにお悩みだったろうか。


No.2070981 さん Name 名無し 17/07/03(月)19:13 ID:qKLkU5c2 No.2070993
なるほど。
そういうことですか。
お産みになる気なのかな・・・
ってことですね。

全く庶民の我が家の語りですが。
姪が同じような事情で婚約・結婚。
2年持たずに出戻りました。
事情がなければ、家族全員反対した相手でした。
庶民はいいですけど、あのお立場ではねえ・・・

しかしそれにしては、英国留学の写真からして、明らかに別人が出演していますが。
これいかに?
その出られない事情の元に強●ようなことがあったとか?
これ、もちろん妄想ですが、犯罪ですよね。


妄想炸裂もう一度 Name 名無し 17/07/03(月)19:48 ID:qKLkU5c2 No.2071052
女性週刊誌の記事で、眞子様葉山へ結婚直談判、
とか言うのがありましたよね。みんな、与太記事とか小馬鹿にしていましたが。
もしかして眞子様、ホントにいったんじゃなかろうか・・・・ミテコ様が来いといえば、
いかないわけにもいかないし。
両殿下もお出しになった・・・で、引き合わされたのがKK。
もしかしたら前々から、kkに合えっていわれていたのか。それをお断りしていたのかも、眞子様。
そこそこで帰ろうとしたけど・・・・このあとはもう書きません。(お察しを)kkの人相、凶暴性を秘めていると思っています。
いつぞやの音楽会で、マタコ妃がものすごくニタツイテていたのって、エロガッパじゃなくて
葉山事の次第を知ったからとか。彼女が、望んでいた(職員に依頼したことです)こと成就。
相手は自分の甥っ子?
ちなみに、この音楽会、秋篠宮両殿下、ご欠席。皆さん、不審がっていましたよね。
このマタコ妃のにたにたと関係するってことか。
以上妄想炸裂!
でも、この流れで考えると全てつじつまが合う気がするんです。妄想、妄想。


無題 Name 名無し 17/07/04(火)06:05 ID:Sh1hDOAc No.2071533
だとすると、井沢先生のお知り合いなどが
沈黙されていることも、そうなのかと思わせる。
もしそうでも、途中で絶たれればよいものを。
しかしこの時期に、台風なんてどういうことだろう。

------------------------------------------------------------------

眞子様のご婚約はどんな展開になるんでしょうねぇ

ものすごく心配してます。。。

吉田謝罪碑「慰安婦謝罪碑」を書き換えた元自衛官の奥茂治氏が、韓国で拘束され『韓国が法的制裁に打って出る』最悪の事態!


慰安婦捏造の吉田清治氏の長男の依頼で「慰安婦謝罪碑」を書き換えた元自衛官の奥茂治氏が、韓国で拘束され出国禁止になっています

奥茂治氏は、日本から出頭したというのが驚きですが、産経の加藤支局長のようにニュースにはならないんでしょうね

加藤元支局長と同じように厳しい戦いになるんでしょうね

何としても無事に帰国出来るように、願っています

外国人が逮捕されれば、国籍国の領事に48時間以内に通報があるはずですが、通知されていないなら、またしてもウィーン条約違反ですよね




>奥氏は産経新聞の取材に「韓国では吉田証言の嘘について認知されていない。裁判ではっきりと説明していきたい」と話している。

これって、嘘の吉田証言を記事にした朝日新聞がやるべき事なんじゃないですか?


朝日新聞の植村隆は、吉田清治の話を確認するため済州島に行った

事実は確認できなかったのに、捏造記者・植村隆は売春婦キャンペーンを続けたのです


碑の所有権は吉田息子さんが持っていたわけですし、所有者の依頼で碑を書き換えて何が問題?

韓国国内では、慰安婦問題が嘘だとバレでは困るからの拘束で出国禁止?

政治問題としないとした、日韓合意条約に違反してるような。。。


大高未貴さんの著書『父の謝罪碑を撤去します 慰安婦問題の原点「吉田清治」長男の独白』
20170627-00-prm1706170015-p3.jpg

吉田清治氏が建てた「謝罪碑」
20170627-01-prm1706170015-p1.jpg


「慰霊碑」と書き換えられた新しい碑
20170627-02-prm1706170015-p5.jpg



【櫻井よしこ×大高未貴】A新聞吉田清治の虚偽石碑、息子が書き換えた!


***************************************************************

http://www.sankei.com/world/news/170626/wor1706260007-n1.html
http://www.sankei.com/world/news/170626/wor1706260007-n2.html
2017.6.26 07:23

【ソウル=桜井紀雄】

朝鮮半島で女性を強制連行したと偽証した故吉田清治氏が韓国の国立墓地に建立した謝罪碑を勝手に書き換えたとして、韓国警察が元自衛官の奥茂治氏(69)を一時拘束していたことが25日、分かった。奥氏は拘束を解かれたが、出国禁止措置が取られているという。
 
奥氏によると、24日午後、仁川(インチョン)国際空港に到着したところ、捜査員に手錠をかけられ、中部の忠清南道(チュンチョンナムド)天安(チョナン)市の警察署に連行された。

容疑は公用物損壊や不法侵入の疑いだと告げられたという。取り調べで、奥氏が碑文の書き換えの事実については認めたため、25日未明に拘束を解かれ、現在は市内のホテルで待機している。今後、検察が在宅で取り調べを行う見通し。
 
吉田氏は、慰安婦らを「奴隷狩り」のように強制連行した張本人だと名乗り出て、朝日新聞が1980~90年代初頭に紙面で集中的に取り上げた。83年には、著書の印税で天安市の国立墓地「望郷の丘」に「あなたは日本の侵略戦争のために徴用され、強制連行されて…」と記した謝罪碑を建立していた。

朝日新聞は2014年、吉田証言を「虚偽」と判断し、関連記事を取り消した。吉田氏の長男が「父の虚偽で日韓両国民が対立することに耐えられない」「間違いを正せるのは私しかいない」として、謝罪碑の撤去を奥氏に相談。奥氏は今年3月、撤去する代わりに、元の碑文の上に「慰霊碑 吉田雄兎(ゆうと=吉田氏の本名) 日本国 福岡」と韓国語で記した別の碑を張り付けた。
 
これを受け、韓国警察が奥氏に出頭を要請。奥氏は出頭に応じるため、24日に韓国入りした。
 
奥氏は産経新聞の取材に「韓国では吉田証言の嘘について認知されていない。裁判ではっきりと説明していきたい」と話している。

***************************************************************

http://www.sankei.com/world/news/170611/wor1706110001-n1.html

「父の謝罪碑を撤去します」

「韓国ではソウルだけでなく、釜山の日本総領事館前にまで慰安婦像が建てられ、さすが の日本政府も駐韓大使を一時帰国させました。日韓関係はこじれるばかりです。 『最終的かつ不可逆的』な解決を確認した平成二七(二〇一五)年末の日韓合意は、いったいどうなってしまったのでしょうか。

昨年(平成二八年)春に大高さんの取材を通じて私は『慰安婦像をクレーン車で撤去したい』と本音を申し上げましたが、事態は像の撤去どころか悪化しているように感じます。

父が発信し続けた虚偽によって日韓両国民が不必要な対立をすることも、それが史実として世界に喧伝され続けることも、これ以上、私は耐えられません。

吉田家は私の代で終わりますが、日本の皆様、そしてその子孫は後に遺されます。いったい私は吉田家最後の人間としてどうやって罪を償えばいいのでしょうか。今日に至るまでそのことをずっと考え続け、せめてもの罪滅ぼしに決断したことがあります」

電話の相手は吉田清治氏の長男。平成二九年一月の話である。

平成二八年に私は長男への取材を行い、父・吉田清治氏の実像を雑誌に発表した(『新潮』平成二八年九月号)。その際、確かに長男は「慰安婦像をクレーン車で撤去したい」と語っていたが、その願いとは逆に、慰安婦問題が再燃し、日韓関係がこじれているのはご存じの通りである。

長男も言うように日本は駐韓大使を帰任させたが、二〇一七(平成二九)年三月には、

日韓合意を締結した大統領である朴槿恵氏が、弾劾によって失職、その後、逮捕された。同年五月一〇日、文在寅氏が韓国の第一九代大統領に就任したが、彼は日韓合意の見直しに言及している。

長男は、続けて言った。

「父が韓国に建てた謝罪碑を撤去しようと思います」

「撤去」

思わず聞き返したが、彼は静かにこう続けた。

「慰安婦像は彫像の権利問題もあり、一民間人の私が撤去することは事実上、不可能です。しかし、父が私費を投じて建てた謝罪碑であれば、遺族の権限で撤去することが可能なはずです」

なるほど、慰安婦像をクレーン車で撤去するのは無理としても、あの「謝罪碑」であれば……。

長男の言う「謝罪碑」とは、昭和五八年一二月、吉田清治氏が韓国忠清南道天安市「望郷の丘」に建立したものだ。清治氏は、その除幕式に出席し、私費で建てたとされるその「謝罪碑」の前で土下座した。

石碑は朽ち果てることがない

平成二九年一月、長男から「謝罪碑」撤去の決意を聞いた私は、代理人となった奥茂治氏に連絡をとった。奥氏は私にこう言った。

「長男はおとなしそうに見えますが、芯は強い男です。今回の決断は本気ですね。さっそく現地の視察に行ってきます。清治氏が建てた謝罪碑の状態を見てみなければ、何も前には進みませんから」

その後、しばらくして奥氏は現地確認が完了したと連絡をくれた。

「撤去は容易ではありません。謝罪碑は横幅一二〇センチくらいの大きなもので、日本によくある碑のように地面に対して垂直に建てられているのではなく、コンクリートの地面にぺったりと埋め込まれていました」

なるほど確かに「謝罪碑」は、慰安婦像のように立っているものではない。

奥氏は言う。

「あれを撤去するとなると相当な工事費用が必要です。長男が前に言っていたクレーン車での慰安婦像撤去のほうがよほど作業的には簡単ですよ」

ではどうするのか。

「早速、長男に現地の状況を説明し、二人で様々な案を出し合ったのですが、最終的な結論としては謝罪碑の文言を書き換えるしかないということで落ち着きました」

あの有名な清治氏による”謝罪の言葉”を”書き換える”というわけだ。長男はこう言った。

「父が建てた謝罪碑は、日本のお墓のように小さなものだと私は思い込んでいたのですが、違ったんですね。とても撤去できるものではない。

撤去できないなら仕方がない。朝日新聞のお説に従って、ダイナマイトで破壊すればよかったんですが……。それでは過激派になってしまうので、つまり、碑を書き換えるしかないのです」

つまり長男は、こう言いたいのだろう。朝日は清治氏の証言を「虚偽」とした。新聞は、その証言を報じた記事を「取り消し」すればいいだけだった。しかし、その「虚偽」が石碑に彫られてしまっては「取り消し」は不可能だ。だからこそ撤去するしかないのだが、その撤去が難しいとなれば、本来なら爆破するしかないというわけだろう。

もちろん冗談ではあるが、「ダイナマイトで破壊」という言葉に私は少し驚いた。長男は非常に穏やかな苦労人だからだ。

たとえば東日本大震災の際には、「日本人なら当然」とボランティアに何度もはせ参じた”普通の感覚”を持つ男性だ。

後述するが、長男は父と母、病気の弟の生活を背負って働き、自分の時間がまったくない人生だった。

その長男が静かに語った決意には、穏やかな中にも信念がうかがえた。

「謝罪碑」の文言の書き換えについて、長男はさらに次のように語った。

「朝日新聞が調査をし、間違いだったと発表したわけですから、それに沿って間違いは正さなければなりません。朝日新聞社は謝罪碑の間違いを正さないでしょうから、正すことができるのは私しかいない。長男しかいません」

その通りだと思う。

本来なら、国連や海外メディアに対し、自らが報じた吉田証言が誤報だったことを伝えて回るべきだろうが、朝日がそれを行った気配はない。自らの報じた記事の後始末もできない、あるいはしないのに、朝日がお墨付きを与えた「謝罪碑」の間違いを正すはずはない。

「私が心配しているのは、(謝罪碑がこのまま残って)将来、政治的な問題になることです。その芽を摘み取ってしまいたい。石碑だと朽ち果てることがありませんからね。

一介のビジネスマンから見た話でしかありませんが、いまの韓国は朴槿恵前大統領をあれだけヒステリックに、まだ攻撃をしようとしているわけですよね。こんなことを言う立場ではないですけど、尋常じゃないですよ。あの熱狂的な韓国人の中で謝罪碑が政治問題化したらもう消せなくなります。ですから、誤った歴史が残らないようにしたいのです」

長男は朝日新聞よりも、はるかに誠実だと私は思う。

※この記事は、「吉田清治」長男による韓国・天安市の「謝罪碑」撤去をルポした『父の謝罪碑を撤去します 慰安婦問題の原点「吉田清治」長男の独白』(大高未貴著、産経新聞出版刊)のプロローグと第1章「終わらせる」から抜粋しました。

**************************************************************

2chのまとめ

朝鮮人慰安婦強制連行はなかったらしい、と断定できる根拠は以下の通り。

01:韓国内で慰安婦強制連行事件があったとされる村や町の名前が特定されていない。

02:「私の娘・妻・母・姉・妹・親戚が強制連行された」という人が確認されてない。

03:第三者目撃情報がない。誰にも見られることなく多数の人を連行するのは不可能。

04:慰安婦強制連行の実行者に関する情報がない。吉田証言はウソと確認されている。

05:抗議活動に関する記録がない。もし多数の女性がさらわれたら暴動が起きたはず。

06:多数の慰安婦を強制連行するのに必要な組織・人員・設備・費用等の情報がない。

07:日本軍に強制連行されそうになったが危うく難を逃れた、という女性の話がない。

08:当件が広く認識されたのは1990年代の事。終戦直後に問題化しなかったのは奇妙。

09:1990年代以前に書かれた韓国の記録として慰安婦強制連行を記載したものが皆無。

10:1990年代まで多数(20万人?)の被害者すべてが沈黙していたというのは不自然。

11:李承晩時代に始まった反日教育の題材に慰安婦が使われ始めたのも1990年代から。

12:韓国が様々な理由で賠償要求してきた日韓基本条約交渉時にも問題化していない。

13:戦中戦後、米国によって行われた日本軍の悪行に関する宣伝にも含まれていない。

14:インドネシア慰安婦強制事件は犯罪として立件された。朝鮮では立件されてない。

15:1990年代以前に慰安婦強制連行が描かれた小説・映画・ドラマも作られていない。

16:元慰安婦たちの証言の多くは「親に売られた」「だまされた」などと述べている

17:「強制連行された」という証言は少数で、内容が度々変わるなどの疑問点がある

18:日本の当局は悪質売春業者を取り締まっていた。その業者の多くは朝鮮人だった。

19:当時の朝鮮の警察官や役人の大半は朝鮮人だった。高い役職の朝鮮人も多数いた。

20:韓国は昔も今も売春産業大国。第二次大戦中にも売買春市場が広く存在していた。

21:当時は、親が娘を売春業者に売る行為が広く横行しており珍しい事ではなかった。

22:慰安婦たちの多くは平均的な労働者賃金の数十倍にもなる多額の収入を得ていた。

23:売春業者が新聞や雑誌に堂々と広告を出して高額の報酬で慰安婦を募集していた。

24:多くの慰安婦が多額の預金を持っていた。故郷に帰って住宅を購入した人もいた

25:多くの慰安婦が休日にショッピング等に出かけていた。高価な買い物もしていた。

**************************************************************************

朝日新聞の捏造のせいで、日韓関係は事実上断交となりました

ありがとう、朝日新聞。。。



【重要証言】私が見た慰安所~「強制連行などなかった」


最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR